Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月17日

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

今回は「50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介」と題して、「50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「50代で未経験職種へ転職する際の秘訣」をご紹介します。

50代でもスムーズに転職ができる

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

一般的に50代ともなれば、なかなか転職する際でも「大きな壁」のようなものを想定し、スムーズに転職することができないというイメージが飛び交うことでしょう。それでも、40代でも50代でも「転職時に注意するべき点」をまず押さえておき、その上で転職時のコツを上手く飲み込んでおくことによって、その転職はかなりスムーズになります。

たとえば「50代ならではその実力を発揮でき、それまでの経験をもっていろいろな職種に就くことができる」ということも既存の事実としてあり、それらの実績を踏まえた上で、「転職できない」という壁を乗り越えることが可能となります。特にまたこの場合でも、「年収」や「仕事内容」についての情報は先にインプットしておきましょう。

50歳からでも転職できるのか?

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

よく「50代ともなれば、もう転職できない」という声を聞きますが、そんなことはありません。先述しましたように、「50代でこそ転職時の特典とできる経験・知識・順応力」といったものをフルに活用して転職活動を行なうことができるため、たとえば転職サイト・転職エージェントなどを有効活用することによって、「転職できない壁」を打破できます。

「50代では転職できない」という噂を耳にするとき、たとえば「50代で転職求人はあるのか」という点が問われますが、これが現代では意外と多く見付けられます。特にこれはパソコン業務が破格に増えたことによって得られる現象であり、従来の企業システムのあり方から随分変化したことによる産物・特典に含まれます。

またパソコンでの作業となればまず「オフィスを必要としない業務」が膨大に増えるため、50代であっても「自宅でワークできる」という環境設定が十分整います。

転職活動をするメリット

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

「50代で転職活動をするメリット」についてですが、これは20代でも30代でも40代でも言えることですが、「それまでの経験や知識を活用した上で、さらに自分の能力を発揮できる仕事環境を獲得できる」というメリットが得られる場合があります。

本来、たいていの人の場合は「20代でとりあえず自分を雇ってくれる会社に入社し、その後は流れで仕事をしていき、マンネリ化した仕事のあり方を覚えながらも、他にする仕事が見付からないからその仕事にとりあえずまだ就いている」という状況が多いでしょう。

仕事の繰り返しで人生を終えていくよりも、「本当に自分の能力や経験を発揮できるワークフィールドを手にできる」ということの方がどんな人にとっても遥かに利益になるのは目に見えており、そのためにも「50代では転職できない」とされる壁を打ち破り、その上で「自分の理想とする転職先への活動」を斡旋していくことが大事となります。

転職の前に考えてほしいこと

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

さて、50代で転職を希望する以外の場面でも求められる注意点ですが、特に50代で正社員として転職を行なう場合には「現状の自分の生活環境と仕事の両立」や「その正社員として働く職種への満足度がどれくらいあるか」について的確に把握することが大事になるでしょう。

つまり、転職活動において最も重要な局面となる「その正社員・準社員として働く職種と自分の相性の見定め」となりますが、この見極め・見定めをしっかり確認しておき、さらにこれから就労する仕事先がどのような環境になるかについて確実に理解しておくことが大切になります。


50代ならではの実力や経験をしっかり磨いておき、いざ「自分の理想的な仕事環境」を確保する際には、「転職できない」とされる50代での転職活動をしっかりと成功させるための布石を打っておきましょう。

注意点1:その会社に従事する価値の見極め

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

まず50代の人が「正社員として働く職種の見極め」についてですが、この場合はまず「その職種に正社員として働くだけの価値があるかどうか」を見定めておき、さらにその正社員として働く場合には「どれくらいの労働量と時間が割かれるか」という点に注目しておきましょう。

50代の人ともなれば(50代の女性も同じく)、それぞれの家庭を持っていることが想定される上で、それぞれの家庭と仕事の両立をどのように行なっていくかが必然的に問われることになります。正社員・準社員として働く場合には、やはりパートや準社員として働く場合に比べてその分の労働量・時間が取られることは明らかなことです。

上記を踏まえた上で、「転職できない」と一般的に言われる「50代での転職活動への土台」をしっかり構築しておきましょう。

注意点2:転職先での仕事と能力の見極め

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

これは50代の男性・女性の両方に言える内容となりますが、正社員・準社員として働く場合には企業側からの「完璧な(その仕事に対する)能力・スキル」が求められるものであり、その期待に十分応えられるだけの対応力・スキルがなくてはむずかしくなります。

やはり、せっかく正社員として働けるポストが与えられたとしてもすぐに解雇される傾向があり、それによって正社員として働くことへの価値が問い直される形になります。この点を深く考慮した上で、先述でもご紹介しましたように「その職種が果たして、正社員・準社員として働くだけの価値があるかどうか」を吟味しましょう。

50代で転職活動を行なうことは確かに「珍しい」や「転職できないことは目に見えている」などと言われるイメージが付きまとうものですが、しかし現代ではこのような「50代での転職活動」がメインにピックアップされる傾向が見られています。

50代の転職者に企業が求めること

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

一般的に企業が採用した人材に求める能力やスキルというのは、20代でも50代でも同じことで、「与えられた仕事を確実にこなすだけの能力・スキル・順応性があるかどうか」という点になります。そしてさらに重要な点は、上記の対応力に上乗せする形で「将来性があるかどうか」という「若さ」に基準を当てた判断がよく見られます。

これは特に従来の「企業が人材を選択する際の判断基準」として用いられてきた傾向にありますが、この「対応能力」と「若さ」を基準にする上では、50代の男性・女性が正社員として転職希望を出す上ではかなりむずかしい選択となる場合が多くあります。

上記の点をしっかりと踏まえておき、「50代では転職できない」とされる社会の常識的な思考を打破するための土台を作っていきましょう。

求めること1:与えられた仕事をこなす

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

先述の内容から引き続きますが、企業側が採用した人材に求めることはまず一点であり、「仕事を確実にこなす能力・スキルがあるかどうか」という点になります。これは20代だろうが50代だろうが関係なく、とにかく「与えられた仕事を着実にこなすことができない人材は不採用」とする、一定の判断基準が活用される成果となります。

つまり逆の見方をすれば、この点では「20代でも50代でも、与えられた仕事を着実にこなすだけの能力・スキルがあれば問題ない」となるわけで、それ相応の能力を初めから持っていれば、年齢を気にした転職活動を行なう必要もなく、また正社員・準社員としてもスムーズに採用される結果となるでしょう。

このように、「50代でも転職できないことはない」という事実は現実として見られており、そのための実力と準備をすることが大切ということになります。

求めること2:取れる資格は取っておくこと

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

次に「50代の人が正社員・準社員として採用される際に求められる条件」としても多く見られるのは、この「所有している資格の内容」と、「それまでの活動実績から得られる(その仕事に関連性のある)成果」となります。

一般的に、履歴慮や職務経歴書などの自己アピール欄にも明記する内容になりますが、この「資格保持」と「活動実績」というのは「自分の能力をアピールできる何より強い証拠・保険」ともなるため、軽く扱うことは得策ではありません。

上記を踏まえた上で、50代でも「転職できない事由」をまず自分なりに把握しておき、そんなことはないという証明を見せるためにも、「自分に与えられた時間と環境」を有意義に活用し、取れる資格は取っておくとした固い決意を大事にしておきましょう。

50代で転職するメリット

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

これは先述でもご紹介した内容になりますが、「50代で転職することのメリット」として大きくピックアップされる点は「それまでの自分の経験・能力を十分に活用した上で、それまでよりもさらに充実した仕事環境を確保できること」といった、それまでにはない「自分に最適の仕事環境」を得られる点に見られます。

50代だからこそ培える「キャリアアップ」の土台を踏み台にしておき、その後にいろいろな仕事に就くことによって、それまでには得られなかった「自分だけの仕事環境」を完璧に取得できる未知への可能性を存分に広げることにもつながっていきます。

「50代だからこそ、転職できないとされる壁を払拭しておき、さらに自分なりに活躍できる仕事環境を確実に取得する」という点を踏まえ、自分に見合った仕事環境の確保に専念してみましょう。

50代で転職するデメリット

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

今度は「50代で転職するデメリット」として、先述の「50代で転職する際に見られるメリット」とは逆の内容のご紹介をしていきます。

「50代では転職できない」とされるピンポイント的な内容は実はこの「デメリットの点」に見られており、つまり「50代で転職活動を行なっていく際に、次に転職先を確実に得られるかどうかわからない」という不安定な状況が、そのデメリットの大部分を占めています。

なぜ「50代では転職できないと言われるのか」という点を深く考慮しておき、自分の転職活動において「不足している点」をしっかり吟味してみることが大切になります。

デメリット1:転職先が見付からない

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

50代の転職活動で圧倒的に多くピックアップされるデメリットとしては、まずこの「理想的な転職先が見付からない」という点に見られています。せっかくそれまでに培ってきた実力を発揮できる仕事環境を確保しようとしたのに、結局はその転職先が見付からないという状況は、非常に多くの場面で見られています。

このような「現実的な観点をもって、50代では転職できない」とされる強い理由が見られているため、まずは現在の仕事から別の職先への転職を検討する場合には、「次の転職先を確実に見付けてから転職活動を行なう」という方法が勧められます。

デメリット2:体力的に不利がある

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

次に「50代の転職に際するデメリット」としてあげられるのは、この「新しい職場で一から仕事を覚える際には体力的に不利が見られる」という点になるでしょう。やはり一般的に転職と言っても通常の就職活動には変わりなく、また新しい職先での仕事となると、たとえ50代でも平社員の扱いを受けることになるため、その点で心配が募ってきます。

つまり、50代で転職を検討する場合には「自分の心身的な体力に見合った転職先を検討すること」が大切で、一般的に「転職できない」とされる新しい職先での自分のあり方を踏まえる上で、どうすればその「転職できないという理由を解決することができるか」について検討する必要があります。

50代での転職におすすめの業界・職種

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

さて、ここから「正社員・準社員として働く50代の人におすすめの業界・職種」と題して、実際に50代の人が「スムーズに正社員・準社員として働く・転職する際におすすめの業界や職種」についてご紹介していきます。

50代で転職を希望する場合には、男性でも女性でもまず「自分の能力を確実に生かせる分野の仕事」を見定めておき、その活動分野が直接得られる仕事を見極めておくことが大切になるでしょう。

業界職種1:IT関連の仕事

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

まずIT関連の仕事を選ぶ大きなメリットとして、この「自分の得意分野を生かせる・能力を発揮できる」というポイントがピックアップされます。50代で転職活動をする場合でも、「自分の能力を存分にアピールできる」というのは非常に大きな特典になります。この利点をもって、「50代では転職できない」とされる壁を解決できるでしょう。

一般的にこれは「元からIT企業における仕事が得意・IT関連の仕事に対して能力を十分発揮できる」とした人の場合に限りますが、それでもパソコン関係の仕事というのは誰にでもできる実用性のある仕事です。

またそのうちでも特に大きなメリットとしては、「オフィスを持たずに仕事ができる」という点で、IT業界が未経験の場合でも、カフェや自宅でパソコンを通じてIT関連の仕事を十分に賄えるその利点というのは「その後の人生設計においても非常に役立つ環境」となるでしょう。

業界職種2:マーケティング

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

次にこの「マーケティング」についてのご紹介ですが、マーケティングと言っても現代では非常に多くの業種が用意されており、アパレル関係や営業、また某社における販売促進部や広告宣伝部、マーケティング・販売戦略や企画・開発部など、企業によってはいろいろな部署への採用が設けられています。

このうちでもいろいろな部署において「非常に相性・能力がマッチする部署」であれば、正社員として採用される確率も非常に高くなり、この場合も特に「女性ならではの販売促進・企画に関する能力」に配慮される形で正社員として採用される確立も確率は高まるでしょう。

この場合でも「50代ならではの培ってきた知識やスキル・能力」を充分に生かす上で、新入社員(新卒生)ではできない仕事のノウハウもしっかりと補うことができるでしょう。「50代では転職できない」とされる常識を打ち破れる確率が高まります。

業界職種3:事務職

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

事務職というのはいろいろな職種にパートが分かれており、総合事務・経理事務・人事部・企画部などと、さらに多くのデスクワークを主とした仕事分野の仕事が多彩に見られています。この場合も「50代だからこそできるいろいろな職種への対応能力」を生かす形で、新卒生ではできない仕事能力を十分発揮することが可能となるでしょう。

「50代では転職できない」とされる理由の1つに、心身的な体力・能力的な不利が見られることなどがあげられますが、この点においても「それまでに取得してきた資格の有無」や「活動実績」などによって、その不利を解決できるポイントになります。

業界職種4:社会福祉士

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

次にこの「社会福祉士」についてですが、この場合は主に福祉関連サービス業に見られる転職内容・成果率と同じく、「50代の人でも十分に自分の能力の特質」を生かした上で正社員・準社員として採用される確率は非常に高く見られます。

一般的に福祉関連サービス業における「年齢層の高い人材採用の確率」が他の職種の場合よりも高率に見られており、この点では介護福祉士や保育士、またケアマネジャーなどの介護関連の役立つ資格を所有しているだけで「正社員としての採用基準」と同じ効率によってさらにアップする傾向が見られます。

この福祉サービス業への転職を検討してみることにより、「50代では転職できない」とされる常識を簡単に打ち破る可能性が高まるでしょう。

50代での転職におすすめの転職サイト

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

さて、先述では「50代の人が正社員・準社員として採用されやすい職種やその方法」についてご紹介してきましたが、ここからは具体的に正社員として転職を希望する場合に役立つ「さまざまな転職サイト・転職エージェント」についてご紹介していきます。

一般的に転職サイトというのは主に「転職に必要な情報が掲載されており、それを転職希望車が独自に入手して活用し、自分で転職活動を行なっていく」というサイトであり、また転職エージェントの場合は「その転職サイトで掲載されている情報をさらに専門的に活用し、具体的にどのようにすれば転職がスムーズに行なえるか」について詳細に教えてくれます。

転職できない50代に有利なリクナビNEXT

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★

一般的に、年齢層・性別を問わずに多くの転職希望者が活用しているこの「リクナビNEXT」ですが、この転職サイトはとにかく外資系から年代別の転職情報をはじめ、転職希望者個別の性格・スキルによって幅広い斡旋作業が行われています。ぜひ一度は利用の検討をしてみましょう。

ただし情報量が多い場合には(転職希望者によっては)「情報量が多過ぎて、実際にどの情報を見ればよいか」が判らない場合が出てくるため、転職サイトの基本的な使用法をマスターしておくことは必要です。

特にIT企業関係の職種を見付ける場合でも、この転職サイトを利用する場合は「すぐに自分にとって有益な転職先」を見付けられるきっかけを得られます。50代でも転職できない理由をこの「IT関連の求人の豊富さ」で打破できる確率が高まるため、ぜひ利用してみましょう。

転職できない50代に有利なfrom40

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★★

次に、50代の人が正社員・準社員として働ける職種を見付ける場合、また自分の能力や状況に見合わせた上で最適の転職する場合において、非常に強い関心が持たれやすい転職サイト「from40」についてのご紹介です。

この転職サイトの大きな特徴はまず、その名のとおりに「40代から50代半ばの人への転職斡旋が非常に充実している」という点に見られ、さらに求人情報においても「40代の男性・女性から50代の男性・女性にとっても適当・適切な職場が多く掲載されている」という利点が見られます。

転職できない50代に有利なdoda

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★

非常に多くの転職活動で活用されやすい「doda」についてのご紹介です。この転職サイトの大きな特徴は先述のように「転職後の年収のアップ率や安定した就職活動・生活」への配慮が非常に優れており、またその上でリクナビエージェントを利用する場合と同じく「ミドルクラスからハイクラス」の企業層へ組み込める転職活動がメインとなります。

しかし転職エージェントを利用する際の難点としては「アドバイザーのサポート力」に若干不足する点が見られる傾向があり、その分を「自分で補う形でサポートしていくこと」が課されます。その際には資格の所有、高い学歴の保持、またそれまでのキャリアがフィルターに掛けられるため、その点によく配慮しておきましょう。

ぜひこの「doda」を上手く活用して、「50代では転職できない」とされる常識を自分なりに打ち破ってみましょう。転職できない場合でも、簡単に解決してくれる情報が満載です。

50代での転職におすすめの転職エージェント

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

次は「50代の人が正社員・準社員としての転職におすすめの転職エージェント」についてのご紹介です。この転職サイトと転職エージェントの違いはまず、「転職エージェントの場合は転職サイトで掲載されている情報を利用する上で、さらに転職に必要な活動内容やコツをくまなく教えてくれる」という利点があります。

この「エージェント」という言葉は英語の意味合いで「代理人・仲保者」などの活用があり、この場合でも「50代の男性・女性が正社員・準社員として転職を希望する上でも、その転職活動を斡旋してくれる代理人」の役割を果たしてくれる重要なサイトとなるでしょう。

「転職できない理由」をまずは各エージェントに伝え、この転職エージェントを活用する上でその「転職できない原因」を解決していきましょう。

転職できない場合はJACリクルートメント

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★

50代の転職活動でも非常によく利用されている「JACリクルートメント」についてのご紹介です。この転職エージェントでは基本的に「転職希望者の個別によって求人情報をピックアップしておき、それぞれの転職活動に必要な知識・用途において、実践的な必要情報の提供がなされます。

特に50代では「転職先の採用口が狭くなる」という点に配慮しながら、その狭い転職の採用情報をいかに上手く効率よく活用し、その上で必ず転職がスムーズに展開できるかについての詳細なハウトゥを教えてくれます。

担当者として付けられるアドバイザーの質もかなり良く、それぞれの50代の転職希望者のニーズに合わせた転職活動に必要な情報を提供した上で、「いま必要な行動や知識」について具体的に伝えてくれるでしょう。「転職できない理由」をまずは伝え、この転職エージェントを活用する上でその「転職できない原因」を解決していきましょう。

キャリアカーバー

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★

次に、一般「50代向けの転職エージェント」としてかなり実力が高いこの「キャリアカーバー」についてのご紹介です。このサイトの特徴はサイトの使いやすさ・会社との提携情報の充実度、またスカウトサービスなどが平均的に満足されるレベルに達している点が魅力です。

まったく新しい企画職をリサーチする際でもこのサイトではまず「利用者の能力や性格に合わせた職種のリサーチ」に徹し、さらに転職後の生活の安定に配慮してくれます。

また50代の転職時に気になる「転職後の年収についての向上とキャリアアップ」についての配慮も卓越しているため、転職活動を行ないながらその後の生活安定に導ける活動もしっかりと行なえるでしょう。「転職できない理由」をまずは分析し、この転職エージェントを活用する上でその「転職できない原因」を解決していきましょう。

ビズリーチ

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★

一般的に「ビズリーチ」という転職エージェントの強みは何と言っても「求人数の豊富さとアドバイザーの良質」の点で、50代で転職活動を始める人にとっても非常に実践型の転職エージェントとなるでしょう。

現代で活用される転職エージェントの中でも目覚ましくその実績を伸ばしてきた「ビズリーチ」についですが、この転職サイトの魅力は、一般に転職を希望する際でももちろん「大手企業から中小企業までの転職斡旋」を担い、さらに「独立経営のビジョンへの斡旋」もしてくれるという、非常に充実したサポート力を持つ転職エージェントです。

一般的に活動している他の転職サイトに比べた上でも「求人数の豊富さ」や「サポート力」は平均して高いです。「転職できない理由」を十分に検討し、この転職エージェントを活用する上でその「転職できない原因」を解決していきましょう。

転職できない理由を解決した場合の年収

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

次に「50代の人の転職者の生活費と年収の平均」についてのご紹介です。これは先述の「平均的な転職率」の場合と同じく、「50代の男性・女性を統合した上での生活費と年収の平均」となります。

一般的に「50代の人がもらえる年収」の平均は「500万円から700万円」程度とされていますが、しかし転職後を含めた年収の平均値を見る上では、さらにもう少し減額されることが想定できます。

転職できない理由を解決した場合の平均年収

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

先述しましたように、50代の転職希望者がその転職先で実際にもらえる給料額は一般的に「500万円から700万円」とされていますが、これは企業規模によって大きく変わり、また就労する部署によってもその内容は変わってきます。

この平均年収を大きく変えるきっかけとなるのは、たとえば資格の保持によって就けられる部署の相違に見られたり、さらには「それまでの就職実績によって信任される自己アピールによるメリット」なども大きくその要素として認められます。

50代で転職できないとされる理由の1つに、この「平均年収が低くなること」などもピックアップされることもあるため、この辺りの情報についてもしっかり取得しておきましょう。「転職できない理由」を冷静に検討しておき、自分なりの能力を十分に発揮できる転職先への尽力を図りましょう。

転職できない理由を解決して年収アップ率

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

先述の内容から引き続く形となりますが、50代で転職して、その後に年収がアップする確率というのは一般的に見て低くなると言われます。しかしこの場合も「活動実績」や「資格保持」の実際によっては大きくその内容を変える効果が見られ、たとえば転職先で任された仕事内容によっては、その平均年収が大きくアップする確率が得られます。

つまり50代での転職時に最も必要な心得としては、「自分の能力・スキル・キャリアを確実に生かせる転職先に落ち着くこと」となり、自分に最適な転職先を見付けておくことが、「50代では転職できない」とされる常識を打破するための必須の準備となります。

まずは「転職できない理由」を冷静に検討しておき、自分なりの能力を十分に発揮できる転職先への斡旋を図りましょう。

50代でも転職できないことはありません

50代の転職を成功させるためのおすすめ転職エージェントを紹介

いかがでしたか。今回は「50代の人が正社員・準社員として転職を成功させる際におすすめの転職エージェント」と題して、「50代の人が転職したい場合の魅力的な転職エージェント」の詳細情報をはじめ、「50代に見られる平均的な転職率・年収」などをご紹介しました。

30代から50代での正社員として転職成功率というのは、たいていの場合は「初めは上手く転職できない、またその仕事を続けるうちに次第に疲れてきてしまい、やがてはまた転職を繰り返してしまう」といった堂々巡り的な課題が多く見られます。

上記の悩み・問題解決を図るためには、まず「自分が正社員として転職できない理由は何か」、「転職できない障壁は何か」などを検討する上で、どうすれば「転職できない壁を打破できるか」を考慮することが大切です。

Latests