Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月19日

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

30代前半女性の転職には悩みがつきものです。この記事では30代前半女性の転職の悩み、転職をする前に考えて欲しいこと、30代前半女性の転職希望者におすすめの転職サイトなどを紹介しています。30代前半女性で転職に悩んでいる方はぜひご覧ください。

30代前半女性の転職

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

女性は30代前半になると結婚や出産について考えることが多くなり、仕事についてもこのままで良いのかと考えるようになります。

同じような仕事内容の転職であれば年齢を重ねても転職のしやすさに問題はありませんが、未経験の仕事内容に転職したい場合は早いに越したことはありません。

この記事では「30代前半女性の転職について」「転職への悩みや転職前に考えてほしいこと」「企業が30代前半女性に求めること」「おすすめの転職サイト」などを紹介していきます。

30代前半の女性の転職率・平均転職回数

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

30代前半女性の4人に1人は「転職1回」、30代前半女性のおよそ3割が「2回以上の転職」を経験しています。1度転職をしているからと言って30代前半での転職を諦めてはいけません。

30代前半女性であれば3回までの転職回数は許容範囲とされています。しかし勤務期間が短いものは面接時に不信感を与えかねません。余程の事情がない限りは2年以上の勤務を心がけましょう。

転職満足度

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

30代前半女性の転職満足度は70%を超えています。男性は60%ほどなので、十分高い数字と言えます。30代前半の女性は転職をする際「給料や仕事内容」ではなく「働きやすさ」を重視しているため、結果転職満足度も高くなっています。

30代前半女性は「結婚や出産」も視野に入れて転職活動を行わなければなりません。さまざまなことを考えて転職活動を行っているからこそ、転職後の満足度も高くなっています。

30代前半女性でこれから転職活動を行う方は、転職に関する悩みを一つ一つクリアにしていき、自分が満足できる転職を行えるよう心がけましょう。

30代前半のよくある悩み

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

30代前半になると「今のままで良いのか」と自問自答してしまう方が多くなります。その中でも特に多いのが「貯金」と「仕事について」です。どちらとも30代前半で悩むことはとても大切です。この章ではその2つについてアドバイスをしていきます。

貯金

20代の頃はあまり貯金をせず過ごしてきた方もいますが、30代前半になると貯金について本気で考えなければなりません。30代前半の平均貯金額はおよそ330万円です。結婚式を挙げたいと考えているならばやはりこの位は貯めておいたほうがよいでしょう。

また今は何不自由なく過ごせていますが、定年後の生活についてすこし考える必要があります。定年までに貯金しておいたほうが良いといわれている額は1人当たり3000万円です。頭の隅でも良いのでこのことを覚えておきましょう。

30歳から貯金を始め定年が60歳で貯金額を3000万円と考えると、年に100万円貯金しなければなりません。月で考えると8.3万円です。ですが月々8.3万円の貯金をいきなり始めるのはかなり難しいです。

まずは5万円、5万円でも厳しければ最低3万円は貯金をしていけるよう努力しましょう。

今の仕事について

仕事を覚えるのに必死だった20代とは違い、30代前半になると今の仕事について考えるようになります。考えることは人によって違いますが主に「給与」「やりがい」「出世」「勤務体制」についてです。

「給料が低い」と感じる方は転職を視野に入れてみましょう。同じような仕事内容でも会社によって給料は異なります。まずは他社の給料について情報収集をするなどの転職活動を行ってみると良いでしょう。

「やりがい」や「出世」、「勤務体制」については部署異動などで解決できることが多いです。まずは部署異動を検討してみましょう。

女性ならではの悩み

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

30代前半女性は転職をするとき「結婚や出産」に関して悩む方が多いです。また女性は「自分がいなくなったら仕事が回らなくなるのではないか」という思いから転職に踏み切れない方が多い傾向にあります。

この章では30代前半女性の転職に関する悩みに対してアドバイスをしていきます。

結婚や出産

女性は30代前半になると「結婚や出産」に関してより悩むようになります。転職をしたいという思いはあっても転職後2~3年働いて結婚や出産と考えると、あっという間に結婚適齢期を過ぎてしまいます。

30代前半女性が転職について考え始めたら、転職の必要性を考えるのと同時進行で、転職先の候補を決めていきましょう。女性にとって30代前半の時間はとても貴重です。その貴重な時間にダラダラと転職活動を行うのは勿体ないです。

転職先候補を決めてから転職するかどうかの結論を出しても全く構いません。また転職先で育児休暇を取得したいと考えているならば、最低1年間は転職先の職場に勤務する必要があります。

これは出産が転職後1年未満の場合は育児休暇を取得することができないからです。この点だけ気をつけておきましょう。

人間関係や仕事に対する責任感

女性は男性よりも人間関係を気にする傾向にあります。転職理由が自身のスキルアップの場合、今まで築いてきた人間関係を無くしてまで転職する必要があるかどうか悩んでしまいます。

また女性は「自分がいなくなってしまったら仕事が回らなくなるのではないか」と考える方も多いです。しかし引き継ぎさえしっかりと行えば、自分以外の人ができない仕事というのはほとんどありません。

引き継ぎの日数がどの程度必要か考え「その期間+1ヶ月」前に上司に仕事を辞める報告をするようにしましょう。「+1ヶ月」は引き継ぐ人を新しく雇う場合に必要な期間です。

「自分がいなくなってしまったら仕事が回らなくなるのではないか」と考えている方は、引継書をしっかりと作りましょう。そうすることで不安材料がなくなり安心して転職活動を行うことができます。

転職の前に考えて欲しいこと

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

転職によって人生は変わっていきます。転職はそれほど大きい出来事です。そのため転職をする際にはじっくりと悩むことが大切です。

その際に特に考えて欲しいことが「転職の必要性」と「転職後の人生」についてです。この章ではなぜそれらについて詳しく説明していきます。

転職の必要性

転職をしようと考え始めたときは、転職する必要があるのかどうかよく考えましょう。転職によって人生は良くも悪くも変わります。転職は一時的な感情で行うのではなく、じっくりと考えて行うことが大切です。

例えば人間関係やと仕事内容に悩んで転職を希望している場合は、部署異動を検討してみましょう。人間関係や仕事内容であれば転職ではなく、部署異動で解決できる事案です。まずは部署異動を視野に入れて行動してみましょう。

転職後の人生

30代前半女性が転職をする場合「結婚や出産」についてよく考えましょう。出産後も働くことを視野に入れているのであれば、転職希望先の「育児休暇取得の有無」について把握しておくことが必要です。

転職によって年収は変わることが多いです。しかし転職によって年収が上がるとは言い切れません。転職で年収が下がる場合もあります。そうなった場合に転職後の年収で暮らしていけるかどうかじっくりと考ることが大切です。

30代前半女性の生活費と年収

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

30代前半女性の平均年収は300万前後となっています。女性は化粧品代などがかかってしまいますが自炊することが多い傾向にあり、30代前半女性の月々の生活費は平均20万前後とされています。

転職をする際、給料のチェックは必須です。転職をすると年収が下がるといったリスクもあります。しかし月々の生活費から変動費を節約するのは厳しいです。最も簡単にできる節約は家賃の見直しです。転職を機に家探しをしてみるのも良いでしょう。

また携帯電話の見直しもおすすめです。携帯電話は年々新しいプランが誕生しています。ぜひチェックしてみましょう。

30代前半の女性の転職におすすめの資格

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

転職に向けて資格を取得してみましょう。30代前半女性には「日商簿記検定」「MOS(Microsoft Office Specoalist」「TOEIC」などの資格がおすすめです。

日商簿記検定はできれば2級以上の取得が望ましいですが、まずは3級からの資格取得を目指しましょう。日商簿記検定を資格取得すると経理事務にも転職を挑戦することができ、一般事務や営業事務にも強みになります。

「MOS」はWordやExcelなどのスキルを証明する資格となっています。現代社会においてパソコンスキルは必須となっていますが、高いパソコンスキルは転職時のアピールとしてあらゆる面で有利です。

近年は外資系の企業が多くなっています。「TOEIC」は資格ではなく点数としての評価ですが、勉強して損はありません。スコアが800点以上あれば立派なアピールポイントです。ぜひ挑戦してみましょう。

30代前半女性の転職者に企業が求めること

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

企業が30代前半女性の転職者に求めるのは「即戦力」と「指導係としてのスキル」です。企業は30代前半の転職者には20代での経験を活かして欲しいという考えと、2~3年後には指導係になって欲しいという思いで30代前半女性の転職者を採用していることが多いです。

この章は企業が求めている「即戦力」と「指導係としてのスキル」について詳しく説明していきます。

即戦力

企業が30代前半女性の転職者に求めているのは「即戦力」です。20代で経験したことをずぐさま仕事に活かしてもらいたいと考えています。

そのため30代前半女性の方が転職するのであれば、同じような仕事内容の方が採用されやすいです。しかし未経験の仕事でも社会知識は十分に活用できます。面接では前職での経験を紹介し、即戦力になれることをアピールしましょう。

指導係

企業は30代前半女性の転職者に対して「2~3年後に指導係になってほしい」という思いがあります。新入社員や若手の社員には35歳くらいの方からの指導が有効だからです。

新入社員と年齢が近すぎると友達感覚になりやすく、お互い馴れ合いがちです。逆に年齢が離れすぎると新入社員は萎縮し、仕事に関する質問もしにくい状態になります。

35歳くらいの年齢は新入社員から見て「頼りになる人」となり、相談などもしやすいです。結婚や出産について考えている女性には35歳頃に「指導係」となるのは厳しいですが、指導係に任命されたときには、指導をする相手が一人前になるように頑張りましょう。

30代前半の女性におすすめの業界・職種

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

30代前半女性の転職は同じような業界や職種の方が転職しやすいです。それは企業側が30代前半女性に対して「即戦力として雇いたい」と考えているからです。しかし仕事内容が合わず転職をしたいという考えの方もいることでしょう。

この章ではそんな方におすすめの業界や業種について説明していきます。

営業職

営業職は未経験の方でも転職しやすい職種です。営業職の転職では若い子より社会について知識のある30代前半の方が採用されやすい傾向にあります。しかし誰でも簡単に営業職になれるわけではありません。営業職では扱う商品などに対しての知識が必要です。

また信頼関係が最も重要視されます。人は信用しない人から物を購入しません。ますは取引相手と信頼関係を築くことが大切です。人と親身に接することができる人や聞き上手な方は信頼関係を築くことにも長けており、営業職に向いていると言えます。

人と親身に接することができる方や聞き上手な方は営業職への転職がおすすめです。

事務職

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

事務職も未経験からでも転職しやすい業種です。事務職でも経理事務は専門的な知識が必要になるため、一般事務や営業事務、総務事務への転職がおすすめです。

事務職はパソコンのスキルが必須とされています。しかし深い知識ではなくワードやエクセルを使いこなせるレベルであれば大丈夫というところが多いです。最低限のパソコンスキルが身についている方は事務職への転職に挑戦してみましょう。

サービス業

サービス業も転職しやすい業種でおすすめです。しかしサービス業は土日勤務のところがほとんどです。将来的に育児をすることを考えているのであれば、よく考えて転職するようにしましょう。

保育園は日曜日に休みとなるところが多く、日曜日運営している保育園が限られてきます。そのためサービス業では育児をきっかけに退職する方も多く、30代前半女性が手薄になっています。

30代前半女性が手薄なため30代前半女性は採用されやすい傾向にあり、育児に関する悩みのない方にはサービス業への転職がとてもおすすめです。

30代前半の女性におすすめの転職サイト

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

転職について少しでも考えるようになったら、まずは転職サイトに登録してみましょう。転職は情報収集がとても大切です。この章では30代前半女性におすすめの転職サイトを紹介しています。ぜひご参考ください。

リクナビNEXT

求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

転職について考え始めたらまずは「リクナビNEXT」に登録してみましょう。「リクナビNEXT」は国内で1番人気の転職サイトです。求人が全業種、職種と幅広くあり、転職サイトへの登録が簡単で使いやすいと好評です。

スマートフォンでも求人チェックを行うことができ、移動時間などのスキマ時間に利用することが可能です。転職市場の情報収集を行えることだけでも、十分利用する価値があります。

リブスキャリア

求人数★★★
サポート力★★★
満足度★★★

「リブスキャリア」は女性のキャリアに特化しており、女性特化型サイトで最もおすすめの転職サイトです。連携先は女性が活躍している企業ばかりです。しかし年収400万円以上の企業がほとんどのため、登録者も過去の年収が400万円を超えている方に限られています。

独占求人や面接対策などでは評判が良く、一方でハイキャリア以外の方には対応が冷たいという意見があります。自分のキャリアに自信がある女性には「リブスキャリア」はとてもおすすめです。ぜひ利用してみましょう。

doda

求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

「doda」は業界最大の転職サイトです。あらゆる面で高評価を獲得しています。求人数がとても多く、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートの面でも優秀です。一方で質の低い求人も紛れ込んでおり、注意が必要です。

「doda」は求人数が多くとてもおすすめですが、単独利用は控えておきましょう。「doda」
に登録して転職事情を把握してから、下記に紹介している「転職エージェント」への登録も行い利用するとより良い転職活動を行えることでしょう。

30代前半の女性におすすめの転職エージェント

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

転職エージェントは人材紹介会社です。転職希望者に転職支援のプロが最適な求人情報を紹介してくれます。就職支援のプロが転職希望者一人ひとりに付き、転職に関するサポートをします。面接帯対策、履歴書や職務経歴書の書き方などのアドバイスもしてくれます。

転職活動に不安なことがある方は転職エージェントを利用してみましょう。今回は30代前半女性におすすめな転職エージェントを3社紹介します。

キャリアカーバー

求人数★★★
サポート力★★★
満足度★★★

キャリアカーバーはリクルートグループが運営する転職エージェントで、年収800万~2000万のハイキャリア層向けとなっています。有能なヘットハンターが転職希望者に代わり仕事を探し、紹介してくれます。利用方法は5分ほどで済む登録を行うだけです。

ハイキャリア層向けのため求人数などが厳選されています。求人数が厳選されているため利用者からの評価は低くなっていますが、30代前半女性でハイキャリアの転職を希望している方はぜひ登録してみましょう。

ビズリーチ

求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

ビズリーチは年収600万以上の転職を希望される方達に最も支持されている転職エージェントです。マイナーな職種に強い人材紹介者や強力なコネを持ったヘッドハンターの方たちと繋がりを持つことができ、企業から直接スカウトこともあります。

難点なのは多くの人材紹介者やヘッドハンターからメールが届いてしまうことです。しかしこのメールの中にあなたに最適な人材紹介者やヘッドハンターがいます。すべてのメールに目を通して悔いのない転職活動を行っていきましょう。

リクルートエージェント

求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

リクルートエージジェントは求人の量が豊富な日本最大級の転職エージェントです。ITや通信企業、医薬業、営業職などの求人が多数あります。求人数が多いため幅広い転職を考えている方におすすめの転職エージェントです。

また面接対策用のセミナーや模擬面接サービスなどがあり、サポート面も充実しています。リクルートエージェントは転職希望者の方にはぜひ利用してもらいたい転職エージェントです。今すぐ登録をして利用してみましょう。

まずは転職サイトに登録してみましょう!

【30代前半の転職事情】女性の転職のためのおすすめエージェント

30代前半女性の転職についてさまざまな角度から紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。30代前半女性は転職について考え出したときに「結婚や出産」についても考えなければなりません。

しかし考えているうちにどんどん時間が過ぎていってしまいます。転職について考えは始めたらまずは情報収集として転職サイトに登録してみましょう。

そして本格的に転職活動をする、自分ひとりで転職活動をしていく自信がないという方は転職エージェントの利用がおすすめです。

転職によってその後の人生は変わっていきます。転職後に後悔することがないよう、きちんと決断をして転職活動を行うことが大切です。

Latests