Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月08日

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

転職は自分の生活に直結するため、自分の希望した企業に就職したいと考えるでしょう。しかし製造は製造だけにしかない特性があるため、その内容について熟知しているエージェントを活用するのは賢い方法です。製造でエージェントをうまく使って転職を成功させて下さい。

モノ作りこそ日本経済の原点

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

日本は高度経済成長時、製造業が経済を牽引して先進国に押し上げてくれました。現在はインターネットを使ったIT関連の業種やサービス業などが注目されていますが、モノ作りこそ日本人の原点です。

人間が生活するためには家電や自動車など工場などで製造された製品が必要であり、浮き沈みはあっても無くならないのが製造業です。

製造業は見た目が汚くて危険なイメージがありますが、近年はそれも大幅に改善されてやりがいのある仕事になっています。やってみて初めてわかることもあるので、少しでも興味があれば飛び込んでみる価値があると言えるでしょう。

製造業の有名企業

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

日本企業で海外でもその名前をよく知っているというのは、やはり製造メーカーが多数を占めています。それは技術力の高さにより、海外でも多くの人が日本製品を使ってくれているからです。日本企業が広く知られているというのは日本人の誇りであり、その割合が高い製造業はやはり日本の基幹産業と言えます。

製造に関係したことがない人でも転職をしたいと考えた場合には安定性を求めるため、世界的に有名な製造メーカーについて知ってから転職先を考えてもいいのではないでしょうか。

トヨタ自動車

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

海外でよく見る自動車のロゴに「TOYOTA」があり、世界中のほとんどの国でトヨタ製造の自動車が走っています。その製造台数はトップに君臨していて、これは自動車大国であるアメリカを抜いたことに意味があります。

日本車が世界で認められたのは価格が安いのに壊れにくく、安心して乗ることができると認めてくれたからです。この安心を勝ち取るまでにトヨタ自動車では数々の試練を乗り越え、今でも少しのミスも許さずに世界最高水準で車を製造しています。自動車こそ日本の強みであり、転職するのに一考する価値があると言えます。

ソニー

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

日本の製造メーカーにおける家電分野で有名なのがソニーです。ソニーは革新的な家電を販売してきたことで世界的にユーザーが多く、英語表記の社名でもあるために海外でも広く認知されています。

ソニーの魅力は故障しにくい高性能がありますが、既存のメーカーでは作れなかった製品を製品化したところが大きな評価に繋がっているのは間違いありません。ソニーが開発した携帯音楽プレイヤーは同時の大人気商品になり、現在でもその愛好者が世界中にいます。

市場動向

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

製造メーカーに限らず、多くの業種は市場動向に注目して経営戦略を立てています。それは何も根拠がないのに適当に方向性を定めていては、利益の獲得がとても難しくなってくるからです。製造関係はある程度の市場動向を予測して生産数を決定しているため、この予測を間違うと在庫を抱えてしまうため、企業にとって大きな負担になってしまうでしょう。

では、製造メーカーはどのようにして市場動向を把握しようとしているのでしょうか。

市場規模

市場規模とは製造する製品をどの程度の人が購入するかという範囲であり、性別や年齢、地域や職業など多くの項目から算出されています。

製造メーカーにとって在庫というのは負担にしかならないため、全てのメーカーが在庫にならないように市場規模を考慮した生産計画を作っています。製品の種類によっては市場規模が大きくて予想よりも多く売れて供給が追い付かないこともあり、どんなに大きな製造メーカーでも的確な市場規模は予測しにくくなっているのが現実です。

トレンド・将来性

トレンドとはその時代における流行のことであり、以前は売れていた商品が急に売れなくなるのもトレンドが関係しています。また、現在はそんなに注目されていなくても、いずれは売れる要素を持っている可能性の高い商品を精査し、トレンドになる前に数量を揃えておくというのも重要な経営戦略と言えるでしょう。

製造というのは原料から加工を施して一つの製品にするため、どうしても一定の時間を必要とします。そのために少しでも早くトレンドを読み、将来的に何が売れるのか見極めなければ生き残れません。

労働者数

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

転職を考えた場合、その企業の将来性や安定性が重要になりますが、いくら自分が求めている企業であっても労働者数の関係で希望が叶うとは言えません。そのため転職するのであれば、労働者数が少ないところが有望となるでしょう。

製造というのは常に一定の業種もありますが、多くは良い時と悪い時の差があり、そのために労働者数が増減しています。現在の製造関係の労働者数は、どのようになっているのでしょうか。

景気と連動した労働者数

製造業は景気がよくなれば消費が高まるため、商品がよく売れるので生産量が増大するため労働者数も増加します。しかし、逆に景気が悪くなると買い控える傾向が強くなり、生産量が減少するために労働者も必要なくなります。

製造業は食品のように生活に密着した商品を作る場合は別ですが、工業関係は贅沢品と呼ばれているものが多いため、景気の変動に密接に関係しています。そのため製造業では、正社員の雇用よりも労働者数を調整しやすい非正規労働者を雇用する割合が他の業種より高くなっています。

製造業への転職でおすすめの職種

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

製造業と言っても食品から工業製品まで、人間が生活に必要な加工品は全て製造業の職種の企業が作っていることになります。そのため職種ごとに異なった傾向があり、転職で製造業に就職する場合には、その違いを認識することが必要です。

就職による違いは仕事内容や給与、待遇から安定性と幅広い視点で見なければわかりません。そこで製造業の職種による違いからおすすめをご紹介しましょう。

食品製造業

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

人間が生きていく上で最も大事なのが食べることであり、そのため食品関係の製造業は景気に左右されにくいとされています。そのため、安定性を求めるのであれば最適と言えるでしょう。

食品製造にも主食に近いものからお菓子までありますが、現在では冷凍食品がとても好調なので、冷凍食品メーカーがおすすめです。

今は多くの料理が冷凍食品になっていて、中食といって自炊はしないけれど加工食品を食事代わりにする人が増えています。女性の多い職場なので、女性で転職を考えている人には働きやすくなっています。

燃料電池製造

燃料電池とは電気を貯めて自動車やバイクを動かしたり、家庭でも夜間の安い電気料金のときに電気を貯めるような場合に使われています。この燃料電池は自動車の次世代エネルギーになると考えられていて、これから大いに発展が予想される職種です。

製造しているのは家電メーカーか自動車部品の専門メーカーが多く、これから自動車の化石燃料の代わりになるため大量に必要とされています。時給も高く将来性もあり、期待が持てると言えるでしょう。

産業機械製造

産業機械とは企業が自社の製品を製造する時、特定の動作をして同じものを作り出すような用途で使用される機械を言います。

現在の日本は労働人口が足らないという状況になっていて、企業は機械でもできる作業は機械化を進めています。そのため専用の産業機械が必要になり、産業ロボットも含めて有望な業種です。製造の中では技術を必要とする部門に該当しますが、それだけ給与にも反映されるので高いメリットがあります。

製造業のおすすめの転職方法

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

製造業に転職する場合、企業に直接的に求職活動を行う場合と、転職エージェントなどに登録して間接的に求職活動を行う場合でやり方が異なってきます。

現在は多くの業種で転職エージェントを利用した転職が行われてきますが、製造業はその傾向が特に顕著です。そのため、転職活動の違いを理解していなければ転職活動もうまくできないでしょう。製造業で転職エージェントを使うやり方というのは、どのような方法が行われているのでしょうか。

転職エージェントを利用した求職活動とは

転職エージェントを利用した求職活動は、最初に転職エージェントを行っている会社に登録をして、そこから自分が希望する企業に転職エージェントから働きかけをしてもらい、相手企業から面接の受諾をもらうと最終面接となります。

転職エージェントに登録しただけで相手先企業に転職はできませんが、本人の経歴を紹介した上で最終面接に臨めるので、採用される可能性は高いと言えるでしょう。

また、転職エージェントを行っている会社の中には、就職するために必要なスキルや面接での対応についてレクチャーしてくれる場合があり、自分一人で転職活動をするよりも採用されやすくなっています。

製造業のおすすめ転職サイト

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

転職活動も以前のようにハローワークに通ったり、転職雑誌を見て自分で電話を行うという方法から、インターネットを活用した転職したい人にとってやりやすい方法が中心になっています。

インターネットでは時間や場所を気にする必要がなく、検索をして気に入ったところがあれば、その場で行動に移れるのもメリットです。このようなインターネットを利用した転職サイトはいくつもありますが、その中には製造業の職種に強いサイトもあります。その内容はどのようになっているのでしょうか。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは国内最大級の転職サイトで、その強みは転職を経験した人の八割以上が知っているサイトということです。これだけ多くの人に支持されるのは、やはり安心感と掲載されている求人数の多さからでしょう。

リクナビNEXTは転職サイトなので担当者が付くわけではないのですが、会員登録すると必要な情報を随時送ってくれますし、問い合わせには迅速に対応しているので困ることもありません。大手ならではのきめ細かいサポート体制とサービスがあり、製造業だけでなく他の業種でも多くの求人を掲載しているので、利用する価値はある転職サイトと言えるでしょう。

求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

doda

dodaはリクナビNEXTの次に求人数が多いと評価が高いのですが、紹介先企業に中小企業が多いために、仕事の質が高くない企業の場合に給与が低いという声があります。ただし、転職に必要な履歴書や職務経歴書の効果的な書き方や面接時での対応を親切に教えてくれるため、転職に不安を感じている人にはサポート体制がしっかりしています。

高いキャリアを求めて転職する人には物足りなく感じる可能性がありますが、仕事を選ばす何でもするという気構えの人には適している転職サイトです。

求人数★★★★★
サポート力★★★
満足度★★★

工場求人ナビ社員

工場求人ナビ社員は転職サイトでは珍しい製造業に特化したサイトであり、製造業でも工場求人を重点的に掲載しています。また、正社員での直接雇用の案件もあり、派遣・業務請負・紹介予定派遣など、多くの雇用条件を選択することが可能です。

工場関係を中心にした案件なので求人数は大手に比べると低いですが、「残業なし」「日勤だけ」「寮あり」「カップル・友達応募も可能」といった他のサイトには無い細かな設定で仕事先を選べるという特徴を持っています。

求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

マイナビ転職

マイナビ転職は少しずつ認知度が高まり、それと共に求人数も多くなってきたサイトです。ただし、中小企業関連の職種が多く、製造業も他と比較して特に多いということもありません。マイナビ転職はサポート力が優れているという口コミが少なく、高い割合で転職エージェントとの併用で転職先を探す方がいいという声があります。

求人数は複数の職種であるので、サイトに登録をして探してもいいですし、ある程度の求人市場の流れを把握するという意味で利用するのもいいでしょう。

求人数★★★★
サポート力★★★
満足度★★★

エン転職

エン転職は盛んにCM活動を行って認知度は高くなっていますが、過去に特定のターゲットに絞った転職活動を行っていて、その印象を持っている人が多くいるというデメリットがあります。

サポート力も弱く、仕事先を掲載するだけで後は本人任せになっているため、こちらもサイトだけで転職活動をするよりもエージェントを利用する方がいいでしょう。将来的には変革する可能性があるため、どうやって転職をする人に支持されるサイトになるのか注目して下さい。

求人数★★★
サポート力★★
満足度★★

製造業のおすすめ転職エージェント

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

製造業に転職する場合、ハローワークや転職サイトを使って自分だけで転職活動を行っても問題はありませんが、採用される可能性を高めるという意味でも転職エージェントを活用するのはいい方法と言えます。転職エージェントを利用すれば採用されやすい履歴書や職務経歴書の書き方、面接での答え方など未経験者ではわからない内容について詳しく教えてくれます。

この転職エージェントも多くの会社があり、どこを選べばいいのか悩むでしょう。そこで転職エージェントの業務内容や経験者の口コミなどから、どのような転職エージェントなのか紹介しましょう。

転職エージェントを使うメリットとは

転職は相手先企業と自分との駆け引きの部分があり、いかに相手が気に入るようなやり方をするのかが重要です。しかし個人では転職での専門的な知識や経験など持っていない人が多いので、業務として転職のノウハウを知っているエージェントを利用するのは最適になってきます。

メイテックネクスト

メイテックネクストは大手IT会社の関連会社であり、転職エージェントの中でもIT関連の案件は豊富に持っています。他の業種ではエンジニア関連の紹介先を多く持っていて、扱っている案件の七割以上を占めています。

サポート力が若干弱いと感じている人が多く、こちらから行動を起こさないと転職エージェントから積極的に仕事の紹介は行わない傾向が強くなっています。製造業でもエンジニア系を中心にしているため、未経験者では少しハードルの高い転職エージェントの部類に入るでしょう。

求人数★★★★
サポート力★★★
満足度★★★

リクルートエージェント

転職エージェントの中でも最大手のリクルートエージェントは紹介できる仕事の多さが顕著であり、自分の希望した職種や条件に該当するところが見つかりやすいでしょう。問題があるとするとエージェントの質にばらつきがあるという口コミが多く、誰が自分の担当者になるのかわからず、満足するエージェントでない可能性もあるのがデメリットです。

面接での対応は親切に教えてくれますので、別の転職エージェントと併用で使いたい場合に適していると言えます。

求人数★★★★★
サポート力★★★
満足度★★★★

マイナビエージェント

マイナビエージェントは転職エージェントでは後発になる会社ですが、20代から30代前半の若い世代からは、サポート力が高く正社員での雇用も積極的に行ってくれるので、満足度が高くなっています。ただし30代後半以降に年代になるとサポート力が低下するという口コミが多く、その差が大きいと感じる人が少なくありません。

20代の若い世代であれば活用してもメリットが高くなりますが、中高年の人は利用法を考えた方がいいでしょう。

求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラスの求人を掲載していて、質の高さは折り紙つきなので、高い給与とハイスペックな仕事を希望するのであればおすすめになります。このビズリーチは他の転職エージェントのように無料ではなく、仕事を紹介してもらいたい場合には利用料を支払わなければいけません。

自分に高いスキルを持っているのであれば問題はありませんが、そうではない場合には応募しても書類選考で終わってしまうため、自分の技量を見極める必要があります。

求人数★★
サポート力★★★★
満足度★★★

JACリクルートメント

JSCリクルートメントはイギリス発祥の転職エージェントであり、外資系やコンサルト業務といった特定の職種に強みを持っています。そのため、製造業でも国際的な仕事をしたいと考えている人にはおすすめです。

この会社の素晴らしいところは、専任の担当者がついて仕事の斡旋から採用してもらうまでマンツーマンで行動してくれることです。そのため転職が成功する可能性がとても高くなるでしょう。ただし扱っている転職先がある程度のスキルを必要とするところが多いため、使うのであれば自分の実力を確認してから行うようにして下さい。

求人数★★
サポート力★★★★
満足度★★★

製造業の特徴と未経験の場合の注意点

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

製造業は多くの場合で技術を必要とする仕事であり、この技術が無くても経験があれば対応することができます。そのため製造業への転職で面接時によく質問されるのは、製造関係の仕事の経験の有無についてです。専門的な技術が乏しくても経験があれば、教えたことの飲み込みが早いために転職先の企業からもいい感触を得られるでしょう。

しかし未経験の場合は失敗することを覚悟して雇ってくれることになるので、本気で未経験ながら製造業に転職したいのであれば、どれだけ自分が強い意志を持って製造業に飛び込むのかアピールしなければいけません。このアピールが未経験の人はよくわからないので、エージェントの人と一緒になって面接の対処法を教えてもらいながら就職活動を行ってみて下さい。

製造業への転職におすすめの資格

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

製造業はその職種が広く、その職種で転職時に相手企業から求められるおすすめの資格は異なってきます。ただ機械金属の製造業であれば、重量物の移動が頻繁に起きるのでフォークリフト・クレーン・玉掛けの資格は重宝するでしょう。

他の電気関係では電験三種のような電気の資格を持っていると有利ですし、製造業は公害の発生をとても気を付けているので、公害に関する資格もおすすめと言えます。

また製造業ではあらゆる場所でパソコンを使用するので、図表が描けたりキー操作が長けていることを証明する資格も喜ばれます。

エージェントからおすすめの資格を教えてもらう

エージェントがいる会社では、自分が希望する製造業の職種に応じて利用価値の高い資格が何かを教えてくれます。この情報は実際の現場を知り尽くした人の経験が裏打ちされているので、とても正確だと言えるでしょう。

またエージェントの人にその資格を取得する方法や取得についてもレクチャーしてもらえるので、個人で調べるよりも精度の高い知識を得ることができます。

製造業の平均年収

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

製造業の平均年収は低いという印象を持っている人が多いのですが、現在は人手不足から給与が上がっていて全年齢の平均給与は400~500万円になっています。ただ製造業では高い技術を持っていれば、この平均年収を軽く超える人も多くいます。

製造業というのは個別の能力が判断しにくいため、全体的な目安で給与が決定されているので、個人の能力を重視して給与に反映するのは難しいです。

転職後のキャリア

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

製造業は技術の世界であり、転職して新たに入って来た人でも高い技術を持っていればキャリアは上昇していきます。しかし本当に告知した技量を持っているのか確認しなければいけないので、短期間でのキャリアアップは難しくなっていねのが実状です。

ただし製造業は自分がどのような仕事に携わっていたのか説明すると、相手も技術者なのでどの程度の技量を持っているのか判断材料になります。

そこで転職先企業が欲しがっていたスキルとエージェントからの働きかけでマッチングすれば、キャリアは直ぐに上がっていく可能性もあるでしょう。

転職はエージェントを活用すべき

製造業・工場の仕事を探すためのおすすめ転職サイトリスト

転職というのは自分のために行うものですが、転職先に希望がある以上はエージェントを使って就活に備えるべきです。それは製造業は似たような仕事をしていても全く同じ内容ということがないため、自分にとって不利な部分をエージェントに補ってもらえるからです。

このエージェントは転職におけるプロであり、どのようなやり方をすれば相手先企業に認められて採用されるのかをよく知っています。今ではエージェントを使って転職するのが主流になりつつあり、専門家によって自分では分からなかった部分を指摘してもらえるで活用すべきだと言えます。

Related