Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月06日

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師が転職をするには転職エージェント・転職サイトなどの登録して仕事を探す方法が一般的で、薬剤師の転職を支援する転職エージェント・転職サイトが多くあってどれを選べばよいのか迷っていまします。今回は薬剤師の転職におすすめ転職エージェント・転職サイトを紹介します。

導入

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師は病院・薬局などの医療機関、化粧品や日常生活に必要な雑貨と共に医薬品を扱っているドラックストア・大手の製薬会社などでの活躍の場所があります。病院勤務、薬局勤務など勤務する職場によって待遇面でかなり違いがあります。

そのためより待遇のよい職場への転職を求める人が多く、それらの薬剤師を支援してくれる転職エージェント・転職サイトなども多いので、どの転職サイト、どの転職エージェントがいいのか迷う結果となっています。

そこで薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェントや転職のために知っておいても損にならない情報をお届けしていきます。

薬剤師の仕事内容

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師の仕事内容は、幅広い知識を持っている薬の専門家として、病院や薬局などで医師が処方した薬を患者さんに渡したり、飲み方を指導したり、時には薬に関する相談や質問に対しての対応するなどが主な仕事内容です。

薬剤師になるためには

薬剤師になるためには、まずは大学の薬学部で薬剤師に必要な科目と実習を6年間学ぶ必要があります。具体的な科目としては、物理系薬学・化学系薬学・生物系薬学・衛生薬学・薬理・動態学・病態・治療学・薬剤学・臨床薬学などがあります。

また、実習には、体験実習・実務実習事前学習・実務実習などがあります。そして、卒業した後に、薬剤師国家試験に合格してはじめて薬剤師になれます。

薬剤師のよくある転職理由・志望動機

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師の転職理由・志望動機の一つには、自分が考えていたよりも給料が上がらないといった給与水準があります。

他にも、本来の薬剤師の仕事ではない在庫管理が多くスキルアップが望めないなどの仕事内容、休日勤務など労働時間、仕事をする職場環境などがあります。次項からそれらの転職理由について説明します。

志望動機1:給与水準

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師によくある転職理由のひとつが給与水準です。薬剤師の一般的な給与水準はドラッグストアで勤務する薬剤師が一番高く、次に調剤薬局に勤務している薬剤師といったように同じ薬剤師でも勤務する場所によって給与に差がでます。

そのため、薬剤師の中でも給与が低い病院で勤務している薬剤師がドラッグストアや調剤薬局に転職するケースは多くなっています。

志望動機2:仕事内容

薬剤師によくある転職理由のひとつは仕事内容です。特にドラッグストアに勤務する薬剤師によくみられます。

これは、ドラッグストアでの薬剤師は、店内で販売している商品の管理などの仕事が多く、薬剤師としてやりがいがある処方箋での調剤の仕事が少なく、スキルアップのために転職を考えることが多くあります。

志望動機3:労働時間

薬剤師によくある転職理由のひとつは、労働時間の不満です。仕事内容に不満を抱えているドラッグストアに勤務する薬剤師によく見られます。

休日勤務や夜遅くまでの勤務など、自分の時間が取りにくいことで勤務時間がしっかり決められている製薬会社への転職をする人がいます。

志望動機4:人間関係

薬剤師に限らず職場で働く人はさまざまな人間関係で悩む人が多くいます。薬剤師の場合は患者さん・顧客・同僚・上司など複雑な人間関係があり、それらの人間関係でストレスを感じ転職を希望することになります。

志望動機5:職場環境

職場環境の問題も転職理由のひとつです。特に病院で働く薬剤師によくみられ、給料が少ない割には仕事がきつかつたり、残業があったり、時に宿直など職場環境に耐えきれず転職をすることになります。

薬剤師はこんな人におすすめ

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師に向いている人は、性格的に几帳面な人や、勉強の中でも化学が好きな人、人に分かりやすく伝えることが得意な人などです。次項からそれらの特徴について説明します。

特徴1:几帳面な人

几帳面な人はなぜ薬剤師に向いているのでしょうか。薬剤師の最も大事な仕事は、処方箋を持ってきた患者さんに薬を調剤することです。

調剤ではミリグラム単位の正しい分量や配合を間違えないようにしなければならないためいい加減な人で務まりません。調剤は誤差が許されない作業が要求されるため几帳面で責任感のある人が薬剤師には向いています。

特徴2:化学が好きな人

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

化学が好きな人はなぜ薬剤師に向いているのでしょうか。薬剤師は薬の効能や調合といった化学的な知識が要求されるため薬剤師をめざすのであれば、化学が嫌いな人は不向きです。

特徴3:人に教えるのが上手な人

人に教えるのが上手な人はなぜ薬剤師に向いているのでしょうか。薬剤師は処方箋を持ってきた患者さんに薬を提供する時に薬の飲み方を説明する必要があります。

また、それだけではなく、薬の効能、薬の副作用などを知識のない患者さんに伝わるように話す必要があります。専門的な言葉を噛み砕いて説明をするには、人に教えるのが上手な人は薬剤師に向いている人と言えます。

薬剤師に狙い目の業界

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師が転職する業界には病院・薬局などの医療機関、化粧品や日常生活に必要な雑貨と共に医薬品を扱っているドラックストア、武田薬品工業・アステラス製薬・第一三共・中外製薬などの製薬会社があります。

また、簡単には勤務することはできませんが、保健所での食品衛生監視員として働くことも可能です。次項では、薬剤師に狙い目の業界の医療機関やドラックストア業界について説明します。

業界1:医療機関

病院・薬局などの医療機関での薬剤師の場合は勤務時間は固定されています。また、倒産などのリスクもありませんが、患者さんに処方する薬の説明や副作用などの責任の重さが伴います。

また、他に勤務の薬剤師よりも給料の面で低く、それらに不満を持って薬剤師をやめる人もいます。

業界2:ドラックストア業界

ドラックストア業界は、薬剤師のスキルアップにこだわらなければ狙い目の業界と言えます。ドラックストアで薬剤師として勤務する場合は、処方箋を持ってきた患者さんに薬を処方するといった薬剤師の本来の仕事よりも、市販されている薬をお客さんに説明したりする仕事がメインです。

そのことは薬剤師が辞めたくなる原因でもあり、本当に薬剤師の仕事をしたい人は離れていきます。ドラックストア業界は薬剤師の出入りが激しく、特に仕事内容にかだわらない薬剤師にはおすすめです。

転職未経験の場合の注意点

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

病院・薬局・製薬会社で長年薬剤師として勤務してきた人が、はじめて転職をする時に注意する点がいくつかあります。会社や企業が公表している求人票に記載されていた条件と実際に勤務した後の条件が違うこがあるので、転職をする前にしっかりと確認をしましょう。

また、労働時間なども求人票と記載が異なる場合もあるので細かく確認しておきましょう。ブラック企業に転職しないためも転職を専門に扱っている転職エージェンの転職サイトでの無料相談などのサービスを活用することをおすすめします。

薬剤師におすすめの転職方法

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師が転職するための方法はいくつもあります。一番簡単に情報が手に入るのは、転職サイト・転職エージェントです。インターネットですぐに情報が入るので、便利です。

その他にも、就職支援を行うハローワークなどもあります。また、薬剤師仲間や先輩などに頼ってみるのも一つの手です。

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェントにはマイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師・ジョブメドレー・ファルマスタッフ・薬キャリ・ファーマキャリア・アプロドットコム・メディウェル薬剤師転職ドットコム・薬剤師WORKERなどがあります。

次項からそれらの転職サイト・転職エージェントについて説明と転職エージェントが保有している求人数・サポート力・満足度を★5段階で評価します。

転職サイト・転職エージェント:マイナビ薬剤師

薬剤師におすすめの転職サイト「マイナビ薬剤師」は、転職業界大手マイナビが運営している転職エージェントの薬剤師に特化した転職サイトです。

調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社など50,000件ほど求人を保有しています。プロのコンサルティングにより給料・条件などを転職を希望する人に変わって転職先の調剤薬局や製薬会社などに聞いてくれる転職エージェントです。

マイナビ薬剤師の評価

マイナビ薬剤師の求人数・サポート力・サポート力による評価を下記に示します。転職業界最大手ならではの、いずれの項目においても高い評価になっています。特に、サポート力の高さには定評があります。

項目評価
求人数★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

転職サイト・転職エージェント:リクナビ薬剤師

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント「リクナビ薬剤師」はリクルートメディカルキャリアが運営する転職エージェントで、薬剤師のための転職サイトです。

北海道から沖縄まで幅広い求人を保有しています。キャリアアドバイザーのサポートにより好条件での転職が可能になるおすすめの転職エージェント・転職サイトです。

リクナビ薬剤師の評価

リクナビ薬剤師の求人数・サポート力・サポート力による評価を下記に示します。全国津々浦々の幅広い求人保有率とキャリアアドバイザーによるサポート力が高い評価を受けています。

項目評価
求人数★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★

転職サイト・転職エージェント:ジョブメドレー

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント「ジョブメドレー」は、医療介護分野の情報やサービスを提供しているメドレーが運営する転職エージェントの転職サイトです。

この転職サイトは薬剤師・医師などの医科、介護ヘルパー・ケアマネージャーなどの介護といった5種類の職種の転職を支援してくれる転職エージェントです。

ジョブメドレーの評価

ジョブメドレーの求人数・サポート力・サポート力による評価を下記に示します。医療分野に特化した転職サイトだけに、求人保有数は圧倒的な強さがあります。サポート力は高くないので、どんなところに転職したいかがはっきり見えている薬剤師におすすめのサイトです。

項目 評価
求人数★★★★★
サポート力★★
満足度★★★

転職サイト・転職エージェント:ファルマスタッフ

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント「ファルマスタッフ」は日本調剤グループのメディカルリソースが運営している転職エージェントの薬剤師のための転職サイトです。

転職サイトの利用の流れは登録・アポイントメント・コンサルタントとの面談・求人紹介・アフターフォローとなっています。

この転職エージェントの最大のメリットは病院で勤務する薬剤師、調剤薬局で勤務する薬剤師、ドラックストアで勤務する薬剤師など薬剤師ごとにエキスパートを配置しているなど体制がおすすめの転職エージェント・転職サイトです。

ファルマスタッフの評価

ファルマスタッフの求人数・サポート力・サポート力による評価を下記に示します。希望する勤務形態ごとに専門家が設けられているので、希望する職場が見つかりやすいという点が特徴です。

項目 評価
求人数★★★★★
サポート力★★★
満足度★★★

転職サイト・転職エージェント:薬キャリ

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント「薬キャリ」はエムスリーグループが運営している転職エージェントの薬剤師の転職サイトです。この転職サイトの強みは首都圏から田舎の都市まで対応してくれる組織力にあります。

また正社員に限らず、契約社員・派遣・非常勤・パート・アルバイトなどさまざま働き方に対応している転職サイトです。キャリアアドバイザーの対応力により、希望年収での転職活動ができるなどおすすめできる転職エージェント・転職サイトです。

薬キャリの評価

薬キャリの求人数・サポート力・サポート力による評価を下記に示します。キャリアアドバイザーによるアドバイスも充実しており、正社員にこだわらず、自由に働き方を選択したい方には、おすすめのサイトです。

項目 評価
求人数★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★

転職サイト・転職エージェント:ファーマキャリア

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント「ファーマキャリア」は、エニーキャリア株式会社が運営している転職エージェントの薬剤師専門の転職サイトです。

この転職エージェントの大きな特徴は、転職を希望している薬剤師の人数を限定し、薬剤師ごとの希望条件に合わせて、オーダーメイドで求人を探すシステムです。

ファーマキャリアの評価

ファーマキャリアの求人数・サポート力・サポート力による評価を下記に示します。転職希望の薬剤師の人数は限定されていますが、その分、一人ひとりの条件にマッチした転職先を探すことができます。

項目 評価
求人数★★
サポート力★★★★
満足度★★★★★

転職サイト・転職エージェント:アプロドットコム

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント「アプロドットコム」は株式会社アプロ・ドットコムが提供している薬剤師転職支援サービスです。この転職サイトの案件は比較的給料が高いドラックストア・調剤薬局での求人数が多いのが特徴です。

また、面接に同席などのサービスを提供しているので転職の初心者におすすめの転職エージェントです。

アプロドットコムの評価

アプロドットコムの求人数・サポート力・サポート力による評価を下記に示します。ドラッグストアや調剤薬局の勤務を求める方におすすめです。面接同席サービスなどのサポートを上手く利用すると良いでしょう。

項目 評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★

メディウェル薬剤師転職ドットコム

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント「メディウェル薬剤師転職ドットコム」はメディウェルが運営している転職エージェントの薬剤師のための転職サイトです。キャリアアドバイザーによる転職するのにためになるポイントを解説してくれる講座などの情報を提供しています。

またこの転職サイトは医師・薬剤師キャリア支援・医療経営コンサルティングなどの医療業界に特化したメディウェルが運営しているため大手薬局の管理薬剤師、製薬会社での開発業務などの未公開情報も得ることができる転職エージェントです。

メディウェル薬剤師転職ドットコムの評価

メディウェル薬剤師転職ドットコムの求人数・サポート力・サポート力による評価を下記に示します。薬剤師に限らず医療業界の転職に特化しているので、自分の条件に合った転職先を見つけるためにおすすめです。

項目 評価
求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

薬剤師WORKER

薬剤師におすすめの転職サイト・転職エージェント「薬剤師WORKER」は株式会社ティスメが運営している転職エージェントで、給料アップを目指している薬剤師におすすめの転職サイトです。

総合病院・大手薬局・ドラッグストア・地域にある小さな薬局・製薬会社など20,000件以上を保有しています。

こちらの転職エージェントは専任アドバイザーによる無料転職サポート・転職後のアフターフォローなどのサービスを提供しています。

薬剤師WORKERNTTの評価

薬剤師WORKERNTTの求人数・サポート力・サポート力による評価を下記に示します。専任アドバイザーによる転職サポートやアフターフォローなども充実しており、サポート力の高いサイトといえます。

項目 評価
求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★

薬剤師の転職におすすめの資格

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

ここまで多くの薬剤師に特化した多くの転職サイト・転職エージェントがあることがわかりました。次に薬剤師の転職におすすめの資格について説明します。

薬剤師の転職におすすめの資格には認定薬剤師・専門薬剤師・救急認定薬剤師・がん薬物療法認定薬剤師・小児薬物療法認定薬剤師・妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師・がん専門薬剤師・感染制御専門薬剤師・医薬品情報専門薬剤師などさまざまな種類があります。

認定薬剤師とは

認定薬剤師とは「研修認定薬剤師制度」のもと、一定の期間で薬剤師を医療分野に関しての知識と技術で認定する制度で、研修による単位の取得や試験に合格した人に与えられます。

専門薬剤師とは

専門薬剤師とは、認定薬剤師を取得後に薬学の知識・医療・薬物治療に関する高度な知識と技能を持ち薬剤師への指導、研究業績が認めら、認定試験に合格した人に与えらる薬のエキスパートのことです。

救急認定薬剤師とは

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

救急認定薬剤師とは、総合病院でのICUや救急・集中治療の分野で活躍することができる資格で、認定されると上記の分野での処方提案・注射薬の監査・麻薬などの管理・投与速度の算出などの業務をすることができます。

がん薬物療法認定薬剤師とは

がん薬物療法認定薬剤師とは、がんの薬物療法などがんに関する一定の知識と実務経験を5年以上を持っている薬剤師に与えられる認定です。認定されると、医師や看護師と共に患者さんをサポートすることができます。

小児薬物療法認定薬剤師とは

小児薬物療法認定薬剤師とは、小児薬物療法分野に関する知識と患者さんの保護者などへのアドバイスなどの適性を持っていること認定試験に合格した人に与えられます。合格すれば小学校・中学校などで医薬品に関する指導やアドバイスを行うことができます。

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師とは

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師とは、妊婦・授乳婦・胎児・哺乳児に対する薬物療法に必要な胎児の薬剤感受性・体内動態・医薬品の薬理作用などの知識や技術を持っている人に与えられる認定資格です。

がん専門薬剤師とは

がん専門薬剤師とは、抗がん薬の副作用などのがん治療に関わる薬のあらゆる知識・技能を持っていて、がん薬物療法を実践する薬剤師に与えられる日本病院薬剤師会が認定する資格です。

感染制御専門薬剤師とは

感染制御専門薬剤師とは、感染制御に必要な消毒薬・微生物、感染症治療などに使用される医薬品の薬理作用に関するなどの知識があって技術、実践能力が認められた薬剤師に与えられる認定資格で、感染症の治療や予防で活躍することができます。

医薬品情報専門薬剤師とは

医薬品情報専門薬剤師とは、製薬メーカーで働く薬剤師におすすめの資格で、医薬品情報に関する調査・評価・提供・安全対策・教育などの業務と知識を持っている薬剤師に与えられる日本医薬品情報学会が認定する資格です。

薬剤師の平均年収

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

大学でさまざまな科目を学んで難しい国家試験に合格した薬剤師は、多額の年収を得ていると考えられますが、いったいどれほどの年収があるかと言いますと国税庁の人事院が公表したデータによりますと平均年収は585.6万円です。

年代と男女別で見ますと、20歳台男性では年収が458.0万円~491.9万円、30歳台で、464.0万円~583.7万円、40歳台で534.8万円~734.5万円となっています。

女性は、20歳台女性では年収が458.0万円~408.2万円、30歳台で、464.0万円~484.4万円、40歳台で534.8万円~609.6万円といったデータがあります。

薬剤師から転職するならこんな職種も

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師から転職するなら病院・薬局・ドラックストア・製薬会社の薬剤師にこだわらず医師に薬を売り込むなどの営業や薬の効果などの説明をする仕事もあります。また、医薬品の研究・開発に携わる仕事や薬の相談を受けるコールセンターでの勤務もできます。

しかし、これらの仕事は転職サイト・転職エージェントなどでは案件が少ないので転職サイト・転職エージェントに頼らないで見つけることが必要になります。

薬剤師として満足のいく仕事を見つけましょう!

【薬剤師の転職】優良求人を見つけるためのおすすめ転職サイト

薬剤師の転職を支援してくれる転職サイト・転職エージェントなどや薬剤師のよくある転職理由、薬剤師に向いている人の特徴などの情報をお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか。薬剤師の転職を支援してくれる転職サイト・転職エージェントは多くありました。

またそれらの転職サイト・転職エージェントの特徴を知ることができました。今回は紹介したおすすめの転職サイト・転職エージェントを参考に薬剤師として満足のいく仕事を見つけましょう。

Related