Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月28日

人と関わらない仕事・1人でできる仕事リスト!人間関係で悩んだら

会社での人間関係に疲れてしまったという方は少なくないでしょう。その場合、1人でできる仕事は魅力的に見えることもあります。この記事では、他の人と関わらずに1人でできる仕事について詳しくご紹介しています。仕事での人間関係に悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください。

職場の人間関係で悩む人が多いって本当?

昔よりもさまざまなハラスメントがクローズアップされ、職場での人間関係に悩む人も増えています。そのために1人でできる仕事があれば転職したいと考える人は多いです。なぜなら、非正規雇用が多いので、1人で仕事をする方が気楽だと考える人が多いからです。

会社で仕事をしている人は、職場の人間関係で悩んでいる人が多いので、1人でできる仕事を選ぶ人が多くなっていると言えるでしょう。プライベートでも人間関係に悩む人は多いです。

人間関係で悩みを抱えやすい人の特徴や性格って何?

人間関係で悩みを持つ人は、感情をコントロールするのが上手でない人が多く、基本的に人と関わらないで過ごすのが好きな人が多いです。また、世の中が1人で過ごすことに対して寛容な部分も出てきており、結婚などの価値観も昔とは変わりつつあります。

人間関係で悩みを持つ人は、自分の気持ちを相手に伝えるのが苦手なので、人と関わらないで済ませようとするため、考え方が積極的でない人が多いと言えます。

特徴1:自分の意思を伝えるのが不得意な人が多い

人間関係で悩みを抱えやすい人は、他人とのコミュニケーションが上手でないので、他人と関わらないように過ごすことが多くなります。そのため、自分に悩みがあっても他人相談しにくいことが多く、仕事でも思い通りの成果を出せません。

プライベートでも仕事でも、人と関わらないと事を成し遂げられないので、そのジレンマに悩みつつ、人と関わらないように過ごす人も多いです。

特徴2:普段から人と関わらないようにしている

人間関係に悩む人は、普段から人に関わらないで過ごすという習慣があるので、他人に相談せずに1人で問題を解決しようとします。そのため、周囲の意見を取り入れずに孤立してしまうことも良くあります。

嫌なことから逃げるということも、人間関係が不得意な人にありがちなことなので、人と関わらない場合は、それだけ自分に跳ね返ってくるのだと理解するようにしましょう。1人で過ごす場合は、考え方が偏らないようにし、他人に意見を求めらても回答できる余裕を持つことが必要です。

特徴3:常に1人で行動し性格が暗い人が多い

人間関係と性格は必ずしもリンクしませんが、社交的でない分、暗く見えてしまう人も多いでしょう。表情も暗い場合が多く、あまり話さない人が多いのも、人間関係に悩んでいる人の特徴です。

人間関係で悩む人は社交的ではなく、アクティブな趣味を持たない場合が多いですが、今は人と関わらずに楽しむ趣味が増えています。それだけ個人の価値観が大切にされてきていると言えるでしょう。

人と関わらない仕事や稼ぎ方ってどんな仕事?

人と関わらない仕事をする場合は、主に、自分の家でできる仕事をするか、または外で仕事をする場合も、運転手やルーチンワークなどの仕事が多いと言えます。人と関わらないと、それだけ仕事が限定されるので、稼げる額も限られることが多いです。

1人で仕事をしていく場合は、それだけの実力はもちろん、仕事で何か責任を問われることになっても自分で解決できる経験値を持たないと、なかなか1人で仕事をするのは難しいでしょう。

1人で仕事をする長距離ドライバーや配達員の場合

長距離ドライバーや配達員は、1人仕事のように見えますが、チームワークが必要になります。配達員や長距離ドライバーでも、1人では仕事が成り立たないので、ある程度のコミュニケーション能力がある人でなければできない仕事です。

外で仕事をする場合は、人間関係が関わってくるので、人と接することが好きでなければできないでしょう。また家でパソコンに向かう仕事でも、人と全く関わらないということはないので、ある程度のコミュニケーション能力は必要です。

1人作業が多い工場作業や倉庫勤務の場合

工場作業や倉庫勤務も、他人と関わらないで仕事をすることはほとんどなく、1つの部署を全て任されない限り、1人では出来ません。休憩時間や社員旅行などもあるので、最低限のコミュニケーションを取る必要があります。

工場作業や倉庫勤務といった仕事は、会社に属して仕事をするので、人間関係を無視して1人で仕事をすることはできない場合がほとんどです。

人と関わらないことが多い警備員の場合

警備員も、取引先の企業で挨拶をしたり、鍵やセキュリティに対して対応したりと、人と接することが多いので、1人でできる仕事ではありません。また、現場に何か異常があって駆けつける場合には、警察との連携もありえるでしょう。

休憩時間や勤務時間には、他の人とコミュニケーションを取る必要があり、外で仕事をする場合は1人でできるイメージが強いので、人間関係が全く関係ないと考えている人には難しい仕事だと言えます。

清掃員の仕事の場合

清掃員も、配達員や長距離ドライバーのようにチームワークが必要になります。外で仕事をする場合、1人で全てできる仕事は限られてきます。清掃員の場合は、他の仕事よりも1人でいる時間は多いですが、最低限のコミュニケーションを取らなければできない仕事だと言えるでしょう。

会社員よりも、清掃員の仕事は会話が少ないので、人間関係が煩わしいと感じている人にとっては良い仕事と言えます。

治験などの仕事の場合

治験とは、薬を自身で試してみて、効果を報告する仕事です。1ヶ所に集まって、数日もしくは長い期間、決まった場所に留まるので、会話は少ないですが、医師や看護師と会話をする必要はあります。

治験などの仕事を選ぶ人は、無職の人や仕事がうまくいっていない人がする場合が多いので、人と関わらない仕事というよりは、楽に稼ぐことのできる仕事の部類に入ります。それでも人と関わらないで済むので、健康であればできる仕事でしょう。

人と関わらないで1人でリモートワークする仕事とは

リモートワークは、ドライバーや清掃員とは違い、家で全ての仕事が済む場合が多いので、一番、人と関わらないで済む仕事でしょう。それでも、絶対に人と関わらないで済むという条件は満たせません。

ライターやプログラマー、デザイナーや翻訳家でも、他人とのやりとりをしなければいけないので、人間関係を全く無くすことはできません。間接的な連絡をする必要はありますが、実際に会ってチームワークで仕事をすることは少なめなので、リモートワークは、比較的、1人でできる仕事と言えます。

ライターやブロガーの場合

ライターやブロガーはネット上でやり取りをするだけなので、1人でできる仕事になります。ブログでのオフ会では実際に会う必要が出てきますが、本人のやり方次第で、全く人と関わらないで済む仕事と言えるでしょう。

ライターやブロガーも、職務経験がなければ、記事に書いている内容にリアリティを持たせられないので、ある程度の仕事の経験を積む必要があります。

プログラマー・デバッガー・エンジニアの場合

プログラマーやデバッガー、エンジニアも家でできる仕事です。仕事を受注するためには他人とコミュニケーションを取る必要もありますが、基本的に1人での仕事なので、人と関わらないでできる仕事です。

デバッガーはバグを調べる仕事なので、プログラマーやエンジニアのように、1人でも対応できることを増やしておく必要があります。

デザイナーの場合

デザイナーもピンからキリまであります。大きなデザイナー事務所に勤めることもあれば、個人でデザインすることもあります。デザインのコンセプトを依頼者に尋ねたり、打ち合わせをするので、1人でする仕事でも、人間関係は無視できません。

デザイナーは、人と関わらないで済む場合もありますが、その場合、仕事が限られてしまうので、大きなチャンスを得たい場合は人間関係が重要になります。

トレーダーの場合

トレーダーは、株やFXなどで投資をするので、人と関わらないで済む確率が高いです。しかし、会社での職務経験がなければ、世の中の動向が読めないこともあるので、学校を卒業して、いきなりトレーダーになるのは難しいでしょう。

人間関係が得意でない人や、人と関わらないで済む仕事を探している人には向いている仕事と言えるでしょう。しかし、何か損害があれば全て本人が責任を負うことになります。一般常識はもちろん、倫理的な考え方も必要です。

翻訳家の場合

翻訳家は、ネットを介して仕事をすることができるので、人と関わらないで1人でできる仕事です。仕事を受注するのもネットでできるので、取引先と最低限の連絡を取るようにすれば、人間関係を気にしないでできる仕事でしょう。

翻訳家の仕事は、海外の風習や習慣を取り入れることも求められるので、良い仕事をするためには、ロングステイや海外へ赴くことも大切です。しかし、昔は誰でも翻訳家の仕事ができなかったので、ネット社会になったことで、翻訳の仕事が身近になったとも言えるでしょう。

ネット転売をする仕事の場合

ネット転売も、資金があり常に流行に敏感ならば成り立つ仕事です。ネット転売をしている人は、イベントなどに参加して話題のアイテムを集めることもありますが、ネットで全てが済むことも多いです。

人と関わらないで1人でする仕事としてはやりやすい仕事と言えます。ネットで仕事をしていくのは普通に企業に勤める以上に厳しいこともあるので、ある程度の職務経験を持ち、いつでもリアルな仕事に就くことができるようにしておくと安心です。

人と関わらないで1人で仕事をする時オススメの資格

人と関わらないで1人で仕事をする場合、1人でできることを増やしておきましょう。人間関係を極力減らしていくには、それだけの実力をつけないと仕事として成り立たなくなります。

PCや語学の勉強をするなどして、視覚や免許を幅広く取得しておくと、1人でできることが増え、仕事の選択肢も広がります。ただし、人間関係が煩わしいと感じても、仕事に必要ならば、最低限の挨拶や他者への対応はできるようにしておきましょう。人と関わらない生き方はそれだけ責任が伴います。

          1人仕事にオススメの資格とは
アプリケーションエンジニア
C言語でのプログラミング
エクセル表計算処理技能検定
ワード文書処理技能検定
普通免許2種
大型普通免許
TOEIC(R)

人間関係を気にしないで生きていくには実力が必要

人間関係を気にしないで1人で仕事をする人は、多くの資格や免許だけでなく、人の心を掴むことができる人です。人と関わらない生き方する人は、組織に属さないことのリスクを覚悟して働く覚悟がないと難しいでしょう。

1人で仕事をしていても、家族との人間関係はあるので、プライベートでも1人でないことを理解しなければ大きな過ちが起きる場合があります。本人が人間関係を必要としない仕事をする場合は、実力はもちろん、自分自身をきちんと持っておく必要があるでしょう。

人と関わらないで生きていくことの大変さを理解する

学校を卒業して、1人で仕事をすることができたとしても、人と関わらないことのリスクを理解しておきましょう。人と関わらないで1人で生きることは、それだけで考え方が偏ることがあるので、職務経験を積み、段階を踏んで人と関わらない仕事を選ぶのがおすすめです。

人と関わらないで生きることは、人としての感情が乏しなることが多くなるので、1人で仕事をする場合は、間接的でも、人間関係を感じられる仕事をすると良いでしょう。人間は人と関わらないで生きることはできないので、どんな時も1人で完結すると勘違いしないことが大切です。

1人で仕事をしていても人間関係を学ぶ仕事をする

清掃員やドライバーでも、お客様との触れ合いを楽しむことがなければ、人に必要とされていると感じなくなり、仕事が辛くなるでしょう。そうならないためにも、最低限の挨拶や雑談などに参加する必要があります。

自分1人でできる仕事をしていても、他人との言葉のやり取りで人間関係を学ぶようにしましょう。たとえ人と関わらない仕事であっても、常に思いやりを持って向き合うことは大切ですから、そのためにも、人間関係を間接的にでも感じることは重要です。

人間関係は無駄なことではない

1人で仕事をしていて、それなりに成果が出ると、人間関係を重視しなくなります。そういった驕る気持ちは、自然に人を寄せ付けなくなり、孤立しがちになるでしょう。

たとえ仕事で人間関係が必要ないと感じても、基本的な生活の基盤には、人間関係があり、人との関わらないと生きていけないことを覚えておきましょう。人と関わらない仕事をしていても、他人に好かれるような仕事をしていくことは大切です。

1人でも人間関係を忘れないで仕事をしよう

プログラマーやライターという仕事でも、他人とのやり取りがあってこそ成り立つ仕事です。たとえ自分が人と関わらない仕事をしていても、ネットで仕事を全て済ませようとすることはやめて、実際に会うことを考えたり、オフ会などにも参加して、人との繋がりを持ちましょう。

生きているうちは誰にとっても人間関係は不可欠なことだと理解して、周りの人たちと向き合うことが必要になります。

人と関わらない仕事をした場合の責任も自分で負う

警備員やドライバーはもちろん、トレーダーも大きな問題や損失があれば全て自分で責任を負わなくてはいけません。自分が人と関わらない仕事を選んだ分、それだけ1人で責任を負うことが必要になることを覚えておくことが重要です。

どんな場合でも、自分が責任を負う気持ちがなければ、1人でできる仕事は選ばないようにしましょう。たとえ組織に属していても、何か過ちがあれば本人が責任を負いますが、1人の仕事の場合には、より責任の大きさは重くなります。

人間関係で悩まないで感情をコントロールしよう!

人と関わらない仕事について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。人間関係で悩んでいる場合、1人でできる仕事に就くことも可能ですが、実力や自分を見失なわないことが必要になります。

自分が人と関わらない仕事をするには、職務経験を積んでおき、常識的な判断を下せるように生活に余裕を持ち、感情をコントロールできるようにしておくことが大切です。そのためには、資格や免許はもちろん、豊富な人生経験を積み重ねていきましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests