Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月12日

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

今回は「40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント」と題して、「40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「「40代で未経験職種へ転職する際の秘訣」をご紹介します。

40代でもスムーズに転職できる

40代で「未経験の職業」へ転職することは大変であると、おそらく社会においてよく言われている一般的なイメージとしてあるでしょうか。40代やそれ以上の年齢ともなればやはり転職採用の口は非常に狭まり、また「新しい未経験の職種への採用」となると、その分、リスクを背負い込む度合いも次第に高まることが予測されます。

しかし、「一般企業(組織会社)への転職」を希望する上では確かに大変になるでしょうが、たとえば「自宅ワークなどに含まれるパソコン作業を未経験の職種」として転職しようという場合は、それほど大きなリスクを背負い込むことはありません。

40代だからこそ、それまでのキャリア・経験・知識を生かし、この「未経験の職種への転職」をもってさらに人生を謳歌できる道が開けることは多いにあります。ぜひその「魅力的な未経験の職種への展望」を40代の成熟期の時点で一度図ってみましょう。

40代のよくある悩み

一般的に未経験の職種への転職に際して「40代のよくある悩み」の多くは、「新しい未経験の仕事環境でも上手くやっていけるかどうか」、「40代にもなって新しい職場での人間関係に順応できるかどうか」、また「40代で次々と新しい未経験の仕事内容を覚えきれるだろうか」などの、基本的には先行するイメージを元にした悩みがよく見られます。

これらは飽くまでイメージ上での悩みであって、実際に未経験でもその仕事に就いてしまえば、それまでの悩みが嘘のように消えてしまうこともよくあります。

しかも「人間関係への悩み」や「仕事環境への悩み」というものは一般的に「組織会社・一般企業に転職する場合の悩み」であって、この場合も自宅ワークを想定する場合は無関係です。つまり、転職先を柔軟な視点で見ることによって、これらの悩みは解決されます。

悩み1:人間関係への不安

先述から内容が引き続きますが、40代で未経験の職種への転職を希望する場合、そこで得られる多くの悩みはやはり「新しい職場での人間関係を円滑にしていけるかどうか」という不安が非常に色濃く見られます。

「人間関係が上手くいかなくて仕事を辞めた」という体色理由は、実は現代の辞職理由の大部分を占める程の確率となっており、この場合の惜しいことには「仕事そのものに対するスキルは十分ありながら、その人間関係の悩み1つで(自分にとって)最適の仕事を辞めてしまう」という非常に残念な結果がよく見られています。

このような場合、「未経験の職種への転職内容」を冷静に捉えておき、たとえば「人間関係に悩まなくても良い未経験職種の仕事環境」を獲得する工夫に専念してみると良いでしょう。

悩み2:上手く仕事に順応できるかどうか

この「上手く未経験の仕事に順応できるかどうか」という点においても、やはり40代で転職を考える場合には非常に大きな悩みになりがちでしょう。特に40代ともなれば「新しい環境や仕事内容への順応力・適応能力」が次第に固まってしまい、なかなか柔軟な対応ができなくなるなどの懸念もあがります。

このような場合においても、その転職先の(未経験の)職種を「確実に自分独りでやれる仕事」に置き換えて(想定して)おくことによって、未経験の仕事への懸念や不安はまず払拭されやすく、その後の仕事への対し方や環境設定などを含め、自分にとって好都合な状態に置き換えることができるでしょう。

40代の転職人数・平均転職回数

先述では「40代で未経験の職種へ転職する際に抱えやすい悩み・順応力・適応能力についての不安」などについてご紹介しましたが、ここでは「40代の転職人数・平均転職回数」と題して、40代の人がどのくらいの確率で転職を希望し、またその平均の転職回数が見られるのかについてご紹介します。

一般的に「40代での転職平均回数」としては「3.2回」とされており、「(転職回数が)1回」の割合が「17.9%」、「2回」の割合が「20.1%」、「3回」の割合も「20.1%」、「4回」の割合は「19.6%」、「5回」の割合は「9.7%」、そして「6回以上」の割合は「11.8%」とされています(40代前半の場合)。

