Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月11日

30代前半の転職は厳しい?未経験でも使えるおすすめエージェント

30代前半の転職が増えています。この記事ではこの30代前半という点に着目して、30代前半で転職することのメリット、デメリット、人気の転職サイト、転職エージェントなど、転職活動を行うにあたり必要・有益となる情報を提供していきます。

30代前半で転職を考えている方へ

日本の企業社会は、かつての終身雇用制から大きく様変わりして転職もかなり一般的になってきました。しかし、転職が依然として人生の重大事であることには変わりありません。そして、30代前半の転職には、20代の転職とも30代後半の転職ともまた違った、独特の重要性や難しさ、注意点があります。

この記事では、今ちょうど30代前半で転職を考えている人にフォーカスし、詳しく分かりやすく、転職サイトと転職エージェントの違いから人気の転職サイトや転職エージェントなど、さまざまな有益情報を提供していきます。

30代前半のよくある悩み

まず、そもそも30代前半で転職した人たちがどうして転職しようと思ったのか、その理由や動機としては一体どんなものがあるのか、そこに30代前半に特有のものはあるのか、などをみていきましょう。目的が何なのかをはっきりさせないと、めざす目標やそこにいたる実現手段も決まらないからです。そして、この理由や動機とは、言い方を変えれば30代前半の方が多くかかえている悩みということになります。

この記事をごらんの30代前半のみなさんも、以下を参考にご自分の中にある目的を明確化してみて下さい。

悩み1:十分な経験や知識を積めない

30代前半ともなると、社会人経験も10年近くになり業務に関する経験や知識も備わってきます。すると、そこから欲も出てきて、キャリアアップの場として現在の会社では物足りない、よりハイレベルな専門的な知識や技術を学びたい、転職市場での自分の価値を高めたい、と感じる方も多いです。

自分の将来への投資をめざすいわばポジティブな悩みです。今の会社とは違う仕事がやりたくなった、というのもこれに準じたものといえるでしょう。

悩み2:労働条件に不満がある

たとえば、給与が安い、労働時間が長い、休日が少ないなどが典型で、上記の悩み1との比較でいえばこちらはネガティブな悩みといえます。30代前半になると給与の格差も相当広がります。また、自分に対する会社の評価方法が納得いかないというのもこれに含まれます。

さらに、上司との間での仕事の段取りや方法から能力の違い、さらに性格的な相性まで、細かい理由はさまざまですが上司との関係で悩んでいる人は多いです。この問題は社内で配置転換などの希望が通れば回避可能ではありますが、それが困難な場合は転職が大きな選択肢となってきます。

悩み3:会社ないし業界の将来性に不安

これもネガティブな悩みですが、変化のスピードが非常に早い昨今では、会社ないし業界そのものに対するその将来性への不安から転職を考える人も多くなっています。30代前半ならまだまだ若いので、こうした変化を感じる感度も高く危機を敏感に察知できるでしょう。

30代前半で転職するメリット

どうして自分は30代前半の今、転職をするのか、その目的を考える上で、30代前半で転職するメリットとしてどういうものがあるかを知っておくことは有益でしょう。

メリット1:経験を強みに出来る

20代と違って、30代前半となると経験も人によっては相当な経験も積んでいます。そこで、これまでの経験や実績をアピールすることで、他の人とは違った高い評価を得ることも可能になります。

学歴や資格という面ではアピールできなかった人も、20代でがんばって経験を積んでいればその努力を30代前半の転職では逆転も可能になります。

メリット2:人脈も考慮される

また、そうした経験にともなって、30代前半となると人脈も一定程度蓄積されてきます。そして、この人脈も重要なアピール要素となりえます。

もちろん、経験も人脈も年代が上がればもっと増えていきますが、年齢が上がると転職のハードル自体も上がります。このように経験・人脈と若さの両方をある程度兼ね備えた30代前半は、いわば転職適齢期といえます。

メリット3:ギリギリで未経験分野も可

20代であれば未経験の業種や職種への転職も比較的容易ですが、30代、特に後半になると、未経験者だと不可能とまではいえないまでも相当難しくなります。

そういう意味で、30代前半の転職は未経験の業種・職種への転職の実質上のラストチャンスといえるでしょう。

30代前半の転職人数・平均転職回数

さて、こうした悩みや動機を抱えて、実際にどれくらいの人が30代前半の転職に至っているのか、参考までに関連する数字もおさえておきましょう。

総務省統計局の労働力調査によれば、25~34歳の転職者数は2010年以降は80万人前後で推移しており、平成29年は79万人でした。平成14年からの長期的傾向としては若年者の転職者数は減少しているのに対し、35歳以上の年代では逆に増加しており、30代前半はちょうどこの減少傾向から増加傾向に切り替わる境目付近にあるといえます。

転職回数については、転職サイト「en」の調査によると20代では4割近くが転職経験無しなのに対し30代前半になるとそれが2割に半減し「2回」や「3回」がともに1割から2割へと倍増しています。

30代前半で転職する前に考えてほしいこと

では、これから30代前半での転職を成功させる方法やコツ、おすすめの転職サイトや転職エージェントなどをご紹介していきますが、その前にいくつか注意点をのべておきます。

注意点1:本当に今転職が必要か?

前述したとおり、転職は一大事であり安易にすべきものではありません。明確かつ強い理由が無い限り転職を考えるべきではないでしょう。上司とケンカしたなどの一時的な感情で短絡的に転職を決めたりしないようにしてください。

自分の状況を客観的に分析して、転職すべき合理的理由があるかどうかを慎重に検討しましょう。

注意点2:安易に退職はしない

転職すると決めたからといってただちに退職、というのはおすすめできません。

30代前半で手にする退職金などはあまりアテになりませんし、失業手当も自己都合であればすぐにはもらえません。多少貯金があっても精神的にプレッシャーを感じながらの転職活動では冷静な判断が難しくなりますので、退職は十分安全を確認してからにしましょう。

30代前半で転職するデメリット

上記の注意点に関連して、30代前半で転職するデメリットをまとめておきます。

デメリット1:経験が無いと厳しい

前述したメリットの裏返しになりますが、経験があればそれを強みに出来る反面、それが年齢相当に足りないレベルである場合、それは逆にマイナス評価の対象となります。

デメリット2:女性には特有の問題も

女性の30代はちょうど結婚や出産の時期と重なることが多く、その是非はともかく現実問題として企業がその採用に消極的になる場合は珍しくありません。

30代前半の転職者に企業が求めること

それでは、具体的に30代前半の転職についてその対策を考えていきましょう。

対策を考える上で重要なのは企業が何を求めているのか、という点でしょう。そこで、30代前半の転職者に対する企業のニーズを具体的にみていきます。

求めること1:即戦力性

どの業種、職種であっても、企業は30代の転職者には即戦力になることを期待しています。

ビジネスマナーや常識はもちろん、業務経験や関連する知識、そしてプレゼンや交渉の技術や度胸、さらに、現状の中から問題点や課題を発見する力や、リーダーシップ、管理職として能力や経験までも企業は求めてきます。

求めること2:協調性やコミュ力

企業も組織である以上、一般的にどの社員にもある程度の協調性は必要になりますが、特に転職者の場合、既存社員の人間関係の中に飛び込んでいく形になるのでより一層の高いレベルの協調性やコミュニケーション能力が要求されます。いくら実務能力が高く優秀でも、既存社員との連携がうまくとれないようでは採用する意味がありません。

30代前半の転職に未経験でもおすすめの業界・職種

前述したとおり未経験の業種・職種へ転職は、実質的に30代前半がラストチャンスであり、相当難易度が高いものとなります。ただ、その難しさは業種や職種によって当然差があります。

そこで、ここでは30代前半の未経験者であっても比較的転職しやすい業種、職種をいくつかご紹介します。

業界職種1:福祉・介護

この業界は慢性的に人手不足なので30代であっても十分転職の可能性があります。実際、転職サイトや転職エージェントの調査結果などをみても介護業界への30代の転職者における未経験率は非常に高くなっています。ただ、離職率も高いのが現状ですので、むしろ問題は転職後にそのまま仕事を続けていけるかどうかという点でしょう。

業界職種2:小売・サービス

接客業はあくまでも人間相手の仕事であるため、その採用は人物重視となることが多くなります。たとえば笑顔が素敵だったり誰とでも打ち解けることができる性格、雰囲気などは、年齢や経験とは直接関係ないからです。

業界職種3:物流・倉庫

最近のネット通販の急激な拡大によってこの業界も人手不足の状態になりがちです。今後も拡大が期待される成長市場といっていいでしょう。また、ドライバーなどは昔は圧倒的な男性社会というイメージが強かったですが、最近では女性ドライバーも多くなっています。

ただし、こちらも介護などと同様に体力面でかなりきつい場合が多いので、体調管理などには注意が必要です。逆に、体育会系出身者などはそこで自分をアピールできるでしょう。

30代前半におすすめの転職サイト

今日の転職活動に転職サイトはかかせません。そこで、30代前半の求職者に適した転職サイトをいくつかご紹介しましょう。

転職サイトを使うメリット

ここで、簡単に転職サイトを使うメリットを確認しておきましょう。

①時間や場所を選ばず自分のペースで転職活動ができる
②検索機能が充実しており情報を取得しやすい
③情報を取得するだけではなくスカウト機能もある
④ほとんどの転職サイトは無料

転職サイトを使うデメリット

転職サイトのデメリットもおさえておきます。

①自分で全て処理しなくてはならない
②情報が多すぎて取捨選択が難しい
③ブラック求人情報も混じっている
④落ちた理由を確認できない
⑤内定率が必ずしも高くない
⑥転職できてもミスマッチも多い

リクナビNEXT

転職業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。大手の転職サイトらしく求人数も約9000件と多く、30代前半にふさわしい案件も多数ありおすすめです。

項目評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、リクナビNEXTと同じくリクルートグループによる転職サイトですが、特にハイキャリア層に的を絞っている点が大きな特徴です。

ハイキャリア層への転職を狙うには現時点でもある程度の年収や経験が必要になるので、実際には30代以上が中心的な対象となります。この転職サイトでは、30代前半は一番若い世代となるでしょう。

高収入なハイクラス求人情報を求める方、現在よりもさらにワンランク、キャリアアップしたい方などには大変おすすめの転職サイトです。

項目評価
求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★★

ビズリーチ

ビズリーチも、キャリアカーバーと同じくハイキャリア層の転職に特化した転職サイトです。

ハイキャリア層専門の転職サイトとしては、キャリアカーバーとビズリーチの二つが日本ではトップクラスでしょう。どちらも非公開求人が多く、しかも両者でカブっていない求人が多いので、ハイキャリア層への転職を考えるならこれら双方の転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

項目満足度
求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★★

MIIDAS

転職には自己分析がとても重要です。特に、前述のように20代とは違って経験なども評価されるようになる30代前半の転職においては、その重要性はさらに増します。

この「MIIDAS」は、転職エージェント業界で2位であり、同時に転職サイト「doda」も運営する「パーソルキャリア」が、その保有する200万人にも及ぶ転職データをもとに「自分の市場価値」と「自分が活躍できる職場」は何かを分析してくれる転職サイトです。

いくら棚卸が重要だとアタマではわかっていても、なかなか自分を客観視することは難しい作業です。これ一本というわけにはいきませんが、他の転職サイトと併用して一度試してみるのもいいでしょう。

項目評価
求人数
サポート力★★★
満足度★★★★

30代前半の女性におすすめな転職サイト

前述のとおり、30代前半の女性の転職には女性特有の困難さがともないます。そこで、ここでは30代前半の女性に的を絞り、おすすめ転職サイトをご紹介していきます。

ウィメンズワーク

エンジャパンが運営する正社員・正社員登用有りに限定した転職サイトです。「残業なし」「休日120日間以上」「未経験OK」などの質の高い求人が多数あります。

項目評価
求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

リブズキャリア

年収400万円以上の案件のみを扱っている正社員限定の転職サイトです。特に、キャリア志向の女性におすすめです。「Woman Bright Action」という女性の社会進出を応援するプロジェクトに参加しており女性が活躍できる案件にこだわっています。

項目評価
求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

とらばーゆ

老舗の有名女性転職サイトです。リクルートが運営しています。求人数は非常に多く充実しています。

前述したように30代前半の女性の転職は難しいので最初は契約社員として入社して、その後資格を身に付けて正社員を目指すというのも一つの方法でしょう。その場合、とらばーゆには「資格取得支援の求人・転職情報」という専用のカテゴリが用意されているので便利です。

項目評価
求人数★★★★★
サポート力★★★
満足度★★★★

30代前半におすすめの転職エージェント

次に、30代前半におすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職サイトと転職エージェントの違い

まず、転職サイトと転職エージェントとの違いを簡単にご説明しておきます。

転職サイトでは基本的に転職希望者がサイトで情報を収集して自分で分析し企業に応募します。
これに対し、転職エージェントサービスサイトでは、転職支援を専門とする転職エージェントが、転職希望者に一対一でつきカウンセリングやアドバイスなど一人一人の個性に応じた個別のサポートをします。

転職エージェントのメリット

まず、転職エージェントサービスを使うメリットを確認します。

①転職エージェントが自己分析から求人検索までしてくれるので楽
②さらにスケジュール調整などの秘書的役割も転職エージェントがしてくれる
③非公開求人も取得できる
④マンツーマンで転職エージェントがつくので個人的悩みも相談できる

転職エージェントのデメリット

次に、転職エージェントのデメリットもみておきます。

①スキルや経験を超える求人には転職エージェントが同意せず挑戦させてもらえない
②面談などがあるので転職エージェント会社に行く必要がある
③転職エージェントの能力にはばらつきもある
④転職エージェントと相性が合わない場合も多い

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、その所属している転職エージェントの熱意が非常に高いと評判の転職エージェントサービスです。転職希望者とじっくり話してその良さや適性を引き出し、最前のサポートをすることを転職エージェント全員が共通のモットーとしています。したがって、マイナビエージェントでは転職エージェントが場合によっては「今は転職すべきではない」というアドバイスをすることもあります。

項目評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

リクルートエージェント

リクルートが提供する転職エージェントサービスです。非常に幅広くの求人を有しており、また数だけではなくその求人の質も高いので、30代前半の転職希望者のニーズにも十分こたえてくれます。

さらに、サポート体制としては面接対策・指導がしっかりしており、さらに各転職エージェントは企業に対する交渉も得意なので安心して任せられます。実際、内定率もかなり高くなっています。

項目評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

ビズリーチ

転職サイトの項でもご紹介したビズリーチはまた転職エージェントサービスも行っていますが、それが他の転職エージェントは大きく異なるのは、前述したとおりその対象をハイキャリア層に特化している点です。

レジュメと自分の希望条件を登録しておけば、それを見た転職エージェントがオファーしてきます。ビズリーチはハイキャリア層に特化しているため、一般の転職エージェントサービスに比べると提示される求人数自体は決して多くはなく、また転職に至る時間もかかりがちです。しかし、具体的な転職希望は無いが条件の良い求人なら考えてもよいがそれを探している時間は無い、という人にとってはまさにうってつけです。

項目評価
求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★★

30代前半の女性におすすめな転職エージェント

ここで、30代前半の女性におすすめな転職エージェントもご紹介しておきます。

パソナキャリア

女性の転職に力を入れています。実際、口コミなどでも「女性の気持ちをわかってくれる」と評判です。

項目評価
求人数★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

type女性の転職エージェント

株式会社キャリアデザインセンターが2017年7月24日にサービスを開始した女性に特化した転職エージェントです。新しいため知名度は大手とくらべると必ずしも高くはありませんが、利用した女性の満足度はとても高く業界で注目されています。

項目評価
求人数★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

転職サイトと転職エージェントはどう使い分けるか

ここまで、おすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介してきましたが、転職サイトと転職エージェントはどのように使い分けすべきでしょうか。

まず、基本的に転職サイトと転職エージェントは前述しようにそれぞれ違った良さがあるので、転職サイトか転職エージェントかという二者択一ではなく併用すべきです。

ただし、企業からすれば、転職サイト経由で採用するよりも転職エージェント経由の方が費用が高くなるので、できれば転職サイトから採りたいと考えます。したがって、転職エージェントから提案された求人が同時に転職サイトにもあった場合には転職サイトから応募した方がよいといえます。

転職サイトや転職エージェントを使う際の注意点

その他、転職サイト・転職エージェントを利用する上での注意点をあげておきます。

まず、転職サイトを利用する際の注意点です。

①一つではなく複数の転職サイトに登録する
②転職活動専用のメールアドレスを用意する

そして、転職エージェントを利用する際の注意点は以下の2点です。

①複数の転職エージェントを掛け持ちしている場合には正直に言う
②複数の転職エージェント経由で同じ案件に応募しない

30代前半の転職で年収はどう変わるのか

ところで、30代前半の転職の前後で実際に年収はどう変化するのでしょう。ここで30代前半の転職についての統計をみておきましょう。

平均年収

まず、30代前半の平均年収を確認します。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」および国税庁の「民間給与実態統計調査」から算出すると、30歳から34歳までの平均年収は403万円、男女別でみると男性は457万円、女性は315万円となります。依然として男女の賃金格差が存在するのがわかります。

年収アップ率

では、30代前半の転職によって年収はどう変化するのでしょうか。

厚生労働省の「平成27年転職者実態調査の概況」によれば30代前半の転職ではその前後で4割強の転職者においてその賃金が増加しており、2割が変化無、残りが減少となっています。

転職満足度

さらに、上記の厚生労働省の「平成27年転職者実態調査の概況」によれば、転職者の満足度はその転職先の事業規模と比例して高くなっています。統計的にいえば、大企業への転職が結果的にみて満足できる転職になる確率が高いといえるでしょう。

転職サイトや転職エージェントを有効活用しよう

30代前半の転職は大きなチャンスでありますが、また同時に大きな危険もともないます。人生の大きなターニングポイントになることはまちがいありません。自分のこれまでの経験と、これから目指すキャリアをしっかりと考えて、チャンスをしっかりモノにしましょう。

重要なのは

1.自分のスキルとキャリアの棚卸を客観的かつ徹底的に
2.転職サイトや転職エージェントなどの使えるツールはどんどん使う
3.安易に退職しない

の3点です。これらに気を付けて、後悔の無い転職活動を行ってください。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests