Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月10日

初めての転職におすすめの業界・職種と使うべき転職エージェント

転職することには悩みが多く、特に初めての転職の場合には悩みは深いものになります。しかし、年収アップを望む場合には転職して初めてその実感が得られます。さらに転職で福利厚生が良くなり、休暇が取りやすくなるメリットも得られます。今の仕事が合わない方におすすめです。

転職を考える理由・よくある悩み

勤め人が会社を辞めて、別の会社に転職しようと思う理由は、景気動向や社会情勢によって変化はありますが、最近では上位に、「ほかにやりたい仕事がある」「会社の将来性が不安」「給与に不満がある」「残業が多い/休日が少ない」「専門知識・技術を習得したい」他の理由があります。

それ以外にも、「幅広い経験や知識を積みたい」「U・Iターンしたい」「土日祝日に休みたい」「市場価値を上げたい」「会社の評価方法に不満がある」などの理由も見られます。

そして、転職にかかわる悩みには、「年収に関する悩み」「仕事内容や評価、会社の将来性に関する悩み」「やりがいに関する悩み」「人間関係に関する悩み」「転職時期に関する悩み」が多く見られます。

今回は初めて転職する方に向けた、転職にかかわる諸事情と、おすすめの業界や使うべき転職エージェントについて紹介していきます。

転職理由は

転職理由については上位の理由に変動は少ないのですが、最近は「給与に不満がある」理由に増加がみられています。これは、日本経済は日経平均株価の上昇が続くなどの景気回復が鮮明になったものの、自分の給与へ反映されないことが不満という人が増えていることが理由にあります。

しかも好景気の中、同僚や友人が転職で年収が上がったという事例が多くなり、転職により給与をあげたいという考えを持つ方が増えていることもあります。また、待遇への不満や、働く時間や休暇に関する不満が近年転職理由に多くなっています。

働き方改革に注目が集まる中、残業時間や休日出勤への抑制が行われる中、転職によって希望する就業環境に移ろうとする動きもあります。そして、好景気に支えられて求人数が多いうちに、土日祝日が休みの仕事への初めての転職を希望する人も増えきています。

初めての転職の悩みとは

現在の職場に不安や不満を抱えて、転職したいという悩みもありますが、逆に転職したいと考えていても何から取り掛かっていいかわからず、困っている方も多いでしょう。特に初めての転職の場合は、転職は簡単に決められるものではないことが難しい点です。

そのため、悩みすぎてどうしてよいかわからなくなってしまう方も出てしまいます。初めての転職での悩みを解決するヒントとなるいくつかの点について、初めて転職される方に参考となるように紹介いたします。

転職の悩み1:年収に関する悩み

エンミドルの転職が調査した、『「転職のきっかけ」について(2014年版)』では、転職先に「給与・待遇のアップ」を求めている人が50%以上いますので、年収の少なさがきっかけになって初めて転職を考えだした人が多いことがわかります。

年収アップを望む場合には、とりあえず現在の年収額を正確に調べることが大事です。この年収とは、実際に手取りでもらう金額ではなく、天引きされる税金や手当など全てを含んだ額面金額のことになります。

転職先の手取り条件が良くても、手当が少ないことや差し引かれる税金が入っていない場合もありますので、同じ条件で比較しなければ意味がありません。

なお、年収総額が少なくても福利厚生などの手当が多くて、今の会社よりも満足した生活が遅れることもありますので諸条件をすべて比較した方が良いです。さらに言うならば、現時点の年収の比較に加えて、給与規定による将来の昇給についても検討が必要です。

転職の悩み2:仕事内容や評価、会社の将来性の悩み

初めて転職を考えるきっかけの上位に就業時間や就業場所、そして自分の評価に関する悩みや、会社自体の将来性に関する悩みがあります。

エンミドルの調査の『「転職のきっかけ」について(2014年版)』でも、仕事内容や会社の将来性に対する不安は、転職のきっかけの上位になっています。

この悩みには年代差が見られ、特に30代以上の人に評価や仕事内容、会社の将来に対する悩みを感じる傾向が見られます。

評価や仕事内容に悩みを抱えている場合は、自分が理想とする待遇を列記して、条件に優先順位をつけていけば、どの条件を優先して初めての転職をすればよいかが見えてきます。

会社の将来性に対しての不安には、企業情報や実績、そして財務状況などを調べてみることです。自分の周りの状態だけでなく、会社全体の将来性について知ることが大事です。これは、転職先に検討している会社についても同じことを行ってください。

転職の悩み3:やりがいに関する悩み

やりがいに関する悩みは、若い方、特に入社したての20代の社員に見られる場合が多い悩みです。今の仕事自体が好きであっても、初めて自分に合っていないと思いだすことがあります。

今の仕事が自分に合っているかどうかを客観的に知るには、仕事中に感じた思いや、何に達成感を感じたかを自分で書きだしていくことです。

そして今の仕事は本当に自分に合っていないのかを確認して、もし合っていない場合にはどんな仕事が自分に合っているのかを知ることから、初めて転職を進めだし、転職先の業種・職種を絞ることが必要です。

転職の悩み4:人間関係に関する悩み

人間関係に関する悩みも、エン・ジャパンが2015年11月に発表したアンケートの上位になっています。「同僚・後輩との人間関係」や「上司との人間関係」に悩みやストレスを感じている人は、いずれも40%を超えてしまっています。

人間関係に関するトラブルは、どの職場でも起こり得ることで、それによる転職を初めてする場合は、今の職場での人間関係はリセットできますが、転職先で新たな人間関係のトラブルが起こることもありますので注意が必要です。

転職先の人間関係は、その職場の人に聞かないとわからないものですので、知り合いを探すか作るかして実際の職場の話を聞いておくべきです。それができない場合は、初めての面接の際に会社の雰囲気をたずねることで調べるのがおすすめです。

転職の悩み5:転職時期に関する悩み

転職時期に関する悩みも、初めて転職をする際に多くなっています。転職時期は難しい問題で、年齢によって悩みの内容が違う傾向が見られます。

就職したての若い20代の場合だと、「若いうちから転職していいのか」という悩みが多くなっていて、これがベテラン職員になってきている30代以上の場合には、「転職に適した時期があるか」、「今転職すべきか」などの適正な転職時期を知りたがる傾向があります。

20代で初めて転職する場合には、業務の遂行能力やビジネスマナーを持っていることが必要になります。しっかりとした自己分析を行うことで、自分が将来どの分野で、何に向けて活躍したいかを具体的に見定めて初めての転職に臨めば、転職時期に悩むことは無いでしょう。

30代以上の方の転職の場合は、転職に適した時期に合わせて転職することではなく、これまでのキャリアや専門性、そして管理職に関する適性が転職時期以上に重要視されます。

転職人数・回数

転職者の人数は、総務省統計局が毎月実施している「労働力調査」(詳細結果)により、初めての転職かわかりませんが、就業者のうち前職のあるもので、過去1年間に離職を経験した者の数からわかります。

また、総務省統計局が5年ごとに実施している「就業構造基本調査」により、過去1年以内の就業異動数から転職者数がわかります。他にも厚生労働省が年2回実施している「雇用動向調査」により転職入職者数から転職者数がわかります。

転職人数は増えているのか

日本の転職者数は総務省統計局・労働力調査により集計されています。それによると2010年の283万人が一番少なく、そこから増加に転じ2016年には306万人まで増えています。

この理由として2008年秋に起きたリーマンショックによる景気低迷から、失業者数が増え2008年の123万人の失業者数が、2009年には178万人と大きく増加しています。

転職意向を吸収する求人数が十分にないと転職者が減ることになり、失業者の増加と逆に2009年の転職者数は減っています。転職者数は非常に景気動向に左右されることになります。

転職回数の問題とは

一般的に、転職回数が多い方は転職に不利と言われています。ここで転職回数の数え方ですが、通常は正社員として在籍した企業数マイナス1が転職回数です。アルバイトや派遣での勤務については、在籍企業数に含めず転職回数のカウントに入れないことが多くなっています。

人事担当者から見ると転職回数が多い方は、会社に腰を落ち着けて仕事ができないのではないかというマイナス評価を持たれてしまいます。

しかし、それぞれの会社での就業期間が長い場合は、業務経験を豊富に積んだことが評価される場合もありますので、初めての採用面接で退職理由を明確に説明することで単にマイナス評価されるわけではありません。

しかも、それぞれの職歴での経験とスキルをアピールできるならば、プラスの評価に変えることもできます。加えて適応力の高さ、同僚や上司他とのコミュニケーション能力の高さを証明すれば、人事担当者にさらに強くアピールできます。

初めての転職での満足度は

仕事の満足度は数字にしにくいものですので、傾向とすると給与に関しての満足感が低いと初めて転職しようとする人が増えてきます。

仕事に関しての満足感は給与面を除くと、福利厚生が良いと満足感が高まります。また、忙しい仕事であっても顧客のために仕事をしていると満足感が高い傾向にあります。

さらに、世の中に貢献しているという思いがあることや、難しい仕事であっても達成考えられる仕事であることや、創造的な仕事で自分の手掛けたものが世の中に出る仕事では、仕事での満足感は高くなります。当然満足感の高い仕事では転職者が少なくなります。

初めての転職で人気の業界・職種

初めての転職で人気の業界や職種は、条件として安定して働くことができる業界であることになります。安定した業界としては、優良な業界であるという条件が必要です。

その条件とは、その業界に今後も需要が見込まれること、労働条件が良いこと、未経験者でも受け入れてくれること、業務がハードすぎないこと、そして長く続いている会社であることです。そのような会社が初めて転職するのにおすすめということになります。

そのような企業はブラック企業と反対の意味で、ホワイト企業ということになります。ホワイト企業が多い業界が初めての転職におすすめということになります。

このホワイト企業を知るのには、入社している人が離れにくい、すなわち離職率が低い会社を調べれば分かります。離職率を調べるのは簡単で、東洋経済新報社が出してる「就職四季報」に掲載されているのですぐにわかります。

転職していく人が多い業界・職種

転職者が多いのはやはりブラック企業が多くなっています。そのため、休みが取れないほど忙しく慢性的に職員不測のブラック企業とされる宿泊業や飲食サービス業に離職者が多くなっています。

特に飲食サービス業である居酒屋、ファストフード店、飲食チェーン店には離職者が多くなっています。また、生活関連サービス業、娯楽業も同じ理由でブラック企業とされ、離職者が多くなっています。

生活関連サービス業とは、クリーニング店、美容室、旅行代理店、ブライダル関連、葬儀関連の業種であり、娯楽業とは映画館、競馬・競輪となります。

合わない仕事を続けるデメリット

合わない仕事を続けるデメリットでは、まずストレスを感じ続けることになり、今の仕事が自分に合わないと思いながら毎日働き続けることは凄く大きなストレスを受けることになってしまいます。ストレスは怖いもので、人によっては不健康になり体を壊してしまうこともあります。

もう一つのデメリットは、転職タイミングを逃してしまうことです。自分に合わない仕事を続けて、慣れていくことを期待しながらうまくいかなかった場合は、また転職を考え初めることになります。

しかし、転職はタイミングというものがあり、時間がたつと転職の難易度は増してしまいます。年齢が低い方が転職はしやすく、業種を変えて初めて新しいことに挑戦する場合は特に難度が上がってしまいます。

さらに、自分に合わない仕事を無理に続けてしまうと、前向きな気持ちが無いので自分を成長させることができなくなり、ついにはモチベーションを失い仕事に集中できなくなってしまいます。

初めての転職のメリット

初めての転職にはメリットがあり、年収を上げたい場合には特に有効な手段です。そして、今の会社での人事評価をリセットして新たな評価でスタートすることができます。

これまでに資格を取得していればその資格を生かして、新しい目標に向かって仕事をすることもできます。これらが初めての転職によるメリットです。

初めての転職で収入アップを目指す

転職は収入改善の有力な手段になります。効果的に稼げる場に移ることで、初めて直接的な収入増を得ることができます。例えば、外資系の会社に移ることで、忙しくはなっても内容の業種の仕事をしていても、年収が大きく増える場合があります。

もう一つは、転職することで新しい仕事を覚え、自分の価値があがり収入がアップする場合もあります。会社を変えると新しい知識や経験が大きく増やせ、環境が変わった緊張感もあり仕事のレベルが上がることで、初めて収入が増えることになります。

初めての転職で新たな自分を目指す

転職することで、それまでの会社での人事評価をリセットすることができます。転職すると、新しい人事評価のもとで初めてスタートできることには大きなメリットがあります。

初めての転職の場合は、相手が自分を必要としているから採用にこぎつけられるので、責任ある仕事を任されることも多くなります。

これまでの人事評価により、仕事を受け身で行うことが無くなり、転職することで初めて前の会社での人事評価のしがらみを捨て、新たな気分で仕事に取り組むことは大きなメリットです。

未経験業界・職種挑戦のメリット・デメリット

これまでとは違う業界に初めて転職することに対し、メリット・デメリットがあります。もちろん未経験の初めての職に移ることには不安がある方が多くなっています。意外なことに転職で業界を変えることは30代以上の方でも難しいことではなくなっています。

転職を受け入れる企業では、年齢が高いと経験者が優遇されるようになるので、未経験の業界に転職することは難しいと考える方が多いのですが、現実的には違う業界への転職は30代以上の方でも幅広く見られていて、企業によっては同じ業界からの希望者よりも違う業界から採用を優先するところさえあります。

特に中高年の優秀な人材を狙ったヘッドハンティングでは、同じ業界内でなく違う業界から引き抜いてくる場合が多く見られます。業界未経験であっても、個人としての資質が優先されるということになります。

違う業界に転職するメリット

違う業界に転職するメリットの一つが大幅な年収アップが期待できることです。同じ業界内であってもより規模の大きい会社に転職することで年収がアップする可能性はあります。しかし、大幅なアップができるかについては難しい面があります。

給料というものは、それぞれの業界である程度目安が決まってしまっていて、特に給料の低い業界に居続けることは頑張っても生涯獲得賃金には変わりがありません。違う業界に移ることで初めて賃金上昇の恩恵を受けることが可能になります。

年収だけではなく、休暇が増えることや、実際に有給休暇が取りやすくなることも、違う業界に移って初めて享受することになります。福利厚生面を含めてこのようなところは業界ごとにかなり異なってきます。

違う業界に転職した場合、その業界に関する知識はないものの、その業界にいる人にはない知識を持っていることが大きな強みになるので上手く使うことで転職のメリットになります。

違う業界に転職するデメリット

違う業界に初めて転職することにはデメリットもあり、転職後に勉強することが多くなってしまいます。同じ業界内で転職する場合に比べて違う業界に転職した場合、当然ですがそれなりの知識を吸収するために勉強の必要性が高くなります。

初めての転職直後はその業界の知識、業界の常識他を知らないわけなので、新しいことを学ぶ機会のなかった人にとって、大きな負担になります。そのことによって思ったとおりに仕事ができずストレスを感じる場合がみられるのが初めての業界に転職するデメリットです。

初めての転職におすすめの業界・職種

初めての転職におすすめの業界といえば、安定性抜群の公務員です。もともとは新採用しかなかった業界ですが、最近は転職を受け入れる自治体が増えています。年収自体は高くはありませんが、福利厚生や終身雇用による安定性は良いのでおすすめです。

また、製造業もおすすめで選択する際には長い間売れ続けている商品を持っている企業を選ぶことがおすすめです。製造業の良い点は労働条件が良いことで、残業もなく休日の出勤もないところが多くなっています

IT業界は労働条件こそ厳しいものの、将来性という面では初めての転職におすすめの業界です。ブラック企業に入っていない会社を選ぶことで転職を成功させましょう。

転職方法

転職活動の情報源というと、転職サイトやハローワーク、転職エージェントがあります。その中でも手軽なのが転職サイトによるものなので、初めての転職にはうってつけです。

簡単な登録をするだけで、サイトに掲載されている求人情報を閲覧し選択することができます。手軽さのため、競争率は高くなってしまう点がデメリットですが、初めての転職を検討するには適した方法といえます。

また、転職エージェントもサポートの良さと情報の豊富さが魅力になっています。転職方法としては認知度が高く、登録すると担当のキャリアコンサルタントがついて、転職活動をサポートしてくれますし、ほとんどの場合を無料で利用できます。

転職活動を効率的に進めていけるのでその場合には適した方法と言えます。

転職におすすめのエージェント

転職活動を進める際にはいろいろな方法がありますが、初めての転職の時は転職エージェントを利用することがおすすめです。転職エージェントの利点としてサポート力が良いことと求人数の多さが魅力です。転職をする際におすすめできる転職エージェントをいくつか紹介しますので参考にしてください。

マイナビエージェント

マイナビ社は、後発の転職エージェントですが事業を進めるのがうまい事業者で、若い方向けの事例や中小企業向けに求人数を急速に増やしている勢いのある転職エージェントです。

30代以降の方からの評判は優れないものの、20代他の若い世代から面倒見が良いので評判が良くなっています。

項目評価
求人数4
サポート力4
満足度4

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大の大手で老舗の総合転職エージェントです。保有する求人数が多いことが最大の強みになっています。

知名度も高く、まず初めての転職に利用すべきエージェントです。しかし、サポートについてはサービスの質に差があることが見受けられますが、面接対策が充実しているので内定率が高くなっています。

項目評価
求人数5
サポート力3
満足度

おすすめ業界・職種の専門エージェント

総合的な転職サイトは、初めて転職をする方には求人数も多く、自分に適した業界や職種を提案してくれるのでおすすめ転職エージェントです。しかし自分がやりたい業界や職種が決まっている方には、その業界や職種の専門転職エージェントがありますので、そちらを利用しましょう。

おすすめ専門ハイクラス転職向けのビズリーチ

転職のハイクラスやエグゼクティブ系向け転職エージェントがビズリーチです。ビズリーチは、リクナビNEXTなどの総合転職エージェントと違って、ハイクラス向けの会員制転職サイトになっています。高年収求人をメインに扱っているので、年収500〜1000万円を望む方向けです。

項目評価
求人数4
サポート力4
満足度5

おすすめ専門IT系転職向けレバテックキャリア

転職のIT・Web・ゲーム系向け転職エージェントがレバテックキャリアです。レバテックキャリアは、リクナビNEXTなどの総合転職エージェントと違って、IT・Web・ゲーム業界向けの転職エージェントになっています。

そして、レバテックキャリアは企業情報を細かいレベルで持っていて、IT転職者の働き方やキャリアに対して提案がしてもらえる特徴的なサービスです。

項目評価
求人数3
サポート力5
満足度5

転職で年収は上がるのか?

転職サイトのリクナビネクストが、転職経験者を対象に転職前後の年収を比較する調査を行いました。その結果は、年収があがったと答えた人が67%と高い数字でした。

このことは、3人に2人は年収が上がるという結果です。しかも、年収が変わらない人が16%、年収が下がった人はたったの17%という結果でした。

かなりの率で転職により年収が上がる上に、労働条件も良くなる例が多くみられますので、初めて転職される方も今の会社が合わないようでしたら、思い切って転職することをおすすめします。

初めての転職を成功させよう

初めての転職には不安がつきものですが、年収アップ他のメリットがあるのも事実です。失敗しないためにも転職エージェント調べから新しい職場の内情調べなどをしっかり行うことで初めての転職を成功させてください。

今回の初めての転職についての記事を紹介を参考にして転職をスムーズに進めてください。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests