Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月15日

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

仕事と子育てを両立させたいワーママ(ワーキングママ)におすすめの転職エージェントランキングをご紹介します。口コミなどをもとに求人数・サポート力・満足度を★5段階で評価します。子育てと仕事のよくある悩みや、おすすめの業界・職種や資格についても解説します。

女性が子育てと転職を両立させるために

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

女性が子育てと転職を両立させるためには自分に合った仕事を探す必要があります。希望する内容も出産前とは異なる条件になるでしょう。子育てに慣れてくるとまた仕事を始めようという女性は多いですが、子育て中の転職活動を成功させるためにはいくつかポイントがあります。

今回はワーキングママ(ワーママ)を目指す女性にオススメの情報や転職エージェントをご紹介していきます。ぜひ、ご覧ください。

子育てと転職の両立で女性にありがちな悩み

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

子育てと転職の両立で女性にありがちな悩みについてご紹介します。こちらでは「子どもが病気になると大変」「時間がない」という2つの悩みについて解説していきます。出産前とは異なる状況に戸惑うこともあるでしょう。

しかし1990年代後半から現代においては専業主婦よりも共働き世代の方が多いことがわかっています。専業主婦が当たり前だった時代は終わり、男女の役割分担という概念も現代では古い概念になりつつあります。

悩み1:子どもが病気になると大変

「子どもが病気になると大変」という悩みは子育てを経験する女性の多くが気にする問題です。しかし、子どもの体調はコントロールすることができません。自分の体調が悪くても出勤することはできますが、子どもの体調が悪いと保育園に預けることができなくなってしまいます。

子どもの病気で欠勤することに理解を示す職場がある一方で、残念ながらやむを得ない事情で欠勤することさえ不快に思う人がいる職場があるのも事実です。

悩み2:時間がない

「時間がない」という悩みも、子育てを経験する女性の多くがもつ悩みです。子育てはそれだけで大変です。共働き夫婦が増加しているといっても子育てと仕事の両立はとても大変です。

子育てと転職を両立しようとすれば今まで以上に時間の経過が早く感じるでしょう。ポイントは「完璧を求めない」ということです。完璧主義のワーママはストレスがたまり子育ても仕事も共倒れになる危険性があります。どこかで手を抜く必要があります。

転職満足度

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

子育てをしながらの転職にイメージがわいてきたところで、ここからは子育て中の女性が転職活動をする上で参考になるポイントについてご紹介していきます。こちらでは「転職満足度」について解説します。

転職満足度は「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間」「職場環境」などを総合的に判断した物です。転職先に何を求めるのかは個人差がありますが、こちらは子育て中の女性を含めたほとんどの人が気になる項目です。

求人数・サポート力・満足度を参考にする

子育て中の女性が転職するためにはさまざまな方法があります。その中でも転職エージェントを利用する場合は転職満足度の他に「求人数」「サポート力」「満足度」の3つも参考にするといいでしょう。

求人数は、求人の数が多いという目安になります。サポート力は、気軽に相談できるかという目安になります。満足度は、総合的に転職エージェントを利用して良いと感じたかという目安になります。

子育て中の女性が転職活動をする上での注意点

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

ここからは、子育て中の女性が転職活動をする上での注意点についてご紹介していきます。子育て中の女性はフットワークの軽さという面では、若い独り身の女性と比較すると不利な面があります。少しでも有利になるためには注意点に気をつける必要があります。

子育て中の女性が転職活動をするうえで注意するべきなのは、大きく分けて「想定される質問を知る」「勤務条件の軸を決める」という2つです。それぞれ解説していきます。

注意点1:想定される質問を知る

1つめの注意点は、想定される質問を知るということです。企業によってはイレギュラーな事態を想定して子育て中の女性を雇用することにおいて不安を感じることがあります。企業としての不安を払拭するために質問をされるでしょう。

想定される質問の多くは「子どもの体調」「学校行事」「長期休み」についてです。実家に頼るなどして出勤が可能なのか、自己都合を優先すべき状況なのか受け答えできるようにしておきましょう。

注意点2:勤務条件の軸を決める

2つめの注意点は、勤務条件の軸を決めるということです。勤務条件の軸を決めるということは勤務条件で譲れるところと譲れない条件を決めておくということです。特に、実家に頼ることができない方には譲れない条件があるでしょう。

子どもの病気で休む可能性がある・学校行事で休む可能性がある・夏休みなどの長期休みは出勤が減る可能性があるということを事前に承諾してもらえないと長く働くことは難しいのではないでしょうか。

子育て女性におすすめの業界・職種

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

ここからは、子育て中の女性におすすめの業界・職種を3つご紹介します。子育て中の女性は、独り身の女性とはフットワークの軽さなど不利な点はありますが、子育て中の女性を積極的に受け入れている業界・職種もあります。

業界・職種に強いこだわりがないのであれば、検討してみることをオススメします。こちらでは「医療事務」「保険会社」「美容業界」の3つについて解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

業界職種1:医療事務

1つめの業界・職種は「医療事務」です。医療事務は資格取得者の方が有利なイメージがありますが必ずしもそうではないのが実情です。資格の有無よりも実務経験の有無が好まれるといわれています。未経験でも十分にチャンスはあります。

病院によっては急な休みをとることに否定的な場合もありますが、子育て中の女性が多い職場ではお互い様の精神で仕事ができるといわれています。面接の際に確認しておくと安心です。

業界職種2:保険会社

2つめの業界・職種は「保険会社」です。こちらは、保険外交員という職種になります。保険会社に所属して会社やご家庭などをまわって契約の勧誘などを行う仕事です。突発的な休みをとっても実績次第では報酬が上乗せされるなど個人のスキルが評価されるところがオススメの理由です。

無資格では働くことができないので、未経験の場合は入社後に会社の研修を受けたうえで一般課程試験に受けて財務局に登録をすることになるでしょう。

業界職種3:美容業界

3つめの業界・職種は「美容業界」です。美容業界といってもさまざまな職種があります。中でもオススメなのは「ネイリスト」です。ネイリストも必ずしも資格が必要なわけではありませんが一般的には「ネイリスト技能検定」という資格を取得します。

ネイルサロンに採用されるためにもネイリスト技能検定は非常に重要なものだといえるでしょう。ネイリストは手に職を付けることができますし、キャリアアップも見込める職種です。

子育て女性におすすめの転職方法

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

ここからは子育て中の女性におすすめの転職方法について3つの方法をご紹介します。自分の希望条件があやふやな状態で転職活動をすることは後で後悔することに繋がります。特に、子育て中の女性の転職活動では譲れない条件があるのではないでしょうか。

ここからは、子育て中の女性におすすめの転職方法として「求人誌から探す」「転職サイトを使う」「自分に合った転職エージェントを使う」という方法をご紹介していきます。

求人誌から探す

求人誌を見て探すという方法があります。駅周辺などで配布している求人誌で探すという方法です。コンビニや自動販売機付近に専用のラックが設置されていることもあるでしょう。地域に特化した求人や、短期・単発の求人も掲載されています。数ある求人情報をまんべんなく誌面で探せるところがポイントです。

転職サイトを使う

転職サイトを使うという方法があります。転職サイトは条件を絞って効率的に検索することができます。希望の地域などが明確に決まっている場合にオススメの方法です。こちらも短期・単発の求人が掲載されています。

数ある求人情報をデータベースで探せるところがポイントです。しかし、転職サイトは転職の支援をしてもらうことはできません。一方で、転職サイトに情報を登録しておくと企業からオファーがもらえることもあります。

おすすめは「リクナビNEXT」です。求人数が多く、いろいろな条件を見比べながら選ぶことができます。

自分に合った転職エージェントを使う

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

自分に合った転職エージェントを使うという方法もあります。転職エージェントは転職活動を支援してもらえるという点が他の転職活動とは異なります。希望条件に沿って仕事を探してもらえます。

その場の空気に飲まれてしまわないように、希望条件はできる限り明確にしておいた方がいいでしょう。しかし、希望条件に多少あやふやな部分があっても相談に乗ってもらうことができるので安心です。ここが転職サイトと異なる点です。

子育て女性におすすめの転職サイト・エージェント

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

ここからは子育て中の女性におすすめの転職サイト・エージェントをご紹介していきます。それぞれ求人数・サポート力・満足度を5段階評価で掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。「リブズキャリア」「パソナキャリア」「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」「リクナビNEXT」「doda」 の6つをご紹介します。

もっといろいろな転職エージェントを見たいときはおすすめエージェントランキングも参考にしてください。

リブズキャリア

リブズキャリア評価
求人数★★★☆☆
サポート力★★★★☆
満足度★★★★☆

子育て中の女性におすすめな1つめの転職エージェントは「リブズキャリア」です。リブズキャリアが扱っている案件は、キャリア志向のものが多い傾向があります。対象となる女性以外には紹介できない案件も多いといわれています。

派遣社員としての職歴ばかりではお仕事の紹介も難しいといわれています。エンジニアなどの経歴をお持ちの方や、出身大学が高学歴などのアピールポイントがあれば登録を検討してみてはいかがでしょうか。

パソナキャリア

パソナキャリア評価
求人数★★★☆☆
サポート力★★★★★
満足度★★★★☆

子育て中の女性におすすめな2つめの転職エージェントは「パソナキャリア」です。パソナキャリアは、どのような女性に対してもサポート体制が整っているところが特徴です。履歴書・職務経歴書の添削や面接対策などにも丁寧に対応してもらえるという声が多いです。

大手に比べると求人数が少なく感じるといわれていますが、電話やメールなどの対応もスムーズに行えるので安心感があると評判です。

マイナビエージェント

マイナビエージェント評価
求人数★★★★☆
サポート力★★★★★
満足度★★★★★

子育て中の女性におすすめな3つめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。マイナビエージェントの案件数は業界でもトップクラスを誇ります。中小企業の転職を視野に入れている方や、第二新卒の方からも求人の質が高いと好評です。

その反面、キャリア志向の求人は中小企業に比べると少なく感じる方が多いといわれています。また、職務経歴書・履歴書も丁寧に添削してもらえると評判です。

リクルートエージェント

リクルートエージェント5段階評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★☆
満足度★★★★☆

子育て中の女性におすすめな4つめの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大手ということで非公開求人を含めた求人数が多いところが特徴です。

しかし、登録している人の数も多いので細かな対応が遅くなりがちという声があります。それでも面接対策は圧倒的に質が高いという情報が多く見受けられます。外資系や海外企業の求人など、ハイレベルな求人を求めている方にもオススメです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT5段階評価
求人数★★★☆☆
サポート力★★★☆☆
満足度★★★★☆

「リクナビNEXT」は子育て中の女性におすすめな転職サイトです。こちらは転職エージェントではなく転職サイトです。求人数はリクルートエージェントに比べると少ないですが転職サイトの中では人気です。しかし、人気の企業には応募が集中してしまうことが多いです。

ご自身の経歴を登録しておくと興味を持った企業や提携エージェントからオファーが届く機能があります。自分の希望条件が明確に決まっている方にオススメです。

doda

doda5段階評価
求人数★★★★☆
サポート力★★★☆☆
満足度★★★☆☆

最後にご紹介する転職エージェントは「doda」です。子育て中の女性におすすめな理由は中小優良企業や地方案件なども充実しているとの声が多いことからです。

しかし、求人数は多いのですが求人の質が低く感じるという声も多いです。担当者の対応もバラつきが少ないといわれているので、いろいろな選択肢の中から検討したい方は登録してみてはいかがでしょうか。

気になるエージェントはまず登録

気になる転職サービスはあったでしょうか?転職エージェントを使うなら、担当者との相性によって紹介してもらえる求人も変わってきます。

合わなければやめられるので、まずは気軽に面談してみましょう。

働く女性におすすめの資格

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

ここからは働く女性におすすめの資格について3つご紹介していきます。医療事務資格の「医科医療事務管理士(R)技能認定試験」や「FP(ファイナンシャルプランナー)技能検定」また「ネイリスト技能検定」についても解説していきます。

資格1:医療事務

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

子育て中の女性におすすめの資格1つめは「医療事務」です。女性に人気の医療事務は実務経験が重視されますが全くの未経験よりは資格保持者が優遇される傾向にあります。

医療事務は民間の資格ということもあり、資格試験を行う団体が複数存在しています。そのため、10種類以上の資格が存在しています。代表的なものには技能認定振興協会主催の「医科医療事務管理士(R)技能認定試験」というものがあります。

資格2:FP技能検定

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

子育て中の女性におすすめの資格2つめは「FP(ファイナンシャルプランナー)技能検定」です。保険外交員にも人気の資格です。FP技能検定は日本FP協会が主催する資格です。難易度は1級から3級まであります。

FPは顧客の収支・負債・家族構成・資産状況などの情報を基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングにおける資金計画やアドバイスを行う仕事です。資格取得によって実績や信頼を示すことができます。

資格3:ネイリスト技能検定

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

子育て中の女性におすすめの資格3つめは「ネイリスト技能検定」です。ジェルネイルブームによって女性のネイルは日常的なものになりました。

ネイリスト技能検定は日本ネイリスト検定試験センターが主催する資格です。 難易度は1級から3級まであります。1級はトップレベルのネイリスト、2級はサロンワークで通用するスキル、3級はネイリストの基礎という内容です。経験を積めば独立することもできるのでオススメです。

生活費と年収

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

子育て中の女性は転職活動をする前に、生活費と年収についてもしっかりと考えておく必要があります。こちらでは生活費と年収において重要な「収入と支出のバランス」「税金の控除額」の注意点についてご紹介していきます。

想定できることは全て事前にシミュレーションしておくことが大切です。実際に働きはじめると慣れるまでは大変です。余裕のあるうちに考えておくといいでしょう。

収入と支出のバランスに注意

子育て中の女性が転職活動をする際は、人並み以上に収入と支出のバランスに注意する必要があります。生活費だけではなく保育園などの子育てにかかる費用も計算する必要があります。特に夫の扶養内で勤務を希望する女性は、収入と保育園にかかる費用を計算したときに、どの程度プラスになるのか知っておくべきでしょう。

税金の控除額に注意

雇用形態によっては税金の控除額にも注意する必要があります。雇用形態には「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート・アルバイト」「在宅(業務委託)」などがありますが、扶養を抜けて社会保険に加入する場合は計算に基づいて手取り額が決まります。

「額面の金額」ー 「(社会保険料)ー(厚生年金)ー(住民税)ー(所得税)ー(雇用保険) ー(※介護保険料) 」です。また、介護保険料は40歳に達した全ての人が対象です。

より詳しく知りたい人は、国税庁のサイトを見てみましょう。

子育て中の仕事は女性の人生にプラスになる

仕事と子育両立させるワーママにおすすめ転職エージェントランキング

子育てはそれだけでも大変ですが、女性が仕事をすることで得られることはたくさんあります。転職サイト・エージェントはそれぞれ特徴があります。自分に合ったものを選ぶことで効率的な転職活動ができます。

専業主婦を続けるかお悩みの方も、この機会に転職活動について考えてみてはいかがでしょうか。「子育て×仕事」のように、いろいろなものを掛け合わせることで得られる幸せがその先にあるのではないでしょうか。

Related