Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月25日

刑務官の給料・手取り|大卒・高卒での給料の違い・刑務官の給料は安い?

皆さんは「刑務官」という職業をご存知ですか?おそらく、名前は聞いたことはあっても具体的な仕事内容であったり、ましてや給料事情までは詳しく知らないという方が大半だと思います。今回はそんな「刑務官」に注目し、その主な仕事内容や給料事情について細かくご紹介します。

刑務官の主な仕事内容・給料事情は?

刑務官の給料・手取り|大卒・高卒での給料の違い・刑務官の給料は安い?

皆さんは「刑務官」という職業をご存知ですか?おそらく、刑務官という職業があることは知っているけれども、実際にどんな仕事をしているのか、また平均年収や手取り額などの給料がどのくらいなのかはあまり詳しく知らないという方がほとんどだと思います。

今回は、そんな「刑務官」という職業に注目し、刑務官の主な仕事内容や給料事情などについてご紹介していきます。

刑務官とは刑事施設の監督者

そもそも刑務官とはどんな職業なのでしょうか?

刑務官とは、簡単言うと「刑事施設の監督者」のことです。基本的には、刑務所や少年刑務所、拘置所などの法務省の管轄である刑事施設に勤務しています。勤務先の刑事施設では、主に施設の運営や警備、また受刑者がしっかりと更生し社会復帰ができるように指導を行います。ちなみに、刑務官は国家公務員の一つです。

刑務官の主な仕事内容 ~運営・警備~

続いて、刑務官の主な仕事内容についてもっと詳しく見ていきましょう。

刑務官の主な仕事内容のなかで、比率的に最も多いのが「施設の運営・警備」の仕事です。例えば、刑務者が何か問題を起こしていないか収容されている房の点検作業や収容者の体調に変化がないか健康状態のチェック、また施設内の備品や機器に不具合がないかの確認や収容者の面会場、作業場、医務室、風呂場、運動場への引率などを中心に行います。さらに、施設内の安全を守るための巡回作業なども行います。

刑務官の主な仕事内容 ~事務作業~

刑務官の主な仕事には、施設の運営や警備以外に、「事務作業」もあります。主には、法務省への報告書類の作成や様々な証明書の手続きや管理などを行います。

基本的には、施設の運営や警備に携わる刑務官と事務作業のみを行う刑務官とに分けられ、事務専門の部署がこういった事務作業に携わります。

刑務官の主な仕事内容 ~カウンセリング~

刑務官の主な仕事の中でも、非常に重要な業務となるのが「カウンセリング業務」です。

刑務官というのは、ただ収容者に対して彼らの行動を監視したり指導するだけではありません。収容者が刑を終えた後、再び犯罪に手を染めるようなことにならないように、収容者に対してカウンセリングを行います。例えば、収容者が抱えている悩みの相談に乗ってあげたり、収容者に対して講義を行ったりします。このカウンセリング業務によって、収容者の更生や社会への復帰が促される、刑務官の仕事の中で最も重要な業務一つだということです。

刑務官の給料事情は?

刑務官の給料・手取り|大卒・高卒での給料の違い・刑務官の給料は安い?

続いて、今回のテーマでもある刑務官の給料事情についてご紹介していきたいと思います。

刑務官の平均年収は630万円

結論から先に言うと刑務官の平均年収は630万円です。これは日本の給料所得者全体の平均年収と比べてみても非常に高い賃給料設定になっています。

日本の給料所得者全体の平均年収が440万円なので、それと比べると刑務官の平均年収である630万円というのは200万円近くも全体より高い給料を得ることができるということになります。

ちなみに、年収をだいたい630万円前後程度と仮定した場合、住民税や所得税分を差し引いた手取り金額は約480万円前後になります。月々に換算すると一ヶ月だいたい40万円ぐらいになります。

刑務官の給料は高い

「刑務官」と聞くと給料はあまり良くないんじゃないかと思われる方も多いのではないでしょうか?

実は、刑務官というのは給料に関しては比較的高めの職業なんです。先ほどもご紹介したように、刑務官の平均年収は給料所得者全体の平均年収を大きく上回っていますし、かつ数多くある公務員の職業の中でも給料が高い職業として有名です。

理由としては刑務官の離職率の高さにあります。先ほどご紹介した刑務官の主な仕事内容からもわかる通り、刑務官の仕事はストレスが溜まりやすかったりスケジュールが過酷であったりするケースが多く、それを理由に転職を考える方が多いです。しかし、刑務官という職業はなくてはならない職業でもあるので、就業者確保のためにも給料が比較的高く設定されているのです。

実際に、刑務官の給料というのは一般的な公務員の職業と比べて10パーセント前後高く設定されています。

大卒と高卒とでの刑務官の給料の違い

刑務官の給料・手取り|大卒・高卒での給料の違い・刑務官の給料は安い?

実は、刑務官という職業は高校を卒業していれば大学に行っていなくても誰でも採用試験を受験することができます。また、そういった職業の場合多くの方が気になるのが大卒と高卒とで給料にどれくらいの差があるのかではないでしょうか。

そのため、次は大卒と高卒とでの刑務官の給料の違いについてそれぞれの初任給の金額を参考にして詳しく見ていきましょう。

刑務官(大卒)の平均初任給は24~25万円前後

まず最初に刑務官(大卒)の方から初任給がどのくらいなのか見ていきましょう。

結論から言いますと、地域によっても若干の差異がありますが、刑務官(大卒)の平均初任給はだいたい24万円~25万円前後程度になります。年収にするとだいたい288万円~300万円になります。

また、大卒給与所得者全体の平均初任給と比べると、大卒給与所得者全体の平均初任給が約19万円~20万円前後なので、刑務官(大卒)の平均初任給である24万円~25万円というのは比較的高い給料設定となっています。

刑務官(高卒)の平均初任給は16万円~17万円前後

続いて刑務官(高卒)の初任給がどれくらいなのか見ていきましょう。

結論から言いますと、刑務官(高卒)の初任給はだいたい16万円~17万円前後程度になります。年収にするとだいたい192万円~204万円になります。

先ほどもご紹介しましたが、大卒の給与所得者全体の平均初任給というのは約19万円~20万円前後になりますので、刑務官(高卒)の初任給である16万円~17万円というのは大卒者の平均初任給と比べると少し低い給料設定であるということが分かります。

また、同じ刑務官でも大卒の場合は初任給が24万円~25万円と10万円近くも給料に差があることがわかります。

昇進試験によって給料もアップ

実は、刑務官という職業にはいくつか階級というものが設けられています。昇給試験に合格することによって、誰もがより上の階級を目指すことができるようになっています。もちろん試験に合格し階級が上がれば上がるほど給料もアップします。

他の民間の職業と違い、昇進するためには実際に何か大きな成果を上げなければならないというわけではなく、誰でも試験によって昇進することができるので、刑務官という職業は自分の頑張り次第で給料がアップしやすい職業の一つでもあるというわけです。

刑務官の給料は上昇傾向

日本の給与所得者全体の平均的な年収よりも比較的高く、他の職業と比べて昇進も比較的容易な刑務官ですが、最も気になるのは給料の推移だと思います。このご時世、年々給料が大幅カットされる企業がほとんどですよね。そんな中刑務官はどうなのでしょうか。

実は、刑務官の給料はここ数年は上昇傾向にあるんです。特に、不況になると給料がカットされやすい公務員ですが、他の公務員職とは違い刑務官は給料が年々アップしている職業なのです。

また刑務官の場合は、他の職業と比べて就業者の数も比較的少なめなので、労働力の確保のために賃金が大幅にカットされるようなことがあまりない職業でもあります。つまり、刑務官というのは不景気にも強い職業の一つでもあるということです。

刑務官は安定した収入を得られる職業

刑務官の給料・手取り|大卒・高卒での給料の違い・刑務官の給料は安い?

いかがでしたでしょうか。今回は刑務官という職業に注目し、その仕事内容や給料事情について様々な観点からご紹介してきました。

刑務官は公務員の中でも特に高収入で安定した給料を得ることができるのが魅力的な職業です。もし将来公務員の職業に就きたいと考える方であれば、一度刑務官への就職も考慮してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したことが皆さんにとって少しでも参考になっていれば幸いです。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

←前の記事へ

旅行業界ランキング|売上高/年収/就職/離職率

【年代別】世帯年収の平均|20代/30代/40代/50代

Latests