Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月10日

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

ITベンチャーへの転職を考えたことがあるなら、この記事を読んでみてください。なぜならベンチャーと大企業のそれぞれのメリットやリスクまで記載しているためです。またITベンチャーに転職する際に役立つ転職サイトやエージェントも、ご紹介しています。ぜひご覧ください。

ベンチャーの定義

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

ベンチャーとは広い意味では新興企業のことであり、設立3年目ほどの企業があればベンチャーと呼べます。ただ、設立年数を重ねてもベンチャーだったころに著名になった会社は、ベンチャーと呼ばれ続ける傾向にあります。

そして新興企業であれば、会社の規模が小さい場合が多いです。そこでただの中小企業とベンチャーはどこが違うかというと、新しい分野に挑戦したり新しい試みを多く行っているかどうかにあります。

ベンチャーにIT企業が多い理由

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

IT関係だと始めるコストが少なくて済むため、ベンチャーの土壌となっています。またITの土俵であるインターネットは、現実よりも自由度が高くリアルと異なる点も多いため、ベンチャーが発生し易い理由となっています。

またいろいろなベンチャーがITの分野で成功を収めていることから、次々と新しいベンチャーが増えています。成功にあやかって自分も成功しようとしている人が、多いということです。

大企業との違い

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

ベンチャーと大企業の違いについて、ご説明します。この違いを知ることで、ベンチャーと大企業について詳しくなれるだけでなく、どちらに就職するのがお得かも把握可能となるでしょう。

以下では、大企業とベンチャーのそれぞれのメリットとリスクを記載しているため、読んでおいてどちらに属したいか考えてみてください。また、現在大企業かベンチャーに属している人は、自分の仕事を見直すきっかけにしていけることでしょう。

大企業で働くメリット

大企業で働くことで、社会的信用や福利厚生や高い給料を得られます。やはり社会的信用を得られるのは、大企業に勤めている時点でいろいろな人から信用されるためですし、福利厚生と高い賃金を得られるのは大企業の側が良い人材を集めようとしているためです。

それに長年続いている大企業であれば、良い意味でレールに乗ってさえいればどんどん出世したり年収をアップさせたりしていけることでしょう。言われたとおりに行うことで結果を出していける人は、合っていると述べられます。

大企業で働き続けるリスク

大企業で働き続けることで、いつの間にかその一部になってしまいます。大企業が大きいからこそ生じ得る状態です。

そして一部になることで個性を失い、そこから出ることも難しくなっていきます。ですが一生その大企業で働き続けると決めているなら、むしろ望ましい心理状態と捉えられます。

また大企業として成立していると排外的になる傾向があり、新しい考え方や技術を取り入れられずに、時代に乗り遅れて社員も巻き添えになり得るでしょう。

ベンチャーで働くメリット

ベンチャーで働くことで、自分自身と一緒に会社が成長していくことをまじかで実感していけることでしょう。たしかに、ベンチャー以外でも成長を見届けることは可能と言えますが、ベンチャーほどの急成長がないケースが多いです。

またベンチャー企業が拡大していくたびに、自分自身のランクや給料がアップしていくことでしょう。

ベンチャーで働き続けるリスク

ベンチャーで働き続けることで、挑戦し過ぎる気風になることがあります。そして、安定化を図る決断が取れなくなったり一か八かの賭けに出て大きく失敗したりする可能性が、生じます。

それにベンチャーは変化が早い場合が多いため、高い柔軟性と学習力が求められることでしょう。

大企業から転職する時覚悟しておくこと

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

大企業から転職する際には、転職する前のメリットを全て失うことを覚悟しておくべきです。大企業からの転職はいろいろなメリットを失ってしまうということです。

そもそも大企業から転職する人はいろいろな希望を持っていますが、大企業で得られていたことが失われるという視点を忘れている人が多いです。転職を決断する前にまずは大企業にいることのメリットを正確に分析して、転職することが総合的に望ましいかを割り出すべきと言えます。

ベンチャーはブラックなのか?

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

ベンチャーは、ブラックになり易い気質はあります。なぜなら、成長志向で経営者が一方的に判断し、社員を犠牲にしていまうことがあるためです。会社の環境で悪い部分が多いなら、転職を検討してみるのが良いでしょう。

また以下の記事では、ベンチャーで仕事をする上で重要な事柄である勤務時間とプレッシャーと給料について、何をもってブラックになるかをご説明します。

勤務時間について

勤務時間外に無料での労働を課してくるようになったら、ブラックになりつつあると言えます。しかも経営状態が悪化していながらなら、そのまま倒産していくこともあり得るでしょう。

そして勤務時間が伸びていっているならまずは抗議をしてみて、改善が図られるかを見極めると良いでしょう。正当な主張をしたにも関わらず逆に怒られたり言い訳をされるようなら、転職を考える方が無難と述べられます。

プレッシャーについて

結果を出させるために上から圧力がかかってきたら、ブラックになりつつあると言えます。なぜなら会社は、従業員の人権を守る義務を有していますし、従業員を気分良く働かせてこそ業績向上が図れる場合が多いためです。

また、プレッシャーが正当なものかただの八つ当たりかの判断も重要です。もしも八つ当たりであれば、会社の状況は非常に悪い可能性が高いです。

給料について

給料がきっちり支払われなくなってきたら、ブラック化してきていると述べられます。そもそも会社は従業員に賃金を払う義務を有していますし、仕事というのは一般的にお金が支払われるものを指すとされているためです。

それに給料が支払われなければ、生きることも難しくなっていくのはないでしょうか。給料に何らかの悪影響が生じてきたらすぐに対策を講じなければ、転職の費用すらなくなっていくことがあり得ます。

ITベンチャーのブラック化への対策

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

ITベンチャーが、勤務時間やプレッシャーや給料の面でブラック化した場合のことをご説明しました。そこで、ブラック化にどのように対処したら良いかについて解説します。

まず第一に、ブラック化する前にきっちり自分の実力を付けておくのが望ましいです。なぜならブラック化した場合、ITベンチャーの中でも能力が低い人が標的になり易いためです。実力があれば自分だけは、ITベンチャーのブラック化の悪影響を免れ易いということです。

他にも別の転職先か独立を考えておくと、ブラック化してきた段階でさっさと退職し危険を回避していけます。

最近成功したITベンチャー

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

最近成功したITベンチャーを知ることで、就職すべきかどうかが見えて来ることでしょう。具体的には、メルカリとZOZOについてご説明します。

この2つはメディアでも多く取り上げられているため、興味深く読んでいけることでしょう。

メルカリ

メルカリは、手軽に個人間の商品の売買を可能にするサービスを提供しています。また個人が出品しており値下げ交渉が多いのが特徴であり、購入のメリットが多いとされています。

そしてメルカリよりもヤフオクは、出品した最低価格よりも実際の販売価格が高くなる傾向があります。

ZOZO

ZOZOは、既存の大企業のサービスをできるだけインターネット上で行うことで、成功を収めた会社です。リアルの企業と本質的に異なるわけではありません。

また、ZOZOとリアルの会社のビジネスの同一性や相違点を分析して自分のビジネスへの活用もできるでしょう。

それにZOZOは百貨店をオンライン化していったとされているため、他のリアルの大企業のビジネスモデルをオンライン化することで、あなた自身が第二のZOZOを作り出せると言えます。

成功しているITベンチャーに転職する方法

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

メルカリやZOZOなどの成功しているITベンチャーに転職するやり方をご紹介します。ズバリ、できるだけ成功しているITベンチャーをお客さんとして、利用してみることです。なぜなら企業から好まれるだけでなく、ビジネスモデルを深く研究可能になるためです。

そして、成功しているITベンチャーのビジネスの中で自分の実力で手助けできる部分があれば、転職面接を受けてみます。この方法であれば受けた時点でITベンチャーに重宝される人材であるため、採用される確率が高いと言えます。

また自分が転職してみたいITベンチャーのビジネスモデルの粗を見つけても、自分が協力不可能な場合は、しばらく修行してみても良いでしょう。

ITベンチャーおすすめ転職サイト

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

ITベンチャーに転職する上で使ってみるべき転職サイトをご紹介します。5つあるのですべて登録した場合、求人数やサポートを補わせながら利用していけることでしょう。

そして5つとも無料で使用可能であるため、少しでも興味が出たら登録してみてください。

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

Green

Greenでは、応募前に企業の担当者に会えるサービスが提供されています。自分が転職するのに最適な会社であるかが、より一層深く把握可能と言えます。それに転職する上での企業側の要望をダイレクトに聞くこともできることでしょう。

またITとweb系企業だけで、1万前後の求人があります。ひととおり見てみるだけでも、どのような人材が好まれているかを知れると同時に、Greenの求人の質も体感可能でしょう。

基準評価
求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

@type

@typeにはIT系の求人は多いですが、東京と神奈川付近に偏ったもので地方の人には使いづらさがあります。

ですが@typeのサポートは丁寧とされているため、サポートだけ受けて実際の転職先は他で探すと良いでしょう。

Wantedly

Wantedlyは他の転職サイトと異なり、まずは実際に企業の人と会ったり話したりできるサービスを提供しています。

しかも、履歴書を見せるより先に会ったり話したりすることが推奨されているため、既存の転職サイトでは体験できない企業の対応をダイレクトに感じられることでしょう。

基準評価
求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、転職サイトの中でも実績とサポート力に定評があります。ITベンチャーに転職する際にも役立てられることでしょう。

また、リクナビNEXTITキャリアというIT全般への転職に特化したサービスがあります。しかもリクナビNEXTにはIT業界専任のアドバイザーがいるため、転職をこれから始める人も安心でしょう。

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

doda

dodaIT関係専門のサイトが、用意されています。また非公開求人やキャリアアドバイザーの対応もあるため、きっちり希望を述べればITベンチャーにスムーズに転職していけることでしょう。

それに職務履歴書の書き方の指導も受けられるため、サポートで内定率アップも図れると言えます。

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

ITベンチャーおすすめ転職エージェント

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

ITベンチャーおすすめ転職エージェントを5つご紹介します。どれか一つでも登録してみて、転職エージェントを体感してみてください。

また転職サイトよりも転職エージェントの方がサービスが手厚い場合が多いため、不安要素がある人ほど転職エージェントを使用するのが望ましいでしょう。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×ITは、20代に信頼されるエージェントナンバー1を獲得しています。求人数もサポート力も満足度も、申し分ないと感じられることでしょう。

そしてマイナビエージェント×ITでは、IT業界の転職市場に精通した転職アドバイザーから対応を受けられます。自分自身がIT業界に上手く馴染んだ上で、転職していけることでしょう。

また面接対策や給与交渉の協力も受けられるため、マイナビエージェント×ITの対応を受けるだけで、望むITベンチャーに就職可能と言えます。

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

type転職エージェント

type転職エージェントでは、IT業界の転職についての記事が見られます。IT業界を細分化したセキュリティとデジタルと社内ITについての言及がされています。type転職エージェントがどれくらいのレベルか、確認してみると良いでしょう。

またtype転職エージェントには、IT業界に強いキャリアアドバイザーが何人もいてプロフィールも見られるため、そこをチェックしてみることも推奨します。

基準評価
求人数★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

ギークリー

ギークリーは、IT・Web・ゲーム業界に特化しています。ITベンチャーに転職する上で役立つことでしょう。また1次面接確約サービスも受けられるため、内定率を格段にアップさせていけると言えます。

そしてギークリーにはITに詳しいコンサルタントが複数人いるため、合う人も見つけ易いでしょう。

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

リクルートエージェント

リクルートエージェントで、ベンチャーITへの転職を行うことをおすすめします。なぜならIT業界に詳しいアドバイザーが、転職者の納得感を重視して企業との交渉の手助けを行うためです。

しかもリクルートエージェントは、長年転職系のサービスを提供しています。ITベンチャーへの転職の際にも、対応の実力で不満が生ずる可能性が低いと言えます。

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、専門用語だけでなく最新技術にも精通しているキャリアアドバイザーがサポートをしています。他の転職エージェントでは伝わらなかった話も、レバテックキャリアであれば通じることでしょう。

また、ITなどに特化した求人が何千件も用意されているだけでなく模擬面談も受けられるため、希望を叶えられると言えます。

基準評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

ベンチャーから大企業に転職できないって本当?

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

ベンチャーから大企業への転職ができないことはないです。むしろ、大企業側に向上心があり適応能力の高いとされることが多いベンチャーの人材が好まれている側面もあります。

ではなぜベンチャーから大企業への転職が難しいとされているのかというと、大企業がベンチャーよりも格段に上であったころの認識を引きずっている人がいるためです。

そして今は時代が変化し、メガベンチャーと呼ばれる大企業と肩を並べるだけでなく追い抜くほどのベンチャーが現れています。昔のベンチャーと大企業の間柄は、なおのこと成り立たないということです。

大企業からITベンチャーへの転職

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

大企業からITベンチャーへの転職は、本当に優秀ならおすすめします。どういうことかというと、学歴が高いだけで就職している人はITベンチャーに付いていけない可能性があるということです。

なぜならITベンチャーとは、今までの既存の仕組みや他の企業ができなかったりしなかったりする事柄に挑戦している会社のことだからです。

もっと書くなら、学歴だけで就職先のランクが高くなっている社会を変革しようとしている会社もあり、学歴以外の実力が求められることもあるということです。

ITベンチャーに転職してみよう

【ITベンチャーに転職】評判比較で調べたおすすめエージェント

これまでご説明してきたように、ITベンチャーは急成長していく可能性があります。向上心が高い人は、向いている業界と言えます。

また自分自身の実力を信じて努力していける人は、ITベンチャー自体を作り出してみてはどうでしょうか。自分自身が経営者になり一から全てを決定し、思いのままに会社を作り上げていけます。

そして、今の時点では起業するほどの実力やモチベーションがないが将来的にはしてみたい人は、ITベンチャーに転職してみて起業をするという視点で働いてみるのもおすすめします。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests