Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

建築士の年収は低い?|独立した場合の年収・年収1000万は可能?

皆さんは気になる職業の年収事情について知りたいと思ったことはありませんか?特に、今学生で将来どんな職業に就くか決めかねているという方にとっては気になるのではないでしょうか。今回は、建築士という職業に注目し、建築士の年収事情について詳しく見ていきましょう。

建築士の年収事情

建築士の年収は低い?|独立した場合の年収・年収1000万は可能?

皆さんは、自分の興味のある職業や将来就きたい職業の収入事情について知りたいと思った経験はありませんか?おそらく、誰もが一度は知りたいと思ったことがあるのではないでしょうか。また特に今現在学生の方で、今後就活が待っているという方にとっては、こういった収入事情に関しては気になるところだと思います。

今回はそんな方々のために、「建築士」という職業に注目し、その年収事情について様々な観点からご紹介していきたいと思います。

建築士とは建築物の設計・工事監理の専門家

そもそも建築士とは一体どんな職業なのか皆さんは知っていますか?少し曖昧な方のためにも、ここで少しだけ建築士という職業の定義や主な仕事内容についておさらいしておきましょう。

建築士とは、簡単に言うと、「建築物の設計や工事管理の専門家」のことを指します。建築士が行う建築物の設計というと、建物外観や内装、部屋の配置、間取りなどデザインに関する部分が注目されがちですが、その建築物を法律や構造、防災など様々な面から考えつつ設計していかなければなりません。また、建築物の工事管理というのは、一定の規模以上の建築物の場合、建築士でなければ行えないことになっています。

建築士の種類

一概に建築士と言っても、建築士にはいくつか種類があります。大きく分けると、「一級建築士」,「二級建築士」,「木造建築士」の三つに分けられます。一級建築士は建設大臣が行っている試験に合格し、建設大臣からの免許を取得している者,二級建築士と木造建築士は都道府県知事が行っている試験に合格し、知事からの免許を所得している者とされています。

建築士の平均年収は644万円

建築士の年収は低い?|独立した場合の年収・年収1000万は可能?

続いて、今回のテーマでもある建築士の平均年収が一体どのくらいなのかを見ていきましょう。建築士の平均年収は、644万円です。月給換算にすると、一月あたりだいたい44万円になります。ちなみに、建築士という職業の平均賞与額は、だいたい116万円になります。

男性は653万円・女性は545万円

今度は男女別に建築士の平均年収について見ていきましょう。多くの職種において男女間で平均年収に差がありますが、建築士も同様に男女間で平均年収に大きな違いがあります。

まず、男性の場合は平均年収が653万円。それに対して女性の場合は平均年収が545万円になります。男性と女性では、108万円と100万円以上もの平均年収の差があるというのが現実です。このことに関しては、今後何かしらの改善策を施す必要がある問題と言えるでしょう。

建築士の年齢別平均年収・月収・賞与額一覧

続いて、建築士の平均年収・月収・賞与額について年齢別にご紹介していきます。以下に、建築士の平均年収・月収・賞与額について年齢別にまとまてみました。

これらのデータを見て先に結論から言いますと、まず建築士の場合は40代が給与額・収入のピークになります。さらには、建築士の賞与額はだいたい2ヶ月分~4ヶ月分の範囲内で支給されます。これは他の職業と比べて一般的~少し高めな設定となっています。

25歳~29歳 
平均年収
664.2万円
平均月収
45.1万円
平均賞与
122.4万円

30歳~34歳
平均年収
661.2万円
平均月収
45.0万円
平均賞与
120.3万円

35歳~39歳
平均年収
739.3万円
平均月収
46.1万円
平均賞与
185.5万

40歳~44歳 
平均年収
795.5万円
平均月収
49.7万円
平均賞与
198.1万円

45歳~49歳 
平均年収
738.8万円
平均月収
49.8万円
平均賞与 
140.1万円

50歳~54歳 
平均年収 
699.0万円
平均月収 
48.4万円
平均賞与
118.0万円

55歳~59歳 
平均年収 
742.3万円
平均月収 
52.6万円
平均賞与 
110.0万円

出典: http://nensyu-style.com/502/ | 一級建築士の平均年収・給料 | 平均年収style

建築士の平均年収の推移一覧

続いて、建築士の平均年収のここ最近の推移について見ていきましょう。以下に、ここ最近の建築士の平均年収について一覧にしてまとめてみました。

ちなみに結論からいうと、平成22年度から24年度までの建築士の平均年収は、いずれの年度も500万円台だったのにも関わらず、平成25年度から急激に平均年収が上昇し、100万円近くも増加しました。またこの平成25年度以降、26年度・27年度・28年にかけて平均年収が600万円を超えているという状況にあります。つまり、ここ最近で建築士の重要性が急激に高まったことが分かります。それに伴って、建築士を志望する人も増えてきているということも事実です。

平成28年 643.8万円
平成27年 644.5万円
平成26年 637.5万円
平成25年 677.1万円
平成24年 579.6万円
平成23年 519.1万円
平成22年 550.7万円

出典: http://nensyu-style.com/502/ | 一級建築士の平均年収・給料 | 平均年収style

建築士は年収が比較的高い職業

建築士の平均年収について何となくわかってきたところで、今度は日本全体の平均年収と比較した場合、建築士の平均年収が高いのか低いのかどうかを見ていきましょう。

まず、日本の給与所得者全体の平均年収がどのくらいなのかというと、日本の給与所得者全体の平均年収は440万円です。そして先ほどご紹介した通り、建築士の平均年収は644万円です。この二つを比較してわかるように、建築士の平均年収は日本の給与所得者全体の平均年収よりも200万円程度多くなっています。つまり、建築士という職業は、比較的給与・収入が高めに設定されている仕事の一つだということです。

独立すると年収アップのチャンスも高まる

建築士の年収は低い?|独立した場合の年収・年収1000万は可能?

続いて、建築士が独立した場合の給与・収入について見ていきましょう。結論から言いますと、建築士が建築事務所として独立した場合、年収アップのチャンスは高まります。もちろん、独立して開業するということは自分がその事務所の経営者になるということなので、建築物の設計や工事管理の一案件の報酬に対する自分の収入が占める割合は事務所内でも最も高くなります。

また、独立することで自分で受けたい案件を取捨選択することができるので、仕事の自由度も上がり、報酬・収入に対する満足感も得られやすくなるといったメリットがあります。

建築士で年収1,000万円以上は可能

続いて、建築士として働いていて年収1,000万円以上というのは可能なのでしょうか?おそらく、年収1,000万円と聞くとお金持ちのイメージを抱くという方が多いと思いますが、建築士の場合はどうなのでしょうか。

まず最初に結論から言いますと、建築士で年収1,000万円以上というのは可能です。建築士の給与・収入というのは、こなした案件の数や大きさによって左右されます。

そのため、様々な建築物の設計や工事の管理をこなし、ある程度名前が知られる建築士になり、そのうえで独立し自分自身の建築士事務所を開設することで、年収1,000万円を超えるということはそこまで難しいことではないでしょう。また、建築士の賞与額は2ヶ月分~4か月分と、他の職業と比べてみても、設定範囲が比較的広く、実際に支給される金額も高めです。そのため、建築士は他の職業と比べても、比較的年収1,000万円というのは実現しやすい職業だということです。

しかし、この年収1,000円以上というのを実現させることができるのは、一級建築士に限ります。その理由について、最後にご紹介したいと思います。

一級建築士と二級建築士の平均年収の違い

最後に、一級建築士と二級建築士の平均年収の違いについて見ていきましょう。実は、ここまでご紹介してきた平均年収や月収、平均賞与額というのは、全て一級建築士に関する情報です。では、二級建築士の収入事情はどうなっているのでしょうか。

先ほどご紹介したように、一級建築士の平均年収は644万円です。一方で、二級建築士の平均年収はというと、480万円になります。一級建築士と二級建築士とでは、平均年収に160万円以上もの差があります。そのため、二級建築士及び木造建築士の場合、年収1,000万円を超えるといったことは、非常に困難なことになります。

建築士は高収入でやりがいあふれる職業

建築士の年収は低い?|独立した場合の年収・年収1000万は可能?

いかがでしたでしょうか。今回は建築士という職業に焦点を当てて、その主な仕事内容や収入事情について様々な観点から詳しくみてきました。

ここまでご紹介してきたことからもわかる通り、建築士というのは比較的高収入でやりがいあふれる職業の一つです。私たちの生活において、建物というのは切っても切り離せないものです。そういった社会において欠かせない役割を担っている建築士という職業は、非常に魅力的仕事と言えるでしょう。もし、少しでも建築士に興味を持っている方がいれば、ぜひ積極的に建築士を目指してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したことが、皆さんにとって少しでも参考になっていれば幸いです。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

←前の記事へ

電気主任技術者の平均年収・1000万は可能?女性の年収

監査法人の年収とは?|パートナー契約の場合/システム監査の場合

Latests