Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月22日

工場勤務の給料と年収・工場勤務のメリットとデメリット・工場勤務はきつい?

工場勤務がきつくて辞めたいと感じていませんか。きついと言われる工場勤務ですが、実はメリットも大きい仕事ですので、冷静に振り返ってみることが大切です。今回は、工場勤務の給与相場、辞めたい場合の対処法、仕事のメリット・デメリットなど、工場の勤務事情を紹介します。

工場勤務の気になる給料・年収

工場勤務の給料と年収・工場勤務のメリットとデメリット・工場勤務はきつい?

工場で働く方の給料が気になる方も多いのではないでしょうか。まずは、工場勤務をした場合の給料・年収について紹介します。

厚生労働省「平成28年度 賃金構造基本統計調査」によると、製造業の年収相場は200~400万円前後となっています。他産業と比べてみますと、金融や教育などより低水準であるものの、宿泊、飲食、その他サービス業を大きく上回っています。低賃金のイメージが強い工場勤務ですが、一般的なサラリーマンと同程度の年収を得ることは十分可能と言えます。

他の産業と同様に、年齢とともに右肩上がりで推移していきますが、55歳頃をピークに大きく下降します。年齢によって体力が衰え、夜勤やフルタイム勤務を続けることが難しくなり、正社員以外の働き方に変える方が多いのも要因でしょう。

工場勤務を辞めたいときはどうする?

工場勤務の給料と年収・工場勤務のメリットとデメリット・工場勤務はきつい?

工場勤務をしていると、仕事が辛い、もう辞めたいと感じることがあるかもしれません。そんなときはどうすればいいのでしょうか。ここでは、工場勤務を辞めたくなったときの対処法を紹介します。

スキルを磨いて給料アップを狙おう

工場勤務の給料は決して他産業と比べると決して高い水準とは言えません。しかし、スキルアップして仕事の幅を広げる、資格取得で資格手当を得るといった方法で、今より給料を上げることができます。給料が上がることは大きなモチベーションになりますから、今いる環境の中で自分を磨いていくことを考えてみましょう。

楽しく仕事をできる工夫をする

退屈な工場勤務にうんざりだと思っている方は、楽しく仕事ができる工夫を考えてみましょう。たとえば、永遠と続くライン作業が嫌なら、「もっと作業スピードをアップさせる方法はないだろうか。」と、効率よく作業する方法を探ってみます。自分の中での小さな目標を立てることで、やりがいを持って仕事に取り組むことができ、退屈だと思っていた時間はあっという間に過ぎます。

他にも、頭の中で歌を歌いながらリズムに合わせて作業する、口角を上げて気分よく仕事をするなど、小さな工夫が毎日の仕事を楽しむコツです。

転職を考えてみるのも1つ

工場勤務が辛いなら、職場環境を変えるのは1つの方法です。異動が可能な会社であれば、異動を申し出てみるのもいいでしょう。異動も無理、今の職場でやりがいを持って仕事に取り組むことがどうしてもできないなら、転職も視野に入れてみてください。工場勤務が合わなくても、他の仕事であれば向いている可能性はあります。

まずは今の仕事と並行して転職活動をおこない、自分が本当はどんな仕事に就きたいのかをじっくり掘り下げて考えてみることが大切です。

工場勤務に役立つ資格取得でキャリアアップ

工場勤務の給料と年収・工場勤務のメリットとデメリット・工場勤務はきつい?

工場勤務で仕事の幅を広げてキャリアアップしたいという方は、資格取得を目指すのもいい方法です。自身がどの業務を担当しているかによって目指したい資格が変わってきますので、しっかり下調べをおこなってから勉強することが大切です。工場勤務に役立つ資格にはどんなものがあるのでしょうか。

加工作業に関わる資格

工場勤務の中でも、加工業に関わる業務を担当しているなら、加工関係の資格がいいでしょう。たとえば、アーク溶接作業者、プレス金型取替作業者、自動車整備士などがあります。菓子製造に関わるなら菓子製造技能士といった資格もおすすめです。

職場環境を管理する資格

工場では、有害物質の取り扱い、大型クレーン運転や重量物を運ぶ作業といった危険な作業が発生するため、労働者の安全や健康を管理しなくてはなりません。その管理者としての資格が、労働者の安全を管理、巡視する役割をもつ安全管理者、快適な職場環境作りのために健康・衛生面での管理をおこなう衛生管理者です。

衛生管理者には第一種と第二種とありますが、工場勤務なら第一種を目指しましょう。第二種に比べて事業所が限定されず、製造業や有害物質を扱う事業所で管理者となることができます。

設備関連の仕事に就くなら取得したい資格

設備系の仕事に従事しているなら、設備関連の資格があると仕事の幅が広がります。ボイラー技士、電気工事士などのほか、危険物取扱者はどの現場でも求められる資格です。特定の業務に関わる方はビル設備管理技能士や冷凍機械責任者といった資格もいいでしょう。

リフト系資格は汎用性が広い

リフト系の資格は汎用性が高く、仕事の幅が広がって給料アップにもつながるためおすすめです。転職の際にも評価されやすいので、今後のキャリアを考えても取得しておくといいでしょう。リフト系の資格には、フォークリフト運転技能者、クレーン・デリック運転士、移動式クレーン運転士、玉掛作業者などがあります。

工場勤務にはどんなメリットがあるの?

工場勤務の給料と年収・工場勤務のメリットとデメリット・工場勤務はきつい?

大変な割に給料も高くないと思われがちな工場勤務ですが、実はメリットも多い仕事です。人によっては働きやすく、ワークライフバランスも叶いやすいと言えるのでしょう。工場勤務にはどんなメリットがあるのかを紹介します。

大型連休が取得できる

工場では機械稼働のための光熱費が大きくかかります。そのため、勤務管理を徹底管理することにより、コスト削減を図ることが一般的で、代表的なのは一斉休暇です。ゴールデンウイークや夏季休暇、年末年始には、従業員に長期連休を取得させ、機械稼働をストップさせます。工場勤務は、他の産業に比べても大型連休が多いのはメリットでしょう。

残業なしで帰れることが多い

コスト削減によるメリットとしてもう1つ考えられるのが、残業が少ないことです。事務所内の仕事であれば個人の裁量で残業をしたり、業務量をコントロールすることができますが、工場の場合にそれをするとコストがかかりすぎてしまうでしょう。

工場勤務の場合は必要最低限の残業しかおこなわず、連続して機会を稼働させる場合は交代制を導入しています。時間がくれば次のシフトの人が出社するため、ダラダラと残業をすることもありません。

ただし、これらは大手など規模が大きな工場で見られる仕組みです。中小零細の小さな町工場の場合は管理が行き届いておらず、残業や休日出勤があるという点も覚えておきましょう。

コミュニケーションが苦手な人にも向いている

人と接するのが苦手、コミュニケーションスキルに自信が無い方にとっては、工場勤務にメリットがあります。工場勤務は、基本的に手足を動かし、目の前の作業をこなしていく仕事です。役職にでもならない限りは、他部署や社外の人と頻繁にやり取りをおこなうことが少なく、何も考えず作業に没頭することができます。

転職のハードルが低め

工場に就職するには、学歴や特別な資格が不要というケースが多くあります。資格があれば仕事の幅は広がりますが、入社してから取得する人も多いため、就職時に必須というわけではありません。単純作業から始め、コツコツとスキルアップしていくこともできます。転職を考えるうえでのハードルが比較的低めなので、今の職場が辛いなら転職して環境を変えやすいと言えるでしょう。

工場勤務はきつい?デメリットを解説

工場勤務の給料と年収・工場勤務のメリットとデメリット・工場勤務はきつい?

工場勤務にはメリットだけでなく、デメリットも存在しています。工場勤務はきついと言われることも多く、やはり大変な仕事です。どんなデメリットがあるのかを紹介します。

体力がない人には厳しいかも

工場勤務は、なんといっても肉体面での負担が大きい仕事です。1日中立ちっぱなしは当たり前で足がパンパンになりますし、重たい物を運ぶ、中腰で作業するなどで肩や腰に負荷がかかります。工場内の環境によっては、暑い寒いといった厳しさもあります。まさに汗水垂らして働く肉体労働と言えるでしょう。

夜勤があれば不規則になる

工場勤務には、日勤帯のみのケースの場合と、夜勤のみ、交代制といった勤務体制があります。日勤帯のみの勤務であれば規則正しい生活ができますが、夜勤や交代制は非常に不規則になります。体内リズムが乱れて睡眠不足になったり、家族や友人と一緒にいられる時間が少なくなるといったデメリットがあります。

同じ作業の連続で飽きる

工場では時間内に一定の生産目標が決まっていますので、効率よく動かなくてはなりません。同じ作業を連続しておこなうなど、機械的な動作を求められます。毎日同じ作業をすることも多く、途中で電話がかかってきたり、来客がある事務所仕事のように変化が発生しにくいのです。そのため、飽きてしまう、モチベーションが保ちにくいといったことがあります。

工場勤務はメリットある仕事だから前向きに頑張ろう

今回は、工場勤務を辞めたい場合の対処法や、メリット・デメリットを紹介しました。工場勤務に悪いイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、実はメリットも大きい仕事です。さまざまな資格もありますので、努力次第でキャリアアップを図ることも可能です。工場勤務を辞めたくなったら、まずは冷静になり、今の環境を前向きに変えていく視点をもってみてはいかがでしょうか。

Latests