Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月13日

手取り22万の場合の年収・家賃|貯金はどれくらい?・手取り22万で一人暮らしは可能か

手取り22万円もらえる仕事というのは、雇用形態が様々な現代ではなかなかもらえない額になっています。手取り22万円をもらえている人は仕事が続けられる事に感謝をして、貯蓄をして自分のしたい仕事に向かって努力する事が必要です。今の給料を見直してみましょう。

手取り22万円もらっている人の年収は

手取り22万円もらっている人の年収は、雇用形態や会社の規模にもよりますが、年収に換算すると360万円程です。今この時代に20万円以上もらうことは容易ではありません。手取り22万円もらえるには、それなりの努力が必要な時代になりました。

夏と冬のボーナスが毎月の給与に組み込まれている場合、年収が300万円程で手取りはもっと下がってきます。22万円もらえるのは、20代後半で手取りが22万円になる場合が多く、転職が上手くいっても、手取り22万円もらう仕事はなかなか見つからないのが実状になります。

また結婚していて、子供がいる場合も手取り22万円の場合は、奥さんに働いてもらったり、子供手当をもらったりして帳尻を合わせています。非正規雇用が増えている現代で、手取り22万円をもらうにはかなり難しくなってきています。

マイカーを持つ事はできますが、住宅ローンを組むのは厳しくなります。派遣社員でもそれなりの貯金があり住宅ローンを組む人も中にはいますが、車を持つ事と家を買う事は、他の出費を見直す必要があります。

手取り22万円をもらえる職業は

デスクワークの仕事でも可能ですが、ある程度年齢を重ねないと難しくなってきます。雇用形態が契約社員や派遣社員の場合も、手取り22万円もらえる場合もありますが、その場合年齢が若い場合が多く、30代後半になると若い時のようには契約社員や派遣社員では稼げなくなります。

ガテンワークで手取り22万円でも稼げますが、車のドライバーや肉体労働など長くはできない仕事が多く、体の健康を考えて働く必要があります。歳をとってから腰などを痛めて治療費や生活費に困る場合も多く、ガテンワークというのは体が丈夫でないとできない仕事です。

自営業でも手取り22万円稼げる仕事はありますが、自分が経営者だったりしないと小さな店舗では大きな収入にはなりません。自営業の場合は、国民年金のみで老後を暮らしていくので、それなりの蓄えがないと安心した老後は送れません。

手取り22万円をもらっている人の男女別の給与の差など

男性の方が家長として働くという風習が日本には根付いています。女性よりも男性の方が手取り22万円稼げる人が多いです。手取り15万円でも難しくなってきているので、手取り22万円あればそれなりの立場で会社で仕事をしている人です。

サラリーマンで手取り20万円以上というのはなかなか難しくなってきています。様々な雇用形態があり、非正規雇用が増えている為です。女性より男性の方が会社という組織で手取り22万円稼ぎやすいです。女性は、家庭を持って家庭を守るというイメージが日本は払拭されていません。

現実には、共働きでないと生活できない世の中になり、子宝に恵まれても待機保育の児童が増えている現代では、なかなか子供を預けて仕事をするということが難しくなってきてます。

女性の場合は、シングルマザーだと子供を育てながら、仕事をしなければならないので仕事をいくつも持っていたり、手取りが22万円もらえても男性でも女性でも厳しい生活を強いられている場合が多いです。

年齢別に見る手取り22万円の人の割合など

新卒で新入社員として入社した場合は、20代後半で手取り22万円の収入をもらえる可能性があります。40代50代で手取り22万円の人もいれば、子供の教育費や住宅ローンを払いながら、40代50代で手取り22万円で生活している人もいます。

手取り22万円といっても様々です。年齢も様々ならば、職種や業種も様々だったり、20代前半で手取り22万円をもらえる仕事をしている人もいれば、40代50代で手取り22万円ない場合もあります。

2000年に、派遣業務をする派遣会社が公に認められて、時の政権による規制緩和や請負が増えたり、働き方が様々になった今となっては、手取り22万円だから決まった生活になるといったことはなくなってきています。手取り22万円でも住宅ローンを組んだり、結婚して子供を持つ事をできる人もいます。今までの固定概念では推し量れない事が起きているのも現実です。

手取り22万円ある人の1ヶ月の家賃や貯蓄はどのぐらいあるのか

一人暮らしの場合なのか、親元で暮らしているのか、結婚して夫婦で暮らしているのかにもよって違ってきますが、一月の家賃は6万円から8万円程の場合が多いです。親元で暮らしている場合は家賃が浮きますが、その分貯蓄に回している人は少なく、若い人程貯蓄している傾向があり、昔のようにお金を使う事が美徳だと思う人も減ってきています。

医者や弁護士でも貯蓄が200万円の場合もあれば、手取り22万円の人でも400万円500万円と貯めている人もいます。親の遺産を受け継いだりした場合も貯蓄となり、手取りがいくらということで貯蓄額を決める事は難しくなってきます。

親元で暮らしている場合の貯蓄

親元の家から会社や職場へ通勤している人は、目標がない限りは貯蓄が少ない事があります。家賃を払う必要がないので、焦って貯蓄をしない場合があるからです。将来したいこと、やりたい仕事がある場合はその夢に向かって、貯蓄をして備えることもあります。

バブル世代のように、お金を遣うのが好きな世代と平成生まれの若者だと、バブル世代よりも地に足がついた生活をしています。例えば、マイカーを持たずにレンタカーを利用したり、デートの際にも必ず男性が費用を払わず、割り勘をすることを忘れなかったり、金銭感覚はしっかりしています。

一人暮らししている場合の貯蓄

親元で暮らしている場合とは違って、地方から上京して仕事を探して東京で仕事をしている場合などは、一人暮らしをする必要があります。手取り22万円の場合の一人暮らしの場合の貯蓄額は、親元で暮らしている人より多い場合があります。

一人暮らしをして仕事をしている場合は、仕事にも責任感がでてきて親元で暮らしている人とは、仕事に対する気持ちやお金のありがたさなども違ってきます。一人暮らしをしているからといって貯蓄が少ないとは限りません。一人暮らししているからこそ、自分を見つめ直して、更なる目標の為に貯蓄をしている人が多いです。しかし、貯金ができるからといって油断はしない方が懸命です。事故や病などは予測できません。万が一、事故に合ってしまった場合多額のお金を用意しなければなりません。そんな時は、カードローンという方法もありますので確認してみましょう。

雇用形態別に見る手取り22万円の家賃や貯蓄など

契約社員、派遣社員、アルバイト様々な雇用形態があり、非正規雇用の比率が増えてきています。契約社員や派遣社員は次の契約が無事済むのか分かりません。また、他の仕事を探しながら契約社員や派遣社員やアルバイトとして仕事をしている場合も多いです。

手取り22万円の人の家賃は5万円から7万円程です。年収が少ない場合は、市営住宅や公団に入る場合も多く、頑丈な物件を安く借りる事もできますが、年収がある程度ないと無理だったり、収入が多すぎると入居できなかったりするので注意が必要です。

一人暮らしで正社員として働いている場合が一番貯蓄が多いです。非正規雇用のように不安定ではなく、一人暮らしをすることで将来のビジョンがはっきりしているからです。非正規雇用でも手取り22万円で400万円貯蓄している人もいれば、正社員で200万円程しかない場合もあります。

手取り22万円で一人暮らしをする場合心がける事

健康に気を付けて今している仕事を長く続けられるように心がける事です。また、将来やりたい仕事や商売がある場合は目標に向かって、今している仕事から学べる事は学んで次の仕事や夢に活かせるようにする事です。

今の会社で手取り22万円をもらっている場合は、より多くの仕事を成し遂げて収入を増やす事を考えて、仕事に必要な資格などがあれば貪欲に取得して、今の仕事を長く続ける事を考えることです。

手取り22万円以上の収入が得られる様にできる事はしていこう!

手取り20万円以上をもらえる仕事が減ってきたと同時に、様々な雇用形態が出てきて、個人でできる努力をしていないと、多くの給料がいただけない世の中になってきました。手取り22万円の場合は、20代後半でその金額に達する人も多く、将来への夢や今の会社でしたい仕事への展望も広がります。

手取り22万円で結婚をして子供を持っている人もいれば、年齢も様々です。派遣社員や契約社員、アルバイトでも手取り22万円稼げている場合もあり、正社員と比べると不安定な面がありますが、仕事への取り組み方や情熱は正社員の人も非正規雇用の人も変わりません。

手取り22万円をもらっている事に感謝をして、次のステージへ進める様に自分なりに人生設計をしながら仕事を努力していきましょう。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests