Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月13日

不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング

今回は「不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング」と題して、「不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェント」をご紹介します。

不動産業に就く際の志望動機について

不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング

「不動産の転職面接で志望動機などは何を聞かれるのか」ということへの疑問は非常に多いことでしょう。このような問題にもたとえば転職エージェントでは細かく教えてくれ、さらに面接での注意点は履歴書を仕上げる際の工夫・コツなどについても紹介してくれます。

一般的に不動産に転職する際には、不動産大手から中小企業までの事情把握をしっかりしておき、その中でも、特にキャリア面や生活面のバックアップ体制が充実している企業を選び取ることはやはり大切です。

不動産に転職・就職する際に必要な志望動機としても上記を踏まえた上で、「それまでの当該不動産(自分が転職しようとしている不動産)の実績を焦点に当てた上で、その実績をどのようにして今後伸ばしていくか」といった将来のビジョンについての意見を持つことが大切になるでしょう。

不動産業界の有名企業

不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング

さて、先述では「不動産業を目指す際に必要な志望動機・面接での諸注意事項」をはじめ、不動産業の実情について概略的にご紹介しましたが、転職エージェントを利用する上でもまず「現代の不動産にどのような有名企業があるのか」ということについては、転職希望者の方で独自に調べておく必要があります。

一般的に不動産業界の有名企業をピックアップしてみると、三井不動産、住友不動産、野村不動産ホールディングス、レオパレス21、イオンモールなどがあげられ、それぞれの有名企業のうちでもそれぞれで独自の運営方針を持ち合わせています。

これらの不動産業・有名企業への転職を希望する場合は、まずそれぞれの運営理念・方針を先に把握しておき、転職エージェントを利用する場合でもその不動産の企業実態を確認した上での転職活動が求められます。

企業1:三井不動産

先述でご紹介しました不動産業界の有名企業・三井不動産ですが、この三井不動産は不動産業界の中でもトップに君臨する程の運営実績を誇っており、不動産に転職希望を出す人の多くもこの三井不動産への転職を目指す人が実に大勢見込まれます。

たとえば2017年度までの純利益・活動実績などをあげる場合、売上高は1.7兆円、純利益は1558億円、営業CFは301億円、総資産は6.2兆円などと破格の実績が見られており、これらの業績を踏まえた上で三井不動産の人気は衰えるところ知りません。

企業2:住友不動産

次に住友不動産についてですが、この住友不動産も先述の三井不動産と肩を並べる程の有名企業であり、またその活動実績・運営業績も破格の利益をあげています。この住友不動産への転職希望を出す人も年々多く見られており、人気不動産の1つとなるでしょう。

先述と同じく、その純利益にまつわるデータでは、売上高が9484億円、純利益は1197億円、営業CFは1899億円、総資産は5.1兆円とかなりの実績であり、これらの収益を見ているだけでも住友不動産がいかに不動産業界でのトップ企業に組み込むかがわかります。

企業3:レオパレス21

次に非常に多くの学生でも利用できる「レオパレス21」の不動産業についてのご紹介です。このレオパレスというのも非常に昔から活動実績をあげてきており、その上で現代でも有名企業の仲間入りを果たせる運営企業としてその名を連ねています。

このレオパレスの純利益に関する実績においては、売上高が5308億円、純利益は148億円、営業CFは273億円、総資産は3371億円と破格の利益をあげており、これらの運営実績をもって現代でもその名を有名に轟かせている一流の不動産業として君臨しています。

市場動向

次に「不動産業界の市場動向」についてのご紹介ですが、これは年度ごとの実績データと、関東圏(首都圏)と近畿圏などに分けてその動向の確認がなされます。転職エージェントを利用する場合でもこの辺りの市場動向をあらかじめ調べておき、「どの不動産企業の将来性が明るいか」ということについて事前確認しておくことが大切です。

この市場動向を示す目安としては「契約率の70%」が設定されており、この「70%」を上回るか下回るかによって、それぞれの不動産の市場動向の推移が確認されます。新築マンションと中古のマンションでもこの市場動向は個別で計上されるため、この場合でもそれぞれの動向をしっかり確認しておき、転職後の安定につなげておきましょう。

市場規模

先述の引き続きの内容となりますが、不動産業界における各企業の市場規模を調べる際には、圏内規模・年度別規模・物件個別などによってその規模数の値が変わってくるため、転職エージェントを利用する場合にはそれらの数値を先に確認しておき、転職後の重要な情報としてストックしておくことが大切です。

たとえば、近畿圏の供給戸数を調べる場合、8,610戸(前年度比18.7%減)という数値が確認され、92年以来では17年ぶりに1万戸台を下回る低水準となったことが判明しています。平均価格については3,561万円(同1.5%減)となり、4年ぶりの下落となったことが明らかにされています(2017年度までの計上にて)。

このように不動産業界の市場規模というのは年度別にまず換算されるため、それぞれの規模同行が著しく変化する傾向が見られ、その辺りの推移・推計をしっかり事前に確認しておくことが大切になります。

トレンド・将来性

さて次は、不動産業界への転職を希望する際に必ず問われる「各不動産企業のトレンド性(流行性)・将来性」についてのご紹介です。この「トレンド・将来性」というのはその名の示すとおりに、「今後の各不動産の市場規模を示す運営規模」と「今後の市場発展規模」とを指す重要な支点となります。

そのため、転職エージェントを利用する場合ではこの辺りの「自分が転職希望を出している不動産の実情」を先に把握しておき、その上で転職先を落ち着けていくための転職活動を進めていく必要が求められます。

一般的には、多くの不動産のトレンド性・将来性は「低迷している」と言われますが、これは一部の企業実態が明かしている事実であるため、すべての不動産(主に一流企業の名を冠する不動産企業)のトレンド性・将来性はまだまだ明るい見とおしが立てられているのが実際です。

労働者数

不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング

さて、次に不動産企業で働いている実際の労働者数についての推移・動向についてのご紹介です。不動産業というのは従来「固定企業(一度就職したらその後の生活が安定する企業)」としてその名が多くの分野で知られているため、不動産業から別の企業への転職・切り替えなどはほとんど見られないのが実情でした。

しかし近年ではこの不動産業から別の企業への転職がエージェントを介してなされている実態があり、それによって不動産業における労働者数は次第に変動していることが明らかになっています。

一般的に言われるところでは、たとえば大東建託では「10,256人」、レオパレス21では「6,413人」、住友不動産では「5,302人」、三井不動産では「1,332人」などと計上されており、これらの労働者数は年々変動する形で計上されています(平成27から28年版)。

不動産業界への転職でおすすめの職種

不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング

次は「不動産業界への転職でおすすめの職種」についてのご紹介です。不動産業に転職する場合でも一般職と変わらず、その仕事分野(実際に働くことになる部署)には実に多くの種別が設けられています。

たとえば営業においては「販売営業、売買仲介、賃貸仲介、法人営業」などがあり、企画・開発部においては「仕入れ、企画、開発」のそれぞれの部門が用意され、また管理面においては「ビル管理、マンション管理」などと、それぞれの用途によってその職種が分けられています。

さらに経営企画部、人事部、総武無、経理財務部などと、それぞれの不動産において設けられた各部署があるため、それぞれの部署の実情を先に把握した上で転職エージェントを利用する際の必須情報としておくことが大切です。

職種1:管理部署

まずは先述しました「ビル管理、マンション管理」が任される管理部門・部署への転職についてです。この管理・メンテナンス業務というのは他の部署に比べて比較的「転職しやすい部署」として知られています。

その理由は「あまり転職者数が多く昇らないこと」と、「ビルメンテナンスの資格などを所有することは、他の資格取得に比べてハードルが低いこと」などがあげられます。

不動産業種というのはそのほとんどが「法律関連の職種」となるため、たとえば大卒であれば法学部・商学部・経営学部などの卒業生が優遇されやすく、その上で「物件管理に関する資格保有の有無」が確認されます。この辺りの実情を事前確認しておき、転職エージェントを利用する際にも「自分の有利な情報」としておきましょう。

職種2:営業(販売営業)

次にこの「営業(特に販売営業)」への転職についてのご紹介です。不動産業種の中でもこの営業職というのは「従業員の入れ替わりが実に激しい部署」としてあるため、その採用ポストの空きを狙う形で転職希望がスムーズに受容されるケースがよく見られます。

たとえば不動産業に入社した場合は、一般的に多くの新卒生・新入社員がこの「営業部署」に回される傾向があり、その場合でも出世に習う形で、新入社員の昇格に伴って営業部署にポストの空きが出る傾向が多く見られます。

職種3:企画部と開発部

次に「企画部・開発部」への転職についてのご紹介です。主にこの「企画部・開発部」というのは、不動産業種に勤続して以来、長年のキャリアが見込まれる人でなければなかなか就ける部署ではありません。

しかし、その点において「不動産業界の知識をしっかり持っており、それまでの独習によって不動産における企画・開発に携わる実績をあげてきた人」であれば、その実績・能力・スキルが買われる形で、この企画部・開発部への転職がスムーズに行なわれる場合が見られます。

この場合は転職エージェントを利用する際に、それらの「企画・開発に携わってきた自分の活動実績や業績」を第三者にしっかりアピールできるよう書面を揃えておき、その内容を履歴書や職務経歴書などで提示しておくことが大切になります。

不動産業界のおすすめの転職方法

次は「不動産業界のおすすめの転職方法」についてのご紹介ですが、これは先述しました「不動産業界への転職でおすすめの職種」をじっくり参照した上で、「自分の現在の状況・環境・能力・スキル」に見合った転職方法を検討することになるでしょう。

上記を踏まえた上で、一般的にスムーズに転職がなされる傾向が高いのはやはり「営業部署」や「管理部署」への転職であり、特に「管理部署」への転職であれば「ビルメンテナンスの資格(またそれに準ずる資格)」を所有しているだけで、企業側からの転職採用(オファー)がなされる場合が多くあります。

この辺りの情報をきちんと収集しておき、転職エージェントを利用する場合に「自分の能力・スキル」についてその部署に向いていることをしっかり伝えておき、自分の能力に見合った部署を先に示すことによって、あとはエージェントの方で転職斡旋の援助をしてくれるでしょう。

不動産業界のおすすめ転職サイト

不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング

さて、先述では「不動産業界への転職をする際にスムーズに活動できる業種」をご紹介してきましたが、ここからは転職エージェントを利用する場合の利点に焦点を当てた上で、現代に活躍するさまざまな転職エージェントを具体的にピックアップする形でご紹介していきます。

転職エージェントというのはいわゆる「転職サイト」とは違い、転職サイトで掲示されている求人情報や各不動産業の市場規模・従業員数の変動や推移などをデータとして踏まえた上で、「どのようにすれば転職がスムーズにいくか」という点を詳細に教えてくれるサイトとなります。

つまり「転職に必要な行動基準や情報を、手取り足取り教えてくれるサイト」となるため、一般的に見られる転職サイトを利用する場合よりもさらに「特定の転職先への行動を専門的に支援してくれるサイト」となります。

リクナビNEXTの不動産転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★

まずこの「リクナビNEXT」ですが、この転職エージェントの特徴は外資系から国内企業における求人情報の掲示数がかなり充実しており、年代別の転職情報をはじめ、転職希望者個別の性格・スキルによって幅広い斡旋作業が行われています。ぜひ一度は利用の検討をしてみましょう。

しかし希望者によっては、情報量が多い場合には(転職希望者によっては)「情報量が多過ぎて、実際にどの情報を見ればよいか」が判らない場合が出てくるため、転職サイトの基本的な使用法をマスターしておくことは必要です。

特にIT関係・不動産関係の職種を見付ける場合でも、この転職サイトを利用する場合は「すぐに自分にとって有益な転職先」を見付けられるきっかけを得られます。

リブロ不動産キャリアの不動産転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★

次に「リブロ不動産キャリア」についてのご紹介ですが、この転職エージェントの特徴はやはり「不動産情報」の掲示が非常に充実しており、そのため「不動産に特化した公開情報・非公開情報の数」も軒並みものすごい情報量として認められています。

不動産キャリアエージェントとしても人気が高く、やはり「不動産専門の転職エージェント」として有名な当エージェントの強みを生かす形で、全国規模での転職先を見付けることに最適と言えるでしょう。

dodaの不動産転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★

次に「転職サイトdoda」についてのご紹介です。この転職サイトを利用する際には「平均的な転職斡旋力」が多くの分野で認められており、とにかく当サイトで転職の斡旋がされれば「どこかの転職先には行き当たる」といった確約に近い安定感が見られます。

40代で未経験職種への転職を希望する場合でも、「本当に自分の会計士としての能力・スキルに見合った職先であるかどうか」についてはしっかり確認する上で、その求人数の充実した豊富さに魅了されることでしょう。

この転職サイトの魅力はさらに「連絡を密に取れる」という点で、それによって「自分が本当に理想としている職種(未経験職種でも)を着実に確保できる点」にあります。

イーキャリアエージェントの不動産転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★

次に「イーキャリアエージェント」で不動産転職を希望する場合のご紹介です。このイーキャリアというエージェントの特徴はまず「優良企業がその求人情報に軒並み列挙されている点」に見られ、特に不動産業界でも一流企業と名が冠されている業種・企業の情報が満載の形で掲載されています。

またこのイーキャリア独自の非公開求人情報なども用意されているため、イーキャリアでしか利用できない求人情報・転職活動方法なども認められます。転職希望者の年代も20代から50代以上と非常に広範囲に渡る支援サービスで充実しているため、一度は活用してみることが勧められるでしょう。

宅ナビの不動産転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★

最近になって非常に活用され始めたこの「宅ナビ・エージェント」による不動産への転職のご紹介です。宅ナビ・エージェントの大きな特徴は「不動産業界への転職支援に特化したエージェントによる支援サービス」という点で、この点では先述しました「リブロ不動産キャリアによる不動産転職」の場合とほぼ同じ程度の特典が期待されます。

特にこの場合も全国規模での不動産企業への転職斡旋と、地域限定での不動産業への転職斡旋がなされるため、その2種類の転職方法を主に使い分ける上で、自分にとっての有利な転職活動を進めていくことができるでしょう。

不動産業界のおすすめ転職エージェント

不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング

さて、次は「不動産業界のおすすめ転職エージェント」と題して、大手の転職エージェントを活用する上で不動産業種を実際にチョイスしていくための「おすすめエージェント」のご紹介をしていきます。

この場合は特に「自分の状態・環境・能力・スキル」と「各不動産業種で求められている基本的な採用条件」とを照らし合わせた上で、その両方の条件を上手く合致させることを念頭に置く形での転職エージェント利用が必須となるでしょう。

リクルートエージェントの不動産転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★

まず「リクルートエージェント」についてのご紹介です。当サイトの魅力的な特徴はやはり「求人情報の充実した豊富さ」と「サポート力の高さ」で、当サイトを利用した場合は必ず「3件以上の理想的な職先が見付かる」などの評判も立つ程の実践的なメリットが見られます。

不動産業への転職を希望する場合でも、それぞれの個別能力や性格などに十分配慮した上で、転職後の生活が確実に安定するようしっかりとしたサポートをしてくれるでしょう。

マイナビエージェントの不動産転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★

次はこのマイナビエージェントですが、この転職エージェントでは「転職希望者にとって理想的な転職先」を探すだけでなく、その後のアフターサービスも非常に充実している実践的な転職エージェントになります。不動産業への転職を希望する人にとっても、常に「自分にとって理想的な転職先」を優先的に見付けてくれるでしょう。

転職アドバイザーも非常に丁寧に活動のコツを教えてくれるため、ほぼすべての不動産業への転職希望者にとっても、転職する際の大きな安心感を与えてくれるでしょう。

パソナキャリアエージェントの不動産転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★

不動産業への転職を検討する場合でも、この「パソナキャリア」は非常に多くの場面で活用されています。この転職エージェントの利点と魅力は「他の転職エージェントに比べてまず破格の求人数を確保している点」と、さらに転職アドバイザーの質がかなり良質である点に見られます。

その上でアフターサービスへの配慮がきちんとなされており、転職後のキャリア・生活の安定感もしっかりとサポートしてくれ、その上で「もし転職後に他の求人情報が気になった場合」でも着実にその転職斡旋まで図ってくれる点にあります。

ビズリーチエージェントの不動産転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★

多方面での転職活動で活用されやすい「ビズリーチ」についてのご紹介です。この転職エージェントの大きな特徴は先述のように「転職後の年収のアップ率や安定した就職活動・生活」への配慮が非常に優れている点にあり、その上でキャリアカーバーを利用する場合と同じく「ハイクラス」の企業層へ組み込める転職活動がメインとなります。

しかし転職エージェントを利用する際の難点としては「アドバイザーのサポート力」に若干不足する点が見られる傾向があり、その分を「自分で補う形でサポートしていくこと」が課されます。その際には資格の所有、高い学歴の保持、またそれまでのキャリアがフィルターに掛けられるため、その点によく配慮しておきましょう。

キャリアカーバーエージェントの不動産転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★

次は「キャリアカーバー」についてのご紹介ですが、この転職エージェントの大きな特徴は、上手く活用すればするほど、「自分の理想的な転職先へ有利に入れる」といった成長型の転職エージェントである点です。

まず「通常のリクルート活動を行なう場合でもいわゆる「ハイクラス」と呼ばれる採用募集に組み込むための斡旋を得意としているため、たとえば不動産業への転職を望む場合でも「一流企業の名を冠する不動産への転職」がスムーズになされる傾向が高まります。

この際にはやはり「必須とされる資格の取得」や「それなりに高い学歴の保持」をはじめ、それまでのキャリアにおいていわゆる一流企業・大企業に勤めていた経験の面がピックアップされるため、それらの点にも配慮しておきましょう。

不動産業界の特徴と未経験の場合の注意点

不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング

ここで「不動産業界の特徴と未経験の場合の注意点」と題して、不動産への転職を検討する場合の注意点と、現代に見られる不動産業界の大きな特徴についてご紹介します。不動産業というのは基本的に「誰でもどこかの部署に当たり、比較的スムーズに転職できる」と想定されがちな面も確かにあります。

しかし、いくら「人の出入りが激しい業界」だからと言っても、不動産業を任される上でそれなりの実力・能力がなければやはり「スムーズに」ということはありません。とにかく「焦って不動産業への転職を考えること」はなるべく避けておきましょう。

不動産業への転職を考える場合は、まず「自分の能力が不動産業種に本当に適切かどうか」を確認しておき、その上で「不動産業を担う上で役立つ資格の保持」にまず注意しておきましょう。

不動産業界への転職におすすめの資格

先述でもご紹介しましたが、不動産業への転職を検討する際には必ず「その不動産業種に就く場合に役立つ資格の取得」が求められます。その資格の強みというのは基本的に「不動産側(雇用主側)から被雇用者側への信頼を培う土台」となるため、この資格の有無というのは非常に重要な役割を果たすことになります。

一般に見られる不動産業における役立つ資格は、「宅地建物取引士」、「マンション管理士(ビルメンテナンス)」、「管理業務主任者」、「賃貸不動産経営管理士」、「ファイナンシャルプランナー」、「福祉住環境コーディネーター」、「1級建築士」、「不動産鑑定士」、「建設に関する技術士」などで、これらのどれか1つでも持っていると非常に有利でしょう。

不動産業界の平均年収

次に「不動産業界の平均年収」についてのご紹介です。不動産業に就労している人の平均年収としては、やはり「高給取り」というイメージが付きますが、その実際はどうなのでしょうか。

この場合でも、不動産業における各部門・分野によってその平均年収が違ってくるため、転職エージェントでこの辺りの情報を調べる際でも、自分が調べたい情報を正確に検索するスキルを持っておくことが大切です。

不動産業界の一般的な平均年収は「400万円から500万円」程度で、この給与額はもちろん年々変動するため注意が必要です。

転職後のキャリア

不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング

さて、この「転職後のキャリア」についてのご紹介ですが、基本的にこの「転職後のキャリア」というのは「それまでのキャリアを転職先において、さらにその後の安定した生活を保たせるための実績」につながる土台になります。

つまり、それまでに不動産業関連の職種に就いていた場合には、同じく不動産業への転職後でもそのキャリアは発揮されることになります。この転職後のキャリアをさらに生かすために働きながら資格を取ったり、さらには研修などで自分の能力・スキルを向上させたりする傾向が年々多く見られています。

不動産業への転職をスムーズに行ないましょう

いかがでしたか。今回は「不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェントランキング」と題して、「不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「不動産業界を目指す人が使うべき転職サイト・エージェント」をご紹介しました。

不動産業というのは従来「安定したお堅い仕事」というイメージが実績とともに認められてきており、実際にその不動産におけるさまざまな職種に転職した場合でも、その後の生活は非常に安定する傾向が見られます。

しかし不動産業への転職を検討する際には、特に不動産業種に円滑に就くための能力・技術をはじめ、それに準ずる資格や学歴の保持などが必要になる場合があるため、その辺りのハードルを上手く乗り越えるためにも転職エージェントを上手く活用し、自分にとって少しでも有利に転職活動を進めるための方法を探しておきましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests