Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月12日

40代前半の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント

こちらの記事は40代前半の転職活動のコツについてご紹介しています。40代で、そろそろ人生を変えたいと思う方、将来管理職につけず、このまま人生を終えてしまうかもしれないと考える方、また、今の会社に不満を持っている方にはこの記事を読む価値ありです。

40代の転職を成功させるには

40代前半の転職は難しいと思われがちですが、最近では年齢で門前払いされるケースが少なくなってきている傾向にあります。

しかし40代前半の転職には盲点があり、「過信」による失敗もさることなら、「会社とのニーズの不一致」などが原因で失敗を重ねることもしばしばです。そんな失敗を防ぐため、傾向と対策について考える必要があります。下記では転職を成功させるための対策をいくつか紹介していきます。

40代前半のよくある悩み

転職をするにあたって年齢の壁はたいへん邪魔になりますが、40代前半にもなると現実逃避できない状況にあります。

40代前半は体力的にも頭脳的にも衰えてきている年代です。新しくスキルを得ようとしても、転職するまでの期間に速攻でスキルを獲得するのは困難であることは自身も承知していることです。スキル不足と実績が少ない方は悩みが尽きませんが、どうにか転職をしたいと願うのは皆同じです。

悩み1:加齢による体力の低下

どんな人でも加齢には勝つことは不可能です。加齢とともに体力も弱くなっていきますので、20代の若い世代にはどうしても敵いません。

全く未経験の職に就き、新しいことをいち早く吸収するためには体力が必要です。未経験でなくても、転職先の仕事を覚えるまでには時間がかかります。いち早く覚えるために残業時間を利用してまでも勉強をしなければなりません。体力がなければそれさえも不可能ということになります。

悩み2:スキル不足と適応能力不足

今まで一つの分野のみに集中して業績を上げてきた人でも、新しく転職するには、その業種にマッチするスキルと適応能力が必要になってきます。

40代前半ともなると、スキルが豊富な人とそうではない人の大差が転職を通じて明らかになってきます。無論スキルが豊富な人の方が転職に有利なことは確実ですが、適応能力に優れている人は優遇されることもありますので、面接時にアピールすると良いでしょう。

40代前半の転職人数・平均転職回数

転職経験者は20代ではごく少ないですが、30代から50代までの全体平均4人に1人は転職を1度は経験しています。

企業側は転職3回以上からは長続きしないと判断しやすい傾向ですので、できるだけ転職は少ない方が採用されやすいです。ですが、転職理由や入社意欲をきちんと伝えることで4回以上でも採用している企業は多くあります。

2017年1~6月までに新規登録したリクナビNEXTの会員データを年代別に集計したところ、20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

出典: https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/5883/ |

転職する理由

厚生労働省が行った「27年度転職者実態調査」によりますと、40代で離職・転職を望む人の理由は、「仕事内容に不満足」が28.6%と最も多く、続いて「賃金が低い」が27%、「賃金以外の労働条件がよくない」が27.9%と会社とのニーズの不一致による理由がトップ3になっています。

そろそろ自分の人生に飽きを感じてくるのも40代前半からと言えます。新しいことにチャレンジしたい人は転職してみませんか。

「40代以上」の転職理由は、1位「会社の将来性が不安」、4位「倒産/リストラ/契約期間の満了」、9位「業界の先行きが不安」の割合が大きく下降し、雇用環境の改善が明らかになりました。

一方で、「40代以上」でも待遇に関する転職理由を挙げる人の割合が増加しました。3位「給与に不満がある」は前年度から2.1pt増の8.5%となり順位も1つ上昇、8位「会社の評価方法に不満がある」は前年度から0.9pt増の3.4%となりました。異業界への参入を進める企業が多く、特定の分野での豊富な経験を持つ人を歓迎する求人数も増えているため、現状に満足していない人の中にはより良い条件の仕事を探す人が増えています。

出典: https://doda.jp/guide/reason/2018/004.html |

転職満足度

日本最大級の総合求人・転職支援サービス「エン転職」で転職後の満足度について調査したところ、1位に「仕事の面白さ」が50%、続いて2位が「人間関係の良さ」45%、3位には「休暇日数」33%と皆が頷くような結果になっています。

やはり転職先の仕事に面白みを見出せないとモチベーションに繋がりにくいです。そして大切なのは人間関係です。仕事を潤滑にするには人間関係の良さが鍵となってきます。

40代前半で転職する前に考えてほしいこと

転職活動を始める前に少し考えてみませんか。もし労働内容に不満を持っているのなら、部署を変えるだけでも環境が変わります。友人や慣れ親しんだ社員と離れて転職までしなくても良い可能性があります。

転職をしたいがために先のことを良く考えずに行動に移すと、失敗になりかねません。一度おもい留まり、考える余裕を持ちましょう。また、自分の仕事においての長所・短所、転職をしたい理由をよく知っておくことが大切です。

注意点1:自己キャリアの分析は不可欠

自分の市場価値に盲目になっており、今までの実績が良かった分、自信過剰になってしまうこともあります。

自信過剰にならないためには、自分にどのようなスキルやキャリアがあり、どのように適応できるのかを十分把握しておく必要があります。企業が求める人材に合っているかどうかは自分では分かりません。転職サイトなどを利用することで、自己の市場価値を知るきっかけになりますので、ぜひ利用しましょう。

注意点2:高望みをしない

転職後のギャップの差で再転職することにもなりかねませんので、けっして高望みはしないことです。

勝手な思いすがりから、転職先でのショックは受けかねません。期待を大きく持たず、企業の口コミや体験談などを参考にしてはいかがでしょうか。見落としていたことが入社後に判明することもあります。企業の情報は転職前にしっかりとチェックしておきましょう。

転職サイト、または転職エージェントを利用した転職者に、入社前の期待に比べ入社後どのように感じたかを伺いました。「期待を大きく下回る」(6.4%)、「期待をやや下回る」(16.9%)と回答した方の合計は23.3%と、4人に1人が入社後にギャップを感じていることがわかりました。

出典: https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/13712.html |

40代前半の転職者に企業が求めること

40代前半の転職が難しいとはいえ、採用している企業は多くあります。40代前半を採用する企業は柔軟な企業であることは間違いありません。

では、いったい40代前半に何を求めているのでしょうか。まずは企業がしている求人は、管理職かプレイヤー職かを知っておく必要があります。プレイヤー職として採用される場合、将来的に管理職になりたいことを伝えるべきです。長期的に勤務してくれると判断されることが決め手です。

40歳以上のミドル世代が(スペシャリストや経営幹部といった特殊な募集以外で)選考に進むことができる企業は、前提として、目的重視志向で柔軟性がある企業である確率が高いということになります。

出典: https://style.nikkei.com/article/DGXMZO14830210T00C17A400... |

求めること1:マネジメント力

40代前半は主にマネジメント力を求められます。年齢が高い分実績があり、管理職になっている人が多いことが理由です。

40代前半を採用する理由は、新しい部を動かす人材は40代前半にあると考えられているからです。これから企業をよりビッグにしたいと考えている企業は、マネジメント力のある40代前半を使う傾向にあります。

40代となると多くの人が現職(or前職)において管理職などの
リーダー的なポジションに就いた経験があるはずです。

40代前半は管理職としての一定の成果を出した後ということや
20代・30代の社員を率いるのには最も適した年代と言えます。

出典: https://xn--u9j1pk16eeomwucx67eca8360akrw.net/type/40_fir... |

求めること2:思考に柔軟性があること

40代前半になると思考が硬くなりがちですが、思考が柔らかい人はアイディアをいち早く出せる人ですし、適応能力もあるといえます。

思考に柔軟性があるとどんな時でも臨機応変に対処できますし、お得意先とのトラブル時に頼りになる存在となります。企業側が求人している理由は新しい人材を使った企業の進展であり、頼りがいのある人材は企業にとってとても魅力的な人材です。

思考に柔軟性がある人は、譲れない条件の明確化や、押すべき希望条件の押し具合や、あきらめるべき条件の引き際タイミング、代替条件の提案など、いろいろな要素を余裕をもって変動させながら、話をうまく前向きに進めていく交渉上手な人でもあります。

出典: https://style.nikkei.com/article/DGXMZO14830210T00C17A400... |

求めること3:キャリアプランを具体的に描ける

自分はなぜこの企業を選び、どのように企業を進展させていくつもりなのかを明確にしておくことが大切です。

ただ今の会社を辞めて転職したいだけの理由では熱意が無いのと同じです。目的を持ち、これからのキャリアプランを具体化できる人は年齢に伴わず採用されやすいといえます。今までの実績を熱く語るのではなく、転職したい企業にとって自分がどのように活躍できるのかをアピールするようにしましょう。

キャリアプランは転職活動における軸であり、これがなければ企業からは
「なんで転職したいの?現状に不満を感じているだけでしょ?」
と門前払いされるのがオチです。

そのためキャリアプランをどれだけ具体的かつ魅力的に描けるかが、
転職の成否は決まるといっても過言ではないのです。

出典: https://xn--u9j1pk16eeomwucx67eca8360akrw.net/type/40_fir... |

40代前半で転職するメリット

40代前半で転職に成功した人は給料が上がった人も下がった人もおり、それぞれ満足している人としていない人に分かれます。就職先の労働条件が自分が求めていたものとかけ離れていると、不満は一気に溜まっていきます。高望みせずに転職に臨めば、ある程度目をつぶることはできるはずです。

満足している人は転職のメリットが自分の条件と一致した人で、それなりの人材なのは確実です。ではどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット1:実績やスキルによって給料が上がる

転職をしたい理由の一つとして「給料」が挙げられます。給料アップを求めて中企業から大企業への転職を狙う人も多いです。

もちろん今までの実績がある人やスキルが豊富な人は高給料を取得できるチャンスは高いです。40代前半ともなると、幾度か転職も経験しキャリアがある人が多くなりますので、高給料ゲットも夢ではなくなる可能性があります。そのためにも転職エージェントに登録し、チャンスを狙うのがベストです。

メリット2:今までの経験が武器になる

40代前半は20代とは違い経験豊富と言えます。今まで培ってきた経験が新しい就職先で活かせやすいのがメリットです。

40代前半ともエグゼクティブの人も出てくる年代であり、20代30代で多くの経験をしてきています。変化対応力に優れ、スキルも経験も豊富なのがエグゼクティブの共通点です。成功者は苦労時期を通過してきた人です。特に国内外の転勤経験者は広い人脈や業務知識があることから優遇されやすいです。

エグゼクティブビジネスパーソンの多くは、ビジネス人生の中で「急激な環境変化」を経験しています。

異なる部門や職種への異動、他エリアへの転勤、子会社・関連会社への出向、海外勤務、会社のM&Aによる組織・風土の変化…など。未知の環境に飛び込み、これまでと異なるルールやオペレーションに適応し、新たな人間関係を作り上げる、という経験をしているのです。

出典: https://next.rikunabi.com/journal/20150908/ |

メリット3:異業界でも活躍できる可能性

異業界への転職は今までの経験がものをいいます。細かい条件を立てて選択肢を狭めるのではなく、企業の条件に合った経験やスキルをいかにアピールできるかにかかっています。

したがって、異業界に転職したいのなら転職エージェントの登録をおすすめします。転職エージェントでは企業からの直接スカウトやアシスタントからのスカウトがあり、プロファイルに経験を細やかにアピールすることで意外な業界への転職のチャンスを掴めます。

40代前半で転職するデメリット

転職をするには企業との「相性」が合っていなくてはいけません。ハローワークや求人マガジンだけでは「相性」について知ることは難しいです。

新しい変化に速やかに適応するのが上手な人は企業の条件に合わせることができますが、40代前半となると難しくなってきます。人間関係がスムーズにいかなかったり、周りの話についていくもやっとでしょう。それらをカバーするには余程の努力が必要となります。

デメリット1:労働条件の不一致

労働条件が合わず、再び転職をしてしまう人が多いのが現状です。転職後にその会社の労働条件を知り自分の理想と合わず、転職を繰り返す悪循環に陥ってしまう人もいます。したがって、転職をする前のリサーチが大切になってきます。

会社のサイトを見たり、企業口コミサイトを利用するのがおすすめです。企業について研究し、自分がなぜその企業に就職したいのかを明確にしておくことです。

デメリット2:新しい知識を得なければならない

未経験であればなおさら、若い新入社員同様の努力が求められます。新しい知識を得るには時間と体力が必要ですが、40代ともなると体力的にもハンデが大きく、年齢を重ねるにつれ覚える力が弱くなっていくので非常に難しいのが現実です。

特に専門的要素が強い業種は、会社のスピードについていくのが大変です。新しい知識を常にアップデートする必要があり、年齢的にも不利です。かなりの努力と根性がいるでしょう。

これまでの実務経験を強みとして同業界で就職活動をすることは可能ですが、IT業界やや技術系の職種などの場合、常に知識をアップデートし続けないと取り残されてしまいます。ある種、初心に戻り知識を確認することが求められてきます。

出典: https://diamond.jp/articles/-/85244?page=3 |

40代前半の転職におすすめの業界・職種

40代前半の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント

40代前半で転職する人は未経験の業種を選ぶ人も少なからずいます。専門的知識がないために追いついていくのが困難ですが、40代前半になり新しい経験を求める人は、今まで勤務していた会社の業種とは全く別の業種をあえて選んでいます。

しかし、実際に転職となると現実は甘くはありません。根気強く粘らないとなかなか転職は厳しいものになってきます。ですので、まず転職しやすい業種を知っておくべきです。

産業別にみると、「転職者がいる事業所」割合は、「情報通信業」が 48.7%と最も高く、次いで「運輸業,郵便業」が 48.5%、「医療,福祉」が 45.3%となっている。
事業所規模別にみると、事業所規模が大きくなるほど「転職者がいる事業所」割合が高くなっている。

出典: https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/6-18c-h27-1-01.pdf |

業界職種1:介護

性別でみてもどちらでも一番おすすめなのは「介護・福祉」です。特別なスキルや経験は特に問われずに転職できる業界です。初心者のための講習なども行われており、初心者にも優しくなっています。

高年齢社会な現代では介護・福祉系業界の人手不足は深刻ですので、転職しやすいです。ですが、高給料は望めず、やや給料が低めなのが難点ではあります。人のために役立ちたいと考えている方におすすめです。

業界職種2:運輸・タクシードライバー

こちらも特に経験・年齢を問わず転職できる業界です。運転免許さえあれば誰でもできます。

長時間の仕事なので、子持ちで空いている時間に限りのある人にはあまり向いていませんが、パートの宅配ドライバーでなら女性でもできる仕事です。ただ運転するだけといえど、体力を使うので、どちらかというと男性向けな仕事です。道に詳しく、運転に自信のある方におすすめです。

業界職種3:営業

自分で会社を営業するのも一つの方法です。30代~40代で思い切ってレストランチェーン店の店長になったり、コンビ二の店長になったケースは多くあります。

営業を始めるための資金の調達などでコストがかかるのが難点ですが、自分で会社を動かす面白みはあります。最近ではオンラインショップを経営する人も増えてきました。コストが削減されるだけでなく、遠くの顧客がゲットできるのはオンラインの特権です。

40代前半の転職におすすめの転職サイト

転職サイトの利用は転職活動に不可欠です。転職活動を転職サイトや転職エージェント以外の方法で行うことも可能ですが、理想の転職に導くのはけっして容易いことではありません。

昔は検索した企業に個人で応募する形式が一般的でしたが、最近ではエージェントを利用した転職がポピュラーになっています。スカウト形式で、個人だけでは無理だった非公開求人に応募することができます。

経験値が高い人ほど、無意識のうちに上限値を決められているふしが見えることがあります。ここに自己評価のズレが重なると、求人を選択する基準にぶれが生じて、自分の力が必要とされ生かされる求人を見落としたり、逆に自分のキャリアが必要とされにくい会社ばかりに応募を続けたりしてしまい、やがてキャリアの迷子になってしまいます。

出典: https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/6347/ |

ビズリーチ

求人数サポート力満足度
評価102000★★★★★★★★★★

「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」の名称があるだけあって、スカウトが届くハイクラス転職サイトです。8割以上の転職成功者がスカウトへの返信をきっかけに転職しています。

スカウトのみではなく、企業の検索もできます。実績とスキルをアピールし、より良い環境の転職先を見つけましょう。年収1000万以上の求人が3分の1以上多数掲載されていますし、管理職や経営幹部の仕事もここでなら実現できます。

キャリアカーバー

求人数サポート力満足度
評価4000★★★★★★★★

キャリアカーバーはハイクラス転職サービスでリクルートが運営しています。求人を探して応募する形ではなく、匿名のプロファイルを公開し、企業からスカウトを待つ形です。

管理職などのエグゼクティブを目指す人が登録しています。登録後はコンサルタントとの面談があり、目的・希望・転職理由・経験・スキルの情報を元にその人のプロファイルが作られます。転職対策のサービスは特になく、仲介のみとなります。

日経キャリアNET

求人数サポート力満足度
評価27000★★★★★★★

日本を代表する企業・外資企業の求人が豊富なのが日経キャリアNETです。最新の業界情報が掲載されており、中堅・中小企業への転職もこちらからできます。

都道府県での検索が可能ですし、海外検索もできますので海外の転職も可能です。キャリアアドバイザーが監修した「職務経歴書作成ツール」は日経キャリアNET独自で、専門家によるアドバイスにより初めての転職でも成功に導きます。

40代前半の転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントでは企業からのスカウトで自分の意外な面に気づかされることもあります。こんな自分でもこんな仕事に就けることができるのかと新しい発見もあるでしょう。

ヘッドハンターが転職活動者の魅力を十分に研究し引き出させます。自ら応募するのではないので、転職を成功させやすくなります。

転職エージェントとは、転職を検討している方と採用を考えている企業の間に立って、転職成功を支援するサービス。求人動向や転職ノウハウに長けているキャリアアドバイザーが、求職者の転職活動をサポートします。

出典: https://www.r-agent.com/ |

キャリアカーバー

求人数サポート力満足度
評価4000★★★★★★★★

キャリアカバーは会員制のリクルートのハイクラス転職サービスです。年収800万から2000万円の求人が多数掲載されています。

匿名レジュメ情報はヘッドハンターのみに公開され、企業には公開されない仕組みです。匿名レジュメを見たヘッドハンターからスカウトは意外な企業との出会いにつながります。ヘッドハンターが仲介するので、非公開の仕事も見つけることができ、可能性が広がります。

ビズリーチ

求人数サポート力満足度
評価102000★★★★★★★★★★

公開求人数102000件、採用企業数9300件、登録ヘッドハンター数2700人の大規模なエージェントです。転職活動状況に応じた2つのプランがあり、スタンダードは無料、プレミアムは1ヶ月2980円~となっています。

スカウトを受け取ることで、自分自身の市場価値を知ることができます。新しいキャリアの可能性を導くには、優秀なヘッドハンターと接点を持っておくことが大切です。

リクルートエージェント

求人数サポート力満足度
評価150000★★★★★★★★★

転職支援実績ナンバー1を誇るリクルートエージェントです。約80%が非公開の求人で、一般のサイトには公開していないものが10万件以上あります。提出書類の添削や面接対策もあり安心です。

実績豊富なアドバイザーがスキルや要望に沿った求人を紹介しており、面談調整・条件交渉の代行からキャリアプランまでもサポートしてくれます。こんなに親切なサポートがあるにも関わらず無料でご利用いただけます。

年収

転職をしたい理由の一つとして「年収アップの期待」が挙げられますが、年収ばかりに目をやると、選択肢を狭める原因になります。40代前半での転職は年収ダウンになることがあることを承知の上で行うのが良いでしょう。

この年代になると、家族との時間を大切にしたいために転職をする人も中にはいます。労働時間を割いて家族のために時間を作るには、仕事内容や役職を変える必要があり、年収ダウンを伴います。

平均年収

平均年収.JPによると、40代前半の男女を合わせた平均年収は460万円です。40代前半男女別それぞれの平均年収が、男性563万円、女性302万円となっています。

NikkeiStyle出世ナビによると、転職1年目の年収が400万円以下の人が53.4%と半分以上の割合を示しています。このことからわかるように、転職後の年収は前よりも若干下がる傾向にあります。

●転職後1年目の年収
平均 450.9万円
1000万円以上  6.2%
700万~999万円  6.2%
500万~699万円 19.2%
400万~499万円 15.1%
400万円未満 53.4%

出典: https://style.nikkei.com/article/DGXMZO18414150T00C17A700... |

年収アップ率

Nikkei Styleによると、転職後の年収アップ率は下がる人が多い中で上がったという人は32.3%います。年収が上がった20代30代は40代に比べ5%~10%多いのに対し、40代では下がる人の割合が多くなっています。

40代の転職後年収が下がる理由としては「雇用形態の変化」があります。年収が上がる理由は「管理職に就いた」ことです。40代では管理職になる人が増えてくる年齢でもあります。

転職で新たなる人生を

「石橋は叩いて渡れ」とはいいますが、40代前半の転職はメリット・デメリットそれぞれを良く受け止めた上、対策を練りながら活動を進めましょう。

企業を良く研究し企業に合わせた応対をすること、そして10件以上の応募は必ずすることです。何度も面接で落ちたとしても、断念せずに粘り強い心を持ち続けることが大切です。根気良い転職活動に努めましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests