Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月07日

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

今回は「転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ」と題して、「転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、基本的な「転職ドラフト」の使用法と魅力をご紹介します。

転職ドラフトとは

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

一般的に言われる「転職ドラフト」というのは、まず「ITエンジニアを企業が年収付きで競争入札する転職サイト」と名目が掲げられているとおりに、特にITエンジニアとしている多くの人に直接的な交渉をもって企業がスカウトしてくる、非常に広い分野での転職サイトのことを意味します。

普通の転職サイトでは主に「利用者(被雇用者)の方から転職活動や就職活動を行なう」といった従来のスタイルに反する形で、この「転職ドラフト」の魅力は「企業の方からスカウトをとおして就職活動を斡旋してくれ、その上で就職を決めてくれる」という非常にありがたい転職サイトとなるでしょう。

特にこの場合は「ITエンジニア」の職種に就こうとしている人にとって魅力的な転職サイトとして認められ、ITエンジニア関連の多くの資格を所有している場合は破格の優遇が約束されることでしょう。

ITエンジニア向けの転職サービス

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

先述しましたように、この転職ドラフトというのは「企業の方から就活者に対して転職・就職を斡旋してくれる転職サイト」となるため、極端に言えば就活者はそのスカウトを待っていればよいだけというスタイルで転職活動ができてしまいます。

このスタイルは従来の転職サイトでは見られなかったスタイルとなるため、非常に多くの就活者にとっての魅力的な利点となるでしょう。実に転職ドラフトを利用する上での満足度は「90%以上」という破格の良い評判を示しており、この場合でも特にITエンジニアにとっての高評価が多く見られています。

エンジニアに魅力的な概要

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

先述でもご紹介しましたが、転職ドラフトというのは「新しい形の転職サイト」となり、その魅力的な特徴はまず「ITエンジニアを企業が年収付きで競争入札する転職サイト」という形で、多くのITエンジニアを企業側からスカウトし、その上で他の企業との奪い合いの競争になるという形での入札になります。

つまり、就活者を「新しい開拓用の用地」として見立てた上で、その用地をそれぞれの企業がどれだけの報酬によって獲得するか、というスタイルの転職サイトとなります。そのため就活者が見るべき点はまず「それぞれの企業が提示するシフト体制・勤務地・給料」などであり、それぞれの条件に見合う企業を選ぶ形での転職活動となるでしょう。

転職ドラフトの使用料

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

次に「転職ドラフトの使用料」についてですが、これはおそらくどのネット情報を参照してもはっきりとした金額提示は出ていないでしょう。

この転職ドラフトの利用規約にはまず「申込者は、当社が別途定めるサービス利用料に消費税相当額を加算した金額を当社所定の期日にて、当社の指定する銀行口座に振込む方法により支払うもの」とされており、この利用料(使用料)は利用申し込み時に随時案内される形となります。

エンジニアにとって魅力的な年収確定オファーとは

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

転職ドラフトを利用する上ではまず、「転職ドラフト」そのものの利用と「デザイナードラフト」という別途利用での活用方法があります。このうち「転職ドラフト」を利用した上で適用される「年収確定オファー」というのは、企業側が提示する年収額を就活者(転職ドラフト利用者)がOKした上で、両者の交渉が成立することを意味します。

つまり、先に企業側が年収額を提示しているのがこの転職ドラフトで紹介される「企業リスト」となり、そのリストを就活者(転職ドラフト利用者)が確認した上で交渉成立の連絡を行なうスタイルになります。この場合でも特にITエンジニアの年収確定額は破格に高くなるでしょう。

エンジニアを含む利用人数

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

この「転職ドラフトの実際の利用人数」についてもはっきりとした数値は掲載されていませんが、一般的には「月間600万利用者数」という破格の利用者数を確保していると言われています。

この数値は他の転職サイト・転職エージェントなどと比べて破格的に高い数値となり、つまり転職ドラフトがターゲットとした人脈層の「5人に1人」の割合で利用していることがわかります。

企業入札によるエンジニアの特典

先述でもご紹介しましたが、この転職ドラフトの特典はまずその独自のスタイルにあります。従来までの「転職サイト利用者(就活者)が企業への転職活動を斡旋していくスタイル」から、「企業側から利用者(就活者)への就職・転職斡旋がなされるスタイル」という、就活者にとっては非常に魅力的な就業スタイルが採られている点に見られます。

企業入札というのは基本的に「就活者の奪い合い」という形になり、その中でも特にITエンジニア部門に卓越している就活者は引く手あまたの形での(就活での)優遇を受けることになるでしょう。

ITエンジニアに最適の転職サイト

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

ITエンジニアというのは基本的に「パソコン関連の職種」として多く語られますが、なにもパソコンができるからと言ってITエンジニアと言うことはありません。

システムエンジニア、アプリケーションクラフト、プログラミング技術などを持っている人でも十分この「ITエンジニア」の部類に含まれることになり、転職ドラフトを利用する上でも非常に破格の優遇を受けることが可能です。

転職ドラフトはITエンジニアに最適なサイト

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

「転職ドラフト」のサイトとしての魅力はまず、先述のように「利用者は企業側からのアピールを待つだけでOK」という非常に楽なスタイルでの終活が可能になります。しかし、それぞれの企業と利用者との個別の状況を眺めた場合、その連絡のやり取りにおいて多少の誤差・認識の違いなどがうかがえる場合があります。

たとえば年収額の相違や、所有すべきエンジニア関連の資格の問題、または面接時に転職ドラフトをとおしての連絡内容(スカウト内容)と話がかみ合わない場合や、求人票に記載されていた情報と違う職種を紹介されるなど、情報確認のミスによっては大きな障壁となる場合があります。ぜひこのような点にも注意しておきましょう。

完全エンジニア向けの快適サイト

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

転職ドラフトというのは主に「ITエンジニア向けの転職サイト」として有名であり、そのサイト内容の実際のスタイル・概要においても、この「IT関連部門での転職情報や求人情報」、また「エンジニア関連の職種情報が盛んに掲載されている」といった状況は変わりません。

上記を踏まえた上で「転職ドラフト」ではまず「利用者がWeb履歴書を先に掲示しておき、その履歴書を確認した多くの企業が直接交渉に入る」といったスタイルが採られています。つまり野球のドラフト制と同じく、「1人の利用者に多くの企業が集まる」といった形になります。

スムーズに転職可能と好評の評判

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

先述でも少し触れましたが、この転職ドラフトを利用してスムーズに転職活動を進めていくためには、まず「自己管理・情報管理」というスキルが必要になるでしょう。転職ドラフトのサイトを利用する場合は非常に多くの情報が毎日入ってくるため、「自分に必要な情報」を仕分けていくことと、その各情報の正確な確認が必要になります。

上記の点を踏まえた上で、好評の点ではまず「リアルタイムで転職情報が飛び交うことにより、随時、転職活動が盛んに行える」といったものや、また「Web履歴書を提示しておくだけで企業側からのスカウトを待つだけでOK」という楽なスタイルが魅力を集めています。

しかしデメリットの部分では、「情報量が多過ぎる場合はその仕分け・確認がむずかしく、場合によっては転職ドラフトで得た情報内容と実際の企業からの連絡内容とが、大幅に違っている」などの認識の相違などがあげられています。

転職ドラフトのメリット

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

先述までの「転職ドラフト」についてのご紹介を踏まえた上で、ここからさらに具体的な転職ドラフトのメリットをご紹介していきます。転職サイトというのはどのサイトでも「しっかり情報確認をしておき、確実に自分の理想に見合った転職先を見付けること」がとても大切な心得になります。

転職ドラフトのメリット1:待つだけでOK

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

これについては先述までにご紹介しましたが、この転職ドラフトを利用する場合はまず「自己PRを含めたWeb履歴書」を掲示しておくだけで、多くの企業がその履歴書を確認した上でスカウトにくるという「待つだけでOKスタイル」が採られています。

この「待つだけでOK」という転職活動のスタイルは、たとえばランサーズやシェフティなどといった在宅ワークシステムのスタイルとそっくり似ていますが、この点と違うのは「一般企業・一流企業」が直接交渉してくれる点となります。

転職ドラフトのメリット2:リアルタイムの情報収集

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

次にこの「リアルタイムで転職情報の収集が可能」という点の魅力についてです。この「リアルタイムで転職情報が飛び込んできてくれる利点」は現在でも多くの転職サイトによって賄われていますが、この転職ドラフト独自の利点・魅力となるのは「ITエンジニア系の職種が非常に豊富に用意されていること」となるでしょう。

転職ドラフトのメリット3:転職情報が豊富

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

次はこの「転職情報が非常に豊富な利点」についてのご紹介です。転職ドラフトではその名が示すとおりに、まず「どんな立場・環境にある利用者にとっても、それぞれの価値観に見合った転職先への斡旋」を図ってくれます。

これは特定の職種分野においての転職サービスに限らず、たとえばITエンジニアの仕事でも「ITエンジニア関連の職種」として扱っているため、エンジニアを特定した転職サービスにはならないことを意味します。

転職ドラフトのデメリット

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

さて、次は「転職ドラフトのデメリット」についてのご紹介をしていきます。先述でも少しご紹介しましたが、この転職ドラフトを利用する場合には毎日非常に多くの情報が飛び込んでくるため、特定の情報をお気に入りにしていても、他の情報が入ってくることによって目移りしてしまう場合が多々あります。

このように、定期的に(ほぼ連続的に)飛び込んでくる情報が氾濫する可能性もあるため、毎日情報を受け取る際には「きちんとした情報管理をしておくこと」が大切になります。

転職ドラフトのデメリット1:情報確認がしづらい

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

これは先述の内容の引き続きの形となりますが、転職ドラフトを利用する場合には「非常に多くの情報が毎日飛び込んでくるため、ちょっと目を離した隙に、それらの情報を管理しきれなくなす状態」になってしまうことがあります。

毎日きちんと情報管理をしておくことができればOKですが、しかし状況によってはそんな時間・ゆとりを持てない場合も確かに出てくるでしょう。そのため、情報管理ができなくなることによって、せっかく良い情報が飛び込んできても「その魅力的な情報に気付かない場合」や「誤って情報確認をしてしまう」といった場合が出てくる可能性があります。

転職ドラフトのデメリット2:企業との温度差がある

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

転職ドラフトを利用する場合のもう一つの難点として、この「企業との情報確認における温度差がある」というデメリットが見られます。つまりこれは「転職ドラフトで確認した情報と、実際に企業と個別で就職斡旋を図っていく際に見られる認識の差異」という点に見られます。

転職ドラフトからは「○○してください」という情報がきたのに、実際にその企業からは「○○しないでください」などの逆行する情報が飛び込んでくる場合があり、この点では先述の情報のしっかりとした管理が非常に重要になってくるでしょう。

転職ドラフトのデメリット3:オファーがこない

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

次に、転職ドラフトを利用する上で「企業側からのオファーがまったくこない」というデメリットについてのご紹介です。このような状況は非常に珍しいケースになりますが、たとえば初めに提示しておくWeb履歴書の内容において、どの企業にとってもまったく魅力のない情報となる場合、この場合は当然どんな企業からもオファーはこなくなります。

つまりこの場合の難点となるのは、一度掲示したWeb履歴書の内容確認をしばらく忘れていた際のデメリットとなり、「オファーが利用後まったくこない」という場合は、その履歴書の内容を再確認しておき、各企業が求める理想像に見合った内容に書き直しておく必要があります。

この場合でもやはりITエンジニア・エンジニア関連の職種を希望することや、それに関する資格を所有していることがメリットとなるため、その辺りの情報を優先して入力しておくことが大切となるでしょう。

Greenと転職ドラフトの違い

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

次に「Greenと転職ドラフトの違い」についてのご紹介です。まずGreenという転職サイトの特徴は転職ドラフトの場合と同じく、「ITエンジニア関連の職種への転職斡旋が非常に充実している点」であり、この利点をもって多くの利用者(就活者・転職者)がITエンジニア・エンジニア関連の職種を目指して利用しています。

しかしこのGreenと転職ドラフトの大きなサイトの特徴の違いは、やはり転職ドラフトは「ITエンジニア特化の成功報酬型ダイレクトリクルーティング」がさらに充実していることと、企業側からのドラフト制による転職斡旋率が破格に高い点があげられるでしょう。

違い1:ITエンジニアのドラフト

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

先述でもご紹介しましたが、この転職ドラフトというのは特に「ITエンジニア・エンジニア関連の職種を目指す人」にとって非常にサービスが充実している点が見受けられており、その中でも「企業と転職希望者との直接の交渉」がいつでもすぐにできてしまう点に魅力があります。

他の転職サイトではこのような「ITエンジニアに特化した就活・転職サービス」はほとんど見られず、やはり多くの職種希望者のための共有サイトとして見受けられる点が強いため、理屈的にも転職ドラフトの「ITエンジニアへのサービスの充実」には頷けます。

違い2:詳細情報が事前にわかる

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

転職ドラフトを利用する場合は、特定の企業の状況や内実がリアルタイムでわかる上で、さらに普通の転職サイトではなかなかわからない情報などが事前に伝えられる点にあります。特にこの情報には「昇給後の給与の金額」や「実際に勤務する上でのシフト体制」、また「勤務地の詳細情報」や「入社後にどのような優待があるか」などとなります。

Moffers by CodeIQとの違い

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

一般的には、この「:Moffers by CodeIQ」と転職ドラフトは「サービス内容や制度がそっくり」という批評が示されています。まるで転職ドラフトの真似をしてできた転職サイト、とも言われる程の「:Moffers by CodeIQ」ですが、この両者の大きな違いは「求人情報の豊富さ」と「ITエンジニア関連にとって魅力的な企業分析」にあります。

違い1:求人情報の豊富さ

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

やはり転職ドラフトの驚異的な「ITエンジニア関連の情報量」には、他の多くの転職サイトは太刀打ちできない傾向が見られます。そもそもこの転職ドラフトは「ITエンジニア向けに専門的な転職サイト」として立ち上げられた生い立ちがあるため、他の転職サイトと比較する上でもそうなることは想定されるところでしょう。

違い2:スカウトする企業の幅が広い

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

次に「スカウトする企業の幅が広い」という点についての違いになります。主に転職ドラフトとMoffers by CodeIQはほとんど同じシステムサービスが取られており、その上で「ITエンジニア向けの転職情報サービス」が豊富に用意されていますが、やはり転職ドラフトが提供する「ITエンジニア向けの転職情報」では企業層の幅が破格に広くなります。

基本的に一流企業から中小企業をはじめ、ベンチャー企業やぽっと出のIT企業分野まで、非常に幅広く企業参入・入札が見られるため、この点においてもITエンジニアを目指す人にとってはとても大きな利点となります。

転職ドラフトで転職したときの年収は?

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

次に「転職ドラフトで転職したときの年収」についてのご紹介です。これは転職先によって違うため、たとえITエンジニアとして就職・転職できたとしても、その職先によって年収額は大きく違ってきます。

一般的に言われる「転職ドラフトから転職を斡旋された場合に約束される年収額」としては、「800万円から1,000万円」程の年収額となり、これらはITエンジニアとして優遇された場合の金額となります。

どんな会社が使っている?

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

転職ドラフトを利用している(参入している)企業は現在のところ「80社以上」とも言われており、これは主にメジャーな企業参入を計上した数字になります。そのため大企業から中小企業までのすべての企業を含めると、おそらく「何百社」という程の企業参入の実際が認められます。

具体的な社名では、DeNA、TORETA、KAIZEN PLATFORM、Money Forwardなどといったメジャーな企業が並び、この他にも多くの企業が連日転職ドラフトを利用しています。

転職ドラフトでの転職の流れ

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

転職ドラフトを利用する場合にはまずサイトに「エントリー」しておき、ここで「プロジェクト経験」や「Web履歴書」の審査が行われます。この審査をパスした利用者は次に「開催期間中の企業による入札」という形で利用者個別にスカウトメールが通知されます。そして利用者(転職希望者)と企業との交渉・合意によって転職斡旋が行なわれます。

今後の転職ドラフト開催スケジュール

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

この転職ドラフトでの「企業との交渉期間スケジュール」というのは、奇数月に毎回開催される形となります。その当該月において各企業と個別の交渉を終えた転職希望者との合意をもって転職斡旋がなされることになるため、その全体的なスケジュールを先に確認しておく必要があります。

この転職ドラフトの開催スケジュールというのは、サイトへのエントリーを実際に行なった後で随時メールで送られてきたり「スケジュール・フロー」と呼ばれるサイトページに掲載されたりするため、定期的にそれらの情報を確認しておくことが大切です。

転職ドラフトを活用してITエンジニアになろう

転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ

いかがでしたか。今回は「転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ」と題して、「転職ドラフトとは?ITエンジニアスカウトサイトの評判まとめ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、基本的な「転職ドラフト」の使用法と魅力をご紹介しました。

転職ドラフトという転職サイトは特に「ITエンジニア向けの専門的なサイト」となるため、もし他の職種を希望する人は別の転職サイトの利用を検討するとよいでしょう。あるいは併用利用によって情報確認をしておき、「自分にとって必要な情報の確保」をすることも多いに生産的と言えます。

ITエンジニアを目指す人・現在においてITエンジニアのキャリアを持っている人にとっては、この転職ドラフトは非常に魅力的な転職サイトとなります。ぜひ「自分の現状・環境に見合うITエンジニア向け企業」を希望する際には、この転職ドラフトを一度活用してみましょう。

Related