Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月08日

30代後半の女性の転職を成功させるおすすめエージェントを紹介

30代後半の女性の転職を成功させるための有益情報をご紹介しています。30代前半とも違う30代後半の女性の転職活動にポイント当てて、その難しさや気を付けるべき事項、絶対におさえておくべき人気の転職サイトや転職エージェントそれぞれの特徴を説明します。

30代後半女性の転職は難しい?

最近では日本でも転職もかなり一般的になってきました。男性はもちろん、女性の転職比率も増加しています。平成28年4月からは女性活躍推進法が施行され労働者301人以上の企業は女性の活躍推進のための行動計画の策定などが義務付けられるなど、女性がその職務能力を発揮できる環境整備が促進されつつあります。

この記事では「30代後半女性」に的を絞ったピンポイントでのおすすめ転職活動方法をご紹介していきます。女性特有の、しかも40代とも30代前半とも違う、30代後半ならではの転職の難しさとその対策、注意点などをご紹介しましょう。

30代後半のよくある悩み

転職においてはその理由の分析が重要になります。そして、転職の理由とは、多くの場合「職場などの現在の状況で自分が抱えている悩みの解消・改善」と言いかえることができます。

30代後半といえば仕事も相当慣れてきて、社内でもそれなりのポジションがあり仕事の面白みが増してくる時期ですが、そんな30代後半がかかえる悩みには具体的にどのようなものがあるでしょうか。

ここではそんな30代後半の方によくある悩みの例をご紹介していきますので、こちらを参考にご自分でも分析してみてください。

転職するなら今という焦り

一般に年齢が上昇すると求人数は減っていく傾向があります。20代から30代になるときにも求人数が減少しますが、30代前半から後半になるとその減少の幅が大きくなります。

厚生労働省の「年齢別一般職業紹介状況」をみても、たとえば新規求人数(就職機会積み上げ方式)は25~29歳の166,771件から30~34歳の145,945件へは約21,000件減なのに対して、その30~34歳から35~39歳の106,970件になると約39,000件減とその減少数がほぼ倍増しています。

そうした事情から、今がまさに転職のラストチャンスではないかとの焦りを感じて悩む30代後半の方は多いです。

将来のためスキルを磨きたい

将来的にも安定した職場・収入を得るためには、特定分野についての専門的な知識やスキル、業務経験を身に付けることが非常に有効です。そして業務に必要な知識はある程度なら自分一人の勉強でも得られますが、一定の環境における業務経験を通じてしか獲得できない知識やスキルも存在します。

ところが現在の職場ではそれが十分に得られない、あるいはワンランク上のエキスパートになるためによりハイレベルな環境で業務経験を積みたい、と悩む方も30代後半には多いです。

さらに、30代後半ともなると各人が持つ業務上の経験やスキルの差はかなり大きくなっているため、もう手遅れではないかとの深刻な危機感を抱く人も少なくありません。

女性ならではの悩み

以上は30代後半に共通する悩みでした。ここでさらに、女性特有の悩みを重ね合わせていきます。これにより、30代後半女性特有の悩みが浮かび上がってきます。

前述のとおり女性の働く環境は以前と比べればかなり改善されてきました。とはいえ、男女の賃金格差をはじめ、まだまだ解消すべき課題は多数残っています。しかし、そうした法制度上の問題以外にも女性特有の悩みは存在します。では、以下ではそれらを具体的にみていきましょう。

恋愛・結婚・出産

女性にとっての30代後半は特別な意味があります。それは、一般的にいって40歳以降の出産は母体の負担が格段に大きくなりさらにさまざまなリスクが上昇するため、できれば30代後半のうちに出産したいと考える人が非常に多いからです。さらに独身の30代後半女性にとっては、まずその前に結婚をしなければならないと考えて、よりいっそう強い焦りやプレッシャーを感じる場合があります。

これら結婚や出産は基本的にプライベート事項でありどうすべきかは個人の価値観や考え方によっても大きく違いはありますが、いずれにしろ仕事に影響がありうるのは間違いないので転職に際しても一定の配慮は必要です。

女性同士の人間関係

女性ばかりの職場では、女性同士の濃密でドロドロした人間関係がしばしば問題になります。「気に入らない」とか「生意気だ」などの、ごくささいな個人的かつ主観的な理由で、集団で特定の人に対して悪口を言ったり無視したり、わざとその人にだけ大変な仕事を振るなどの嫌がらせをするケースがよくあります。

これらは通常いわゆる「お局さま」が主導するイメージがあるので30代後半女性ならば大丈夫ではないかと考える人もいますが、実際にはイジメられるかどうかは年齢より性格に依存するので安心はできません。こうした女性ばかりの職場が苦手な方は転職先の選定でも十分な注意が必要です。

30代後半女性の転職人数・転職回数

ここで、30代後半女性の転職に関する統計数字をおさえておきます。

転職者数

30代後半女性の転職者数そのものではありませんが、参考になる数字として総務省統計局の「年齢階級別転職者数及び転職者比率」によれば、平成29年の35歳から44歳までの女性の転職人数は約38万人となっています。

転職回数

次に、30代後半女性の転職回数をみると、厚生労働省の「職業生涯を通じた キャリア形成」によれば離職回数0回は3割程度、離職回数1回は1割程度でずっと推移しているのに対し、離職回数2回以上については35歳の3割から39歳の4割弱へと増加しています。

転職満足度

ちなみに、30代女性で転職を成功させた方々の満足度はどの程度なのでしょうか。

調査会社リサリサ(リサーチ・リサーチ)によると「転職して良かった」と思っている割合は30代女性の場合、46%となっています。これは20代の45%、40代の34%と比べて一番高くなっています。

ただし、転職満足度というくくりはややおおざっぱ過ぎるきらいがあるのは否めません。たとえば、転職してかえって年収は減ったがそれでも満足だという人も中にはいます。したがって、こうした統計を見る際には、より具体的に、年収、休日、福利厚生など、転職にあたって自分が一番重視する項目についての数字もあわせてチェックすべきでしょう。

Q1● 転職して良かったと思いますか(単数回答 n=300)

全体では、「良かった」41.7% 「どちらかというと良かった」38.3%を足しあげると80%の人が「良かった」と回答しました。年代別で見ると「良かった」20 代45%、30 代46%に比べ、40 代は34.0%と、やや少なかったようです。
しかし40 代でも、「良かった」34.0% 「どちらかというと良かった」46.0%を足しあげると80%が「良かった」と回答し、他年代とあまり差が見られませんでした。転職に年はあまり関係ないのかもしれません。

Q4●転職したことによって、ご自身が変わった良い部分をお答えください。また、その理由もお答えください(複数回答 n=300)

全体では「プライベートで充実した」24.7%が1 位、続いて「金銭面の余裕が生まれた」20.0%が2 位となりました。しかし30 代は「プライベートで充実した」が16.0%と少なく、「金銭面での余裕が生まれた」21.0%が1 位。「仕事が好きになった」では20 代が21.0%と多めで、40 代は12.0%と低い結果になりました。

出典: https://www.lisalisa50.com/research20160620_18.html |

転職の前に考えてほしいこと

言うまでもなく転職はどんな年代にとっても人生を左右しかねない重大事です。決して安易に考えるべきではなく、そこではいくつか注意すべき事項がありますのでそれを述べておきます。

なお、これらはすべて、なにも30代後半女性だけに限った話ではなく他の年代や男性の転職についてもあてはまります。

本当に転職がベストか?

たとえば、今の会社の上司と相性が悪いなどの人間関係を理由に転職を考える人がいます。しかし、馬が合わない人というのはどこにでもいます。これは転職で解決できる問題ではありません。

このように転職に際しては、まず自分が今解決したい問題とは何なのか、その問題は転職で解決できる問題なのか、解決手段は転職以外には存在しないのか、という点をチェックすることが不可欠です。

転職はチャンスでもありますがリスクもあります。とりわけ、女性であり30代後半ともなれば、万一失敗した場合にはそのリカバリーも難しくなります。決して安易に行うべきものではありません。

出産や子育てとの兼ね合い

30代後半女性ならば出産や子育て中という場合も少なくありません。しかし、当然ではありますが転職直後に出産するという事態はなるべく避けるべきでしょう。妊活中の転職が絶対にダメというわけではありませんが、もしも近い将来に妊娠や出産の計画、予定があるならば、それを会社に伝えておくべきです。

また、子育て中の転職は、働ける時間など労働条件に制限が加わるのでかなり難しくなります。30代後半という年齢から早く転職を決めたいという気持ちにもなりがちですが、できるならば転職活動は子育てがある程度落ち着いてからの方が良いのは確かです。

30代後半の転職者に企業が求めること

転職は企業との契約ですから、契約を成功させるためにはその相手方である企業のニーズを理解することが重要になります。

そして、企業が転職者に求めるものは転職者の年齢などによっても違ってきます。そこで、以下では30代後半女性の転職者に対して企業が求めるものは何かを具体的にみていきます。

経験

20代ならともかく30代後半ともなると、年齢相応の業務経験やスキルが求められます。これは女性に限らず男性でも同じです。一般的にいって、30代後半では全くの未経験の転職は非常に難しいといえます。したがって、よっぽどの理由が無い限り転職先は同業種の中から選択するのがよいでしょう。

しかし、中には、未経験の30代後半女性でも十分転職可能な業界もあります。また、経験が足りない分を資格で一定程度は補うことが可能な場合もあります。これらについてはそれぞれ、転職希望の30代後半女性におすすめの業界および資格として、また項目を改めて後述します。

リーダーシップや管理能力

すべての場合にあてはまるわけではありませんが、30代後半になると女性であってもマネジメント能力が要求される場合が多くなります。いわば業務自体の経験や知識やスキルなどは最低限の条件であり、その上でさらに管理職としての適性の有無が重要なポイントです。

ただ、これも一般論であり、分野によっては抜きん出た専門性を持っていればマネジメント経験が全く無くてもそれだけで十分評価される場合もあります。

そうした専門的な業務スキルも無く、またマネジメント経験も無いという場合には、自分の中の潜在的なマネジメント能力をアピールするしかありません。その際には単に「できると思う」というだけではなく、過去の実務上の経験や実績という事実と絡めて、できれば数字もあげて述べることが必要です。

30代後半女性におすすめの業界・職種

以上のように30代後半女性の転職にはこれまでとは違った能力や経験が要求され難しい面もあるのですが、その度合いは業種や職種によっても多少の差があり決して同一ではありません。

そこで、以下では具体的に30代後半女性におすすめの業種・職種をいくつかご紹介していきます。

介護

昨今の日本社会の急激な高齢化により介護業界への需要は非常に高まっています。求人数も多く、また30代後半の未経験者の転職例もまったく珍しくありません。そして、男女比でみると介護業界のほとんどの職種で女性の割合の方が高くなっています。したがって、30代後半女性にとっては転職しやすい業種の一つとはいえるでしょう。

ただし、一方で離職率も高くなっている点には要注意です。肉体的、精神的に大変なわりに収入が低いなど過酷な労働条件の場合も多いので、とりわけ未経験であれば事前に十分な情報収集をして、はたして自分に可能かどうかを分析しておくべきです。その際には後述する30代後半女性におすすめサイトなども積極的に利用していきましょう。

ネット広告関連

平成28年時点におけるネット広告関連業界の市場規模は6400億円程度ですが、その伸び率は17%と高く、今後も成長が見込める業界です。

電通の「2015年日本の広告費」によれば、平成27年の日本の総広告費は6兆1700億円で、その中でネットの広告費は1兆1600億円でありその伸び率は10%となっています。広告媒体別でみるとまだテレビが1位を守ってはいますが、その伸び率はすでに-1.4%であり、新聞にいたっては-6.2%となっていてネット広告業界の勢いが際立っています。

業界自体が拡大していれば自然と求人数も増加しますので他の業界よりもチャンスは多いといえるでしょう。

人材派遣業

リーマンショック時に大きく景況悪化した人材派遣業市場ですが、その後の景気回復にともないここ最近は着実に成長しています。平成28年時点での業界の市場規模は2兆9700億円で、伸び率は17%に達しています。最近はますます人手不足が大きな問題となっており、人材派遣業界に対するニーズはより一層高まるものと考えられます。

人材派遣業で重要になるのはコミュニケーション能力、特に相手の気持ちを十分にくみ取る能力です。仮に人材派遣業界での経験が無くても、過去の対人業務における経験から自分には相手の気持ちをくみ取る力がある、ということを説得的にアピールすべきでしょう。

30代後半女性におすすめの転職サイト

では、具体的な転職活動方法について述べます。

現在の転職活動においては転職サイトなどのネットツールの利用は不可欠です。その情報量、検索の容易さ、その他さまざまな個別サポートなど、その利便性は雑誌などの従来の媒体とはくらべものになりません。

ただ、一口に転職サイトといっても色々あり、それぞれ特徴を持っています。ここでは特に30代後半女性におすすめの、必ずおさえておきたい必須の人気転職サイトをご紹介しておきます。

リクナビNEXT

項目評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

リクナビNEXTはその名のとおりリクルートが運営しています。業界最大手であり、求人の量も多く、しかもその掲載されている求人の8割以上がリクナビNEXTにしかない限定求人になっているなど、求人の質もトップクラスです。さらに、実際の転職決定数が1位であるという点も評価できます。

性別や年代を問わず利用しやすく、もちろん30代後半女性にもおすすめできます。転職を考えたらとりあえずは登録しておくべきサイトでしょう。

リブズキャリア

項目評価
求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

リブズキャリアはキャリア女性に特化したサービスを提供しています。特化型なので、ひろく30代後半女性全員におすすめできるわけではありませんが、いわゆるハイキャリア層であればぜひ利用を検討すべきレベルの高いサイトです。なお、リブズキャリアにおけるハイキャリア層とは具体的には年収400万円以上とイメージしてください。

ハイキャリア女性に特化というと仕事一筋の女性だけが対象と思われる方もいますが、リブズキャリアはあくまでもワークライフバランスを重視しており女性が家庭などと両立させながら活躍できる案件を厳選しています。

doda

項目評価
求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

dodaはパーソルキャリアが運営する転職サイトです。こちらも大手であり求人数、質ともに申し分ありませんが、dodaの特徴しては転職エージェントサービスも同時に行っているという点があげられます。

次項でもご紹介しますが転職エージェントサービスとは、転職サイトのように単にサイト訪問者に求人情報などを提供するだけでなく、各登録者に一対一でエージェントがついて個別の支援をするという物です。

dodaの転職エージェントの満足度は90%と大変高く、もちろん30代後半女性にも強くおすすめいたします。

30代後半女性におすすめの転職エージェント

では次に、30代後半女性にも利用しやすい人気の転職エージェントをご紹介します。それぞれ個性的なサービスを用意していますので、ご自分に合ったサービスを適宜選んで有効活用してください。

ビズリーチ

項目評価
求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

ビズリーチは最近はテレビCMなどで一般的な知名度も上がりましたが、それ以前から転職エージェント業界では有名なサービスです。特徴としては対象をはっきりとハイキャリア層に限定している点です。高収入案件を探してる方にはおすすめですが、現時点ですでにある程度の年収・地位・経験・スキルを備えていることが必要になります。目安としては年収600万円以上です。

この条件をみたすには必然的に年齢もある程度上でなくてはならないため、登録者も30代以上が多く、キャリアやスキルさえあれば30代後半でもまったく問題ありません。条件に該当し、かつ今後のキャリアアップを目指す方はぜひとも登録しておくべきでしょう。

キャリアカーバー

項目評価
求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

キャリアカーバーはリクルートが運営する転職エージェントで、こちらもハイキャリア層に特化したサービスです。

同じくハイキャリア層に特化した転職エージェントである前項のビズリーチとの相違点としては、ビズリーチはエージェントの指名や相談など有料サービスが多いのに対してキャリアカーバーは全て無料ということが挙げられます。

また、キャリアカーバーではただ自分のレジュメと希望条件を登録さえしておけば、それを見たヘッドハンターがスカウトしてくるという完全に受け身で最小限の手間で済む転職活動も可能です。

ビズリーチにしかない案件やキャリアカーバーにしかない案件というのもありますので、キャリアアップを希望する30代後半女性はこれら両者を登録しておくことを推奨します。

リクルートエージェント

項目評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

「転職エージェントを利用したいけれど、自分はハイキャリア層ではない」という方にも広くおすすめできるのがこのリクルートエージェントで、リクルートが提供しています。最大手のリクルートらしくここでも求人数の量、質はともに高く、どんな方でも希望条件に合った案件を見つかりやすいでしょう。

30代後半の転職におすすめの資格

ではここで30代後半女性の転職におすすめの資格について述べますが、資格の勉強をする前にしなければならないのは自己分析です。

今までの経験やスキルを棚卸しして、それらを生かした資格としては何があるかを考えましょう。さらに、自分の特性を考えて、自分がどういった方面に向いているかの分析も必要です。このように、まずはこれまでの自分の経験や特性を生かせないかを最初に模索すべきです。

宅地建物取引士

いわゆる宅建です。法律上、不動産会社の営業所では従業員の5人に1人は宅建の有資格者を配置しなくてはいけません。そのため、30代後半でも有資格者ならばかなり転職で有利になります。

医療事務、介護事務

近時の高齢化を背景として医療ないし介護業界の人材は不足気味であり、そこで必須となる知識や技術を学べてまたその知識習得の証明ともなるこれらの資格はおすすめです。もともと女性に向いている分野であり、長期勤務もしやすいでしょう。

中小企業診断士

中小企業診断士は中小企業の経営や財務、法務などについて経営者にアドバイスするための資格ですが、転職にも有効です。試験内容は比較的高くなっていますが、その分、管理職としての能力のアピールに役立ちます。

年収と生活費

ここで、30代後半女性の年収と生活費についての統計をみておきます。

年収

dodaエージェントの調査によると、30代後半女性の平均年収は約400万円です。男女全体の平均は約500万円であり、依然として男女間の年収格差が大きいことがわかります。

生活費

次に、30代後半女性の生活費そのものではありませんがそれと関連するデータとして、総務省の「家計調査」によれば二人以上の世帯の消費支出を35歳~39歳についてみると2017年では約27万円となっています。

30代後半女性に転職チャンスは十分あり

以上、転職を希望する30代後半女性に有益な情報をご紹介してきました。確かに30代後半女性の転職についてはそれ特有の難しさもありますが、十分に自己分析をして方法を間違えなければ転職のチャンスは必ずあります。

今は変化の激しい時代であり、転職シーンにおいてもさまざまなトレンドが生まれまた新しい転職支援サービスが出てきています。常に最新情報にアンテナを張り効率的な転職活動をしてぜひとも満足のいく転職を実現してください。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

←前の記事へ

Moffers by CodeIQとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

【派遣会社の選び方】リクルートスタッフィングの口コミ評判まとめ

Latests