Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月11日

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

20代後半で転職を決断をする人は多いです。それだけ20代後半に転職をすることにメリットがあるためです。しかし、転職には失敗のリスクもあります。なので、転職サイトや転職エージェントなどをうまく活用して、転職に失敗しないようにすることが重要です。

20代後半の転職に失敗しないために

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

今までは同じ職場に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今では新しい仕事の環境を求めたり、ステップアップを目的に転職をする人も増えています。

転職を決断する時期は人によって異なります。一般的に転職は若い人の方が有利であることは多いです。なので、若い世代を少し超え始めた20代後半であれば、今まで仕事をしてきたことで、どのような能力を身につけているかが転職活動において非常に重要となります。

そのため、20代後半の世代が転職活動を行う際には、できるだけ転職希望先の選択肢を減らさないようにするためにも、転職サイトや転職エージェントなどをうまく活用する必要があります。

20代後半のよくある悩み

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

転職を決断するタイミングは人によって違います。ですが、20代後半で転職を決断する人は多いです。これは初めて就職する人が20代前半が多く、数年間仕事を続けてた結果、新しい職場環境を求めるようになることが多いためです。

また、30代になってしまうと、転職活動の際に、より実力主義となってしまうため、転職が厳しい状況になってしまうことがあるためです。なので、30代になる直前に転職をけ決意する人は多いです。

しかし、20代後半であれば転職が有利ということもなく、20代後半であるからこその悩みなども抱えてしまうこともあります。

悩み1:ライバルが多い

上記で述べた通り、20代後半で転職を決意する人は多いです。そのため、転職活動を行っていると、同世代の人と採用枠を争うことになる場合が多いです。ライバルが多い分、それだけ転職も難しくなってしまいます。

なので、ライバルを押しのけて、採用枠を獲得するためには、20代後半になるまでにどのような仕事をしてきて、どのような能力を持っているかが重要となります。

自分の能力は転職サイトや転職エージェントなどを利用する際に、企業を選ぶための判断材料となります。

悩み2:身についている能力がない

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

20代後半で転職を決断する人は多いです。そのためライバルも多いです。ライバルが多いということは限られた採用枠を獲得するためには、同世代のライバルたちよりも、自分が優れている、魅力があるということを企業にアピールする必要があります。

ですが、20代後半になるまでに、仕事で何も積み重ねてこなかった人は、他の転職者に負けてしまうことになります。

また、自分では懸命に仕事をしてきたつもりでも、それは会社の看板があるからこそできることであり、就職活動を始めると個人では何もできないということに気がついてしまうこともあります。

20代後半の転職人数・平均転職回数

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

20代後半で転職を決断する人は多いです。20代後半までに40%ほどの人が1度は転職をすると言われています。また、最初に就職した企業を20代のうちに離れてしまう割合は10人のうち3人とも言われています。

そのため、20代で転職することは珍しいことではありません。ただし、20代のうちに3回以上も転職をしてしまうと、転職の回数が多いことでその後の転職活動で不利となってしまうことがあるので注意が必要です。

転職満足度

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

20代のうちに1度は転職を経験するという人は意外と多いです。また、20代のうちは3回ほどまでは転職活動に影響を及ぼしにくいため、2度、3度と転職を経験する人もいます。

20代のうちに3度の転職を経験をするのは20%ほどの人と言われています。転職をした企業から、再び転職をするということは、その転職に満足ができなかったということです。

転職は回数を重ねるたびにその後の転職活動に影響します。なので、転職をする際には、しっかりと転職サイトや転職エージェントをうまく活用して、自分に合った企業を選ぶ必要があります。

20代後半転職の前に考えてほしいこと

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

20代後半で転職を決断する人は多いです。しかし、もしその転職で選ぶ企業を違えてしまうと、次に転職活動をする際には30代となってしまう可能性が高いため、企業選びは慎重に行う必要があります。

企業の情報は転職サイトや転職エージェントなどを活用することで得ることができます。しかし、本人の転職の意思や目的、理由などが不明瞭であれば、いくら転職サイトや転職エージェントなどから情報を得ても、企業選びに失敗してしまう可能性があります。

注意点1:転職の目的を明確にする

転職をする際に、転職サイトや転職エージェントなどを活用して、企業情報を得ることは重要なことです。しかし、本人がなぜ転職の必要性を明確にしていなければ、せっかくの転職サイトや転職エージェントなどから情報を得ても、企業選びに失敗してしまう可能性があります。

転職の目的は人によって異なります。しかし、よくある理由には収入を上げることや、職場環境を変えること、新しい知識や経験を得てステップアップするため、他にやりたい仕事があるなどがあります。

もし、単に何となく職場の居心地が悪い、別の仕事がしたくなった、もっと休みが欲しいなどの漠然とした理由で転職をしてしまうと、自分と企業の相性を正確に判断できないことがあります。

注意点2:評価がリセットされる

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

入社をしてから20代後半まで同じ会社に勤め続けていた人は、数年間はその会社で仕事をしていたことになります。また、30代も近いということで、それなりに仕事を任され始めている時期でもあります。

仕事を任されるようになってきていることで、自分は会社から認められていると感じるようになります。しかし、それは同じ会社でしばらく働き続けていたことで得られた仕事です。

もし、会社を離れて、全く違う会社に転職をしてしまうと、またその会社での実務経験を積んで会社から信頼を得ることをしなくてはいけなくなります。なので、今の会社の評価は社外での評価とは直結しないということを意識しておきましょう。

20代後半の転職者に企業が求めること

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

企業が人を採用するということは、その人に対して魅力があると感じるためです。企業にとって魅力の内容は異なります。しかし、その人の持つ能力や資格、人間性などが主な要素となります。

また、これから企業が新規事業を始めようとしている場合には、不足している知識や経験を補おうとしている場合もあります。

企業がどのような人材を求めているかを知るためには、転職サイトや転職エージェントなどからその企業情報を得たり、その情報から求める人材を予想したりする必要があります。

求めること1:即戦力の能力

企業が募集をかけるときにはいろいろな理由があります。その理由には単純に人が抜けてしまったことによる人員の補充ということもあります。

もし、人員の補充で合った場合には、即戦力の人材を求めることになります。そのため、20代後半であれば、それなりに仕事の経験があります。なので、同じ職種の経験があたり、また即戦力となるだけの能力を求められることになります。

求めること2:知識と経験を補うため

企業が人を求めるときには、人手不足や人員の強化などが理由の場合もありますが、新しく事業を起こす際に、知識や経験の不足を補うために、募集をかけることもあります。

このような場合には、その企業に入ることでどのようなことができるかということが重視されます。なので、仕事の経験だけでなく、言われたことだけをするような人ではなく、自ら提案や行動ができることも求められます。

人手不足や新規事業などの企業が募集をかけている理由は転職サイトや転職エージェントなどの情報から得られることもあるので、情報は常に確認しておく必要がります。

20代後半で転職するメリット

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

20代後半で転職を決断する人は多いです。それは20代後半で転職をした方が、20代前半や30代で転職するよりも得られるメリットがあるためです。これらのメリットに後押しをされて、転職の決断を下す人も少なくありません。

メリット1:少しの経験がある

転職活動は若いうちにした方が有利になることがあります。若い人の方が仕事をしている経験年数が短いため、仕事に対する知識や経験に偏りがなく、素直に新しい仕事を受け入れて吸収しやすいためです。

しかし、若い人と言っても、20代前半であれば仕事の経験が少なすぎて、仕事以外の面でも教育が必要になってしまうことがあります。なので、数年の仕事経験があり、若い世代である20代後半は企業としても採用しやすい年齢になります。

メリット2:働ける期間が長い

上記で述べた通り、若いうちに転職をすることで企業にとっては長く勤めてもらえる可能性が高くなります。これは単純に40代の転職者よりも20代の転職者の方が、再び転職しなければ定年までの期間が長いためです。

長く勤めることができるということは、それだけ同じ企業に勤めるということになり、長く同じ企業に勤めることで年収が上がる可能性もあります。

なので、20代後半のうちに転職をして、早く長く続けられる仕事を見つけることで収入アップにつながることにもなります。

20代後半で転職するデメリット

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

20代後半で転職を決断する人は多いです。それは20代後半で転職をすると得られるメリットが多いためです。

しかし、転職にはデメリットもあります。また、20代後半で転職することにもいくつかのデメリットがあります。そのため、転職をする際にはメリットとデメリットの両方を理解しておく必要があります。

デメリット1:実績や人間関係を作り直しが必要

先に述べた通り、転職をするということは転職をすることによって、その会社で積み上げてきた仕事の実績や人間関係などをリセットするということになります。

場合によっては、以前の職場での実績や人間関係が活かせることもありますが、新しい職場でも実績や人間関係を再び1から積み上げ直さないといけないことに変わりはありません。

デメリット2:転職に失敗する可能性がある

新しい職場環境やステップアップなどを目的で20代後半に転職を決断する人は多いです。しかし、転職をしたからと、必ず自分が望むような仕事に就くことができるとは限りません。

転職に失敗しないように、転職サイトや転職エージェントで慎重に企業情報を集めるという人もいますが、実際に働いてみないとわからないことも多々あります。

そのため、転職サイトや転職エージェントなどの情報で、自分に合った企業と思って転職をしても、働き始めると思っていたような仕事内容ではなかったということもあります。

もし、転職をしたばかりの状態で、またすぐに転職をしてしまうと、その後の転職活動に影響を及ぼしてしまう可能性もあるため、転職は必ず状況を良くしてくれるとは限りません。

20代後半におすすめの業界・職種

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

20代後半で転職をするということは、すでに数年間の仕事経験があるということになります。なので、転職をする際には今までの仕事の経験を活かすことは重要です。

しかし、中には今まで仕事をしてきた業界や職種とは異なる業界や職種の仕事に就きたいと思う人もいます。

業界や職種によっては、未経験で20代後半で転職することが難しいものもあります。ですが、中には20代後半で、未経験であっても、転職しやすい業界や職種がいくつかあります。

業界職種1:IT・インターネット

先に述べた通り、企業が募集をかける理由の1つに、人手不足があります。人手不足になる理由は欠員が出たり、新しい事業を立ち上げたりなどいろいろとあります。

その理由は転職サイトや転職エージェントなどを活用して企業情報を集めることで知ることができる場合があります。

しかし、人手不足の情報は転職サイトや転職エージェントなどから得なくても、需要が拡大している業種を探せば、慢性的に人手不足となっている企業が見つけやすくなります。

需要が拡大している業種の代表はIT・インターネット業界です。IT・インターネットの知識が全くないという人でも、営業職や人事、総務、経理、経営企画などの仕事もあるため、プログラミングなどの知識は入社してから学べば良いということも多いです。

業界職種2:建築・不動産関連

直近で注目されているのは建築・不動産関連業界です。2020年に東京オリンピックが開催されるため、建築需要が高まっています。

そのため、建築・不動産関連業界では積極的に人を採用しています。しかし、2020年に近くにつれて、その需要は収束していくと考えられます。なので、建築・不動産関連業界に転職するのであれば、早めに決断した方が良いでしょう。

また、東京オリンピックが終わった後には、その企業が次にどのような仕事をするつもりであるかを事前に転職サイトや転職エージェントなどで情報を集めておきましょう。東京オリンピック後に仕事がなくなってしまうと、再び転職をしなけれないけなくなる可能性があります。

業界職種3:介護・福祉・医療

業界として慢性的に人手不足になっているのは介護・福祉・医療です。世の中の高齢化はこれからも進むと言われていますが、すでにこれらの業界では人手不足となっています。そのため、積極的に採用が行われています。

これらの業界で仕事をするためには資格が必須と思っている人もいますが、無資格でできる仕事は多くあります。ただし、資格があることで仕事の幅が広がるという事実はあります。

なので、未経験や無資格であれば、仕事をしながら資格取得を目指すというステップアップを視野に入れた仕事の仕方ができます。

20代後半におすすめの転職サイト

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

20代後半は社会からすると、まだ若い世代になります。そのため、転職では30代や40代よりも有利となることは多いです。

しかし、それでも企業選びに失敗をしてしまうと、再び転職活動をしなければいけなくなってしまう可能性があります。転職活動は短い期間のうちに繰り返すと、その後の転職活動を不利な状況にしてしまう可能性もあります。

なので、企業選びに失敗しないためにも、転職サイトや転職エージェントなどをうまく活用して、自分に合った企業を探す必要があります。

転職サイト1:リクナビNEXT

就職活動や転職活動を行う際には、とりあえずリクナビには登録をするという人は非常に多いです。それだけ、就職や転職に関しての強い実績があり、ブランド力もあるということです。また、求人数も非常に多いです。

なので、転職活動をするのであれば、いろいろな転職サイトに登録することになりますが、まずはリクナビNEXTに登録をしておくと良いでしょう。

内容評価
求人数★★★★★
サポート力★★★
満足度★★★★

転職サイト2:doda

転職サイトにはリクナビやマイナビなどのよく聞く会社名のものを利用するという人は多いです。最近ではdodaも認知度が非常に上がってきています。意外にも知られていないこととして、dodaはリクナビに続いて求人数が多いです。

そのため、多くの企業情報を得ることができたり、自分に合った企業を探すことができます。

内容評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★★

転職サイト3:@type

@typeはリクナビやdodaと比べると求人数が少ないです。しかし、人気の高い転職サイトとなっています。

その理由の1つに、女性社員5割以上、バイク通勤可、服装自由のような細かい条件で企業を絞れるためです。細かく条件を設定できることで、自分に合った企業を見つける確率を上げることができます。

内容評価
求人数★★★
サポート力★★★
満足度★★★★

20代後半におすすめの転職エージェント

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

転職活動を行う際には、転職サイトを利用するという人は多いです。しかし、転職エージェントも併用して利用することで、自分に合った転職先を見つけることができる確率を上げることができます。

転職エージェント1:マイナビエージェント

20代後半の転職でよく利用されている転職サイト、転職エージェントの1つがマイナビエージェントです。マイナビエージェントでは20代や第二新卒などの若い世代の転職に力が入れらている転職エージェントです。

また、学生のときの就職活動でマイナビの就職サイトにお世話になったという人が多く、どのマイナビが運営している転職エージェントということで安心感も強いです。さらに、求人内容に合わせた履歴書の添削や面接対策などのサポート面も充実しています。

内容評価
求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

転職エージェント2:リクルートエージェント

マイナビと並んで、学生の際の就職活動でリクルートの就職サイトを利用したことがあるという人も多くいます。リクルートでも就職サイトや転職サイトだけでなく、転職エージェントも運営しています。

リクルートの転職エージェントの強みは、転職成功実績と求人数の多さです。また、各業界、職種のキャリアアドバイザーが在籍しているため、サポート面も非常に強力です。

内容評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

転職エージェント3:dodaエージェント

dodaエージェントは最近ではよくテレビでCMなどが流れているため、知名度が高くなっています。dodaエージェントの特徴は求人数が非常に多いことです。また、国内の転職エージェントとしては売上規模2位という実績も強みとなっています。

キャリアアドバイザーによるサポート面も充実しているため、利用者の満足度は高いです。また、dodaの転職サイトの利用者も多いです。

内容評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★★

年収

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

転職を決断する理由は人によって異なります。しかし、20代後半で転職を決断する人の中には、将来的な年収の額を上げるために転職をする人も多くいます。

ただし、転職をすれば必ず年収が上がるというわけではありません。また、転職した際の年収事情もあります。20代後半で年収を上げることが目的であれば、転職に関する年収について把握しておく必要があります。

平均年収

20代後半になると、ある程度の仕事も任されるようになるため、年収も上がってくる時期となります。20代後半になると、その平均年収は400万円ほどと言われています。

もし、20代後半になったときに、納得のいく収入が得られていないと、その後も納得できる収入が得られない可能性が高いと感じて、転職を決断する人も多くいます。

年収アップ率

20代後半で転職を決断する人は、新しい職場環境を求めたり、ステップアップを目的としています。そのため、仕事に対して意欲的で努力ができる人でもあります。

そのような人が、自分に合った条件の仕事ができると、年収は上がることが多いです。そのため、20代後半で転職を決断する人の60%ほどは収入を上げることに成功していると言われています。

ただし、明確な目的なく転職する人は、20代後半で転職を決断しても、収入を上げることはできません。

転職を成功させよう

【20代後半の転職】失敗しないために使うべきおすすめ転職サイト

20代後半で転職を決断する人は多いです。それだけ20代後半には転職するメリットがあったり、その後では転職のタイミングを失ってしまうなどの理由があります。

ですが、転職には失敗するリスクもあります。なので、20代後半という重要な時期に、転職を失敗しないよう、転職サイトや転職エージェントなどをうまく活用するようにしましょう。

←前の記事へ

口コミから調べたエンジニア転職サイトForkwell jobs本当の評判

【20代の転職なら】口コミから調べたハタラクティブ本当の評判

Latests