この転職の平均回数は「未経験の職種と関連職種との複合された転職回数」となります。そして40代前半の場合でも、上記と似た傾向が見られます。

転職満足度

ここでは「40代の未経験職種への転職満足度」についてご紹介します。この場合の転職満足度というのは、基本的に「いろいろな転職サイトや転職エージェントを活用した上で、実際に転職した後に別の企業へ再度転職していない比率」に基づいてデータ化される内容になります。

この点でピックアップされる転職サイト・転職エージェントのランキングではまず「ビズリーチ」がトップにされる傾向が高く、続いて「リクナビNEXT」や「JACリクルートメント」などがピックアップされています。

40代で未経験職種への転職希望をする際には、まず「確実に現在の自分の能力で賄える仕事内容かどうか」をきちんと把握しておき、その確認に基づきながら「給与面の充実度」や「連日の仕事内容についていけるかどうか」などが確認材料とされます。

転職の前に考えてほしいこと

次に40代で未経験職種への転職を希望する以外の場面でも求められる注意点ですが、特に40代で未経験職種への転職を行なう場合には「転職後の自分の生活設計」や「その未経験の職種への満足度がどれくらいあるか」について的確に把握することが大事になるでしょう。

つまり、転職活動において最も重要な局面となる「その未経験職種と自分の相性の見定め」となりますが、この見極め・見定めをしっかり確認しておき、さらにこれから就労する仕事先がどのような環境になるかについて確実に理解しておくことが大切になります。

注意点1:未経験の仕事内容への順応力

まず先述でもご紹介しましたように、「未経験の職種への転職希望」を出す場合には、その転職先の仕事内容と自分の能力が果たして「本当にマッチしているかどうか・果たして順応できるかどうか」について確実に見定めておくことが大切です。

この確認は、未経験職種への転職後の自分の生活設計につながっていくため、転職活動を行なう時点で確実に押さえておき、自分の仕事そのものへの相性・覇気といった熱意につながる姿勢を、着実に向上させていくためのキーワードになります。

特に40代で未経験職種への転職を希望する場合には、この「仕事内容と自分の能力の確認」が非常に重要になり、その見極め・見定めができていなかったばかりに、せっかく一流企業への転職ができてもすぐに再就職・転職という結果になる場合が多く見られます。

注意点2:ずっとできる仕事かどうか

次に、さらに「未経験の職種への転職」を検討する際に配慮すべき点についてですが、「自分が転職後も確実にその仕事を継続できるかどうか」をしっかり確認しておくことが大切になります。この確認も転職活動時においてしっかり把握しておくべき注意点となりますが、得てしてこの点を見落としてしまう人も多く、そのために満足できない場合が見られます。

この注意点に配慮する最大のメリットは「その転職後の安定した仕事環境・生活状態の確保」にあり、この場合にさらに大事なことは「それまでに植え付けられてきた固定観念を一度払拭しておく」ということになります。

「仕事は会社に行って皆と一緒に行なうもの」といった固定観念をまず取り払っておき、その上で「自分と未経験の職種との一対一の相性」だけを専念して検討しておきましょう。

40代でのキャリアチェンジのメリット

さて、「40代でのキャリアチェンジのメリット」についてのご紹介です。40代で転職希望をする人が実に多い事実については先述しましたが、この「40代で未経験職種への転職を希望すること」の大きなメリットは、まず「それまでの実力を謳歌する形で、さらに自分にしっくりとくる理想的な仕事環境を得られること」にあります。

今までのキャリアで培ってきたいろいろな経験・知識・スキル・能力を土台にして、その転職後の仕事はさらにそれらの実力を生かした仕事をチョイスし、それによって未経験の職種でも「その仕事に本当のやり甲斐」を感じられるようになることが最大のメリットとなるでしょう。

メリット1:今までの能力を開花する

先述の続きとなりますが、この「それまでのキャリアで培ってきた実力・能力」を最大限に生かせる仕事というのは、たとえ未経験の職種であっても非常に喜びがある成果を生んでくれます。こうした「新発見をさせてくれる職種」というのは実はその名のとおりに「それまでしてこなかった未経験の職種」に埋れていることが多くあります。

40代だからこそ未経験の職種に率先して挑戦していき、ぜひ「自分だけにしっくりとくる理想的な仕事環境」を選び取りましょう。

メリット2:40代だからこそ生かせる能力

この場合の「40代だからこそ生かせる能力」というのは、先述でもご紹介しました「それまでに培った実力・能力や知識」を基本的に指しており、それらの「独自の能力」をさらに発揮させる形で「自分にとってさらに充実した仕事環境」を生んでくれる土台を得るための力となります。

それまでの経験において、「こんな仕事環境は快適ではない」や「人間関係にもう悩みたくない(死後環境を想定する上でまったく関係がないと考えられる人間関係における悩み)」などといった独自の判断を基にする形で、転職後の新しい仕事環境を生み出す際にはその独自の意見・見解を存分に取り入れた環境にすることができます。

40代の転職者に企業が求めること

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

さて、企業側から被雇用者に対する採用基準というのはどのようにして決められるのでしょうか。「40代の転職者に企業が求めること」についてのご紹介ですが、この場合に求められる内容は「資格」でも「学歴」でもなく、「それまでのキャリアで培ってきた経験の力・応用力」となります。

誰もが持っている「応用力」というのは、それまでのキャリアでいろいろな場面をクリアしてきた「順応力・適応能力」などにつながる実力として見られ、その上で「企業として担ってもらいたいさまざまな職種に、柔軟に対応できること」が強く望まれるでしょう。

求めること1:コツコツタイプ

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

一般的に多くの企業が求める転職希望者への理想として、この「コツコツタイプの性格・真面目な性格」という点はいつでも除外されることなくピックアップされます。この場合の「コツコツタイプ」というのは先述の「柔軟な仕事への対応能力」につながる形で、「どんな未経験の職種でもとりあえず従事してみて、その仕事を完遂させる能力」となるでしょう。

このような「持続型の仕事への姿勢」はどの企業からでも必ずピックアップされやすく、そのフィルターによって40代の転職希望者に対しても「真面目に継続して仕事をしてくれる態度と実力」を求めてくるでしょう。

求めること2:揺るぎない責任感

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

次に求められるのは「責任感の強さ」についてです。これもほとんど(すべてと言っても過言ではない)企業にとって欠かせないフィルターとなり、特に40代で未経験職種への転職希望者に対しても、「1つの仕事を最後までやり抜く実力の保持」を期待するでしょう。

この責任感というのは仕事を行なう上で必ず「なくてはならない信頼性」を生む基本的な土台となるため、これは40代の転職希望者に限らず、すべての雇用者に対して企業側が必ず求める重要ポイントとして認められます。

40代未経験転職におすすめの業界・職種

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

次に、「40代の未経験転職におすすめの業界・職種」についてのご紹介です。40代の転職希望者にとって非常に有利な業種というのは、やはり少し以前から変わらず「IT関連企業の職種」や「派遣社員として従事する職種」、また「内職的な作業」となるでしょう。

上記をきちんと踏まえた上で、40代の転職希望者にとって「未経験の職種」がどのようにあるかを確認することは大切であり、その確認は「自分にとって必ず継続できる仕事内容」と生活安定に導くための土台を築く結果となります。

業界職種1:パソコンのデスクワーク

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

まず先述からご紹介してきましたこの「IT関係のパソコン作業」についてのご紹介です。パソコンワークというのは現代のIT関連業種でも非常に多くの分野に分かれており、それぞれのワークにおいて「求められる実力・タスク」が自ずと違うことは周知のとおりに認められます。

つまり、パソコン作業においても「得意分野」と「不得意分野」の2種類がまずあり、そのうちの「得意分野のパソコンワーク」を率先して依頼される業種への転職を検討することが、この場合の「未経験の職種へのスムーズな転職」を助けてくれるきっかけとなります。

業界職種2:クラフト業(専門職種)

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

次は「クラフト業(専門職種)を未経験の職種」とした場合の転職についてのご紹介です。クラフト業というのは一般的に「専門職」のことを指し、特定の専門スキルを存分に発揮する形で受注するべき仕事への対応をしていきます。

この場合はクラフト業に従事する際の信頼を得るために、それまでのキャリアにおいて「専門的職種」にずっと携わってきた実績がまず土台となり、できるだけその関連職種を想定した上での未経験職種を検討することが大切になります。

業界職種3:サイドビジネスとしての内職

一般的に言われるこの内職ですが、この内職にしても現代では非常に多くの業種が認められており、それぞれの内職の種別を仕分けていく場合に、たとえ未経験職種でも十分やっていける内容の仕事はいくらでも見付かることでしょう。

この場合はやはり、自分に見合った(最適な)転職エージェントや転職サイトを利用することが勧められ、それによってさらにスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

サイドビジネスとして内職をいくつか掛け持ちしておき、それぞれのサイドビジネスをつなげる形で本業とすることも「安定した収入を得るための工夫」となります。内職は基本的にノルマのハードルが低いため、この掛け持ちもスムーズにできることが多いでしょう。

40代未経験転職におすすめの転職サイト

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

先述でも少し触れましたが、「未経験職種への転職」を希望する場合には、やはり何も知らない状態でいるより「転職エージェント・転職サイト」を十分活用することが大切になります。このような情報の活用は転職時だけでなく就活時での基本となるため、ぜひこれを機会に自分なりの検索方法を想定しておきましょう。

転職サイト・転職エージェントを上手く利用することによって、40代で未経験職種への転職希望を掲げる際にも「自分に見合った理想的な転職先」を見付ける近道にもなり、その成功によってはその後の人生を大きく変えてしまう好機を得ることができます。

リクナビNEXTによる未経験職種への転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★

年齢層の高い転職希望者でも非常に活用しているこの「リクナビNEXT」ですが、この転職サイトはとにかく外資系から年代別の転職情報をはじめ、転職希望者個別の性格・スキルによって幅広い斡旋作業が行われています。ぜひ一度は利用の検討をしてみましょう。

しかし情報量が多い場合には(転職希望者によっては)「情報量が多過ぎて、実際にどの情報を見ればよいか」が判らない場合が出てくるため、転職サイトの基本的な使用法をマスターしておくことは必要です。

特にIT企業関係の職種を見付ける場合でも、この転職サイトを利用する場合は「すぐに自分にとって有益な転職先」を見付けられるきっかけを得られます。

dodaによる未経験職種への転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★

次に「転職サイトdoda」についてのご紹介です。この転職サイトを利用する際には「平均的な転職斡旋力」が多くの分野で認められており、とにかく当サイトで転職の斡旋がされれば「どこかの転職先には行き当たる」といった確約に近い安定感が見られます。

40代で未経験職種への転職を希望する場合でも、「本当に自分の会計士としての能力・スキルに見合った職先であるかどうか」についてはしっかり確認する上で、その求人数の充実した豊富さに魅了されることでしょう。

この転職サイトの魅力はさらに「連絡を密に取れる」という点で、それによって「自分が本当に理想としている職種(未経験職種でも)を着実に確保できる点」にあります。

from40による未経験職種への転職

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★★

次に、40代からの(未経験)職種を見付ける・転職する場合に非常に心強い「from40」という転職サイトのご紹介です。

この転職サイトの大きな特徴はまず、その名のとおりに「40代から50代半ばの人への転職斡旋が非常に充実している」という点に見られ、さらに求人情報においても「40代から50代に適当・適切な職場が多く掲載されている」という利点が見られます。

40代未経験転職におすすめの転職エージェント

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

さて次は「40代の未経験転職におすすめの転職エージェント」についてのご紹介です。この転職サイトと転職エージェントの違いはまず、「転職エージェントの場合は転職サイトで掲載されている情報を利用する上で、さらに転職に必要な活動内容やコツをくまなく教えてくれる」という利点があります。

「エージェント」というのは英語の意味合いで「代理人・仲保者」などの活用があり、この場合でも「40代で未経験職種への転職を希望する上で、その転職活動を斡旋してくれる代理人」の役割を果たしてくれる重要なサイトとなるでしょう。

リクルートエージェント

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★

まずは「リクルートエージェント」についてのご紹介です。当サイトの魅力的な特徴はやはり「求人情報の充実した豊富さ」と「サポート力の高さ」で、当サイトを利用した場合は必ず「3件以上の理想的な職先が見付かる」などの評判も立つ程の実践的なメリットが見られます。

40代で未経験職種への転職を希望する場合でも、それぞれの個別能力や性格などに十分配慮した上で、転職後の生活が確実に安定するようしっかりとしたサポートをしてくれるでしょう。

dodaエージェント

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★★★

次に「dodaエージェント」についてのご紹介です。この転職エージェントの大きな魅力は「求人数の豊富・充実度」と「転職アドバイザーの良質」に見られ、たとえ40代で未経験職種への転職を希望する場合でも、その個別能力と仕事との相性を見積もった上で「理想的な転職先」を案内してくれるでしょう。

特に「未経験の職種」についても情報提供力は破格に高く充実しているため、まったく知らない転職先について調べる際には、とりあえず当転職エージェントのアドバイザーに相談してみると良いでしょう。

マイナビエージェント

求人数サポート力満足度
★★★★★★★★★★★★

次はこのマイナビエージェントですが、この転職エージェントでは「転職希望者にとって理想的な転職先」を探すだけでなく、その後のアフターサービスも非常に充実している実践的な転職エージェントになります。40代で未経験職種への転職を希望する人にとっても、常に「自分にとって理想的な転職先」を見付けてくれるでしょう。

転職アドバイザーも非常に丁寧に活動のコツを教えてくれるため、ほぼすべての40代以上の世代の転職希望者にとっても、転職する際の大きな安心感を与えてくれるでしょう。

40代未経験転職におすすめの資格

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

さて、ここでは「40代の未経験転職におすすめの資格」についてご紹介します。この資格というのはどんな場合でも就活において非常にお得な特典になるため、必ず一度は検討してみる価値のある内容となるでしょう。

特に40代で未経験職種への転職を希望する際に必要とされる資格は、IT関連の資格(システムエンジニア、コンピュータープログラマー、プログラミングなど)、ファイナンシャルプランナー、介護福祉士・社会福祉士・ケアマネジャー、医療事務関連の資格、第二種運転免許などで、この中でも「IT関連の資格」は非常に強いです。

資格というのは特に未経験の職種を転職希望先にする場合、非常に心強い保険(企業側にとっての信頼を生んでくれるもの)になるため、時間と労力の許す限り、できるだけ多く取得しておくことが大切です。

生活費と年収

次に「40代の転職者の生活費と年収の平均」についてのご紹介です。一般的に「40代の人がもらえる年収」の平均は「500万円から700万円」程度とされていますが、しかし転職後を含めた年収の平均値を見る上では、さらにもう少し減額されることが想定できます。

40代で理想的な職場環境を確保しましょう

40代で未経験職種へ転職するためのおすすめ転職エージェント

いかがでしたか。今回は「40代で未経験職種に転職したい人におすすめの転職エージェント」と題して、「40代で未経験職種に転職したい人におすすめの転職エージェント」についての詳細情報をはじめ、「40代・未経験職種に理想的な転職」をご紹介しました。

40代から50代での未経験職種への転職希望というのは、たいていの場合は「果たしてできるだろうか・転職する際の評価されるハードルが高い・厳しい」などといったマイナスイメージが想定されるでしょう。

しかしそれも視点を柔軟にすることによって大きく変わり、その未経験職種への転職を「自分にとって都合が良いもの」に置き換え、さらに転職サイト・転職エージェントなどのツールを利用することによって、その転職活動は着実にスムーズになることは当然予測されます。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests