Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月11日

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

20代後半の女性が、転職を成功させていくために役立つ内容を記載しています。したがって転職しようか悩んでいる女性は、読んで参考にしてみてください。また20代後半の女性の生活費や年収の目安も書いてあるため、ぜひご覧ください。

導入

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

20代後半の女性が、転職すべきかどうかについて解説しますので参考にしてみてください。また今は20代前半の女性も、20代後半になったときのために読んでおく方が望ましいでしょう。

そしてこの記事では、20代後半の女性が転職する際におすすめの業界・業種や役立つサイトやエージェントまでご紹介しています。本格的に転職しようと考えている20代後半の女性も、メリットが感じられることでしょう。

20代後半のよくある悩み

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

20代後半の女性が、転職で生ずる悩みについてご説明します。20代後半だからこそ新人よりも力量が高くなければならないという悩みと後輩への指導力が問われるという悩みです。

そしてこの2点についての解決策も、以下の記事に記載しています。

悩み1:年齢にふさわしい実力

20代後半の女性が転職する場合には、新人よりも高い実力が求められます。やはり20代後半というのは、新人と中堅の間としての能力が望まれているためです。要するに20代後半にふさわしい実力を身に付けておかなければ、転職は難しいということです。

そこで転職先での面接では、新人以上の実績を有していることをアピールしていくことで突破を目指すと良いでしょう。そして今現在転職を希望していて目立った実績がない人は、当面は実績作りに専念することを推奨します。

悩み2:特に後輩への指導力が重要です

20代後半の女性の転職には、上司や同僚や後輩への対応の力量が問われるとされています。この3つの内新卒で企業に入る際は見逃されがちな、後輩への指導力を特に磨くと良いでしょう。磨き方としては、普段から後輩の悩みや課題を把握し解決策を提示してあげるという手法があります。

また上司へはきっちり話を聞くことで好印象を与え、同僚へは人当たりの良さを重視することで、普段から転職対策を行うと良いでしょう。

女性ならではの悩み

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

女性だからこそ、転職の際に結婚・出産と男性優位の社会という悩みが生じ易いです。

この2つは男性だと生じ難い悩みであるため、男性に理解され難いという側面もあります。相談する場合は、理解してくれそうな年上の女性にたずねてみると良いでしょう。

悩み1:結婚と出産の影響を受ける

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

女性ならではの転職の際の悩みとして、結婚と出産の影響をダイレクトに受けてしまうというものがあります。結婚後は男性側の意見として女性が家に入って欲しいという意見があり、出産は身体に多大な影響が生じどうしても仕事を休む必要が発生するためです。

これらは社会的な状況と女性の身体の事柄であるため、会社に説明して理解を求めていくという方法が一番良いでしょう。それに女性の特別な状況を理解してもらえる会社であってこそ、女性が働くにふさわしい環境と言えるのではないでしょうか。

悩み2:男性優位の会社が多い

女性が転職の際に、男性優位の会社が多いことを悩むとされています。女性の方が仕事を評価され難く出世し難いためです。

対策としては、女性が出世している企業を転職先にするというものがあります。また、男性が認めざるを得ない実績を作るという方法もあります。

そして女性が仕事を男性と同じように行うことは定着していっているため、これからどんどん男女差別が減っていくと言えます。時間が取れる人は、もう少し転職を待つのも良いでしょう。

20代後半の女性の転職人数・平均転職回数

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

20代後半の女性の15%ほどが、転職を経験しています。そして、平均転職回数は1回未満となっています。20代後半の女性は基本的には、転職をせずに一度就いた仕事で励んでいるということです。ですので周りに合わせたい人も、転職しない方が良いでしょう。

ただ転職に成功して、より良い環境や年収アップを手に入れている女性もいます。そちらの方の要望が大きい人は、挑戦してみるのも推奨します。

また、転職人数も平均転職回数も一応の目安に過ぎないと言えます。要するに転職をしたいなら人数や回数を見るよりも、実際に転職をしていて上手くいっている人がどれくらいでどのように成功しているかを知るべきということです。

なぜなら転職人数や平均転職回数ではなく実際の転職の成功者を把握すると、転職するのが望ましいかがハッキリするからです。

転職満足度

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

転職満足度は、女性自身の実力と時期と転職先で決まります。なぜなら能力が高ければ企業側に実力があると評価されて、前よりも良い職場が見つけ易いためです。また、時期は企業が転職者を積極的に採用しようとしている期間が有利であるからです。そして転職先は、働く環境が良いほど満足し易いからです。

次に転職満足度を上げるには、実力と時期と転職先の中の実力を伸ばすのが望ましいでしょう。なぜなら時期も転職先も、転職者の能力が高ければこそ生かせるためです。転職先を探す間も仕事での実力アップは、怠らないようにすべきと言えます。

20代後半の女性に転職の前に考えてほしいこと

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

20代後半の女性が、転職前に考えておくべき2つの事柄があります。自己分析と重要な事柄の明確化です。

そして以下の記事で自己分析と重要な事柄の明確化について解説しているため、読んでおくことをおすすすめします。

注意点1:自己分析が重要

20代後半の女性の転職に重要な点は、自分自身を分析することと言えます。やはり自分自身を分析することで、どこが一番望ましい転職先かが把握可能であるためです。それに自己分析でいつ転職するのが良いかも、ハッキリすることでしょう。

そして、就職前の自己分析と転職での自己分析の違いも認識すべきです。なぜなら、転職の際には就職後の仕事上の自己分析も含まれて複雑になっているからです。具体的には、どのような仕事が得意でどのような業務が不得手だったかを思い返してみると良いでしょう。

注意点2:重要な事柄の明確化が大事

20代後半の女性の転職で大事な点は、重要な事柄を明確にすべきということです。やはり重要な点を明らかにしていなければ、転職先との交渉以前にどこに転職するかすら定められないと述べられるからです。

例えば自分がどのような仕事が好きかを把握していなければ、転職先を探すことも難しいのではないでしょうか。

20代後半の転職者に企業が求めること

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

20代後半の転職者に企業が求めることを知っておくと、転職を有利に進められることでしょう。具体的には、基本的なビジネス面での実力と転職前の業種の専門知識と将来性です。

最低限この2つを押さえた上で転職活動を行うことで、内定率がアップすることでしょう。またこの2つ以外にも企業が望んでいる事柄を知ったら、磨いていくことも推奨します。

求めること1:ビジネスの基本と専門知識が必要

20代後半の転職者に対して企業は、基本的なビジネス面での実力と転職前の業種の専門知識を求めています。なぜなら20代後半であれば、新卒者よりも実力があって当然と見なされているためです。

ですがきっちり普段から業務をこなしてきた20代後半の女性であれば、特別な努力をせずに基本的なビジネス面での実力と転職前の業種の専門知識は、見に付いているものではないでしょうか。

そして転職先が転職前の業種と大きく異なる場合は、転職前の業種の専門知識は業務をこなしてきた実績として利用すると良いでしょう。また転職前の専門知識を生かしたいなら、できるだけ似たような業種で好条件の会社を探すようにしてみてください。

求めること2:将来性

20代後半の転職者に対して企業は、将来性を望んでいます。採用するからには、どんどん伸びていって企業に貢献して欲しいと考えているためです。

具体的には採用面接の際に、将来性を示せる話をしてみると良いでしょう。例えば、普段から勉学に励んでいたり実力者と交流していたりすることを話してみることが、挙げられます。

もしくは、転職先の会社のビジョンに自分の実力が役立つことを証明する手法もあります。結果的に将来性があることを証明しているだけでなく会社の今後ともマッチするため、内定率は格段に上がることでしょう。

20代後半の女性におすすめの業界・職種

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

20代後半の女性におすすめの業界・職種は、3つあります。化粧品販売とパソコン業務とライターです。

それぞれがなぜ20代後半の女性におすすめなのか、以下で解説しています。読んでおくことで、転職先の業界と職種選びの参考にしていけることでしょう。

業界職種1:化粧品販売

化粧品販売が、20代後半の女性におすすめです。なぜなら化粧品を直接販売している人の多くが、女性であるためです。言うなれば、女性だからこそ就くことが可能な職業と述べられます。また化粧品の利用者の多くが女性であるため、同じ女性の方が気持ちが把握可能な場合が多いでしょう。

そして、化粧品販売は社長や幹部や管理職も女性が務めているケースも多いです。20代後半の女性が自分自身で頑張ることで、そのポジションが得られる可能性もあるでしょう。

業界職種2:パソコン業務

20代後半の女性は、パソコン業務を行うことを推奨します。やはりパソコン業務であれば力仕事でないため、男性にその点で負けることがないためです。それにこれからパソコン業務に就こうとした場合でも、自宅で練習することが可能であることから手軽と言えます。

そしてパソコン業務に必要とされているワードやエクセルなどは、資格で取得して経歴に利用することもできます。またパソコン業務の資格を取得していれば、講師として他の人に教えてお金を貰う道も開けます。

業界職種3:ライター

20代後半の女性は、ライターになってみてはどうでしょうか。なぜなら今の時代、在宅でライターをしたり副業でしたりしている人も多いためです。それにインターネットのサイトの記事を書くいわゆるWEBライターであれば、今この瞬間にサイトに登録することで始められます。

またWEBライティング実務士という資格もあるので、いきなり始めるのが不安な人はそこから挑戦してみるのが望ましいでしょう。ちなみに合格率が50%前後となっているため、勉強はしておいた方が無難です。

20代後半の女性におすすめの転職サイト

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

20代後半の女性におすすめの3つの有名な転職サイトをご紹介します。この3つは非常に有名であるため、どれか1つが飛び抜けて他よりもおすすめということはありません。要するに自分が気に入ったサイトがあれば、その転職サイトにしてみて良いということです。

また万全の態勢で転職をしてみたい20代後半の女性は、全部登録して情報量で他の転職者に差をつけることを推奨します。

リブズキャリア

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

リブズキャリアは、キャリア女性に特化した転職サイトです。女性だからこその条件で、女性視点の求人が提供されています。キャリア女性だからこそ、転職で成功を収められる環境が整えられているということです。

他にも転職サイトはありますが、リブズキャリアは会社自体がキャリア女性に特化してサービスしています。それだけ20代後半の女性にも合ったサービスが受けられることでしょう。

リクナビNEXT

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

リクナビNEXTには、女性転職特集があります。これは女性向けの求人ばかりを集めているため、男性向けのものを見ずにすぐに望む求人にたどり着けます。

またリクナビNEXTは、男女問わず転職自体をサポートしています。リクナビNEXTであれば、その実績を踏まえた上で女性向けのサポートが受けられることでしょう。

doda

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

dodaには、女性のための転職特集とコンテンツガイドとイベントがあることから、女性であることで得られるメリットは多いでしょう。

それにdodaのコンテンツガイドとイベントを活用することで、20代後半の女性の転職に対する知識と考え自体を習得していけると言えます。知識と考えが習得できるためチェックしておけば、今後の転職活動自体のクオリティがアップすることでしょう。

20代後半の女性におすすめの転職エージェント

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

20代後半の女性におすすめの転職エージェントを3つご紹介します。そもそも転職エージェントはただのサイトと異なり、転職者と直接話をしたり相談に乗ったりするサービスを行っています。

3つのおすすめの転職エージェントを使いこなすことで、心理的にも楽に転職活動をしていけます。それに3つとも、転職エージェントとして評判も知名度も高いものをご紹介しているため、どれを利用したとしても失敗したと感じることは少ないでしょう。

マイナビエージェント

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

マイナビエージェントでは、マーケティング・企画やコンサルタントや手に職を付けるためのサポートが受けられます。どれか一つでも興味ある女性は、問い合わせてみてください。

そしてマイナビエージェントのマーケテイング企画は、女性の好みの面で人気となっており、コンサルタントは男女差別が少ないという点で選ばれています。また手に職を付ける転職は、長期的な視点からも推奨されています。

リクルートエージェント

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

リクルートエージェントは老舗であることもあり、転職エージェントの中でも質が高いです。20代後半の女性が転職する際にも、役立つことでしょう。

当然ながらリクルートエージェントには、転職エージェントとして他の会社が提供しているサービスはひととおり揃っています。ですのでどこにするか迷っているなら、まずはリクルートエージェントに相談してみてください。

パソナキャリア

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

パソナキャリアには、20代後半の女性が転職していくための専門のチームが用意されています。また、パソナキャリアを利用した女性の声やキャリアアドバイザーの転職コラムも公式サイトで見られます。

女性の転職のサポートは万全と言えますし、気になる20代後半の女性はパソナキャリアにある転職コラムをチェックして活動を始めてみると良いでしょう。

20代後半の女性の転職におすすめの資格

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

20代後半の女性の転職におすすめの資格は、簿記と秘書検定です。なぜならどちらも女性の多くが取得しているだけでなく、いろいろな仕事場で活用可能であるためです。

それに簿記であれば20代後半の女性自身のお金の管理能力がアップしますし、秘書検定であれば社会常識を身に付けることにもなるでしょう。またそれぞれの資格は、受験料や参考書と問題集の料金が必要となっているため、受験するなら本気でやるべきでしょう。

生活費と年収

20代後半の女性は、生活費15万円前後で年収は300万円前後の人が多いとされているため、これを利用して自分はどれくらいの立ち位置にいるかを判断すると良いでしょう。

また年収が300万円前後にも関わらず生活費が15万円前後に達していない女性は、もっと使っても良いと言えますし、逆に生活費に15万円前後以上使っている女性は抑えるのが望ましいと言えます。

そして年収が300万円前後に達していない20代後半の女性は、転職で達成する道もあるでしょう。

20代後半の女性は転職に取り組んでみよう

女性は20代後半で転職すべき?のおすすめ転職エージェントを紹介

今回の記事の内容を利用して、20代後半の女性は転職活動を行うと良いでしょう。実際に転職するしないに関わらず、してみることで今の自分自身の仕事を見直すきっかけにもなると言えます。

そして転職するか決めていない20代後半の女性は、現在就職している会社に告げずに活動をしてみると無用ないさかいを起こさずに済むことでしょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests