Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月10日

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

大手転職サイトで導入されている「スカウト機能」は、企業側が掲載された経歴などを見て「求人へ応募してみませんか」と直接交渉する機能です。DMのような無差別なスカウトがあるのも事実ですが、活用の仕方によっては転職への距離を縮めてくれる便利な機能です。

スカウト機能を採用する転職サイトが増えている

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

オンライン上で求人情報や、転職活動に関連するノウハウを提供するサイトが転職サイトです。転職サイトは数多くあり、大手の転職サイトでは「スカウト機能」と呼ばれるサービスが導入されています。

スカウトサービスを使うことで、登録された経歴を見て興味を持った企業から声がかかるので、多くの求人情報に目を通す必要がなく、かつ、企業採用担当者のメールならば採用の確率が高くなります。

しかし、多くのシステムと同じくスカウトサービスにもメリットやデメリットがありますので、それを理解してうまく使いこなす必要があります。

転職サイトのスカウト機能の説明

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

スカウト機能はサイトによっては「オファー機能」とも呼ばれ、転職サイトに登録している経歴や希望を見た企業が、求職者に「応募しませんか」と呼びかける機能です。

企業側が、求職者が登録した経歴などのレジュメを見てスカウトするので、企業と人材がうまくマッチします。また、全くの異業種でも経歴から判断しスカウトするケースもあります。

転職サイトのスカウト機能利用の前に注意すること

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

大手転職サイトで導入されているスカウトサービスは、企業と求職者の条件をマッチングさせるシステムです。スカウトサービスを利用する前にいくつかの注意事項があります。

転職サイトではスカウトをより充実させるため、職務経歴書などの個人情報を登録する必要があります。このとき、具体的な会社名や所属部署を記入するのはNGです。もちろん仕事内容や任されていたプロジェクトなども具体的に書かずに大まかにまとめましょう。

また、転職したい理由などや退職理由などはポジティブにまとめます。ネガティブな内容だと、企業採用担当者に長くいてくれる人材ではないと判断され、採用を見送られる可能性があります。

登録する職務経歴書やプロフィールを簡潔に書くことも重要です。自分の強みやアピールポイントを簡単にまとめた方が採用担当者も読みやすくわかりやすいので、好印象につながります。

転職サイトのスカウト機能を使う前の注意点
①具体的な会社名や部署名を記載するのはNG
②転職理由はポジティブに
③自己アピールは簡潔に

メリット

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

転職サイトのスカウト機能をうまく活用することで希望にあった企業からアプローチがあります。うまく活用するためには、職務経歴書など前歴を詳しく登録する必要がありますが、アプローチがある企業は採用意欲が高い企業が多く、希望の転職への近道となります。

また、スカウト機能を使うことで自分の市場価値が見えてきます。希望の職種だけではなく、思わぬ職種からのオファーが来ることもあり、選択肢の幅が広がるのもメリットの一つです。

スカウトメールのメリット
①効率的な転職活動ができる
②転職の成功率が高い
③選択肢が広がる

デメリット

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

転職サイトのスカウト機能は企業の採用担当者が送ってくるとは限りません。年齢や希望職種などをAIが選別、テンプレートメールを送ってくるケースもあります。

企業採用担当者が送ってくる場合には、企業も登録されている経歴を見て「欲しい」と思う人材にメールを送るので、採用の確率がぐんと高くなります。

しかし、スカウトのテンプレートメールは、ただ闇雲にメールを送っているだけなので、普通に求人に申し込むのと変わりません。

また、個人情報を登録しても希望の企業からのオファーがあるとは限りません。個人情報を公開しても、希望の職種に繋がるとは限らないということが一番のデメリットです。

スカウトのデメリット
①希望職種からのスカウトが確実にくるとは限らない
②必ず転職に結びつくわけではない
③テンプレスカウトメールだと一般応募と変わらない

スカウトメール=採用ではない

スカウトメールが来てもすぐに採用に結びつきません。スカウトメールは、企業採用担当者が「興味を持った」という段階で送られてきます。採用を決定したということではありません。

スカウト機能に登録された情報は履歴書と同じです。履歴書だけで採用を決める企業はありません。そのため、スカウトされても面接があります。企業側では面接で人間性や企業の求める人材かどうかを判断します。

「スカウトメール=採用」ではないということをきちんと把握して、転職サイトのスカウト機能を利用しましょう。

スカウトをもらったら?

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

スカウトサービスに登録すると、企業やエージェントからスカウトメールが届きます。スカウトメールには返信しなくてはならないというルールはありませんが、興味がある場合には早めに返信をしましょう。

スカウトメールが来て応募するか悩むこともあるでしょう。スカウトメールの返信期限は明確には定められていないので、スカウト情報が掲載されているうちに返信すれば問題はありません。

興味があるなら即返信

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

スカウトメールが来て内容に興味がある場合には、早めに返信しましょう。スカウトメール=即採用ではないため、丁寧なメールの文面を心がけます。

メールに返信する場合には、それまでの経歴と担当していた業務を簡単に紹介し、希望の仕事内容をきちんと記入することで、企業とのミスマッチが防げます。

メールは一般的なビジネスマナーに準じた文面にします。失礼のないメールを返信することで、面接時には好印象を与えられます。

返信するときのポイント
①スカウトに対してのお礼の言葉を忘れずに
②自分の何が一番のアピールポイントなのか絞り込む
③アピールポイントをどのように仕事に活かすかも書き添える
④誤字脱字がないか、失礼な箇所がないか送る前に推敲する

興味がなければ無視してOK

スカウトメールの中には、年齢や希望職種の条件だけで幅広く自動的にメールを送っているものもあります。希望している職種とかけ離れている場合や、テンプレートのスカウトメールには返信しなくてもOKです。

自動的なメールとは別に、企業の採用担当者が求職者に興味を持って送ってきてくれたメールもあります。その場合には、条件が合わず興味がなくても、スカウトをしてくれたお礼と断る理由を簡潔に書いて返信するのがベストです。

スカウトメールに返信しなければいけないというルールはありませんが、社会的な常識が問われるのが就職活動です。手がかけられているメールには返信するようにしましょう。

最近はスカウトに力を入れた転職サイトも

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

大手転職サイトではスカウト機能に力を入れているところが多くなってきています。スカウト機能は求職者、求人企業、ヘッドハンターと転職サイトを活用する人にそれぞれメリットがあるので、ぜひ利用したい機能です。

ビズリーチ

ビズリーチは、優良企業や一流ヘッドハンターと直接繋がりをとれる転職サイトです。高収入向けの転職に特化してます。

ビズリーチのスカウト機能は、「プラチナスカウト」と「スカウト」に分けられています。

プラチナスカウトは求人者に高い関心があり、面談や面接を確約されているスカウトです。企業やヘッドハンターの関心が高いため、採用される確率がとても高いです。有料、無料会員とも利用できます。

普通のスカウトはプラチナスカウトに比べ関心は薄くなります。こちらのスカウトは有料会員だけが利用でき、無料会員は回覧のみ可能です。

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、ビズリーチと同じくハイキャリア向けの転職サイトです。

キャリアカーバーのスカウトは完全無料で利用できます。キャリアカーバーのスカウト機能は、企業からではなくヘッドハンターからのスカウトで、一般には公開されないハイクラス求人のスカウトが届きます。

キャリアカーバー内では「一球入魂スカウト」と呼ばれ、レベルが高いとの口コミが寄せられます。

Wantedly

Wantedlyは「共感によって人と企業をつなぐ」転職サイトです。書類選考がなく、まずは直接「会ってみる」ということで、他の転職サイトとの差別化が図られています。

Wantedlyのスカウト機能は、プロフィールの紹介欄を埋めている人はスカウトされやすい傾向にあります。これはWantedlyの特色で「企業の理念に共感できるか」を最優先事項にしている転職サイトなので、企業と求職者がマッチングできるかを企業が紹介文から判断するためです。

Wantedlyのスカウトは、「ちょっと会社に遊びに来ませんか」というライトなお誘いです。他の転職サイトでもスカウト=採用ではありませんが、Wantedlyではさらにその要素が強くなります。

Switch

Fecebookで個人情報を完全匿名で登録ができるSwitchは、経歴を入力するだけでスカウトが届き、自分の市場価値がダイレクトにわかる転職サイトです。

Fecebookを使い、企業と求職者が「いいね」ボタンでコミュニケーションを図れます。しかしアプローチしてくる企業はそれほど多くなく、待ちの姿勢になることが多いです。

Green

ネット関連業界に強い転職サイトであるGreenも、スカウト機能を導入しています。スカウトのメッセージの他に簡易アプローチ機能もあり、「興味があります」という企業側からの意思表示もされます。

Greenの特徴としては、成功報酬型の転職サイトであることで、転職サイトを通して就職が決まってから企業がGreenに報酬を支払うという形です。

そのため、Greenを通してきた企業採用担当者からのスカウトは熱意が高く、より採用に結びつきやすいです。

転職サイトのスカウト比較

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

大手の転職サイトでは多く導入されているスカウト機能は便利な反面、使いにくい側面もあります。大手であればあるほど、希望と合致しないスカウトがくる可能性が高くなり、また、スカウト数が多すぎて「うざい」と感じる人も多いです。

リクナビNEXT

転職サイトの大手リクナビNEXTのスカウト機能はオファーと呼ばれ、3種類あります。もっとも採用に近いのが「プライベートオファー」で、個別に面接、もしくは面談が企業から申し込みされます。

リクナビNEXTは求人数が多いため、オファーの数が多く鬱陶しいと感じるとの声もあり、また希望とかけ離れたオファーもあります。しかし、非公開求人からもオファーが届くので、登録しても損はないでしょう。

doda

業界最大の転職サイトであるdodaは、求人量も転職にかかる具体的なサポートにも高い評価がされています。

dodaのスカウト機能も、大手転職サイトで求人数も多量であることから、希望と合わない求人が届きます。また、転職エージェントからもスカウトが送られてくるので、見極めが重要です。

自分のスキルレベルにあったスカウトがくるので、自分の市場価格がわかり、転職の判断材料になります。

マイナビ転職

マイナビ転職は未経験歓迎の求人が多く、20代から30代の転職に強い転職サイトです。スカウト機能を利用するには Web履歴書を作成する必要がありますが、一度作成してしまえば実際に応募する際に書類が少なくてすみ便利です。

大手転職サイトなので自分の希望する職種とは違うスカウトもありますが、希望に沿ったスカウトもあります。しかし求人は都市部に集中しており、都市部以外では活用しづらいという側面もあります。

スカウト機能は「補助的」に使うのがおすすめ

転職サイトのスカウト機能と評判を比較!最新のスカウトサービスも

企業側からアプローチがあるスカウト機能は、熱意あるスカウトなら採用までの道のりが短くなります。しかし、多くはDMのようなスカウトも多くあり見極めが必要です。

スカウト機能を活用することで、自分の市場価値が客観的に判断できるほか、忙しく求人情報を見られなくても、自分の条件にあった求人を紹介してくれます。

スカウト機能はあくまで補助的に使用し、並行して自分でも積極的に求人情報を検索することが、転職への近道になります。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests