Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月12日

ベンチャー企業に転職するためのおすすめエージェント

転職エージェトとは、企業にとって必要とされる人材を紹介するサービスを提供することを生業としている会社のことをいいます。採用側はミスマッチの予防やコスト削減などのメリットがあり、応募側は煩雑な手続きや待遇の交渉などを代行してくれるメリットがあります。

ベンチャー企業とは

巷間よく言われる「ベンチャー企業」という言葉は、1970年日本ベンチャー学会顧問(清成忠男氏ら)が創出した概念に基づく和製英語(造語)です。

この学会におけるベンチャーの概念は、「既存の企業または新規の企業が新たな事業に取り組むこと」とされていますが、法的な定義はなくまた社会的な定説もありません。ベンチャー企業に興味がある方は、転職サイトや転職エージェントで調べてみて下さい。

有名ベンチャー企業

「有名な」という言葉の解釈によって異なりますが、ここでは事業に成功を収めて企業規模が急拡大した有名な「メガベンチャー企業」のTop3社を取り上げ、その概要を紹介いたします。

企業1:株式会社ディー・ネヌ・エー(DeNA)

DeNAというベンチャー企業は、2005年に東証第1部に上場を果たしています。ちなみに、現在の資本金は約104億円、連結売上高は約1,440億円、連結従業員数は約2,500名となっています。

DeNAの手掛ける事業は、大きくエンターテイメント・ゲーム事業、ヘルスケア・スポーツ事業、ネット通販などのEコマー事業、自動運転技術など新規事業の4つの柱があります。

企業2 :楽天株式会社

楽天の設立は1997年ですが、3年後の2000年に東証第1部に上場を果たしています。現在の資本金は約2,060億円、連結売上高は約9,440億円、連結従業員数は約15,000人となっています。

楽天が手掛ける事業では、楽天市場・楽天トラベル・楽天カードなどを数々のサービスを提供しています。

企業3 :株式会社ぐるなび

ぐるなびの事業は、1980年に国際観光日本レストラン協会と業務提携して事業を始めました。

事業内容は、グルメ情報の検索サイト「ぐるなび」で知られていますが、それ以外に結婚式情報サイト「ぐるなびウェディング」やお出かけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」などのサービスを展開しています。

ベンチャー企業で働くデメリット

ベンチャー企業に転職するためのおすすめエージェント

一括りでベンチャー企業といっても、業種や業態などの違いによってさまざまな会社がありますので、これがベンチャー企業だと決めつけるのは難しいことです。

そのためベンチャー企業を就職先に選ぶことは、事業継続の先行きや事業実態が不透明なこともあり結構勇気が必要です。一般的にベンチャー企業は、過去に成功例がない事業領域を手掛ける会社が多いので、面白そうな反面色々と不安なことが付きまといます。

デメリット1:タフな体力と精神力が不可欠

ベンチャー企業の仕事は、誰もやったことが無い仕事が多いので、仕事のやり方や進め方のマニュアルなどありません。つまり、大方の業務が標準化されていないので、自らその場で判断や選択しながら仕事を進めなければなりません。

ベンチャーで働くためには、とにかく強靱な体力や精神力が不可欠であり、単なる夢や憧れだけでは務まりません。

デメリット2 :先行きの不透明さ

ベンチャー企業で仕事を進めるのは、基本的に前例がないので成功するまでの道筋をイメージすることができません。大企業のような前例踏襲などできるわけもなく、困っても迷っても上司に相談して助言を貰う術もありません。

また、大企業でも会社が潰れる可能性がゼロではありませんが、ベンチャー企業は常に先行きの不透明さと根気よく向かい合って仕事をしなければなりません。

ベンチャー企業で働くメリット

ベンチャー企業に転職するためのおすすめエージェント

ベンチャー企業で働くメリットは、「組織の歯車」的な仕事のやり方が嫌いな人に向いているといえます。つまり、色々な仕事を任せて貰える機会が多く、かつ自分の知恵や工夫が仕事に生かせる場面が多いといえます。

メリット1:仕事の達成感を味わえる

ベンチャー企業の場合は、少なくとも「手取り足取り」のような指導が受けられないので、かなり能動的な思考回路が形成され逞しく育つことが可能です。最初から大きな案件を成約できることがないにしても、仕事に喜びを感じる機会が少なくありません。

その反対に、時として責任の重さに精神的な重圧が掛かりますが、それを乗り越えると達成かを味わえることになります。

メリット2 :社長と直談判できる

大企業とベンチャー企業の大きな違いは、あらゆる仕事の進め方のスピード感が早いことです。大企業の基本的な仕事の進め方は、担当者から管理者に情報が上がり指示を受けながら進めるのが原則です。

その点、ベンチャー企業の場合は、社長の即断即決で話がとんとん拍子に進み、大いに満足感を味わうことができる場合があります。

ベンチャーへの転職でおすすめの職種

ベンチャー企業に転職するためのおすすめエージェント

ベンチャー企業の起業家に対するイメージは、仕事に夢や希望を持っている、若年層の活躍が目立っている、特定分野で高度な専門性を持っているなどが上げられます。また、ベンチャー企業に対しては、経営者と身近に話ができる、組織の意思決定が早い、個人の判断が裁量権が与えられるといったことが上げられます。

ベンチャー企業の特質について、ポジティブに受け入れられるか否かは個人の資質によります。単に興味があるという程度でチャレンジしても、自分の資質や適性を客観的に把握していなければ、ベンチャー企業で生き延びるこも活躍することもできません。

そのような意味において、ベンチャー企業には人の資質や適性に合う職種と合わない職種がありますので、その両方の例をそれぞれ紹介いたします。

システムエンジニア

産業分野の中で最もコンピューターが遅れているのは、農林・水産・畜産業などの第一次産業分野です。これらの産業分野において特殊センサー・衛星通信・AIを結び付けた革新的な生産方式への転換は、まさにベンチャー企業の出番であることはいうまでもありません。

このような革命的なパラダイムシフトに対応するためには、過去の常識や固定観念に縛られない発想や仮説に基づいた、コンピューターのシステム開発やプログラム開発を行うシステムエンジニアの存在が必要不可欠です。

マーケター

大企業やメーカーは、挙って「良い物を作る」から「売れる物を作る」という発想転換に迫られていますが、過去の慣習や社内風土に縛られ苦戦を強いられています。

ベンチャー企業においては、自縄自縛するような成功体験や組織の柵(しがらみ)を持たないことから、常識や固定観念に囚われない自由奔放なマーケティング手法の採用が可能です。

営業

大企業でもベンチャー企業でも、営業マンは「会社の顔」であることには違いがありません。ただ、ベンチャー企業の営業マンは、小回りが利くためきめ細かい顧客サービスができるところが強みです。

例えば、顧客からクレームがあった場合でも、自由裁量の幅が広く臨機応変の対応が取りやすいことが上げられます。また、社内組織の敷居が低いので関係部門と速やかな意見調整が可能なことです。

ベンチャー企業へのおすすめの転職方法

ベンチャー企業に転職するためのおすすめエージェント

ベンチャー企業への転職を希望する場合は、「新聞や雑誌」「企業のホームページ」「ハローワーク」「転職サイト」「転職エージェント」などで探すことができますが、いずれの方法を選ぶにしても転職に際しては自分の考えをしっかり整理しておくことが大事です。

ここでは、ベンチャー企業の就職を支援してくれる5つの「転職サイト」と5つの「転職エージェント」について、その概要と口コミの評価を紹介いたします。

ベンチャー企業を見つけるためのおすすめ転職サイト

「転職サイト」とは、Webサイトを利用した転職を支援するサービスです。さまざまなベンチャー企業の業種や職種に関する求人募集の要項が掲載されています。なお、転職サイトの利用は、誰でも無料で自由に検索や閲覧することが可能です。

転職サイトには、夥しいほどの業種や職種が掲載されていますが、中には特定の業種や職種に特化している転職サイトがあります。また、勤務地域や年代別や性別別に絞り込んでいるケースもありますので、転職サイトの利用に際してはよく確認してから利用することが重要です。

転職サイト1:「Green」

   評価項目   求人数  サポート力   満足度
  5段階評価  ★★★  ★★★  ★★★★

転職サイトの「Green」は、ITやWEB業界に強みを持っている、転職と中途採用などの求人に関する転職サイトです。

サイトに掲載している企業は、ベンチャーを中心に4,300社以上が利用していますが、主にWebサイトのデザイナー・ディレクター・企画・立案・営業・マーケティングなどの人材向けの転職サイトです。

転職サイト2:「Forkwell jobs」

  評価項目  求人数  サポート力  満足度
  5段階評価  ★★★★★  ★★★★  ★★★★

転職サイト「forkwell jobs」は、「IT」と「Web」業界に特化したエンジニアを対象とした求人サービスを提供しています。

サイトに掲載される求人募集は、forkwell jobsの審査をクリアした企業のみであり、自社の開発状況や業務環境の適切な開示義務を課しているので、ユーザーには安心して利用していただけます。

転職サイト3:「リクナビNEXT」

  評価項目  求人数  サポート力  満足度
  5段階評価  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

転職サイトの「リクナビNEXT」は、リクルートが運営している転職求人サイトであり、求人の約8割はNEXT独自であることが大きな特徴です。

NEXTが得意とする職種は、営業・事務・企画系などですが、ゲームや公告などのクリエイティブ系も人気があります。なお、将来的に転職を希望する人は、あらかじめ登録しておくことを薦めています。

転職サイト4:「@type」

  評価項目  求人数  サポート力  満足度
  5段階評価  ★★★★  ★★★★  ★★★★

転職サイト「@type」は、求人情報が他サイトに比べて詳細なので、求人企業との信頼関係に強みがあります。

例えば、就職希望の当該部署の残業時間などが記載されているため、就職志望者の視点に立っているように感じられます。なお、東京の拠点では対面サポートが利用できます。

転職サイト5:「Wantedly」

  評価項目  求人数  サポート力  満足度
  5段階評価  ★★★  ★★★  ★★★★

転職サイトの「Wantedly」は、他のサイトではない方式で企業とユーザーを繋げ、サイトの利用者数を延ばしています。

このサイトは「ビジネスSNS」と呼ばれるように、ユーザー側と企業側がアカウントを持っていてインターンの募集にも対応できます。なお、Wantedlyの独自性として、企業の写真や動画を使った紹介を行っています。

ベンチャー企業を見つけるおすすめ転職エージェント

ベンチャー企業に転職するためのおすすめエージェント

ベンチャー企業に関する「転職エージェント」とは、まさに転職に関して企業側とさまざまな情報交渉や手続きなどを代行するサービスを提供しています。

ちなみに、転職エージェントの代行サービスは、基本的に企業側から広告料や報酬を得て運営されているので、ユーザーは無料でサービスを利用することが可能です。なお、転職エージェントも業種や職種などを特化しているケースがありますので、利用前によく調べておくことが必要です。

転職エージェント1:「マイナビエージェント」

  評価項目  求人数  サポート力  満足度
  5段階評価  ★★★  ★★★  ★★★

転職エージェントの「マイナビエージェント」は、国内最大級の総合型の転職エージェントです。また、マイナビエージェントは、全国各地の大手上場のベンチャー企業や注目を集めているベンチャー企業あるいは特定分野で隠れた優良ベンチャー企業まで、幅広い企業の人事担当者と協力体制を保っています。

転職エージェント2:「リクルートエージェント」

  評価項目  求人数  サポート力  満足度
  5段階評価  ★★★  ★★★  ★★★

転職エージェントの「リクルートエージェント」は、全国を網羅する求人を扱っている圧倒的なブランド力を有する転職エージェントです。

リクルートエージェントは、求人数が多いところが最大の強みですが、業界や業種および大手からベンチャーまで幅広く転職のニーズに対応しています。

また、リクルートエージェントのの大きな特徴は、非公開求人は常に10万件以上を誇っており、業界トップクラスの転職エージェントといわれています。

転職エージェント3:「type転職エージェント」

  評価項目  求人数  サポート力  満足度
  5段階評価  ★★★  ★★★ ★★★★

転職エージェントの「type転職エージェント」は、常時1万人以上の求人数を有していますが比較的登録者数が少ないため、転職希望者に手厚い支援体制を組めることろが大きな特徴です。

ちなみに、type転職エージェントは、多くの転職者の年収アップを実現していることから、利用者の満足度が高いことも特徴です。

転職エージェント4「プロコミット」

  評価項目  求人数  サポート力  満足度
  5段階評価  ★★★★  ★★★★  ★★★★

転職エージェントの「プロコミット」の最大の特徴は、成長企業にスポットを当てた転職エージェントです。プロコミットの対象企業は、スタートアップしたばかりのベンチャーからメガベンチャーまで含まれまれています。

転職エージェントのプロコミットは、企業規模の大小よりも企業のベンチャースピリットの有無を大事にしているので、フロンティア精神を大事にする転職者にとって信頼できる転職エージェントです。

転職エージェント「アマテラス」

  評価項目  求人数  サポート力  満足度
  5段階評価   ★★  ★★★  ★★★

転職エージェントの「アマテラス」は、優良ベンチャー企業をターゲットとした転職支援を行っています。

また、転職エージェントのアマテラスは、企業経営者との面談階数は優に1,200社を越えており、今後成長する見込みのあるベンチャー企業を厳選し徹底したユーザーのキャリアサポートをモットーとした転職エージェントです。

ベンチャー企業の特徴と未経験の場合の注意点

ベンチャー企業に転職するためのおすすめエージェント

ベンチャー企業は、一般論として「企業規模が小さい」ことや「社歴が浅い」ことなどが大きな特徴として上げられます。

その反面、大企業にない良い面がたくさんありますが、逆に仕事のやり方や労働環境にさまざまな問題も抱えているのが実情です。

ベンチャー企業の特徴

ベンチャー企業の特徴は、それぞれの企業独自の強みと弱みがありますが、押し並べてベンチャー企業の特徴を挙げると、概ね以下のような事項です。

(1)経営者の独自性やカリスマ性が強いため、無用な常識や慣例に囚われないこと。

(2)意思決定の階層が少ないため、結論が出るまで時間を要しないこと。

(3)仕事がマニュアル化されていないため、社員の自由裁量が行使しやすいこと。

(4)斬新なアイディアが重視され、革新的なビジネスモデルを構築しやすいこと。

(5)開放的な職場環境であり、自由闊達な議論がしやすいこと。

未経験者転職する場合の注意事項

大企業などに勤めた経験がある人がベンチャー企業に転職する場合は、特に仕事のやり方の違いに戸惑うことが多いです。つまり、大企業と違い役職者が少ないので意思決定が驚くほど早いことと、自由裁量の範囲が広いので自ら考え判断することが求められます。

ベンチャー転職におすすめの資格

転職エージェントを通してベンチャー企業に転職する際、何らかの資格を持っていると有利に働くことは間違いありません。もし就職先の業種や業態に必要な国家資格であれば、なおさら転職エージェントも好条件を引き出しやすくなります。

ちなみに、転職エージェントを通した転職に役立つおすすめの資格5選には、以下のようなものがあります。

(1)英語のコミニュケーション能力(TOEICなど)

(2)複式簿記の実務(税理士・公認会計士など)

(3)官公庁の諸届(行政書士など)

(4)企業戦略の立案(中小企業診断士など)

(5)社会保険の実務(社会保険労務士など)

ベンチャー企業の平均年収

ベンチャー企業に転職するためのおすすめエージェント

転職エージェントを通してベンチャー企業に転職したからといって、年収が高いということはありません。メガベンチャーといわれる企業でも、飛び抜けて年収が高いわけではありません。つまり、年収の多寡は、転職エージェントを通すか否かに掛かってているわけではなく、飽くまで個人の実績と能力によって評価されます。


ちなみに、大企業の初任給は概ね18~22万円程度です。その実態から推して、転職エージェントを通して転職しても年収400万円くらいであれば御の字です。ましてやベンチャー企業は、ボーナスがないの企業もたくさん在ります。

転職後のキャリア

ベンチャー企業に転職するためのおすすめエージェント

転職エージェントを通して転職した場合、企業の業務に必要な公的資格を有していると待遇面で有利になることは間違いありません。しかし、転職エージェントの事前調査において、前職における役職(課長や部長など)が有利に働くことはあまり期待できません。

転職エージェントの重要な役割は、転職者が供えている意欲や能力を客観的に把握し、的確にベンチャー企業に伝えることです。なお、転職後に自分のキャリアを活かしたいと考える場合は、転職エージェントにその旨を申告し自分に合った業種や職種を選ぶと良いでしょう。

転職の決め手は本人の意欲と信念とスキルです

ベンチャー企業に転職するためのおすすめエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用したベンチャー企業への転職は、大変多くの人が利用しています。これまでの転職は、新聞のチラシで応募するハローワークの利用などごく限られていましたが、転職エージェントはパソコンなどから無料で利用できるのでとても便利です。

転職エージェントが便利といっても、誰もがトントン拍子で転職できるわけではありません。転職エージェントを通して転職が成功するのは、エージェントの力量もさることながら、本人の強い意欲と確固たる信念と誰にも負けない固有のスキルであることも念頭におきましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests