Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月11日

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車業界へ転職をお考えの方は何から手を付けたらよいか悩んでいる方はまず、転職サイトや転職エージェントをお探しください。自動車業界は非公開求人などを扱う転職エージェントに相談して、転職が成功させましょう。おすすめのサイトとエージェントを紹介しています。

転職エージェントを活用しよう

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車業界に転職したいと転職サイトで仕事を検索してみると、自動車業界に派遣される常用型派遣の仕事が多いです。しかし、自動車業界では中途採用も行われています。完成車、部品メーカーなど企業ならば求人は公開求人ではなく非公開求人です。

公開求人で見つからなかった場合、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントを利用しましょう。エージェントとのコミュニケーションで自分のことをアピールするのが大事です。

自動車業界の市場動向

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車業界の規模の推移を見ることでその市場のだいたいの現状や動向を把握することができます。近年の自動車業界の業界規模はトヨタ、日産、ホンダ、マツダなどの10社の売上高の合計で68兆1,730億円となっています。

市場規模

10年近く前までの自動車業界は、アメリカなど海外を主要マーケットとして拡大をしていました。しかし、それ以後はサブプライムローン、リーマンショックの影響で米国経済が下り坂となり、世界的な経済危機の影響により、自動車販売台数が急落します。

国内の自動車販売数もさらに落ち込み、自動車メーカー各社の業績は赤字状態となりました。近年に入り、経済が回復気味なってきています。円安がもととなり、各社業績は上り坂です。世界的な景況感の回復などを背景に、日本やアメリカなどでは良好な自動車販売数を記録しています。

トレンド・将来性

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車業界では、1人あたりのGDPが2,500~3,000ドルを突破すると自動車が本格的に売れ始めると良好であるとみられますが、現在ではインドネシア、フィリピンがこの3,000ドルくらいにあり、将来性としては市場の拡大が期待されます。

インドの自動車市場において、高いシェアを築いているのがスズキです。インド国内で37%近いシェアを築きました。インド市場では世界首位のトヨタ自動車でも4%ほどのシェアしかありません。これからもインドは間違いなく伸びる市場で、自動車業界に与えるインパクトは大きいでしょう。

労働者数

初めに自動車関連産業の雇用という切り口でみると、就業者数は550万人程度で、日本の全就業数およそ6300万人の9%近く労働者がいます。多いのは110万人近くを抱える販売や整備関連で、企業としては日産東京販売HDや輸入車販売大手のヤナセです。それからトヨタも巨大販売会社が、第2次オイルショック直後の80年にトヨタ自動車本体に吸収されます。

本体や部分や付属品を作る製造分野は80万人くらいと日本の製造業全体の約740万人で部分や付属品の製造分野がだいたいで、自動車本体の製造に関わっているのはわずか20万人くらいです。

自動車業界への転職でおすすめの職種

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車は広い技術が必要で自動車が好きな人でないとできない職種もあります。そして企画から販売までを担う必要がある業界のため、多々の職種の人が働いています。自分に合っている職種は何かをしっかりと考えて転職に挑みましょう。

職種1

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

事業者業界の事務系であれば営業、経理、法務、人事、企画、調達などがあります。オフィスワークの中で、一般的な職種であり、オフィス内で、パソコンを使用してデータを入力したり、営業、社内外で必要な書類の作成・処理・整理をしたり、郵便物の仕分けや発送や電話対応、来客対応をしたりと、広範囲に渡って業務を行います。

職種2

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車業界の機械系、化学系、物理系、材料系、情報系など職種で言うと研究、開発、設計、生産技術などがあります。これらは、企業側が研究開発活動の一部がアウトソースされる形態です。研究開発内容は、研究開発の受託、設計や試作の請負、先端材料などの検査、分析、研究開発者の派遣、技術調査やコンサルティングなどがメインです。

職種3

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車業界の製造、品質管理の職種があります。それらは、担当する仕事がどの生産工程を担っているのかを把握し、業務全体のなかで自分の立ち位置を確認することが大事です。自動車製造の主な生産工程は大きく分けて、プレス、溶接、塗装、エンジン製造、組立て、検査、出荷の7段階からなっています。

工程の中にはロボットや機械により自動化されている作業も多くなっていますが、パーツの取り付けや部品やネジの取り付けなど品質管理は人の手による細かな作業が必要です。

自動車業界のおすすめの転職方法

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車業界への転職は非公開求人が多いので、転職サイト、転職エージェントへの登録をしましょう。転職サイトはスカウト機能があり、レジュメを登録し、レジュメを見た企業からオファーが届きます。

転職エージェントは自動車業界に転職したいという希望を伝えれば、その業界の企業を複数紹介してくれます。転職サイトや転職エージェントはいくつかありますが自動車業界に絞っているならば、受け持っている求人数が大事でしょう。

自動車業界のおすすめ転職サイト

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車業界へ転職を考えている方のためにおすすめの転職サイトをご紹介します。自分が何をして行きたいかの内容を登録すると、自分に合った自動車業界の転職先に出会えます。どうぞご覧ください。

リクナビNEXT

転職サイトのリクナビNEXTは、自分の希望条件を登録しておくと、毎週更新日に登録した条件の 新着求人がメールで届きます。求人情報の約85%は、リクナビNEXTにしか掲載されていません。

職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録しておくと、転職者へ興味を持った求人企業や転職エージェントから直接オファーが届くサービスです。企業からの注目度ランキングやオファーの数などが確認できるので、自分の転職市場価値がわかります。

求人数★★★★☆
サーポート力★★★☆☆
満足度★★★★☆

doda

転職サイトのdodaは、転職の全体感の把握とキャリアの登録をし、転職活動のスケジュールを立てます。そして、応募したい会社を調べ、気になる求人情報があれば積極的に見て、応募したい会社が決まったら、書類を作成して応募します。

転職理由や志望動機など、想定される質問に対して準備し、面接です。その結果、無事に内定が出たら、円満退職のための退職手続きや引き継ぎの準備となります。

求人数★★★★☆
サーポート力★★★★★
満足度★★★★☆

クラッチ求人

転職サイトのクラッチ求人は、整備士、板金や塗装、サービスフロントなど、細かい職種、TOYOTA、BMW、などの取り扱う車種や整備資格などでも検索できるので理想の求人が探しやすいのが特徴です。

転職者が求人内容をわかりやすく、仕事内容や職場のイメージできるように特徴アイコン、写真が入った求人ページがあります。整備士ならではのオリジナルの項目もあるので探しやすいでしょう。

求人数★★★☆☆
サーポート力★★★★☆
満足度★★★★★

カーワークアシスト

転職サイトのカーワークアシストは自動車業界の専門サイトです。求人の案内数はなんと7000件以上、全国の26000店舗とも直接に取引を行っています。求める人材は、さまざまな車種を扱ってみたい方や好きなクルマの仕事に携わりたい方には向いています。

求人数★★★★☆
サーポート力★★★★☆
満足度★★★★★

オートモーティブジョブズ

自動車業界専門のサイトオートモーティブズでは、自動車業界で転職を検討されている方へより多くの可能性をご提供してくて生まれたサイトです。自動車業界の各企業との間にエージェントが育んだグリップ力を活かし、転職者にとってのベストな転職の成功を願っています。

求人数★★★☆☆
サーポート力★★★★★
満足度★★★★☆

自動車業界のおすすめ転職エージェント

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車業界へ転職をお考えの方におすすめの転職エージェントを紹介します。自分に合ったエージェントと出会うことで、転職先が変わってきますので、転職を成功させるためにもエージェントとじっくりと話し合い素晴らしい転職をしましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、それぞれの業界や職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なエージェントアドバイザー約470名がお客さまひとりひとりに合わせた転職支援をします。エージェントは転職者の今まで発見できなかった持ち味を分析し、転職へのお手伝いをし、企業への聞きづらい年収や転職先への望む希望などもエージェント側が聞くことが可能です。

求人数★★★★★
サーポート力★★★★★
満足度★★★★★

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが営んでいる転職エージェントです。全国的に展開された転職支援実績を持つマイナビならではの、大手企業からベンチャー企業、まだ世に出ていない企業まで、エージェントは多くの人事採用担当者とのコミュニケーションを実践しています。

転職の現状を知っているプロフェッショナルなエージェントアドバイザーが中心となって、転職者が企業でより良い職場へと転職を計画います。積極的にエージェントとの連携を強化していくと良いでしょう。

求人数★★★★☆
サーポート力★★★★★
満足度★★★★☆

ビズリーチのエージェント

転職エージェントのビズリーチは、高い基準の転職に推定を合わせた転職サービスです。転職者が求人を検索して自分で応募するという転職サイトとは異なり、ヘッドハンターや企業から直接ヘッドハンティングが来るというサービスがあるのが転職エージェントです。

今までの職業でも普通以上の高い給料を得てきたかたが、よい条件でステップアップを志し高い職種を目指すためにエージェント側がサポートしてくれます。

管理職や役員といった条件での募集や、大企業、海外勤務などの希少案件への紹介が準備されています。それから、世の中に発表されていない非公開求人を独自に準備されているので、ビズリーチ経由でしか応募できない稀な求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

求人数★★★★☆
サーポート力★★★★☆
満足度★★★★☆

JACリクルートメントのエージェント

転職エージェントのJACリクルートメントは、日本で29年以上も続くエージェントです。今までの経験を生かした支援をしてくれるので、エージェントが適切な転職アドバイスを行ってくれます。営業や専門職に詳しい、業界、職種別のエージェントコンサルタントもサポートを行うので安心でしょう。

求人数★★★★☆
サーポート力★★★★☆
満足度★★★☆☆

A・ヒューマンのエージェント

転職エージェントのヒューマンは、きめ細やかなエージェントがキャリアコンサルテーションを行います。キャリアコンサルタント面談を行って転職者のことをよく知ったうえで求人紹介から応募までの流れを行います。

その後に行われる応募した企業との面談のサポートもエージェント側で模擬を行いますので安心です。フォロー採用内定に際してのサポート入社後のアフターフォローもサポートしてくれるのは素晴らしいでしょう。

求人数★★★★☆
サーポート力★★★★★
満足度★★★★☆

自動車業界の特徴と未経験の場合の注意点

自動車業界は金融危機の影響で大きな落ち込みぎみでしたが、近年は中国をはじめとする新興国の販売が良好で回復傾向でしょう。それからハイブリッドカーや電気自動車など次世代自動車の動向にも目が離せません。

自動車業界の就職は事務系採用と理系の技術系採用に分けられます。事務系採用は商品企画、新車プロジェクト、生産企画、営業企画などの職種が、技術系採用は技術開発、先端研究、品質保証などの職種があります。自分に合っと職種を選ぶことを注意しましょう。

自動車業界への転職におすすめの資格

自動車業界で特に必要な資格はないのが現状です。しかし、配属された部署や職種によっては、海外に関連する業務を任せられたり、海外出張をしたりすることもあるので、語学関連の資格を持っていると有利でしょう。ビジネスを動かすために重要な資格といわれますが、自動車メーカーで働くうえでもこの資格は役立たせることができるでしょう。

また、もし技術系の職種を目指すのであれば、就職後にエンジンや電気回路など、どの領域の仕事に携わりたいのかを踏まえ、大学や専門学校などで専門知識を学んでおくのも良いです。企業の自動車メーカーは教育体制も確立しているので入社後に学ぶことも多いでしょう。

自動車業界の平均年収

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

自動車業界で平均年収が最も高かったのは、トヨタです。平均年収は831.9万円でした。2位は日産の818.4万円で、3位はホンダの808.6万円(44.9歳)です。売上高の上位3社が、トヨタは17年度の純利益が前年度比36.2%増の2兆4939億円で、米国の法人減税も追い風に2年ぶりに過去最高を記録しました。

設計面の見直しなどで1650億円の営業費用を削減しました。平均年収は前年から20万円以上減少したものの、売り上げではトップを保っています。

転職後のキャリア

エンジニアの転職市場では、転職希望者にとって最も強いキャリアになるものは、学歴でも前職企業のネームバリューでも人柄ではありません。必要なのは、身につけているスキルの内容とレベルです。

普通のことのようですが、市場価値の高いスキルが何よりもキャリアとなります。では、そのスキルを、いつ、どこで身につけたら良いのかという話になるが、自分に合った職業であるかということが最も重要なことです。

自動車業界へ転職を成功させよう

自動車業界への転職を成功させるおすすめ転職エージェント

人気の自動車業界だが、機械や電気だけでなく、ソフトウェア、通信、素材、化学、そして生産技術などさまざまな領域のエンジニアを必要としています。

転職を考えているのであれば、自分のエンジニアとしての市場価値を自分なりに見てみて、もしそこで判断できなかったとしても転職サイトやエージェントなどで見極める努力を続けてみましょう。広い視野を持ち、自分に合った転職先と出会い成功させましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests