Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月12日

【圧倒的な求人数】口コミと評判からリクルートエージェントを使うメリットを解説

国内最大級の転職エージェントである、リクルートエージェントについてご紹介します。リクルートエージェントとはどのようなものであり、サービスやサポートにはどのようなものがあるのか。また、メリットやデメリットなど気になる情報をまとめました。ぜひ、参考にしてください。

運営会社について

今回リクルートエージェントについてご紹介させて頂きますが、リクルートという名前がつく会社が多すぎてよくわからないという方もいるでしょう。そこで、まずはリクルートエージェントの運営会社であるリクルートについてご紹介いたします。

リクルートは、主に求人広告、人材派遣、人材紹介、販売促進などのサービスを行っている会社です。1963年に設立され、多くの会社の立ち上げ、買収、子会社化をして事業を展開しています。リクルートエージェントは人材紹介サービスのうちの一つです。

リクルートには、今回ご紹介させて頂きますリクルートエージェントの他に転職サービスとして、リクナビがあります。両者の明確な違いはリクルートエージェントが転職エージェントであり、リクナビが転職サイトであることです。

運営会社リクルート株式会社
創業1960年3月31日(設立 1963年8月26日)
求人数公開求人 約4万件 、非公開求人 約20万件
サービス面接力向上セミナー、履歴書添削など

リクルートエージェントって?

【圧倒的な求人数】口コミと評判からリクルートエージェントを使うメリットを解説

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアの転職エージェントサービスです。株式会社リクルートキャリアは、株式会社リクルートの人材採用事業であるHRカンパニーと日本最大級の転職エージェント株式会社リクルートエージェントと統合し、2012年に誕生しました。

事業の柱は、個人のキャリアと企業の人材戦略に向けた支援サービスでであり、事業を通じて、グローバル化、少子高齢化と構造が大きく変化する日本社会に、新しい活力や成長を生み出していくことを目指しています。

転職成功実績No.1の転職エージェントがリクルートエージェントであり、本記事ではこのリクルートエージェントについてご紹介させて頂きます。

リクナビNEXTとの違い

リクナビNEXTは転職エージェントであるリクナビエージェントとは違い、転職サイトなので、自分の経歴をサイトに登録するだけで利用できます。サービス登録後は自分で案件を探し、応募をして面接などをします。また、会社側から登録した経歴をみてスカウトをされることもあります。

リクルートエージェントはキャリアアドバイザーと一緒に、リクナビNEXTはすべて自分で転職活動をするのが両者の大きな違いです。

転職エージェントって?

転職エージェントについて改めて、ご紹介します。転職エージェントとは、転職を検討している人と採用を考えている企業の間に立って、転職成功を支援するサービスであり、転職ノウハウに長けたキャリアアドバイザーが、転職活動をサポートします。

転職エージェントの役割は、採用を希望する企業と、転職希望者の間に立ち、企業側により良い人材を紹介し、転職希望者にはよりよい企業を紹介することによって、双方をサポートすることです。

キャリアアドバイザーとは?

キャリアアドバイザーは自分がどんな仕事に向いているのかアドバイスしてくれる転職の専門家です。転職エージェントに多数のキャリアアドバイザーが在籍しています。

キャリアアドバイザーは転職支援を目的に無料で相談にのってもらうことができます。

転職エージェントはどんな悩みを解決する?

転職エージェントは企業側、転職希望者双方の悩みを解決します。リクルートエージェントも同じように、双方の悩みを解決しますがその中でも、転職希望者のどのような悩みを解決するのかという疑問に答えるべく、ご説明させて頂きます。

リクルートエージェントが転職希望者の悩みを解決するにあたって、どのような特徴があるのかご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

特徴1:客観的な求人情報の提供

転職活動は一人でもできます。しかし、より自分に合った企業を探すためにまた、その転職の成功率をあげるために転職エージェントは重要な役割を果たします。

キャリアアドバイザーのサポートにより、転職希望者の希望に近い企業を豊富な企業についての情報を持っている専門家が紹介してくれるため、企業選びなど一から自分で始めるより、時間も手間も省くことができます。

個人では思いつかないような業界についても、第三者の客観的な視点から紹介してもらえます。さらに、非公開求人も紹介してもらえるので、一人で転職活動をするより効率が良いだけでなく、一人では採用される見込みのない企業も紹介してもらうことができ、可能性が広がります。

特徴2:確かな転職ノウハウの提供

転職市場に精通したキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進めることができ、自分の考えに凝り固まらず、今後のキャリアについて新たな見方ができるようになります。また、色々な業種についての詳しい知識に裏打ちされた、俯瞰的な助言を得ることができます。

案件の質が高いだけでなく、些細な疑問や不安への対応、レスポンスの速さなどそれ以外の細かなサポートも特徴の1つです。また、質だけではなく案件紹介数も多く、検討外の業種のアドバイスも、もらうことができ、幅を広げた転職活動ができます。

また、面接対策講座など、無料講座の講師の質が高く、模擬面接も受けることができ、転職のプロフェッショナルであるキャリアアドバイザーの経験を基にした的確な助言を得ることができます。

リクルートエージェントのサポート紹介!

転職活動をサポートしてくれるリクルートエージェントですが、具体的にどんなサポートがあるのでしょうか。

サポート1として、応募書類の添削や面接対策を、サポート2として電話やメールでのやりとりを挙げました。順に紹介していきます。

サポート1:応募書類の添削や、面接対策

リクルートエージェントのサポートのひとつとして、企業に提出する応募書類の添削や、面接対策が挙げられます。応募書類をブラッシュアップしたり、面接での印象を良くするために、どのようなポイントを押さえておけば良いのか教えてもらえます。

履歴書や職務経歴書といった企業への応募書類の添削や面接対策は、転職エージェントが得意とする専門分野です。

サポート2:電話やメールのやり取り

転職エージェントの担当者とは、基本的に電話やメールで連絡を取ります。選考が進み、複数の企業との面接が予定され始めると、連絡も頻繁に行う必要が高まります。電話での連絡はいそぎの場合が多いため、迅速に対応する必要があります。電話対応が可能な時間帯とメールなら対応できる時間帯をあらかじめ伝えてきましょう。

さらに、メール対応可能な時間帯にいそぎの要件がある場合は、留守番電話を残すように転職エージェントに依頼しましょう。そうすることによって、仕事中など電話にすぐ出られない場合でも、着信が来た段階で緊急の連絡であるということがわかり、迅速に対応することができます。

PCだけでなく、携帯のメールアドレスを伝えておき、外出先でも素早く対応できるようにしておきましょう。また、リクルートエージェントの場合は、登録者専用のスマートフォンアプリがあり、アプリで転職エージェントとやり取りをすることもできます。

リクルートエージェントのメリット!

転職を希望している方にキャリアカウンセリングを行い、条件に合った求人を紹介し転職活動を支援する転職エージェントがリクルートエージェントです。

では、リクルートエージェントを利用するメリットとして、どんな点が挙げられるのでしょうか。順に見ていきましょう。

メリット1:無料の転職支援サービス

リクルートエージェントを利用する一番のメリットは,キャリアカウンセリングを始めとした、転職支援サービスが無料で受けられることです。

以下のような口コミがあります。



ツイッター以外の口コミ

性別 = 女性
年齢 = 31
現職 = 販売
志望業種 = 事務
評判・口コミ =
登録から最初の面談までは非常にスピーディでした。前職までの経験をまとめるカウンセリング担当・求人案件を紹介してくれるフォロー担当と、あと一人担当の方がいるようで、3人でのフォロー体制が安心感があると感じました。

これまでの職歴を一から掘り下げていき、中でも自分の強みについて特に細かく聞かれました。面談を予定されている方はある程度準備しておかないと、無駄な時間がかかるだけになると思います。 事前に職務経歴書を送ると校正してもらえ、前職のキャリアからいくつかの求人案件も紹介してもらえます。

出典: https://job-season.com/recruitagent/ |

メリット2:業界トップクラスの求人件数

リクルートグループならではの企業とのパイプを活かし、保有している非公開求人は業界最大級の約10万件です。

グローバル、金融、コンサルタント、経営幹部、営業、企画、事務、ITエンジニア、機械系技術職など、豊富な求人ラインナップが揃っています。

口コミとしては、非公開求人を紹介してもらえる。転職サイトで納得できる求人がなかったが、リクルートエージェントではあった。リクルートエージェントならではの幅広い求人数だからこそ就職できたという意見がありました。以下で実際の口コミを紹介します。

口コミ



ツイッター以外の口コミ

リクルートエージェントは他の人材紹介会社と比較して、特に求人案件の量が多く、幅広い業界や職種の中から自分のキャリアを選択出来ることが魅力でした。

また、応募企業を選択するツールとして、スマートフォンで利用出来るアプリが提供されますが、このアプリの使い勝手が非常に良く、多くの企業情報の中からでも、業務内容や年収、福利厚生等、希望に合致する求人をストレスなく選択出来た点は非常に満足しています。

また、転職希望者に向けて自己分析や面接のセミナーを無料で受講出来たことも満足した点の一つです。リクルートが持つビッグデータを活用した自己分析手法は、自身の強み・弱み、向いている職種を把握するために非常に有用であったと思います。

面接セミナーも実際に企業で面接官を担当している方が講師を勤めることから、面接時に良い印象を与えるためのポイントを、面接官の立場から分かり易く面接動画を交えながら説明してもらえます。

ただ、人材紹介会社内での役割が、営業やコンサルタント等、はっきりと分かれているため、コンサルタントに伝えた希望がうまく応募先企業に伝わっていないように感じることもありました。

また、コンサルタントとの初回面談時には、コンサルタントも多くの案件を片付けたいとの思いから、多少希望に沿わない求人であっても応募するよう強く勧められました。そのためじっくりと自分のペースで転職活動を進められなかったように思います。

出典: https://www.kuchikomi-s.com/jinzai/a_recruit/umeshisonori... |

メリット3:転職成功のための独自サービス

下記にて改めて紹介いたしますが、リクルートエージェントは、求人チェックや選考の進捗管理ができる「Personal Desktop」を提供しています。スマートフォン専用のアプリもあり、外出先でも求人チェックやメールの対応が可能です。

口コミとしては、客観的なアドバイスがもらえる。面談を通してのカウンセリングで、的確なアドバイスをもらえる。スマートフォンアプリでどこでも求人情報をチェックできるといったものがありました。以下で実際の口コミをご紹介します。

口コミ



ツイッター以外の口コミ

性別 = 女性
年齢 = 33
現職 = 営業事務
志望業種 = 一般事務
評判・口コミ =
初めての転職で全く何も分からない状態でした。最初はセミナー等面倒だな、とも思いながら初回の説明会に参加。2時間程、転職についての基本的なことやその地域の求職率の説明がありました。その後すぐ、時間があれば担当の方と面談出来ます。

私は子供がいて、毎回のセミナーの時間が取れない旨を話すと、担当の方とマンツーマンで説明してもらえるようになりました。勿論、毎回こちらの都合のよい時間と担当の方の空いている時間のすり合わせでスケジュールが組めます。職務経歴書なんてどうしたらよいのかわからなかったのですが、 一つ一つ丁寧に例を挙げて説明してもらえます。メールでの相談対応も可能です。

基本的にパソコンが必要ですが、会員なら自由に出入り出来る部屋がありますので そちらに置いてあるパソコンで求人検索や、書類作成が可能です。転職に関する本も置いてあり、ドリンクもフリーで飲むことができます。頭を悩ませていた職務経歴書も2回目ほどで出来ました。

変な期待感持をたせたりはせず、率直な意見もいってもらえるし、話もすごくしやすいです。まだ転職はしていませんが、こういう条件じゃないと!と頑なに思ってしまっていたものが他の業種でも出来るのかもしれないという可能性を持つことが出来ました。

出典: https://job-season.com/recruitagent/ |

リクルートエージェントのデメリットって?

デメリット1:応募できる求人が限られてしまう

リクルートエージェントを利用するデメリットとしては、転職エージェントによっては応募できる求人が限られてしまうという点が挙げられます。

基本的に転職エージェントのサービスは、転職希望者の経験や希望条件に合わせて求人を紹介するスタイルであり、転職エージェントによっては特定の業界や職種に特化していて、紹介される求人が少ない場合もあります。

口コミとしては、以下のようなものがありました。

ツイッター以外の口コミ1

 悪い評判口コミ

195名無しさん@引く手あまた2018/06/14(木) 21:12:47.30ID:t3ChIz5B0

パソナとリクルート併用してるけど、パソナの方がよりマッチした求人くれるからいいと思ってる
社員の雰囲気もパソナの方がマシ

出典:5ch

出典: https://tenshoku-nendo.com/agent-reputation-recruitagent/ |

ツイッター以外の口コミ2

紹介してもらえる求人数は多かったので、よかったのですが...
★★★☆☆(メーカー営業・20代後半・男性・年収400万台)

リクルートエージェント登録後すぐに電話連絡があり、その時に不明な点やエージェントでの求職活動の進め方などを対人で色々と質問することができたのは非常に良かったと思います。

しかし、おすすめの求人について直接電話があり、志望職種以外の業界・業種を提案されました。紹介求人は、だれでも知っている有名な企業や業界ではネームバリューのある企業など多数ありましたが、異業種へのチャレンジを勧められるのは、少し戸惑いました。

出典: https://career-change.net/r-agent/ |

デメリット2:細かい対応が遅いときがある

エージェントはプロでありますが、人によって得意不得意があり、ときには社会人として不適切な対応をしてしまうことがあります。口コミとしても実際に、メールの連絡が遅れて困った。先方への面接日時設定のメールを送り忘れ、面接が流れてしまった。キャリアアドバイザーの対応が不適切だったなどの意見があります。

担当コンサルタントが若く、経験値に乏しいと感じたときや、あまりに忙しそうな場合は、こちらからチェックするようにしましょう。特に、重要な依頼ごとの場合注意が必要で、エージェントの仕事ではありますが、自分も迷惑を被ってしまうため、しっかりチェックするようにしましょう。

リクルートエージェントは一人のエージェントが大量の人数を担当するため、エージェントによっては細かい仕事の抜けが生じることがあります。依頼ごとは自分でも確認するようにしましょう。

口コミ





デメリット3:積極的でしつこく強引な時がある

リクルートといえば、体育会系営業のイメージが強いという方も多く、良くも悪くも、積極性に関する意見は多く見受けられます。こちらも全員がそうというわけではなく、担当者によります。

口コミとしても、内定が出た後とにかく早く入社するように促がされた。積極的すぎて自分のペースでやりにくかった。営業らしさが出ており、親身に対応してくれているように感じられなかったなどの意見があります。

ツイッター以外の口コミ1

リクルートエージェントは他の人材紹介会社と比較して、特に求人案件の量が多く、幅広い業界や職種の中から自分のキャリアを選択出来ることが魅力でした。

また、応募企業を選択するツールとして、スマートフォンで利用出来るアプリが提供されますが、このアプリの使い勝手が非常に良く、多くの企業情報の中からでも、業務内容や年収、福利厚生等、希望に合致する求人をストレスなく選択出来た点は非常に満足しています。

また、転職希望者に向けて自己分析や面接のセミナーを無料で受講出来たことも満足した点の一つです。リクルートが持つビッグデータを活用した自己分析手法は、自身の強み・弱み、向いている職種を把握するために非常に有用であったと思います。

面接セミナーも実際に企業で面接官を担当している方が講師を勤めることから、面接時に良い印象を与えるためのポイントを、面接官の立場から分かり易く面接動画を交えながら説明してもらえます。

ただ、人材紹介会社内での役割が、営業やコンサルタント等、はっきりと分かれているため、コンサルタントに伝えた希望がうまく応募先企業に伝わっていないように感じることもありました。

また、コンサルタントとの初回面談時には、コンサルタントも多くの案件を片付けたいとの思いから、多少希望に沿わない求人であっても応募するよう強く勧められました。そのためじっくりと自分のペースで転職活動を進められなかったように思います。

出典: https://www.kuchikomi-s.com/jinzai/a_recruit/umeshisonori... |

ツイッター以外の口コミ2

希望していない求人を何社か紹介されました。
★★★☆☆(メーカー営業・20代後半・男性・年収400万台)

リクルートエージェントでは求人案件をたくさん紹介してくれますが、中には希望していない求人も紹介されるのでハッキリと断ったほうがいいです。

(不動産営業・20代後半・男性・年収300万台)

出典: https://career-change.net/r-agent/ |

リクルートエージェントでの転職で年収は上がる?

リクルートエージェントを利用するうえで、条件面の交渉は転職エージェントの担当者が代行してくれるため、転職希望者が直接企業の採用担当者に確認する必要はありません。

一般的に、年収は内定時に提示されることが多いため、内定が出る前に担当者に相談しておいた方が良いです。転職エージェントは企業の採用の背景や経緯を把握しているため、どのタイミングで行うかなど、交渉の進め方を助言してくれます。

年収アップは、人生を豊かにし、長く働き続けるためにも給与は大切な条件のひとつですが、転職時の年収はあくまで通過点であり、入社後の努力や会社の業績などによって、年収は変わっていく可能性が高いです。

また、最初から年収にこだわりすぎてしまうと、入社後に求められるハードルも高くなるため、どの程度の年収アップを実現したいのか、そのためにどのような条件を受け入れられるのかなど、事前にじっくり考えておきましょう。

キャリアアドバイザーとの面談方法って?

転職エージェントに申し込みことによってキャリアアドバイザーと面談ができます。面談することが決まったら、面談当日までに何を準備しておけばいいのでしょうか。また、実際の面談の内容はどのようなものかご紹介いたします。

面談の時間を上手に使うために必要なものをあらかじめ準備し、転職エージェントに事前に伝えておきましょう。まずは、履歴書や職務経歴書を面談前に担当者に送っておきます。

さらに、希望条件や転職に求めるものも事前に伝えておきましょう。そうすることによって、要望に合わせた求人を担当者がピックアップし、面談当日に紹介してもらえます。実際の求人票を見て相談ができるので、具体的な条件のすり合わせが可能です。

持ち物は事前に転職アドバイザーから依頼があった場合のみ、準備が必要になります。履歴書、職務経歴書、写真、筆記用具が依頼されることが多いです。

面談方法

面接はリクルートエージェントの場合、担当のキャリアアドバイザーと相談して、日程と場所を決めて行います。地方に住んでいる場合など、電話で面談を行うこともできるので、気軽に相談してみましょう。

面談にかかる時間は転職エージェントによって幅がありますが、1時間から1時間半くらいが平均的です。スケジュールに余裕のない方は、面談の日程調整の段階で時間の目安を聞いておくと良いでしょう。

面談場所

多くの転職エージェントは、社内に面談できる個室を用意しており、リラックスして相談ができるように配慮されているケースが多いです。周囲に気を遣うことなく安心して相談することができます。

なかには、個室を持たずにカフェなどを利用する転職エージェントも存在し、地方に住んでいて、転職エージェントとの面談に足を運ぶことが難しい場合は、対面ではなく電話での面談になることもあります。

その場合、履歴書や職務経歴書を手元に置いておき、可能であればパソコンが閲覧できる環境だと面談がスムーズに進みます。

リクルートエージェントの場合は、面談用の専用ブースを数多く用意しており、業界知識を持った経験豊富なキャリアアドバイザーが面談を担当します。転職先への希望条件や転職で実現したいことだけでなく、不安なことや、迷っていることなども相談してみると良いでしょう。

リクルートエージェントのジャンル別転職サービス!

リクルートエージェントには、ジャンル別の専門サービスがあります。

IT企業への転職を考えている転職希望者には、on、offのついたメリハリのある働き方を、実現できる会社に転職することを目的とし、転職活動は手間なく進めたいという人向けのフロントエンドエンジニア 。

仕事の幅を広げて新たなスキルを獲得することを目的とし、求めるスキルや仕事の内容に対して理解・納得した上で転職したい アプリエンジニア 。

新たな言語や開発スキームにチャレンジすることを目的とし、履歴書の作成や面接対策、企業への交渉を積極的にサポートしてほしい インフラエンジニアという3つのコースから選べるサービスがあります。

薬剤師向けとしては、大手製薬メーカーなど1500件以上の求人数を誇る専門サービスがあり、第二新卒向けには第二新卒の人に向けた面談会に参加できるサービスなどがあります。以下の表にまとめました。

ジャンル専門サービス
薬剤師業界トップクラスの1500件以上の求人数
第二新卒第二新卒向けの面談会
IT目的によって選べる転職サービス

登録者専用アプリ及びサイトのご紹介!

リクルートエージェントには色々な転職サービスがあります。ここでは、リクルートエージェント登録者専用サイトと、リクルートエージェント登録者専用アプリについてご紹介します。

まず、リクルートエージェント登録者専用サイトについてですが、こちらは求人紹介も応募手続きもこれ1つで可能な、転職活動をサポートする登録者専用ページです。キャリアアドバイザーが厳選した求人情報をチェックでき、キャリアアドバイザーへの応募手続きの依頼もボタン1つで可能です。リクルートエージェントに登録すると、ログインできます。

次にリクルートエージェント登録者専用アプリについてご紹介します。こちらは非公開求人から、キャリアアドバイザーが厳選した紹介求人が簡単に確認できるアプリです。紹介求人のブックマーク、応募も可能でキャリアアドバイザーからのメールを、アプリで確認できます。以下のリンクよりダウンロードできます。

日本最大級の転職エージェント!

今回の記事では、主にリクルートエージェントについてご紹介させて頂きました。リクルートエージェントはとにかく求人数が多く、優秀な担当者に当たった場合はかなり力強い転職エージェントです。しかし、担当者を自由に選べるわけではないので、リクルートエージェント1社だけを利用して転職活動をするのはおすすめできません。

転職活動をする際は、リクルートエージェントのデメリットを補いつつ、併用するとメリットがあるエージェントを3社程度併用すると良いでしょう。また、業種によっては専門性に欠けるという声も見受けられるため、専門性に満足できなかった場合、業界特化型のエージェントも併用すると良いでしょう。

転職は人生の重大な転機であり、希望に近い会社に転職することによって人生は豊かになります。リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用して、よりよい企業に転職しましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests