Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月13日

口コミから調べた看護師向けおすすめ転職サイトランキング

不足している看護師は売り手市場になっています。より勤務条件の良い職場に転職するためにエージェントを使うことができます。看護師の転職エージェントはいくつもありますが、忙しい看護師に代わって希望の転職先を探してくれますので、上手に利用して良い転職先を密得ましょう。

看護師の就職先は

看護師の過半数どころか9割が、病院や診療所に就職していて、近年は看護師が不足してしまい有名な病院を望むのでなければ就職率は100%になっています 。就職活動も転職活動も一般的な就職活動や転職活動に比べてとても楽になっています

結婚や出産などで看護師を辞めた後でも、子育てが落ち着けば、看護師不測の売り手市場のため、すぐに仕事に復帰できてしまいます。看護師の資格があれば、お金に困ることはなく、生きていくことができます。

最近、看護師不測は特に顕著で、地方でも大都市でも看護師の不足がみられますので、就職先には事欠きません。原因として医療制度改革があり、各病院では看護職員の確保が必要になっています。

病院や診療所以外にも、特別養護老人ホーム、訪問看護ステーション、そして介護施設他の施設でも看護師は求められています。看護師の資格を持っているが、現在離職している看護師の復帰策が課題になっています。

看護・医療業界の有名企業

医療業界は安定した職場として知られています、リーマンショックや震災後でも安定して経営されていたのが医療業界になっています。医療業界が安定して経営できるのは、医療機器も薬も顧客である病院や診療所が必ず買い求めてきます。

どの会社から買うかという選択肢があるだけであって、必ず医療機器や薬は買い求められます。しかも、病院で使われる医療機器や処方される薬の大半を、国が保険による精算により費用が補填されるという特徴もあります。

しかも、高齢化の進行とともに医療費の伸びにより、さらに医療業界は成長が期待されています。そんな医療業界には医療機器業界、製薬業界、そして医療機関が属しています。医療機関の中でも有名な病院を二つ紹介します。

慶應義塾大学病院

中央線の信濃町駅を出たすぐとおり向かいにあるのが、慶応義塾大学病院です。住所は東京都新宿区信濃町35で代表電話番号は03-3353-1211です。

この慶應義塾大学病院の理念はホームページによると、「患者さんに優しく患者さんに信頼される患者さん中心の医療を行います」、「先進的医療を開発し質の高い安全な医療を提供します」、「豊かな人間性と深い知性を有する医療人を育成します」、「人権を尊重した医学と医療を通して人類の福祉に貢献します」となっています。


平成4年7月施行の医療法改正により、高度医療を提供する大学病院が「特定機能病院」扱いとなり、慶應義塾大学病院も平成6年2月に承認を受けて特定機能病院として運営されるようになりました。

この医療法改正による特定機能病院は、高度の医療を提供するとともに、高度な医療に関する研究・開発・評価・研修ほかを行うことのできる医療機関となっています。

日本大学病院

日本大学病院は中央線御茶ノ水駅から歩いてすぐの所にある大病院で、住所は東京都千代田区神田駿河台1-6で代表電話番号は03-3293-1711です。

日本大学病院は公共的医療を行う施設を目指していて、ホームページによると「「病院は病者のためにある」ことを理念として、患者さんの満足が得られるよう努力する」としています。

日本大学病院の基本方針は、やはりホームページによると「本院は、愛と責任を基調とし、患者さんの個人情報保護・自己決定権を含む諸権利と生命の尊厳を遵守し、健康と幸福に繋がる効果的・倫理的医療を提供する」ことを一義にしています。

ほかにも「他の医療機関と密接な連携を通じて、患者さんがより良い医療を受けられるよう機能に応じた役割分担を積極的に推進する」としています。

日本大学病院には、救命救急センターを併設していて、都市型の急性期医療を提供する大学病院として質の高い医療を提供しています。

看護・医療業界の動向

近年における医療業界の動向として、医療業界は社会の高齢化が進むことに合わせて需要が高まることが予測されます。高齢化に伴いガンやアルツハイマー患者も増えることから、先端医療への対応も求められていきます。

これらの需要を満たすための財源と医療従事者の確保は重大な課題になっています。医療業界は、主に「病院・診療所などの医療機関」、「医薬品業界」、「医療機器業界」の3つに分かれています。

病院・診療所などの医療機関

公立病院の廃止や医療法の改正により、医師の確保と看護師の課題になっています。訪問介護・診療をするクリニックなどが増加していることから、医師や看護師の需要が高まっています。

また医薬品業界からは、医薬品に対するアドバイス的の役割を担う医師や看護師のニーズも高まっていて、病院や診療所での患者の治療以外の分野における必要性も出てきています。

その結果、看護師には高度な知識と技術、専門性が必要になってきていて、看護師の業務がこれまで以上に高度・専門化してしまい、人材の確保が難しい状況になってきています。

医薬品業界

高血圧患者などへの薬剤の必要性は満たされていますが、がんやアルツハイマー他の疾患への薬剤の必要性は満たされていません。このような薬剤での医療で満たされていない分野への対応が必要になっています。

このようなニーズへの対応として期待されているのが、新薬としてバイオ医薬品があります。今後はこの方向での新薬開発が進むものと考えられます。

しかし、バイオ医薬品に限らず新薬の開発には、多大な研究開発費の投資と開発に対する時間が必要となりますので、医療品業界の会社の経営を圧迫する要因になってしまいます。

医療機器業界

医療機器業界は、将来的に高齢者の増加による医療市場の拡大、内視鏡手術やカテーテル治療ほかの最新医療技術の開発・普及による医療機器の医療機関での機器更新需要が見込まれるために業界として発展することが見込まれています。

医療機器は、2種類に大きく分けられます。一つは病気の治療として用いられる治療系医療機器としてのカテーテル、心臓ペースメーカー、整形インプラントがあります。もう一つは治療を行う前に診断と測定を行う診断系医療機器である内視鏡、CT、MRI、PETほかがあります。

治療系医療機器の研究開発には多額の費用が必要となりますので、資本力のある外資系メーカーが中心になっていて、医療機器市場の約4割は海外からの輸入によるものになっています。

一方の診断系医療機器は、カメラ業界や電子機器メーカー他の参入もあり、国内メーカーが強い競争力を持っています。

市場規模

医療業界の市場規模については、医療機器業界の市場規模が2011年度で2.4兆円となっています。

このうち、治療系医療機器分野であるペースメーカー、人工関節、チューブ・カテーテル他については、市場規模は2011年度で1兆2,560億円となっています。同じく診断系医療機器であるCT、MRI、超音波画像診断装置、内視鏡ほかは6,126億円となっています。

製薬業界での国内の医薬品市場規模は、2011年度で約9.3 兆円であり9割以上が医療用医薬品になっています。世界の医薬品市場規模は2011年度で9,529 億ドルとなっていて、国別で見ると医薬品のシェアはアメリカに次いで日本は世界2位の市場となっています。

また、製薬業界で見逃せないのが、製薬サービス業と言われる分野で、臨床開発や販売を外部で受託するシステムのコントラクトリサーチオーガナイゼーションその他で、製薬サービス業は凄い勢いで伸びている分野です。

トレンド・将来性

高齢化に伴って医療・介護サービスに対する需要は高まり続けて行くことが予測されますが、その財源を支える現役世代への負担感が重くなっています。さらに、この分野の担い手である人材の不足もあり、制度の維持が難しくなっています。

医薬品業界については国際的な競争力の強化が求められているのが現状です。また、医療業界の非効率性も課題で、医薬品メーカーや医療機関、そして行政が一体となって対応しなければならない状況です。

労働者数

医療業界の人材確保状況をみると、医師は極めて不足している状況にあります。これまで、医療費の伸びを抑える政策から日本では医師の数が、厳しい管理により制限されてきました。

医師になるための医師免許は国家試験となっていますが、医学部の定員を管理することで医師が増えないよう調整されてきました。その結果、現在では医師が不足するという事態になっています。

医師の総数自体は毎年約4,000人程度が増えているのも関わらず、地方では医師不足による問題が起こっていて、地方の医療現場では過重労働が改善される見込みがありません。

看護師については、2018年に改訂された診療報酬の規定で、診療報酬点数が最も高く設定されているのが、手厚い看護ができるように患者7人に対し看護師1人を配置する割合で、その人件費がまかなえるよう診療報酬点数を高くされています。

転職でおすすめの職種

看護師が転職でおすすめの職種は、看護の資格を生かすことのできる職場になっていますが、病院だけではなく企業内の産業看護師やデイサービスでの仕事、そして特養などの高齢者向け施設での仕事があります。

産業看護師

産業看護師という職業がありますが、会社員として企業で働く看護師です。各企業の医務室で働き、社員の健康管理に主に当たります。医療系業界の会社では、医療機器や医薬品の問い合わせの対応をするなどの業務に当たります。

社員への対応に当たる場合などは、日勤のみの職場になるので、ワークライフバランスを整えられるのが魅力です。

デイサービス施設の看護師

デイサービス施設の看護師も看護師資格を活かせる介護業界での就職先になります。デイサービスで働く看護師の主な仕事は、健康チェックによるデイサービスの利用者の健康状態を管理します。

デイサービスとは通所介護サービスのことで、利用者が施設に収容されずに通うことで、食事・入浴・機能訓練ほかのサービスなどを受けることです。

デイサービスでは、医療行為をあまり行わないので看護技術は向上しませんが、医療ミスや医療事故に関する精神的ストレスは少なくすみます。

特養などの高齢者向け施設の看護師

特養などの高齢者向け施設の看護師も看護師資格を生かせる職場になっています。活動場所としては特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・有料老人ホームなどがあります。これらの施設では入居者の健康管理をすることです。

高齢者向け施設で看護師の主な仕事内容は、健康管理に始まり、配薬管理、栄養管理、排泄管理、病院への付き添いなどがあります。

高齢者向け施設では、医療行為はしませんがをすることはありません。しかし医師が常駐しない施設もあるため、看護師の判断が医療面で大事な場合があります。

看護職におすすめの転職方法

看護師の転職にはいくつか方法がありますが、一つは知人や先輩、元同僚などに紹介してもらう方法です。求人情報には記載されていない実際の情報を基に判断できるのが利点になっています。

他にもハローワークを利用することもできます。ハローワークとは国が設置している行政機関ですので安心して利用することができる職業紹介施設です。さらに通常の転職サイトや転職エージェントを使って転職することができますので、おすすめの不お法を紹介します。

看護職におすすめ転職サイト

看護師は転職サイトに登録することで、おのおのに担当者がついて条件にあった求人を紹介してくれ、転職活動をサポートしてくれます。転職サイトを使うことで良い転職先を紹介してくれることになります。

また、転職の手続きの代行をしてくれますので手間を省いてくれます。今回はそんな転職サイトを求人数やサポート力、満足度も評価しながら紹介します。

転職サイト:リクナビNEXT

求人数サポート力満足度
555

リクナビNEXTの特徴は自己分析ツールを使う音ができることです。転職実績も転職業界トップで、掲載求人数も豊富なため転職にあたって最初に登録するべきサイトです。

転職が初めてで、転職活動に不安があってまず何をすればいいか分からない転職希望の方に歯差的な転職サイトです。

転職サイト:看護roo!

求人数サポート力満足度
555

看護roo!は株式会社クイックが運営する看護師向けの専門転職サイトです。特に5万を超える非公開求人があることで評判がよく、良質な求人の紹介をしてくれることの評価が高いサイトです。求人数だけでなくサポートの手厚さも評価されています。

転職サイト:ナースではたらこ

求人数サポート力満足度
445

ナースではたらこはアルバイトの求人媒体のバイトルを手掛ける人材会社のディップ株式会社の運営する看護師向け専門転職サイトです。特徴は24時間の電話対応、対面支援を行ってくれるなど、サポートが手厚くなっています。

転職サイト:スーパーナース

求人数サポート力満足度
444

スーパーナースは24年の実績を誇る老舗の看護師専門転職サイトで、2万を超える公開求人を持っています。長年の転職支援で蓄積されたテクニックを伝授してくれますので、転職が初めての方も安心です。

また、師長や看護部長などの年収が高いハイキャリアの求人も豊富で、管理職の転職にも向いています。

看護職におすすめ転職エージェント

看護師の転職に転職エージェントを利用することができます。転職エージェントを使うことで、転職のプロが希望に合った転職先を探したうえに紹介をしてくれます。

看護師は毎日忙しい職業ですので、そんな看護師に代わって転職エージェントは希望条件にあった転職先を探し出してくれます。いくつかの転職エージェントを求人数やサポート力、満足度も評価しながら紹介します。

転職エージェント:マイナビ看護師

求人数サポート力満足度
555

マイナビ看護師は、看護師のための専門の転職、就職の支援をする転職エージェントで、株式会社マイナビは、医療系の転職支援のサービス全般をおこなっていて、独自の情報を持っている転職エージェントです。

求人活動を全国で支援している転職エージェントで、医療機関にも直接取材して現場で働く看護師さんからの職場の状況を調べていますので、現場の状況を知ることができるのが特徴です。そして、公開している求人情報以外にも非公開求人を多く持っている転職エージェントです。

転職エージェント:看護のお仕事

求人数サポート力満足度
555

看護のお仕事は、レバレジーズ株式会社が運営する看護師専門の転職や復職を無料で支援してくれる転職エージェントです。年中無休で24時間電話対応をしているのが特徴で、忙しい現職の看護師さんには助かる転職エージェントです。

看護のお仕事は転職エージェントとして全国の事業所情報、求人情報をもち、公開求人数や非公開求人も業界最大級の数となっています。地域別にコンサルタントを配置しているので地域に密着したサービスも行ってくれる転職エージェントです。

転職エージェント:看護プロ

求人数サポート力満足度
354

看護プロは看護師の転職サイトで、転職エージェントのサービスをしています。特徴として、企業の内情に詳しいのが魅力の転職エージェントとなっています。ただし、全国すべてを網羅しておらず、転職エージェントの対応エリアは首都圏と東海の一部、そして関西では大阪、京都、神戸になっています。

ただし、関東では最大級の求人案件を持っている転職エージェントで、病院や施設の口コミが豊富なうえに、356日24時間登録可能となっています。

転職エージェント:ナースフル

求人数サポート力満足度
544

ナースフルは、リクルートグループが運営する看護師専門転職エージェントです。大手のリクルートならではの信頼性のある好条件の求人を多数持っている転職エージェントです。求人数は看護師転職エージェントの業界では最大級です。

転職エージェントでのクルートは転職業界のプロですので、アドバイザーから多くのサポートを無料で受けられる優秀な転職エージェントです。

転職エージェント:ナース人材バンク

求人数サポート力満足度
444

ナース人材バンクは、株式会社エス・エム・エスキャリアが運営している転職エージェントです。大手の会社ではないですが、多くの看護師さんに利用されていて、年間10万人以上の看護師さんに利用される転職エージェントとなっています。

全国16箇所に拠点を持ち、地域特有の多種多様な求人情報をもっています。もちろん、看護師専門の転職エージェントで、管理職の求人情報も持っています。

看護・医療業界の特徴と未経験の場合の注意点

医療業界の現状として、高齢化の影響を強く受けています。もちろん看護師も同じで介護分野への需要が増していくことから、需要と供給のバランスが釣り合わないことが問題視されています。

さらに、医師不足も大きな問題で、医療と介護を必要とする後期高齢者が増えるなか、このままでいくと医療従事者の数が高齢者側の要求する数に満たない可能性が高くなっています。

そのような課題の中で、看護師は患者にとって最も近い存在で、未経験な看護師ならではの課題が増えています。注意点として未経験の看護師には、高齢者の病状の変化を見逃すことのない判断力が求められてきます。

看護職の転職におすすめの資格

看護職の転職にあたり転職エージェントを使うことで、業務に支障なく転職を進めることができます。そんな転職エージェントを使って希望の職場を見つけるためにもおすすめの資格があります。

転職エージェントを使うにあたり有利な資格として、認定看護師の資格があります。日本看護協会の認定資格であって、キャリアアップを考える看護師に人気があり、転職エージェントを使う際にも有利です。

他にも転職エージェントを使う際に有利に働くのが専門看護師で、こちらも日本看護協会の認定資格です。大学院での高度な学びや研究を経て認定されますので高度な資格といえます。

そのほかにも転職エージェントを使う際に有利になる資格には保健師、助産師、ケアマネジャー、介護福祉士、臨床心理士他の資格があります。転職にあたりこれらの資格を朋友しておけば、転職エージェントによって今より職場環境の良い職を見つけやすくなります。

業界の平均年収

看護師全体の平均年収については、厚生労働省による「平成29年賃金構造基本統計調査」によれば、看護師の平均年収は478万2700円でした。

そして、平成29年度人事院統計書調べでは、看護師の平均年収は525万円で、正看護師の平均年収が586万円、准看護師の平均年収が481万円となっています。

転職後のキャリア

看護師の転職後のキャリアの方向性として、転職エージェントを使うことで多くの方向性を見出すことができます。認定看護師や専門看護師の資格を取ることで、特定分野のエキスパートを目指ことも転職エージェントをつかうことでめざせます。

転職エージェントにより、管理職として転職する方向を目指すことで、高収入を得ることもできます。さらに、看護師としての経験を活かし、転職エージェントを使って、介護業界や製薬会社など異業種へ転職することも可能です。

看護師は求人数自体が多いので、即戦力となる経験者に対するニーズも高く、そのため転職エージェントをうまく使うことで、自分に合うキャリアプランを見つけることが容易になっています。

看護師の転職には転職エージェント

看護師は売り手市場で職場をえり好みしなければ、就職率は100%の必ず働ける職場です。しかし、より高い給与やワークライフバランスを望む場合には、転職が効果的です。

そのような希望に合わせた転職を行う場合には忙しい看護師であれば、代わりに希望の職場を探してくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。紹介した転職エージェントだけでなく、多くの看護師専門の転職エージェントがあります。

転職することに不安のある方でも、転職エージェントはサポートしてくれますので、その点でも利用する価値があります。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests