Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月19日

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

30代後半で転職を考えた場合、転職前に必要な準備や、転職後のメリットやデメリット、30代後半の転職者に企業側が求める人材、30代後半に向いている業界や職種、30代後半に強い転職サイトや転職エージェントなど30代後半で転職したい人に役立つ情報を紹介します。

30代後半で転職するには

30代後半で転職を成功させるためには、転職の理由と自分の強みを明確にし、30代後半の求人を多く扱っている転職サイトや転職エージェントを活用することが不可欠です。

終身雇用が当たり前でなくなった現代において転職は珍しくはありませんが、誰もが年齢が上がるほど、転職には慎重になります。

ここでは、30代後半で転職を考えるようになったきっかけや、30代後半で転職する場合のメリットやデメリット、30代後半におすすめの転職サイトや転職エージェントなどを通して、30代後半の人が上手に転職サイトや転職エージェントを活用して転職するための情報を紹介していきます。

このまま勤め続ける?30代後半のよくある悩み

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

30代後半ともなると、仕事に対する経験値が増えるため、一生このまま、この会社で働き続けていいのだろうか、もっと自分を生かせる会社はないだろうか、と考えることが多くなります。ここでは、30代後半で転職を考えるきっかけとなる、よくある悩みについて見ていきましょう。

悩み1:仕事のやる気がでなくなる

30代半ばを過ぎると、仕事に対してやる気がでなくなる人が多くなります。その原因として下記の理由が挙げられます。

・昇進した場合は、上司と部下との間に挟まれストレスを感じる
・昇進ができない場合は、自分の力を認められていないと感じる
・会社での自分の将来の立ち位置が見えてきて、つまらなくなる
・家庭を持ち、自分のために時間やお金を使ってストレス発散することができず仕事に対しても気力が沸かない

悩み2:金銭面での悩み

30代後半は、多くの人が家庭を持ち、住宅ローンの支払い、養育費や老後の貯蓄など、将来に向けてお金を確保する必要が出てくるため、金銭面でのプレッシャーが増えていきます。

もし、会社の景気が良くない場合、この会社にずっとい続けていいのだろうか、会社がなくならないだろうか、給料は上がらないのではないか、などといった金銭面での悩みが尽きなくなります。

30代後半の転職人数の割合と平均転職回数

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

2017年の30代後半を含む35~44歳の転職者数は67万人で、30代での転職回数は2回までが多数を占めています。

総務省の労働力調査(詳細集計)によると、2017年の転職者の総数は311万人で、リーマン・ショックの翌年2009年~2010年に減少した以降は徐々に増加しています。年齢別の内訳を見ると、30代後半世代である35~44歳は67万人で、転職者数にあまり変動はなく、安定した需要があるといえます。

また、45歳以上の転職者の割合が増加傾向にあり、45~54歳の転職者数は50万人と2002年以降過去最多で、管理職への需要が高まっているといえます。

平均転職回数については、転職情報サイトのリクナビNEXTや、enミドルの転職などのデータから、30代の転職回数は0~2回までの人が多いことがわかります。

転職の満足度は何によって決まる?

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

転職後満足したかどうかについては、転職時に期待していたことが叶ったかどうかによって決まります。転職希望者が転職に期待することは下記があります。

・給与のアップ
・経験・能力を生かす
・希望する仕事につく

期待することは年収によってある程度特徴があり、年収が比較的高収入(年収800万円以上)の人は転職活動を始めた理由が経験・能力を生かすなど仕事内容について挑戦の意欲があることが挙げられます。反対に平均500万円より少ない人は、給与を上げたいなど、現在の職場の待遇面での不満を理由としていることが多いです。

30代後半に転職の前に考えてほしいこと

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

30代後半で転職する理由はさまざまですが、理由をよく考えずに転職活動を開始すると、なかなか転職できずに転職活動が長引いたり、転職するにあたっての優先順位が整理されていないため転職後の満足度が低く、短期間で転職を繰り返すことにもなりかねません。

ここでは、よくある転職理由の中から、注意したほうが良い転職理由について述べていきます。

注意点1:人間関係が悪くて転職したい場合

人間関係がうまくいかないことによる転職は、企業にとってマイナスイメージですので、面接時の伝え方に注意が必要です。また、転職後も、同じことが起きる可能性もあります。配置転換や異動を希望する等、今の会社で人間関係の問題を解決することができないかよく検討し、解決しないのであれば転職を目指しましょう。

注意点2 :会社に不満がある場合

会社に不満がある場合の理由として、仕事の内容、量、給与等、いろいろな要因があります。不満の原因が慢然として、要因がはっきりしないうちに転職先の応募を決めたり面接に挑んだ場合、伝え方もネガティブな言い方になり、転職がうまくいかないことが多いでしょう。

何に不満があるのか、ひとつひとつ洗い出し、確認をすれば、転職したい理由と待遇面での希望がはっきりするため、理想の転職先を見つけやすくなるでしょう。

30代後半の転職者に企業が求めること

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

転職サイトや転職エージェントによると、30代後半の転職者に企業が求めることは、即戦力であるかということと、将来の幹部候補を欲しがるため、リーダーとしての資質があるかということです。以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

求めること1:即戦力であるかどうか

20代のうちは未経験であっても、今後の教育によって成長が期待されるため、必ずしも即戦力であることは重要視されません。一方、30代からは即戦力であることを期待されています。特に30代後半においては今までの豊富な実績やスキルを十分に生かして働くことを求められています。そのため、実績やスキルが不十分であったり、十分にアピールできなければ、転職は難しいでしょう。

求めること2:リーダーとしての資質があるかどうか

30代後半の転職では、多くの転職サイト・転職エージェントが後輩や部下の管理業務をした経験(マネジメント経験)があるかどうかを応募条件にしています。ただし、管理業務の内容は企業によって異なり、指導する部下の人数も決まっていません。

企業がマネジメント経験を応募条件としている理由は、肩書きを問うためというよりは、どのようにチームをまとめ、部下の指導をしてきたというリーダーの資質を問うという理由が大きいです。

そのため役職がないからといって応募をあきらめる必要はありません。リーダーシップを発揮した経験や部下の教育・指導経験、プロジェクトの管理経験、店舗の管理経験がある人は、その経験を洗い出しておきましょう。

30代後半で転職するメリット

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

30代後半での転職は、年齢的に難しいといわれています。しかし、30代後半に強い転職サイト・転職エージェントを活用して転職に成功し、転職後の満足度が高い人もいます。ここからは、30代後半の転職ならではのメリットを見ていきましょう。

メリット1:実務経験や実績が多い

30代後半では、若い世代に比べて十分な実務経験や実績があり、社内外でのコミュニケーション能力も高いというメリットがあります。年齢を重視しておらず、即戦力を求めている企業に対しては、転職しやすいといえます。転職サイトや転職エージェントを活用すれば実務経験や実績のアピールができるでしょう。

メリット2:年収をアップできる

30代後半は、部下をとりまとめたり、プロジェクトの管理経験があるといったマネジメント経験がある人も多くなります。それらの強みが企業が求めている人材と一致すれば、企業に高く評価され、30代前半までの転職に比べて年収が大幅に上がることがあります。

同じ企業に長く勤めても給与が大幅にあがることはありませんので、経験やスキルが申し分なく、給与面だけが不満なら転職するメリットは大きいといえます。年収を上げたい場合も、転職サイトや転職エージェントを活用して業績のよい企業を探しましょう。

メリット3:長く働くことを企業が予想する

30代後半ではすでに結婚し家族を持ち、ライフスタイルが確立している人が多くなります。若い世代での転職は経験を積んでこれからというときにまた転職してしまったり、女性であれば転職後すぐに妊娠・出産で働きはじめてすぐに休業される心配もあります。

しかし、30代後半ではこのような心配が少なくなるため、安定して長く働いてもらえることが予想され、企業に採用されやすいというメリットがあります。

30代後半で転職するデメリット

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

年齢がネックとなり採用されない、家族の反対があるなどの30代後半の転職ならではのデメリットもあります。ここでは、30代後半での転職のデメリットを見ていきましょう。

デメリット1:年齢

一般的に30代後半だと実績があって能力が高い人であっても、年齢だけで書類選考に通過できず面接でアピールできないということが多くなります。

また、正社員の採用を35歳までとしている企業も多く、派遣社員などでしか採用されない場合もあります。ただし、年齢が何歳までが不利になるかは業界や企業ごとに異なりますので、30代後半だからといってさほど気にする必要はありません。転職サイトや転職エージェントで30代後半でも正社員の積極採用をしている業界や企業を探すようにしましょう。

デメリット2:未経験での採用が少ない

30代後半で新しい業種や職種に挑戦しようという場合、30代前半までと比べて転職サイト・転職エージェントが扱う案件は少なくなります。

20代であれば未経験であっても企業が育てるということは多くありますが、30代からは企業が教育する必要がない人材、さらに30代後半では部下を指導できる人材を期待されている場合が多いので、採用されるチャンスは少なく、採用されたとしても年収は下がることになるでしょう。

デメリット3:家族が反対する

30代後半では結婚し、養う家族がいる人が増えてきます。挑戦したいことがあったり、年収を上げたいから転職したいという場合でも、今より年収が下がる可能性もあるため、家族が反対する場合が多くあります。

仕事を辞める前に転職サイト・転職エージェントを活用して年収がどうなるか今後の養育費や老後の生活のことまでよく検討する必要があります。

年収

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

転職によって年収が上がるかどうかは人によって違います。転職で年収を上げるためには、転職サイト・転職エージェントを使って業績の良い業界や企業を選ぶことが必要となります。ここでは、給与所得者の平均年収や、転職での年収アップ率を通して、転職で年収アップが期待できる業界や職種を紹介します。

平均年収

国税庁の平成29年分民間給与実態統計調査結果によると、給与所得者の年金平均給与は、男性は532万円、女性は287万円、全体では432万円となっています。

また、同調査での業種別平均給与によると、最も高い業種は「電気・ガス・熱供給・水道業」の747万円で、最も低い業種は「宿泊業,飲食サービス業」253万円で、業種によって平均給与に大きな差が出ることがわかります。

転職での年収アップ率

転職で年収を上げることに成功した人の年収アップ率は、20%前後アップしたというのが相場です。転職で年収を大きく上げた人は、平均年収が高く、転職者の需要が多い業界に転職サイト・転職エージェントを使って転職しているケースが多いです。

また、平均年収の高い業界に転職しやすい職種の特徴としては、実績や経験がものをいう営業職や、異業界でも通用する高い専門性を持った技術職や専門職などがあげられます。

30代後半におすすめの業界・職種

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

業界や職種によって、30代後半での転職が不利な場合もあれば、いい条件で転職できる場合もあります。ここからは、30代後半で転職しやすい、おすすめの業界や職種を紹介していきます。

転職活動でどのような業界や職種に進んでいくかと考えたとき、今までと同じ業界や職種にするのか、異なるジャンルに挑戦するのかいろいろな選択肢があります。未経験のジャンルに挑戦するのは難易度が高いですが、将来性があり需要が高い分野で成功すれば、将来の収入も安定するでしょう。

業界・職種1:製造業

30代後半で未経験の業界でも職種に専門性のある人であれば、異なる業界でも採用されやすいです。職種に専門性があり、年収アップを望んでいる人は、安定性や将来性のある製造業への転職を目指しましょう。

食品や日用品でロングセラーの商品を生み出している企業や、ヒット商品を生み出している企業、他に競合のない製品を作っている企業は、将来性が高く、安定していて、転職による年収アップが期待できます。また、製造業界は他の業界に比べて労働条件が良い企業が多いです。残業があまりなく、休みがしっかり取れるという点もおすすめです。

業界・職種2:建設業界

建設業界は、2020年開催の東京オリンピックに向けた関連施設や外国人観光客の増加を見込んだ建設が多く予定されており、需要が拡大されている業界です。そのため、現在人手不足でさまざまな職種で未経験者を多く採用しているため、30代後半でも転職を狙える業界です。

ただし、建設業界は、企業や職種によりますが労働時間が長い場合もあるので、転職前に転職サイトや転職エージェントで勤務条件をよく確認し、長く続けることができるか検討することが必要です。

業界・職種3:介護職

日本は現在老人の割合が高く、今後も高齢化社会になることが確実である中、介護職の人手不足は拡大し需要はますます高まっています。未経験の場合でも、働きながら資格を段階的に取ることができ、確実にステップアップできます。30代後半から40代でも転職できる場合が多いので、未経験だけどこれから頑張りたいという人におすすめです。

ただし、勤務は24時間編成であり、夜勤で働く可能性も高いので体力が必要な仕事といえます。雇用の面では安定し将来性もある仕事ですが、体力、気力が続かず離職する率も高いため、転職する前に自分にあっているかどうかよく考えましょう。

転職サイトと転職エージェントを活用しよう

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

30代後半では、これまでの実績やスキルを最大限に発揮できる企業と出会えることができるか否かが成功の鍵となります。そのサポートをしてくれるのが転職サイトや転職エージェントです。

転職サイトや転職エージェントは、会社によって求人数やターゲットとしている年代などの特徴が異なります。そのため、複数の転職サイトや転職エージェントを同時に登録することで、より自分に合った転職先を探すことができるでしょう。

転職サイトとは

転職サイトとは、求人を自分で探し、自分で企業へ応募書類を提出します。転職サイトの特徴の1つめは、求人数が多く検索項目が多いため、自分の好きな条件で企業を探すことができます。転職サイトの特徴の2つ目は、経歴や実績、条件を希望しておくと、スカウト機能があることです。スカウトされた場合の多くは書類を免除され、すぐに面接を受けることができます。

転職エージェントとは

転職サイトが自分で企業に応募するのに対し、転職エージェントは登録すると求人を担当者から紹介され、応募をするのは担当者からとなります。

担当者は面談を通して、履歴書や職務経歴書のサポート、年収交渉などをしてくれます。また、転職エージェントは企業の情報にも詳しいため、転職サイトに比べて転職後のミスマッチも少ないというメリットがあります。

30代後半におすすめの転職サイト

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

ここからは、30代後半におすすめの転職サイトを紹介します。転職サイトはたくさんありますが、転職サイトによって、どの年代の求人が多いのかや、どの業界・職種に強いのかなどが異なります。

転職を成功させるためには、転職サイトの年齢や条件が自分と合っているか、よく確認してから登録すると無駄な検索の時間を減らし、自分にとって条件のよい企業先を探しやすくなります。

転職サイト1:キャリアカーバー

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★

リクルートが運営する転職サイトである「キャリアカーバー」は、将来の希少な経営幹部向けのハイクラス求人を多く扱っている30代後半向けの転職サイトで、年収の高い案件を多く扱っており、自分でコンサルタントを指名することができるのが特徴です。

ただし、面談を通じて希望した案件を伝え、希少な案件を待つというスタイルなので、すぐに転職したい方は向いていません。転職を急いでいない場合は、転職サイトに希望の条件を登録しておけば、マッチする案件をコンサルタントが送ってくれますので、長期的には非常に良い条件が来ることがあります。

転職サイト2:ビズリーチ

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★

「ビズリーチ」はハイクラスのゼネラリストと専門性の高いスペシャリストを多く扱っている転職サイトです。無料会員、有料会員があり、有料会員の中には年収750万未満の案件を取り扱うタレント会員と、年収750万円以上の案件を取り扱うハイクラス会員があります。登録に向いている人は下記です。

・管理職やマネジメントの経験があるゼネラリストの職を目指す人
・専門的な職種の経験がある人
・専門性の高い国家資格を持っている人

転職サイト3:リクナビNEXT

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★

リクナビが運営するサイトである「リクナビNEXT」は業界最大手であるため求人の信用力が高く、業界や職種を問わず求人案件数が多くコンテンツも充実しているのが特徴の転職サイトです。転職に役に立つ情報が多く、異業種への転職実績も多いですので、まずはここに登録して転職先を幅広く探してみるのがいいでしょう。

転職サイト4:doda

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★

dodaは転職サイトの中でも求人数がとても多く、30代だけでなく20代にも人気の転職サイトです。マネジメント経験や経歴に自信がない方でも自分に合った求人をさがせるでしょう。

30代後半おすすめの転職エージェント

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

転職エージェントに登録すると、担当者がつき、登録条件にあった案件を紹介後、応募する際の履歴書や職務経歴書の添削など採用にいたるまでサポートをしてくれます。転職者の年齢や年収、経歴などによって登録に適した転職エージェントは異なりますので、ここからは30代後半の転職希望者向きの転職エージェントを紹介していきます。

転職エージェント1:JACリクルートメント

JACリクルートメント評価
求人数★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

JACリクルートメントは外資系の転職エージェントで、30代後半のハイキャリア・高収入の転職では実績が高い転職エージェントです。求人の量はやや少ないですが質の高いハイキャリア案件に特化しており、担当者も優秀です。

ただし、合理的な社風のため市場価値が低いと判断されると案件を紹介されない傾向にあります。業績やスキルに自信のある人はこの転職エージェントを活用するのがいいでしょう。

転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェント評価
求人数★★★★★
サポート力★★★
満足度★★★★

リクルートエージェントは転職エージェントで求人数が最も多く、幅広い転職層に対応していて、面接対策が充実しており、内定率が高いのが特徴の転職エージェントです。ただし、担当者によってはメール対応が遅かったり内定を強引にすすめてくるなどの場合があるので、他の転職エージェントとの併用をするのがいいでしょう。

転職エージェント3:Spring転職エージェント

Spring転職エージェント評価
求人数★★★★
サポート力★★★
満足度★★★★

Spring転職エージェントは転職エージェントのうち求人数が多く、外資系の求人も多数あり、コンサルタントが企業側と転職希望者との双方を担当しているため応募者にマッチした質の良い案件を紹介してくれるのが特徴です。

ただし、担当者の職務経歴書の添削などのサポートは他の転職エージェントと比べてあまり充実していません。サポートはあまり求めていないが自分にマッチした求人が欲しいという場合は登録すると良いでしょう。

また、転職市場価値が低くても面談を断らないので、他の転職エージェントでうまくいかなかった場合も活用してみるといいでしょう。

転職エージェント4:パソナキャリア

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★

パソナキャリアは求人数が40000件以上とトップクラスで、幅広い業種から自分の希望に合った案件を探してくれるため、転職成功率が高いのが特徴です。絶対に転職をしたいという人は登録しておくと良いでしょう。

転職エージェント5 ランスタッド

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★

type転職エージェントは、給与・待遇などを自身ではなく担当者から企業と交渉してもらえることができ、転職した人の71%が年収を上げることに成功しています。年収を上げたい人は登録しておきましょう。

転職エージェント6:doda(転職サイト)

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★

dodaの特徴は、転職サイトと転職エージェントが一体化したサービスです。転職エージェントですが、転職サイトのように求人を検索することができるため、転職サイトと転職エージェントの両方の良い面を活用することができます。

30代後半の転職を成功させよう

30代後半で転職は厳しい?転職成功におすすめ転職エージェント

この記事では、30代後半で転職するためのメリット・デメリットや、転職に役立つ転職サイト・転職エージェントの情報を紹介しました。30代後半で転職を成功させるためのサポートをしてくれるのが転職サイト・転職エージェントだということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

条件を明確にしたうえで、自分のキャリアに適した転職サイトや転職エージェントを活用し、転職を成功させましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

←前の記事へ

介護の転職で失敗しないためのおすすめ転職サイトランキング

【保育士専門の転職サイト】口コミから調べたマイナビ保育士の評判

Latests