Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月03日

手取り23万の場合の年収|家賃・貯金はどれくらい?・手取り23万で結婚生活は可能か

手取りは、もちろん安定していることが望ましいのですが、どのくらいの手取りが安定した収入なのかよくわからない人も少なくないでしょう。23万という金額は大金ですが、毎月の手取りが23万だとしたら、果たして安定しているのでしょうか。

安定した仕事が好まれる現代

手取り23万の場合の年収|家賃・貯金はどれくらい?・手取り23万で結婚生活は可能か

就職氷河期といわれ、安い手取りで基本的な労働時間を大幅に超えたサービス残業や休日出勤を強要する「ブラック企業」が増加した現代では、自分自身がやりがいを感じられる仕事よりも、毎日決まった時間に帰宅できて、安定して働ける企業に就職したいと希望する求職者が増加しています。

そのため、安定した企業への就職がなおさら難しくなり、年収よりも労働環境を優先するか、または労働環境が劣悪でも年収を優先するかなどを考えておくことも、」現代の就職活動において大切なことでしょう。

広がる格差社会

妥協しながら就職活動をするしかない人達がいる一方、努力を重ねて優良企業に就職した人や、家族や知人のコネクションで安定した企業に就職できる人もいます。そういった人達は「勝ち組」と言われることがあり、経済的にも、時間にも余裕があるため、いろいろな人との出会いに時間を使うことができます。

しかし、このような暮らしが送ることができる企業へ就職できる人は限られており、ブラック企業が増加していることから、現代の日本は「格差社会」となってしまっています。格差社会はブラック企業や、不安定な企業に就職している人が増加する限り、格差社会も広がりつつ出るでしょう。

低所得者の年収は?

手取り23万の場合の年収|家賃・貯金はどれくらい?・手取り23万で結婚生活は可能か

一般的に、年収が少ない人達のことは「低所得者」といわれ、年収の金額によって、税金の金額などが変化していきます。低所得者の年収は、300万円以下であれば、低所得者として認識されるのですが、2017年現在、年収が300万円以下の人達は、全体の40パーセントを占めており、今後も増加していくでしょう。

年収が300万円であれば、手取りで換算すると200~260万円辺りと考えられるので、月給だと23万円の収入であっても、低所得と言われることになります。

手取り23万は安い!?

手取り23万の場合の年収|家賃・貯金はどれくらい?・手取り23万で結婚生活は可能か

手取り23万という給料は、生活環境によって安いのかどうか決まります。家賃や光熱費・食費などの生活費を合計10万以内で抑えることができれば、手取り23万なら、残った13万以上を自由に使うことができます。誰とも遊ばず、自分自身の趣味にもお金を使わなければ、全額貯金することもできるので、手取り23万は安い給料とはいえません。

逆に、同じ手取り23万であっても、高額な家賃のアパートで生活していたり、少し贅沢な生活を送っている人だと、手取り23万という給料は安い給料に感じるでしょう。

そのため、自分一人で普通に生活していくだけの場合、手取り23万の給料は、「十分な金額」といえます。

手取り23万で結婚生活は可能か

自分一人で生活していくだけの手取りではなかったとしても、素晴らしい出会いがあれば、結婚を意識してしまうものなのですが、手取りを23万程度稼いでいる人達の中には、手取りが23万で結婚生活を送れるのだろうかと考えてしまう人もいるでしょう。

手取り23万の場合だと、結婚後に子供を作り、夫は働き、妻は専業主婦として生活するという、理想的な夫婦生活を送ることは難しいでしょう。子供を育てるためにもお金が必要になりますし、手取り23万は一人である程度不自由なく生活できる金額ですので、妻が専業主婦として生活をしてしまうと、子供のためにお金を貯めることも難しくなり、夫婦だけで生活しても生活し辛くなるでしょう。どうしてもお金が必要な場合はカードローンを利用することを視野に入れましょう。下記に参考記事があるので目を通しておきましょう。

共働きの場合は?

手取り23万であっても、夫婦共に働いていたり、結婚後に専業主婦とならず、パート・アルバイトを始めるのであれば、結婚生活を送ることは全く問題ないでしょう。贅沢な暮らしを送ることは難しいですが、子供を育てることもできます。

共働きの場合は、子供を育てる時間が必要になりますが、働いている間は保育園に預けたり、子供を預かってもらえるパート・アルバイト先を選べば、子供に寂しい思いをさせずに、子育ても続けることができるでしょう。

家賃・貯金はどれくらい?

手取り23万での生活は、贅沢をしなければ問題なく生活していける金額です。そのため、手取り23万で生活に困らない金額のアパートで生活している人が多いでしょう。手取り23万で生活をしている方の家賃は、自分自身の環境や、住まいの地域によって変動しますし、生活費の大部分を占める家賃の金額によって、貯金額も変わってきます。

独身、既婚者によっても違うので、それぞれ家賃・貯金はどうなっているのかをご説明します。

独身の人の家賃・貯金

独身の人には、ワンルームなど安い家賃で住めるアパートが好まれますので、手取り23万でも無理のない家賃に住んでいるケースが多いです。金額の相場は、4~6万円で、人との付き合いや趣味にお金を使っても、手取り23万ならば毎月5万円ずつの貯金なら無理なく続けられるでしょう。

既婚者の家賃・貯金

既婚者の場合ですと、独身と比べて家賃が高額になってしまうので、貯金することも難しくなるでしょう。

家族で生活していくと、ワンルームではなく、二人以上で生活ができるアパートやマンションに住まなくてはいけません。二部屋以上あるアパートの家賃はワンルームより高額なので、7~10万円以上必要となるでしょう。

しかし、共働きならば、7~10万円以上の家賃でも、上手に節約をすることで安定して貯金をすることもできます。

手取り23万は安定している?

手取り23万の場合の年収|家賃・貯金はどれくらい?・手取り23万で結婚生活は可能か

現代の日本では、手取り23万未満の手取りで生活を送る人も多く、手取りが15万以下の正社員も少なくありません。そして、劣悪な労働環境も多いことから、実際の労働と見合わない手取りに不満を感じながら働いているのが、社会の現実でもあります。

手取り23万という給料は、高額とは言えませんが、勤め先の環境によっては、安定した給料と捉えることもできます。休日出勤やサービス残業が少なく、リストラになる心配もない職場で手取り23万を稼げれば、安定しているといえるでしょう。

そのうえ、もし手取り23万に不満が出てきた場合、休日出勤やサービス残業が少ないメリットを利用して、転職活動に時間を使うことができます。

安定して稼げる仕事とは?

大手企業であっても、業績の悪化が原因で、リストラを行ったり、倒産をしてしまうことも珍しくはない時代ですので、高収入な仕事よりも、手取り23万程度の収入でも、リストラの心配のない安定した仕事も人気があります。

安定した仕事として有名な仕事のひとつが、公務員です。各都道府県で行われる公務員試験に合格すれば、公務員として社会人生活を送ることができます。公務員の仕事によっては、手取りが23万程度の場合もありますが、リストラの心配がなく、理不尽な残業も少ないので、安定した職業とされています。

学校の先生は安定しているの?

学校の教師も、基本的にリストラの心配がないため、人気のある職業です。しかし、教師という仕事は、学生達にいろいろなことを教え、学生が起こしたトラブルにも対応することが仕事ですので、安定しているという理由だけで教師を選んでしまうと、想像以上に辛い仕事と感じてしまうこともあるでしょう。

教師に大切なのは、安定した仕事に就きたいという気持ちよりも、学生達のことを一番い考える教師としても心構えが一番重要です。

手取り23万でも十分暮らせる

手取り23万の場合の年収|家賃・貯金はどれくらい?・手取り23万で結婚生活は可能か

手取り23万での生活は、程よい家賃の家に住み、贅沢をしないで生活を続ければ、貯金をしながら十分暮らしていくことができます。

一人暮らしだと手取り23万なら、節約しなくても問題ありませんが、好きなことに使える金額をあらかじめ決めておいたり、食品を買いに行くときは、少し遠い場所でも一番安いスーパーへ買いに行ったりするなど、節約をすることで貯金額を増やすことができるので、貯金が増えれば、豊かな暮らしを送ることもできるでしょう。

手取りも重要ですが、長く続けれられる職場かどうかが一番重要なポイントです。現在の職場環境に不満や理不尽さを感じる様であれば、23万の手取りを目安に、転職活動を始めてみてもいいでしょう。

←前の記事へ

28歳の平均年収・手取り・貯金額・転職状況

工場勤務の給料と年収・工場勤務のメリットとデメリット・工場勤務はきつい?

Latests