Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

漁師の年収年収と経費・個人での年収|漁師の年収は高い?

皆さんは、職業の年収事情について知りたいと思ったことはありませんか?特に、将来どんな職業に就きたいか悩んでいる学生さんなんかは気になるところだと思います。今回はそんな方々のために、漁師という職業に焦点を当てて、漁師の年収事情についてご紹介していきます。

漁師の収入事情

漁師の年収年収と経費・個人での年収|漁師の年収は高い?

皆さんは、自分気になる職業の収入事情について知りたいと思ったことはありませんか?特に、これから就活を控える学生なんかは気になるのではないでしょう。今回はそんな方々のために、漁師という職業に注目し、漁師の年収事情について詳しく見ていきたいと思います。

漁師は大きく分けて3種類

続いて、漁師の種類について見ていきましょう。

漁師と一概に言っても、仕事内容の違いからいくつかの種類に分けることができます。実は、漁師には三種類あるんです。一つ目は「遠洋漁業」。二つ目は「近海漁業」。そして三つ目は「養殖業」です。この三つの漁業にどんな違いがあるのかというと、実際に漁業を行う場所に違いがあります。例えば遠洋漁業の場合、マグロやカツオといった岸からかなり距離(岸から200海里内外)のある場所に生息する魚を狙って漁業を行い、養殖業の場合はホタテなどを浅瀬で繁殖させ収穫します。

漁師の平均年収は260万円

続いて、漁師の平均年収について詳しく見ていきましょう。

結論から言いますと、漁師全体の平均年収は260万円です。しかし、これはあくまで漁師全体の平均であって、先ほどご紹介した漁師の種類によってその平均年収には大きな差があります。

例えば、漁師全体の平均年収は260万円ですが、遠洋漁業だけでは平均年収は600万円~800万円になります。これは遠洋漁業の場合、遠く離れたところ、時には外国の海での作業となり、200日など長い時間拘束されることや他の漁業と比べて危険が多いことを考慮し、航海手当や資格手当等が一般の給与とは他に加算されるからです。

一方近海漁業の場合、平均年収は200万円~400万円となっており、拘束時間が短かったり、リスクが少ない分手当もあまり支給されません。

漁師の平均年収は比較的低い

漁師の年収年収と経費・個人での年収|漁師の年収は高い?

今度は、漁師の平均年収が日本の給与所得全体の平均年収と比べたときに高いのか、それとも低いのかを見ていきましょう。

まず、日本の給与所得全体の平均年収は440万円です。これと漁師の平均年収を比較すると、漁師の平均年収は先ほどもご紹介したように260万円です。結果、漁師の平均年収の方が180万円も低いということになります。つまり、漁師の平均年収は日本全体で見ると、比較的低い方だということがわかります。

漁師の年齢別平均年収

続いて、漁師の平均年収について年齢別に見ていきましょう。以下に、漁師の平均年収について年齢別にまとめてみました。

漁師の年齢別平均年収一覧

 年齢   平均年収   平均月収
20~24歳 456.0万円  38.0万円
25~29歳 568.0万円  47.3万円
30~34歳 624.0万円  52.0万円
35~39歳 712.0万円  59.3万円
40~44歳 800.0万円  66.7万円
45~49歳 896.0万円  74.7万円
50~54歳 960.0万円  80.0万円
55~59歳 952.0万円  79.3万円
60~65歳 648.0万円  54.0万円

漁師の平均年収のピークは50歳~54歳のときになります。漁師という職業は、仕事内容的に体力面が非常に重要になってきます。この50歳~54歳ごろを過ぎてしまうと、体力的な衰えから仕事の継続や効率が落ちてしまうので、この年齢を境に漁師の平均年収は低くなっていきます。

漁師の職種別平均年収

続いて、漁師の平均年収について職種別に見ていきましょう。以下に、漁師の平均年収について職種別にまとめてみました。

漁師の職種別平均年収

カニ漁師(遠洋漁業)  年収1000万円~1500万円
マグロ漁師(遠洋漁業) 年収800万円~1500万円
カツオ漁師(遠洋漁業) 年収700万円~1200万円
イカ漁師(遠洋漁業) 年収900~2000万円
ホタテ漁師(養殖) 年収300~450万円

やはり先ほどもご紹介したように、マグロ漁やカツオ漁などの遠洋漁業の場合は、その仕事内容の過酷さやリスクを伴いやすいという面から、手当が多く支給され平均年収が比較的高めです。ちなみに、遠洋漁業の中でも、特にカニ漁の平均年収が高くなっています。一方でホタテ漁などの養殖業の場合、遠洋漁業に比べて3倍~4倍ほど平均年収に差があります。

漁師の平均年収の推移

続いて、漁師の平均年収の推移についてご紹介します。

まず、漁師が行う仕事というのは、全て環境・場所・経済の影響を非常に受けやすいです。それに伴って、漁師の収入や給与というのも、環境や場所、経済状況によって大きく左右されます。そのため、漁師の平均年収の推移というのは一概には言えませんが、結論を言いますと漁師の平均年収はここ最近若干低下気味であると言えます。

その主な原因としては、地球温暖化などによる不安定な気候や地形の変化が著しく、一部の魚の数が減少してしまっているからです。また、そもそも生息地域が変化してしまって、ある一定の地域で不漁が続いているからということも考えられます。

さらには、グローバル化に伴う経済の不安定さや日本周辺国家間との利益や資源をめぐる争いなどによって、今までと比べて漁に出ることを厳しく制限されてしまっているということも大きな原因として挙げられます。

漁師の年収と経費

漁師の年収年収と経費・個人での年収|漁師の年収は高い?

今度は、漁師の年収と経費について見てみましょう。まず、漁師を個人で営むとなると、以下のような経費がかかります。(以下は数ある経費のなかのごく一部です)

・燃料費
・船の購入・メンテナンス費用
・網のメンテナンス
・船の装備品(巻き上げ機など)のメンテナンス

漁師が仕事をする上で最も経費がかかるのは、燃料や機械などです。特に燃料の場合は、経済状況や政治状況、不況の波をもろに受けるので常に不安定ですし、エンジンや漁を行う上で必要不可欠なその他の機械類のメンテナンスは、通常の機械メンテナンスだけでなく、海水への対策も万全にしなくてはならないので、通常の機械メンテナンスよりも経費が多くかかります。

あるマグロ漁師さんの話によりますと、一日の航海にかかる経費は、燃料費だけでも「3万円」近くかかるということもあるそうです。個人で漁師を経営していくとなると、年収の半分以上を経費に割くことになるなんてことも珍しくないです。

平均年収が低めな漁師ですが、年収をUPさせる方法はもちろんあります。

漁師で年収をUPさせたいのであれば、自営業で漁師を始めるか船長になることをおすすめします。自営業で特に遠洋漁業の場合だと、年収は1000万円~1500万円ほどになります。しかし、不漁の場合は年収が激減する可能性が高まるので、漁師でより安定して高収入を得たいのであれば、漁業組合などに入り、そこで船長として漁に出るのが良いでしょう。自営業よりかは年収は高くありませんが、船長として漁に出ることで安定して高収入を得ることができます。

漁師の年収モデル

<40代 男性 北海道 カニ漁>
・年収は890万円。
・約半年ぐらいは海上で過ごす。
<30代後半 男性 島根県 まき網漁業>
・年収は400万円程度。
・日没~日出まで勤務。
<40代後半 男性 山口県 沿岸漁業の自営業>
・年収は約600万円。
・収穫量が多い時は800万~900万円。

漁師の収入は不安定だが比較的高収入も得られる可能性が高い

漁師の年収年収と経費・個人での年収|漁師の年収は高い?

いかがでしたでしょうか。今回は、漁師という職業に焦点を当てて、その主な仕事内容や収入事情について詳しく見てきました。

漁師の収入はあらゆる条件に大きく左右され、非常に不安定な職業でもあります。しかし他の職業と比べて、高収入も狙いやすい仕事でもあります。もともとも漁師に興味を持っている方や体力に自慢があるという方には非常におすすめの職業です。また、やりがいのあふれる職業とも言えるでしょう。みんなで体を動かして大きなことをしたり、みんなで協力しあって苦労を共有しながら仕事をすることで、深いつながりができたり、達成感を味わえる職業です。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests