Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月26日

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

新卒と言えども転職を考えてしまう人はいます。ではそんな人は今どう言った風に増えているのか、それとも減少傾向にあるのかと言う事についてとことん迫っていきます。その他にも転職する割合やおすすめの新卒の人向けの転職サイトの紹介も併せて紹介します。

転職に悩む新卒の社会人必見!

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

新卒と言えば社会人1年目を迎える訳ですが、最近そんな新卒の社会人の間で転職を考えている人もいるとよく聞きます。

しかし「新卒なのにそれでいいのか」と悩む人ももちろん少なくはありません。むしろ悩む事の方が多く、その悩みを抱えたまま毎日出勤している人もいます。

では転職をするならば一体どんなタイミングが1番いいのか、そしてその割合は一体どれぐらいなのかと言う疑問の他にも、本気で転職を考える人におすすめの転職サイトの選び方に関しても、今回紹介します。

これは悩む!新卒社員の転職の仕方

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

「転職したい」と考えても、新卒社員の転職は会社で数年働いた人よりも難しく、リスクも高いです。ですが少数派ではありますが、新卒社員でも転職を成功させた人はいます。

ではどうやって新卒社員ながらに転職を成功させたのか、その方法を紹介します。

転職サイトを有効活用!

新卒社員で転職を成功させた人は転職サイトを有効活用して、転職を成功させています。

それも新卒社員には社会経験や仕事のスキルがほとんどないので、アテでもなければまず面接で落されかねません。なのでもう1度心機一転と言う事で転職サイトを利用しています。

最近の転職サイトは求人情報が多く、面接までのサポートもしっかりしているので、「とても使いやすい」と非常に心強いツールとなっています。

年数別に紹介!新卒の転職率と割合について

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

「転職をしたい」とそう考えても、周りの影響や視線と言う物は気になります。「一体どのぐらいが1番転職するのにベストな時期なのかも知りたい」と言う人のために、年数別に新卒の転職率と割合がどのぐらいなのか紹介します。

新卒で1カ月での転職は危険

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

世間ではよく「転職はせめて3年会社に勤めてから考えるべき」と言われています。それは新卒でなくともそうではありますが、新卒の場合でも、やはり会社側や周りの人からは「3年は働いて欲しい」と言う希望がかなり多い事もあってか、新卒で会社に1カ月勤めてから転職する人は非常に少ないです。

なぜかと言うと、まずいくら有利な資格を持っていたとしても、社会経験や会社での雰囲気を知らないまま転職すると、転職先ではただ単に最初に勤めていた会社が嫌だったと思われてしまうからです。

そう言った面を考えると世間からは「根性のない奴」と思われる他、社会経験が少ないのを理由に転職しても弾かれてしまう事から1カ月で転職する割合は少ないですし、危険でもあります。

2カ月での転職はわずか10パーセントにも満たない

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

新卒で2カ月会社に勤めてから転職すると言うケースも1カ月と同じで、かなり少ないです。割合も10パーセントにも満たないため、やはり自分自身でも「転職はまだ早すぎる」と言う事がこの頃になると理解してくる人も多く、転職を諦めています。

しかし誰も彼もが転職をしない訳ではないので、もちろん入社してから2カ月で転職した新卒の人もいますが、その割合は10パーセントにも満たないのが現状です。

やはりその割合の低さも、会社に勤めている内に、「転職はまだ早い」と薄々気づいていると言うのも大きな理由でしょう。

新卒の人は3カ月で転職し始める

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

入社してから3カ月経つと、新卒の人は徐々に転職を考える人が多いです。なぜかと言うと、ある程度の仕事は覚えてきた事、そして最も「転職したい」と思わせてしまうのが職場の雰囲気や人間関係が深く関係しています。

上司からパワハラを受けたり、その他にも残業が多い事、無理に資格を取らされると言う事もあるので、そう言った意味で転職を考える新卒の社員は多いです。

「自分はもう仕事をある程度覚えたから、別の職場で自分の実力を発揮してみたい」と考える人は少なく、大体はそう言った理由から転職を考える人が多いのが現状です。

半年も経つと新卒の社員は見通しができる

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

会社に勤めて半年も経ってくると新卒の社員も、今後の自分の身の振り方と言う物が見通しする事ができるようになってきます。

だからこそ転職すべきかどうかも入社してから半年経過した辺りがキモで、転職か、それとも仕事の合間を縫って資格を取る勉強を始めるべきかと1番悩む時期でもあるので、半年で区切りをつけて会社を辞めて行く人も、半年経ってから徐々に増えてきます。

しかしやはり転職した後の事が不安で、「まだこの職場にいよう」と不安を抱える人も多いので、一慨に「転職をするなら今」と区切りをつけるのは個人差によります。

1年目となると徐々に転職する人が増えていく

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

会社に入社してから、1カ月しか経っていない場合は「転職なんて無理だ」と諦める新卒社員もいますが、さすがに入社して1年も経ってくると、転職を考え始める人が多くなってきます。
なぜかと言うと、やはり最初新卒であったために足りていなかった社会での常識やマナーの他にも、転職先が同職である場合は、仕事のコツも掴んでくるからです。

やはり世間や周りの目が怖くて転職ができなかったと困り果てていた新卒社員も、1年経つとさまざまな自信をつけていくので、転職を考える人は上昇傾向にあります。

1年半と時期が微妙なのにはある理由が

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

新卒社員で1年で転職をする人は増えてくると言いましたが、中には1年半経ってからと言う微妙な時期に転職をする人がいますが、それにはある理由があります。

それは資格修得であって、あらかじめ勉強して試験を受けた場合、合否も発表されるので、入社してから勉強して試験を受けて合否がでるのに約1年半の期間が必要と言う訳です。なので、大体1年半で大社していく新卒社員は、早い段階で既に転職を考えていた事になります。

だからこそ早いうちから転職の目処を立てていた人の多くは、この1年半と言う微妙な期間に退職していく理由です。

2年目で転職率は20パーセント以上に

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

2年目になると新卒社員の転職率は10パーセント以下から一気に上がって、20パーセント以上まで数字が跳ねあがります。

理由としてはやはり自分自身の仕事のスキル向上や、社会で必要な常識やマナーを身に付けたと言う事もあってか見切りをつける人が多いです。

そしてもう1つ重要なのは、新卒社員が転職して、別の会社に面接をした時に面接官の方もやはり「2年も社会に出たのだから大丈夫か」と言う考えを示す人も多いので、正に新卒社員が転職するにはピッタリの時期とも言えます。

石の上にも3年と言うとおり大体の新卒社員が転職

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

新卒社員と言わず、大体の社員が同じ職場では3年働いたら、転職としては十分な時期と言う認識が近年多くなって来たので、新卒社員もその機に乗じて転職する人も一気に増え、なんと「転職をするならばいつぐらいがいいか」と言うアンケートでも第2位を誇る程で、ハローワークなどの職員に聞いてみたりしても、3年が転職には1番良い時期だと言われています。

社員を採用する企業側も「3年も同じ職場で働いたのであれば社会人としてのマナーは最低限備わっている。後は個人の技量次第」と考えているので、正に石の上にも3年と言うとおり、確実に転職を成功させたいのであれば、やはり3年の我慢は必要になります。

新卒だからこそ覚えておきたい転職サイトの選び方

転職となると、まずハローワークへ行くべきかと悩む新卒社員の人が多いですが、近年ハローワークでは自身の志望どおりになる職場の紹介は中々難しいとされています。

であれば、わざわざハローワークまで足を運ばなくても、今はネットで転職サイトはいくらでもあるので、それを使って新しい職場を探した方が効率が良い場合もあります。

ならばどんな新卒社員にとってはどんな転職サイトが良いのか、おすすめの転職サイトをいくつか紹介します。

まず転職サイトを選ぶ前に覚えておきたい事

新卒社員の人におすすめする転職サイトを紹介する前に、まず覚えておいて欲しい事がいくつかあります。
「転職サイトに登録したけど、中々見つからない」と言うのはやはり自分にあった転職サイトを選んでいないのが原因ですが、その中でも注意したいのは、年齢、性別、転職回数です。

さすがに新卒社員で転職回数が何度もあるのは基本ありませんので、問題はありませんが、問題は性別にあります。

特に女性の転職と言うのは難しく、男性に比べて転職するのが上手くいきません。なので、特に女性で転職を考えている人は、慎重に転職サイトを選ぶ技量が必要になります。

最近巷で有名なおすすめ転職サイト

新卒社員におすすめしたい転職サイトは、今巷でもすっかり有名な「BIZREACH」です。

このサイトの良い所は新卒など働いた年数などを基準にするのではなく、各個人が持っているスキルを重視してくれていると言う所です。なので、新卒社員でも持っている資格が多かったり、仕事に対してのスキルが高い場合は即戦力として採用してくれる事で、今人気を浴びています。

他にも対応エリアが全国と広く、一部有料ではありますが、今で言うハイクラス層の仕事に就けると言うのも、また魅力な点です。

細かい管理が正におすすめしたい所

次に新卒社員の人におすすめしたい転職サイトは、「type転職エージェント」です。

このサイトは20代から30代の人の利用者が多いですが、最近では新卒社員の人にも人気の高い転職サイトとして、評判を得ています。

その理由は会社への入社日などの細かい条件でも可能な限り探してくれると言う細かい管理サービスと、1度登録しておけば良い求人が巡ってきた時に応募ができるので、すぐに転職ができないと言う状況でも可能な限りサポートしてくれます。

ただ関東を中心に紹介しているので、地方の人には少し使い勝手は悪いでしょう。しかし、地方に住んでいてもカウンセリングは受け付けていますので、1度相談だけしてみるのも1つの転職の手段です。

転職の難しい女性の味方!

先程「新卒社員でも女性は特に転職は厳しい」と言いましたが、そんな転職が難しい女性でも簡単に正社員の求人が得られるおすすめの転職サイトは「女の転職アットtype」です。

女性の転職を取り上げられていて、他にも人気が高いのは新卒だけでなく第2新卒からでも求人を見つけられると言う他の転職サイトと違って、正に新卒社員に優しいサイトとなっています。

そして登録も一切なく、自由に好きな時に仕事を探せると言うのも、またこのサイトの強みとなっています。

ですが、他の転職サイトと違って、求人のキープが難しいので、頻繁にサイトをチェックするデメリットがあります。

どれくらいがいいの?転職のタイミングについて

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

「転職をしたい」と考えても、転職をすると言うのはやはり何年同じ会社で働いている人でもリスクが高い物なので、ましてや新卒社員がやすやすとできるような物ではありません。

ではどう言った時期が転職のタイミングが良いのか、と言う事にとことん迫っていきます。

多くの転職経験のある人は3年は働くべきと言う

新卒社員の人の多くはさまざまな理由で、入社3カ月辺りで転職を考えますが、転職経験者の人の多くは「入社3年以内の転職はリスクが高い」とよく言います。ではなぜリスクが高いのかと言うと、3つの理由が存在します。

では一体なぜそうも「3年も働くべき」なのかその理由を追っていきましょう。

1.親や世間からの目線も原因

まず1つの理由が、親や世間からの目線が冷たいと理由が1つです。

親も「ようやく新卒社員になったのだからなるべく長い期間、同じ会社で働いて欲しい」と言う願いもあってか、数カ月などで会社を辞めてしまうと、「なんで辞めたの」と退職した事について呆れたり、「恥ずかしい」などと言われる事も実際に多いと言われています。

そして転職を考え、いざ退職して他の会社の面接を受けてみると、採用する会社側も「忍耐がない」や「入社しても長続きするのか」と言う意見の元、採用しないケースがほとんどです。

「パワハラを受けていた」、「残業時間が異常なまでに多すぎる」と言うよっぽどの理由がない限り、世間はやはり冷たい目線を送ってしまいます。

2.仕事を完全に覚えるには3年かかってしまうから

やはり新卒社員であれば、まず仕事を覚える事が大切ですが、転職経験者の人からすると「本当に仕事をを覚えるのなら、3年は黙って学ぶべき」と言う意見が多いです。

なぜかと言うとただ頼まれた仕事をするのではなく、仕事や会社の全貌を知るとなると、やはり3年はかかってしまうと言う意味合いも含めて、仕事をすると言う受け取り方があるからです。

他にも「他の部署の人たちと関わって行く事は、将来絶対に大きな刺激になる」と言う意見からも、こう言った人間関係を築くのも仕事の1つだと捉えられています。

3.むしろ転職に有利な理由になる

そして3つ目の理由は、3年間働く事で逆に転職に有利にさせると言う理由があります。理由としては或る程度の仕事をこなして、転職した際に就職する幅を広げたり、「職歴が多いと面接の際に理由を聞かれた時に困った」と言った意見が多いです。

何より社会に3年も出ていれば、社会的常識やマナーもしっかりと身に付いているので、1年やそこらで退職するのではなく、そう言った保険もかけておくと、転職の際に有利になるでしょう。

3年以下の場合のデメリットは?

前述にもあるとおり、新卒社員で会社に就職して3年以下で退職する最大のデメリットは、社会的常識やマナーの他に、採用してからある程度の期間は働けるかとみられる事の2つです。

新卒社員で就職して3年以下で転職した人ももちろんいますし、誰しもが同じ職場で働いた期間が長ければならないと言う意見ばかりではありません。しかし現代の日本では年々新卒社員の早期退職も社会問題となっているので、余計に社会的な判断は難しいです。

3年以上働いて転職した時に良かった事

逆に「同じ職場で3年以上働いて良かった」と思える部分は、仕事のノウハウだけでなく人との関わり合いに幅を持つ事も良点の1つです。

1年目で仕事を覚えて2年目で仕事を頑張ったり、実績を伸ばした後に3年目で「自分にはもっとこう言う仕事も向いている」と言う核心と可能性を持てる所です。

確かに社会に出た以上、人間づき合いも立派な仕事の1つですし、3年間だけ働いて転職先の幅を広められるのなら願ったり叶ったりでしょう。そう言った得を得たい場合は、正に「石の上にも3年」と言う忍耐をした方が良いです。

新卒社員が転職してしまう理由とは

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

周囲の人から見て「どうして新卒社員が何でそうすぐに退職するんだ」と言う意見が実際に多いですが、ではどうして新卒社員が転職してしまうのか、その理由についても迫っていきます。

残業時間が異様なまでに多すぎる

まず新卒社員が退職や転職してしまう理由の1つに、「残業時間が異様なまでに多すぎる」と言う理由が存在します。

残業については昔から新卒社員にとっては悩みの種で、 よく「新卒なんだから経験を積むのは当たり前」だとか「自分も入社したての頃は残業ばかりだった」と言う理由で、上司から無理なまでの残業を押しつけられてしまうからと言う理由は多いです。

今ではそんな残業時間の見直しもされてきていますが、いまだ全ての企業で改善された訳ではありません。なのでそれが今では大きな問題となっています。

パワハラを受けたからこそ職場を変える

昨今問題となっている上司からのパワハラも新卒社員が転職する大きな理由となっています。それも、周囲の人やさらに上の上司に相談できないからと言う理由からです。

そもそもパワハラの定義が今と昔では大分違うので、パワハラをしていたとしても「これはパワハラのうちには入らない」と、パワハラをしている側と受けている側では感じ方が違います。そう言った事も多くの新卒社員の退職の原因となっています。

職場が想像していたものと違ったから

異様なまでに多すぎる残業時間やパワハラと言った社会問題の他にも、新卒社員が転職する理由の1つは、入社前に想像していた職場とは違ったからと言う理由もあります。

「自分はこの会社でこういう事がしたかったんだ」と心の内でそう訴えても、それらの意見がまずとおる事は滅多にありません。そう言った所に絶望して、退職すると言うケースは今の時代少なくはないです。

新卒だからこそ転職のタイミングは慎重に

【年数別】新卒の転職率や割合・おすすめの転職サイトの選び方

「転職したくても親や世間の目が厳しい」や「転職するタイミングが分からない」と言う新卒社員は多くいます。

ですがいつの時期に転職をしたとしても、必ず成功する訳でもありませんし、3年間働いてから転職しても失敗する人はいるので、結局信じられるのは自分の力量です。

ただ転職をする場合はどうすべきかとよく悩む事が大切な事で、新卒社員だからこそ転職のタイミングはしっかりと見極める目も養いましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests