Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月21日

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

経理職に転職を考えているけれど、どこに登録すればいいのか分からない。どの転職サイトが自分に合っているのか分からないなど、転職時には誰もが同じ悩みや不安を抱えています。経理職に特化した転職支援サービスの特徴や転職成功数など気になる情報をまとめています。

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

経理・会計・財務の仕事は、それぞれ業務内容に細かな違いはありますが、いずれもお金の流れを把握、管理するのが主な業務内容です。経理の基本的な業務内容はどの会社でも共通しているため、事務職の中でも転職しやすい職種です。また、会社を運営する上で欠かせない職種のひとつです。

経理の転職に強い転職サイトや転職エージェントについてまとめています。未経験の方もキャリアアップしたい方も参考にしてみて下さい。

経理財務の仕事内容

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

一般的に会社で経理と呼ばれている人の仕事内容は、伝票の整理や記録、日々の入出金管理、売掛金・買掛金管理、小口現金管理、従業員の給料計算や交通費などの経費精算などです。会社のお金の流れを管理するのが主な業務です。

お金の管理をする仕事には、経理以外にも会計や財務があります。会社によって呼び方や業務範囲が異なります。経理事務でも総務部に配属される場合や、経理と会計を兼務、財務を担う場合もあります。

会計

お金に関する管理全般が会計の仕事になります。売上管理や仕入管理に加えて、備品などの資産管理や財務の分析も行います。経費削減などの経営、運営に関わるお金の問題点を見つけることも会計の仕事になります。

また、一般的に経理の業務とされている経決算書、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表の作成を業務範囲とする会社もあります。

経理と会計は兼務する会社も多く、会社によって業務内容もさまざまです。

財務

財務は同じお金を管理する仕事でも、経理や会計と異なります。

財務は、経理、会計が作成した財務諸表をもとに資金計画を立て財務管理するのが主な業務内容です。具体的には、銀行との融資交渉や投資など、会社を運営していくための資金調達や資産運用、予算管理などを行います。

経理や会計は、今動いているお金を管理する仕事ですが、財務は将来のお金を管理する仕事になります。

経理財務のよくある転職理由・志望動機

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

経理はデスクワークの中でも人気の職種ですが、転職する人も多い職種です。お金を扱う仕事だけにミスが許されないため、ストレスを抱えている人やルーチンワークで昇給が望めないなど待遇面での不満が理由で転職を考える人も少なくありません。

しかし、ネガティブな理由をそのまま伝えるわけにはいきません。では、一体どうしたらいいのか。ポジティブな志望動機の考え方とポイントを3つご紹介します。

志望動機1:企業のニーズに応える

経理の仕事内容は基本的な部分はどの会社も同じです。そのため営業のように「御社の商品を売りたい」「この会社でなければ」というような理由は使えません。会社の経営理念や方針に共感するのは悪くないですが、企業が求めている人材に近い人物であるとアピールしましょう。

ポイントは募集要項をしっかりと読むことです。その上で経験やスキルなど、自分に合致する部分をピックアップして志望動機に繋げましょう。

志望動機2:転職サイトの企業コメントに注目する

転職サイトに掲載されている企業からのメッセージや企業情報にも、志望動機に繋がるヒントが隠れていることがあります。給料や待遇面ばかり読んで見逃している方も多いのではないでしょうか。

特にホームページは企業の雰囲気を知ることができます。中には、転職を成功させた中途採用者のコメントや経緯などが掲載している企業もあります。自分と重ねることで、志望動機の参考にすることができます。

志望動機3:転職エージェントに相談する

どうしても上手くまとまらない。考えたけどやっぱり不安と感じる人は、転職エージェントのサポートを受けましょう。

転職エージェントは転職のプロです。数々の転職を成功させてきた実績があります。自分では思いつかなかった一面や書いた方がよいことなどを助言、アドバイスしてもらうこともできます。

転職エージェントは転職をサポートするのが仕事です。頼る価値は十分にあると言えます。

経理財務はこんな人におすすめ

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

経理の仕事に携わる上で必須の資格はありませんが、エクセルなどの基本的なパソコン操作や簿記の知識があると望ましいとされています。

また、経理はお金を管理する仕事です。数学が苦手よりは得意な方がいいように感じますが、計算が苦手な人には向いていないとは一概には言い切れません。

さまざまな情報がある中、実際にどのような人が向いているのか調べてみました。

特徴1:コツコツと積み上げていくことが得意な人

経理の仕事は、数円単位で計算、集計、またその確認を行う細かい作業が日々必要とされます。1円でも合わなければ、最初からやり直さなければいけません。時間がかかっても丁寧、慎重に行動できる方に向いていると言えます。

また、経理の仕事はルーチンワークです。同じことを繰り返す作業が好きで、集中力のある方に向いています。

特徴2:真面目で責任感がある人

経理は会社のお金を扱う仕事です。経理が適当になると会社の経営もうまく回らなくなるほど会社にとって重要な業務です。責任感の強い方に向いていると言えるでしょう。

また、会社の利益だけではなく、給料など個人情報も預かるので、コミュニケーション能力は必要ですが、お喋りな方には向いていません。口が堅い人が向いています。

お金に携わることなので、一度、信頼関係をなくしてしまうと信用を取り戻すのは大変です。

特徴3:几帳面で整理整頓が得意な人

経理の仕事は、お金の計算をするだけが仕事ではありません。請求書や領収書など書類をファイリング、管理することも業務のひとつです。何が何処にあるのか把握して、すぐに資料を出せるようにしておくことも必要です。

普段から、本は番号順に揃っていないと気持ちが悪いと感じるような、几帳面で管理能力の高い方に向いています。

経理財務の転職に狙い目の業界

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

経理の仕事も業界によって、求人数は異なります。一般的な経理事務から専門性の高い経理業務まで、業務範囲もさまざまあります。業界を特定するのは困難ですが、需要が高いと見込まれるのは大手以外の各社、企業です。

中小企業やベンチャー企業、会計事務所などは今後も需要が高い傾向があると言えます。

なぜ、これらの業界で経理の需要が高いとされているのか、その背景と理由について調べました。

業界1:AIやクラウド系産業

近年、急成長を遂げているAIやクラウド系のIT業界やベンチャー企業は、経理などの社内体制が未整備なところが多い傾向があります。

技術面に優れた人材を確保することに重視し、会社を運営、経営していく上で必要な経理の知識や経験のある人材が不足しています。これから体制を整えていきたいと考えている企業も少なくありません。

即戦力として、キャリアアップできる可能性は十分にあると言えます。

業界2:中小企業

中小企業は大手企業と違って、経験者、未経験者に拘らず通年需要があります。若手がすぐに辞めて、定年退職後の後任者がいないのも理由だと考えられます。経理は人気の職種ですが転職する人も多い職種です。

人の入れ替わりが激しい会社はオススメできませんが、自分のハードルを上げずこれまでの経験やスキルを活かしながら、希望に近い転職ができる可能性は高くなります。

業界3:個人会計事務所

将来、税理士や会計士を目指している方は個人会計事務所がオススメです。個人会計事務所は経理の専門職です。一般企業の経理と業務内容に加え知識の質や幅も異なるため、資格取得などスキルアップも期待できます。

また、個人会計事務所から一般企業の経理に転職を希望した場合、個人会計事務所での経験は高く評価されます。有資格者であれば募集先の選択肢が広がるだけでなく、上場企業に転職も夢ではありません。

経理財務未経験の場合の注意点

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

ここ最近、転職サイトなどで未経験者歓迎の文字がよく見受けられます。求職者にとって新たなキャリアを踏み出すチャンスですが、企業側の募集背景に注意が必要です。

例えば欠員募集の場合、満足な教育を受けられず、昔ながらの働き方を強いられてしまう可能性もあります。

こういった企業の実状は自分で調べるにも限界があります。転職エージェントに相談するなど、応募先の情報収集をしっかりと確認しておくことが大切です。

経理財務におすすめ転職方法

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

経理へ転職するには、ハローワークやインターネット求人サイトで探すのも悪くはありませんが、転職サイトや転職エージェントを活用しましょう。

転職サイトや転職エージェントは求人数が多いだけでなく、各企業の情報や内々の事情を把握しています。ブラック企業に飛び込む可能性は低く、安心して応募することができます。また、自分のレベルや志向に合った求人を紹介してもらうことができるので、効率よく転職活動ができます。

経理財務におすすめの転職サイト

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

インターネットで経理・転職と検索すると数々の転職サイトが出てきました。正直どこに登録したらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

転職サイトは複数社に登録することが成功へ繋がると言われています。手当たり次第登録するのも悪くはありませんが、経理に不向きの転職サイトもあります。

口コミで人気の転職サイトについて調べました。転職サイトの特徴を知って、自分にあった転職サイトを見つけましょう。

転職サイト1:リクナビNEXT

転職成功実績No.1でお馴染みのリクナビネクスト。これまでに累計約30万人の転職を成功した実績のある大手転職サイトです。求人情報は約8万8,500件うち9割が非公開求人です。

業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポート、土日の転職相談も実施している転職サイトです。

登録すると会員限定の求人がメールで届くほか、あなたに興味を持った企業や転職エージェントから直接オファーが届きます。

求人数★★★★☆
サポート力★★★☆☆
満足度★★★☆☆

転職サイト2:doda

転職サイトの中でも、大手企業から中小企業や地方案件などが充実しており、紹介数が多いのが特徴です。職務経歴書の書き方や面接対策など転職活動に必要なテクニックやノウハウを教えてもらえるなど、転職サイトならではの実践的なサポート体制が整っています。

また、転職のプロが丁寧に一人一人の就職をしっかりとサポートしてくれます。チャットサービスもあるので、初めての転職でも安心して相談できる転職サイトです。

求人数★★★☆☆
サポート力★★★★☆
満足度★★★☆☆

転職サイト3:経理転職.com

JACリクルートメントの経理・財務職に特化した転職サイトです。専門性の高いコンサルタルトが300名以上所属しています。企業と担当者が直接コンタクトをとるという密度の高い他社にない営業スタイルが特徴です。企業のリアルな情報も知ることができます。

また、サポート面も選択制と一風変わった転職サイトです。提供求人の中から自分で探す方法と転職エージェントと相談しながら非公開求人を探す方法が選べます。

求人数★★★★☆
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

転職サイト4:REX

公認会計士・税理士専門の転職サイトです。会計事務所、監査・税理士法人、コンサルティングファーム、一般企業などを中心に90%以上が会計・税務の案件です。

特にシニアやマネージャー、将来の幹部候補といった有資格の転職をサポートするのが得意な転職サイトです。

口コミでも納得できる転職ができた。希望の転職ができたなど、転職満足度は97.5%と高く、キャリアアップを考えている方にオススメの転職サイトです。

求人数★★★★☆
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

転職サイト5:マイナビ転職

第三者機関評価No.1に選ばれた転職サイトです。幅広い業界の求人を多数掲載しているのが特徴で、気になった求人があれば経験、未経験に関わらず直接自分でアプローチできます。

サポート体制としては、プロのキャリアアドバイザーに無料で職務経歴の添削を受けたり、客観的なアドバイスを受けることができます。

転職エージェントに頼らず、自分のペースで転職活動を進めていきたい方にオススメの転職サイトです。

求人数★★★☆☆
サポート力★★☆☆☆
満足度★★★☆☆

転職サイトのメリット

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

転職サイトは、自分で登録した経歴をもとに、分析された求人の紹介とWEB上にある求人にも応募することができます。求人数が豊富なため、応募できる幅を広げることができます。また、転職サイトは気に入った求人があればすぐに自分で応募できるので、タイミングを逃しにくい傾向があります。

これから転職を考えている方や、とりあえず自分の市場価値が知りたい方も気軽に利用することができます。

転職サイトのデメリット

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

転職サイトは転職エージェントと違って自分ペースで転職活動を進めていきます。応募から企業とのやりとりも自分で対応します。履歴書や職務経歴書の作成が苦手な方は、サポート体制はあるものの手間もかかります。

また、転職サイトはオファーはあるものの、主に経歴を分析した結果から紹介されます。ミスマッチ案件も多く、採用が約束されるものではありません。1回で希望通りの転職ができる確率はそう高くはありません。

経理財務におすすめの転職エージェント

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

次は、転職エージェントのご紹介です。転職エージェントは、自分で探す転職サイトとは違います。転職支援のプロがマンツーマンでキャリアカウンセリングを行います。特性や強みなどを引き出し、一人一人にあった最適な企業を紹介してもらうことができます。

また、転職サイトと違って、面接の日時調整や条件交渉まですべて代行してくれます。不安や悩みが多い求職者にとって心強く、効率のよい転職支援サービスです。

転職エージェント1:MS-Japan

MS-Japanは、経理・公認会計士・税理士・弁護士・人事・法務などの管理部門に特化した転職エージェントです。転職成功者は20,000名以上と業界トップの実績があり、求人数も関東・東海・関西の主要都市を中心にネットワークを活かしたフィールドは業界トップクラスです。

また、この業界の最新の市場動向を把握しているので、転職ノウハウなど質が高いのが特徴です。紹介から転職成功まですべて無料で受けることができます。

求人数 ★★★★★
サポート力★★★★☆
満足度★★★★★

転職エージェント2:ビズリーチ

ビズリーチは、厳選した国内外の優良企業や一流ヘッドハンターからスカウトが届く、即戦力・ハイクラス人材に特化したエグゼクティブ向けの転職エージェントです。

サービスは無料と有料の二つから選択できます。無料プランはまずは使ってみたい方、転職を検討中の方向けです。有料プランは月2,980円から、積極的に転職活動をしたい方におすすめのプランです。スカウト求人だけでなく秘匿性の高い求人に応募することができます。

求人数★★★★☆
サポート力★★★★☆
満足度★★★★★

転職エージェント3:リクルートエージェント

リクルートエージェントは大手総合人材会社が運営する転職エージェントです。さまざまな職種や業種を扱っているため求人数は多く豊富です。また、圧倒的なデータの中から、企業の好みや嗜好などを分析し、面接対策などの個別指導を受けることができます。

そして、リクルートエージェントは転職サイトのリクナビNEXTと連動することできます。転職エージェントを利用するかしないかなど、転職活動のペースを調整することもできます。

求人数★★★★★
サポート力★★★★☆
満足度★★★☆☆

転職エージェント4:JACリクルートメント

JACリクルートメントは高年収層に特化したハイスペックな方向けの転職エージェントです。日系企業はもちろん外資系や海外求人も豊富で、35歳以上のミドルクラスの転職にも強いのが特徴です。

また、総勢約650名のコンサルタントが国内大手、外資系、海外進出企業への転職をサポートし、すべてのコンサルタントが企業に直接交渉します。他社とは違った企業との繋がりが強いため、JACだからご紹介できる独占求人も多数扱っています。

求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

転職エージェント5:ジャスネット

会計、税務、経理・財務分野に特化した専門性の高い転職エージェントです。全体の99%が非公開求人で、取引実績企業は3,800社にのぼります。20代から30代の中堅層、40歳以上の管理職までキャリアステージに合った求人が豊富に揃っています。

また、経理・会計・法務などの管理部門に特化しているため、転職エージェントの質が高くミスマッチも少ないのが特徴です。応募から面接、交渉、内定から入社までサポート体制も整っています。

求人数★★★☆☆
サポート力★★★☆☆
満足度★★★☆☆

転職エージェントを利用した方がいい人

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

転職支援サイトと転職エージェントをそれぞれご紹介しましたが、転職支援サービスにも求職者のスキルや経験、転職活動の状況に応じて変えることが大切です。

実務経験やスキルがあり、自分の市場価値に自信のある方は転職サイトより転職エージェントがオススメです。効率よく希望に近い転職先に出逢える可能性が高いと言えます。

転職エージェントは、企業と求職者のマッチング度が高ければ高いほど効果を発揮します。

転職エージェント面談

転職エージェントのサービスを受けるには、遠方など例外を除いては、転職エージェントとの面談が必要です。

求職者と転職エージェントの両者がお互いのことをよく知り、理解を深めることが目的とされています。そうすることでより希望に近い企業先を紹介することができるだけでなく、その後のサポート精度を高めるなど、転職成功への近道であると言われています。

一度面識のある人と会ったこともない人とでは、挨拶の仕方が異なるのと同じです。

転職エージェント面談内容

転職エージェントの面談は、企業面接ではないので、変にかしこまる必要はありません。おおまかには、自己紹介、これまでの経歴確認、今後のキャリア像、希望条件、求人案件の紹介といった流れになります。

企業面接とヒアリング内容が似ている部分もありますが、転職エージェントが一方的に質問をするわけでありません。1時間~2時間かけて気になることや質問、悩みや希望などを相談することができます。

転職エージェント紹介案件

転職エージェントとの面談が終わったら、その場で案件を紹介してもらうことができます。もし、紹介案件に納得できない場合は断ることも可能です。強制ではありませんし罰金などもありません。また、紹介案件は、面談日に必ず紹介してもらえるとは限りません。

紹介案件に応募するかしないかと心配する前に、転職エージェントに自分のことを少しでも知ってもらうような気持ちで面談に行きましょう。

転職エージェント面談ポイント

転職エージェントとの面談のポイントは、本音を伝えることです。企業面接では退職理由や転職理由にネガティブな理由はいい印象を与えませんが、転職エージェントには本当のことを話しましょう。きちんと伝えておくことで、同じ悩みを繰り返さないであろう転職先を検討してくれるはずです。

ただ、不平不満はタブーです。転職エージェントにグチをこぼしても何も解決しません。時間を有効に使いましょう。

経理財務転職を目指す人におすすめの資格

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

未経験から経理職へ転職を成功させるためには、簿記の資格を取得することをオススメします。資格があると知識があるという証明になります。

簿記2級以上が望ましいとされていますが、まずは3級からでも価値はあるでしょう。前向きに取り組む姿勢は高く評価される傾向があります。

経験者の方はこれまでの経験を生かして、会計士や税理士など仕業と呼ばれるワンランクアップの資格を取得し、キャリアアップを目指しましょう。

経理財務の平均年収

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

会社の規模や業務内容などにより異なるため一概には言い切れませんが、未経験なら年収200~350万円程度、3年以上の実務経験者なら、350~600万円程度が平均年収だと言われています。

経理職は営業のような歩合制の仕事ではないため、一気に年収が上がることはありません。年功序列というわけでもないので、経験を重ねて、業務の幅を広げキャリアを積むことで昇給が期待できると言えます。

経理財務から転職するならこんな職種も

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

経理の知識や経験を活かすなら、会計事務所や税理士事務所がオススメです。また企業の総合職や財務部、会計コンサルティングや学校関係の事務なども経験を無駄にすることはないでしょう。

異業種なら、デスクワークから離れた営業や企画職もあります。提案する仕事に数字は付き物です。

例えば、企業側にとって節税対策になる商品を売る営業職に転職したとしたら、経理の知識を活かした説得力のあるプレゼンも可能です。

転職サイトと転職エージェントで転職成功

経理財務は転職しやすい?経理転職のおすすめ転職サイトまとめ

経理職などお金を管理する仕事は、一見地味なルーチンワークですが、奥が深く、会社の運営、経営に欠かせない職種です。

自分次第で資格取得などスキルアップすることで、どんどん選択肢を広げることも可能だと言えます。経理職は、将来AIに職を奪われると言われていますが、そうは思えません。まだまだ必要性のある職業だと言えます。

転職サイトや転職エージェントなどを上手く活用して、希望に近い転職を成功させましょう。

Latests