Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月20日

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界が気になっている転職希望者は多いです。この記事では保険業界の状況を解説し、転職に役立つサイトとエージェントもご紹介しています。また、保険業界で使える資格もご説明しているので保険業に行きたい人は、ぜひご覧ください。

導入

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界への転職を考えているなら、有名企業と市場動向とおすすめの職種を把握すべきです。

なぜなら有名企業を知ることでどの会社に入れば良いか分かりますし、市場動向を認識することで安心して働けますし、おすすめの職種で具体的な仕事場を確定していけるためです。

保険業界の有名企業

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界の有名企業として、株式会社かんぽ生命保険と第一生命保険株式会社があります。この2つの会社を知ることで、保険の会社とは何かが把握可能でしょう。

それに株式会社かんぽ生命保険と第一生命保険株式会社は、保険業界で成功していると言われています。株式会社かんぽ生命と第一生命保険株式会社と他の保険業界の会社と比較することで、他社が成功しているかも測れるでしょう。

企業1:株式会社かんぽ生命保険

株式会社かんぽ生命は、総資産額で業界トップだったこともある会社です。また郵政民営化に伴って成立した背景もあり国内の商品やサービスに依拠して運営が行われているので、外国経済の変動を受けづらいです。

また株式会社かんぽ生命はお客さんの自宅に通って保険を紹介する営業を重視しているため、積極的に自分から保険を案内していきたい人は向いているでしょう。

企業2:日本生命保険相互会社

日本生命保険相互会社は、120年以上の歴史を誇る保険会社です。

また、日本生命が販売している10種類以上の商品を組み合わせて、お客さん自身がオリジナルの保険を作れるサービスを提供しています。いろいろな組み合わせが考えられるため、日本生命保険相互会社に勤めれば案内しがいが感じられるでしょう。

それに日本生命保険相互会社は保険金を確実に支払っている会社と見なされているので、お客さまへの案内もし易いと言えます。

保険業界の市場動向

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界の市場規模とトレンド・将来性を把握することで、転職者としての身の振り分け方が身に付くでしょう。市場規模は生命保険と損害保険に分けて解説しているので、保険業界全体を深く理解していけます。

市場規模

日本の保険の市場規模は約47兆円であり、生命保険は約35兆円で、損害保険は約12兆円となっています。生命保険は損害保険の3倍ほど大きいため、大きなビジネスがしたい転職者は生命保険を選ぶと良いでしょう。

ただ、何らかの分野で損害が増えている場合は損害保険の市場規模の拡大が見込めるため、発展性も状況次第と言えます。

また生命保険の日本市場は世界的に見てもアメリカの次に位置しているため、極めて大きいです。そして、損害保険はアメリカの市場が世界において約38%であり日本が約6%で約6倍以上となっているので、損害保険に詳しい転職者はアメリカ市場への参入の検討をおすすめします。

トレンド・将来性

未来の保険業では、従来は人がしていた事柄をAIが行うことで手間が省けてAIができない保険業に人手が割けるようになり、より一層発展していくでしょう。そして、高齢化に伴い医療保険などの高齢者関係の保険市場が拡大していきます。

また少子化が進んでいくため、自動車保険などの若者向けの保険は衰退していくでしょう。

労働者数

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業への従事者は、東京では約15万人です。ただ年度ごとに何万人も増減していくので、就職できるかどうかは転職者の実力次第でしょう。

また保険業の労働者は大企業や著名な会社に集中しているので、どうしても保険業に携わりたい人は中小企業やこれから成長していく会社に訪れると、確実に内定が得られます。

保険業界への転職でおすすめの職種

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界への転職の際は、保険外交員か個人担当か法人担当にするのをおすすめします。なぜならこの3つが、保険業界の主要な職種だからです。

また保険業界未経験の人は保険外交員か個人担当か法人担当が務まるか考えてみることで、保険業界に転職すべきかも見えて来るでしょう。

職種1:保険外交員

保険外交員とは、地道にお客さんの自宅に訪問して契約を獲得していく人のことです。体力に自信があったりデスクワークが向いていなかったりする人は、挑戦してみると良いでしょう。

そして、保険外交員は女性が多い職種であるため女性の転職者も入って行き易いと言えます。

職種2:個人担当

個人担当の保険業をしてみるのをおすすめします。個人担当だとお客さんその人だけのことを考えるだけで良いため、法人担当より楽だからです。また同じくらいの立場のお客さんの担当になれば、悩みや希望も想像し易いでしょう。

ただ個人もいろいろな立場や職業のお客さんがいるので、毎回のお客さんごとの違いを知ったりニーズを調べる努力をしたりすることでこそ、保険業を成り立たせられます。

職種3:法人担当

法人担当の保険業務も推奨します。法人だと個人よりも動かせるお金も規模も大きく、やりがいを感じ易いためです。ただ、法人担当は会社単位を対応するので個人担当よりも責任が大きくなります。

そして、大きい法人の担当をすることでビジネスのトレンドや法人の中でのお金の流れを学んでいけるでしょう。

保険業界へのおすすめの転職方法

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界への転職を考えているなら、まずは保険業界で活躍している人の事例を学ぶべきです。保険業への転職後に、スムーズに仕事に慣れて成功していけるためです。

そして、保険業のメリットを知ることで高いモチベーションを作り出せるでしょう。例えば、保険業に従事している人が他の職業よりも高い給料を得ていることです。

また、保険業に精通している人に相談してみるのもおすすめします。保険の業界事情を把握し、自分の転職の方向性を定めていけるからです。

保険業界のおすすめ転職サイト

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界に転職する際に、おすすめのサイトがあります。

リクナビNEXTとdodaと@保健Jobマイナビ転職と@typeのことです。それぞれに異なるメリットがあるため、以下で解説します。

リクナビNEXT

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

リクナビNEXTは国内最大級の登録者数を抱えている転職サイトであるだけでなく、転職決定数もナンバー1を獲得したこともあります。保険業界に転職する際に、リクナビNEXTへの登録は欠かせません。

またリクナビNEXTでは、グッドポイント診断という転職者の個別の強みや長所を見つけられるサービスも受けられます。自分が保険業界に挑戦する上で、どのような強みがあるか知ると良いでしょう。

doda

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

そもそも転職サイトは転職サイト系のサービスだけで、転職エージェントは転職エージェント系のサポートだけをしています。ですが、dodaは転職サイトでありながら転職エージェントでもあるため、サイトとエージェントの良い部分を同時に利用可能です。

またスカウトサービスも提供されているので経歴や職歴に自信がある人もdodaを使うことでスムーズに保険業界に転職していけるでしょう。

@保健Job

基準評価
求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

@保健Jobは、保険関連の求人に特化しています。他の業界の求人を見る必要がないので、保険業界の求人を探す手間が省けます。

そして@保健Jobの公式サイトには、転職アドバイザーとして転職回数や現職者と離職者のどちらが有利かや転職者の環境や転職への心構えや転職支援サイトととの付き合い方が、書かれています。書かれている内容で共感する部分が多ければ相性が良いと言えるため、@保健Jobで保険業に転職してみるのを推奨します。

マイナビ転職

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

マイナビ転職は知名度も高く会員数も400万人以上であるため、保険業の転職の際も安心して登録していけます。

また無料の適性診断も受けられるので、自分がどれくらい保険業に向いているか把握すると良いでしょう。

@type

基準評価
求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

@typeでは、保険業界の動向と仕事の魅力とコツと年収事情とイメージとインタビューと職務経歴書と書き方例文チェックが見られます。@typeがどれだけ保険業界に精通しているか把握可能でしょう。

また@typeの公式サイトには保険適職診断が書かれているので、保険への転職アドバイスも充分に受けられると言えます。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトは転職者自身が主体的に動いて利用されることを目的としており、転職エージェントはエージェントの職員と関わって利用していくことを想定しています。転職エージェントの方が転職について、楽に情報収集していけるでしょう。

ただ転職エージェントの方も、転職者が積極的にエージェントに働きかけていくことが求められているので、エージェントに丸投げしないようにしましょう。

それに自分に合うエージェントの職員が見つからない場合は、無理にエージェントに行くのではなく転職サイトで独自に情報を集めるのもおすすめします。

保険業界のおすすめ転職エージェント

保険業界に入る上でおすすめの転職エージェントを4つご紹介します。具体的には、リクルートエージェント・マイナビエージェント・ビズリーチ・保険キャリアJACリクルートメントのことです。

それぞれの転職エージェントの特徴を把握して、保険業への転職に活用してみてください。

リクルートエージェント

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング
基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

リクルートエージェントは、転職実績ナンバー1であり各業界に精通したキャリアアドバイザーから対応を受けられます。

リクルートエージェントは書類の添削と面接対策も提供しているので、保険業への転職が初めてでも失敗せずに転職していけるでしょう。

マイナビエージェント

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

マイナビエージェントは20代に信頼されるエージェントナンバー1であるため、20代で保険業に転職したい人は登録を推奨します。

またマイナビエージェントでは連絡が密に行われるため、保険業への転職事情にもすぐに詳しくなれるでしょう。

転職エージェントのビズリーチ

基準評価
求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

転職エージェントのビズリーチは、スカウトが来ることと高収入・高い地位が得られることが売りです。保険業界でスムーズにお金と立場を得たい人はメリットを感じられるでしょう。

ただ転職エージェントのビズリーチで、スカウトの目に留まったり高い収入と立場を得たりするには実績が重要となってきます。

保険キャリアJACリクルートメント

基準評価
求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

保険キャリアJACリクルートメントは、キャリアのある30から50代におすすめのエージェントです。30から50代向けのエージェントであるため、20代の人は対象でない可能性があります。

ですがキャリアに基づいて案内が行われるエージェントであるので、保険業界で評価され易いキャリアを有している20代の人なら、良い求人を紹介してもらえるでしょう。

保険業界に転職する際のエージェントの使い方

保険業界に転職するためにエージェントを利用するなら、まずは保険業に詳しいアドバイザーを見つけるのが良いでしょう。

転職エージェントでアドバイザーを見つけられたら、エージェントの利用方法から保険業界への転職方法まで聞けるためです。

保険業界の特徴と未経験の場合の注意点

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界に初めて入る人は、生命保険と損害保険と第三分野の違いを把握すべきです。この3つが保険業の大きな分け方だからです。ちなみに、第三分野とは生命保険と損害保険の両方に属すか生命保険と損害保険の両方に属さないものを指します。

また保険の相談には20代から60代あたりまでの年齢層が訪れるため、幅広い年齢層と話せる能力が大事です。それに、保険業界の新しい流れを察知して柔軟に対処しながら自分なりの保険業を確立していくと、どのような状況でも無難に保険業をしていけるでしょう。

保険業界への転職におすすめの資格

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界への転職には、ファイナンシャルプランナーと生命保険募集人資格と損害保険募集人資格の取得をおすすめします。

まず第一にファイナンシャルプランナーになると、家計管理や老後の生活設計や教育資金や年金・社会保険や住宅資金や資産運用や税制や保険や介護・医療費や相続・贈与に精通していけるためです。 

次に、生命保険募集人資格を有していなければ生命保険の商品を紹介できないからです。最後に、損害保険募集人資格を取得していなければ損害保険の商品の案内ができないためです。

保険業界の平均年収

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界の平均年収は平均500万円前後となっているので、参考にして転職すべきかどうか判断すると良いでしょう。

また今の年収が500万円以上だとしても保険業の方がやりがいやメリットを得られるなら、保険業界に転職したとしても総合的には得したと言えます。

転職後のキャリア

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業界でキャリアを上手く積んでいくために、キャリア枠で入るのをおすすめします。そもそもキャリア枠で入っているので、実績を積み易いためです。

キャリア枠で入らない場合も、保険業界はやればやっただけ見返りが得られるとされているので、毎日の業務をきっちりこなすことで着実にキャリアを作り上げていけるでしょう。

保険業への転職の知識とサイトとエージェントを使おう

保険業界に転職するためのおすすめ転職エージェント比較とランキング

保険業への転職の知識と考えと転職サイト・エージェントと保険業界自体の市場動向やおすすめの職種と資格を解説しているため、この記事を読んだだけで他の転職者よりも保険業界に精通していることになります。

また保険業に転職する際におすすめのサイトとエージェントもご紹介しているので、サポートを受けながら転職を成功に近づけていけます。転職サイトと転職エージェントの役割も説明しているため、サイトとエージェントも上手く使えるでしょう。

Latests