Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

外交官の平均年収相場(キャリア/ノンキャリア)・参事官との違い

外交官における年収について、外交官のキャリアとノンキャリア、男性と女性、他の公務員との比較しています。キャリアとノンキャリアの年収はどこで違いが出るのか?男性女性の外交官では年収に違いが出るのか?他の公務員と比べた時に高い給料なのかどうかを比較しています。

外交官のお仕事

外交官の平均年収相場(キャリア/ノンキャリア)・参事官との違い

外交官は、世界中にある日本大使館や総領事館、政府代表部で働く外務省職員のことです。これらの大使館や総領事館、政府代表部などを総称して在外公館といいます。この在外公館では、文化や習慣の違う外国と日本とをつなぐ架け橋としての役割があります。また、それぞれの在外公館ごとに異なる機能があります。これらの外交官の働きによって外務省のHPにあるような渡航情報を国内にいながら確認することができるようになっています。

以下では、大使館や総領事館、政府代表部の機能についてそれぞれ紹介します。

大使館の機能

大使館は、相手国の首都に設置される日本代表としての機能を持っています。主に相手国政府との交渉や連絡を行います。また、相手国との交渉以外にも政治や経済についての情報を収集し分析することも大事な機能です。これ以外にも、相手国に住む日本人や旅行で訪れてトラブルに巻き込まれたような日本人にとっては役所のような機能を持ちます。

このように大使館では、海外と日本とを繋ぐ活動をするための重要な拠点であるとともに日本人の生命や財産の保護を行っています。

総領事館の機能

総領事館は、世界中にある主要な都市に配置されています。担当となっている総領事館の地方に住む日本人の保護や通商に関わること、政治経済などの情報収集などの仕事を行っています。

政府代表部の機能

政府代表部は、国際連合や経済協力開発機構、欧州連合などの国際機関における日本政府の代表をしています。

キャリアとノンキャリア

外交官の平均年収相場(キャリア/ノンキャリア)・参事官との違い

私たちが聞きなれているキャリアとノンキャリアは、よく刑事ドラマの中で使われています。警察官のキャリアとノンキャリアは、国家公務員採用試験を合格した国家公務員の警察官と各都道府県の地方公務員採用試験を合格した地方公務員の警察官との違いです。外交官におけるキャリアとノンキャリアも同じようなものです。

外交官におけるキャリアは、警察官のキャリアと同じく国家公務員採用試験に合格した外交官です。国家公務員採用試験を合格した外交官は、後々に大使や事務次官などの重役を務めることになります。また、外交官のノンキャリアに該当するのは外務省専門職員採用試験に合格した外交官にあたります。この専門職員は、特定の地域に関する知識や文化習慣、言語などの特化した専門知識を活かした仕事をします。

重役として活躍したいのであれば国家公務員採用試験を目指しましょう。また、海外の現地と密接に関わるようなことをしたいのであれば、外務省の専門職員採用試験を目指しましょう。

外交官の平均年収

外交官の平均年収相場(キャリア/ノンキャリア)・参事官との違い

外交官は公務員ですので、国の規定に準じた給料の年収となっています。国の規定に準じた給料では、主に年齢と公務員の継続期間によって決まるため、一概にいくらと断定することはできません。ですが、おおまかな平均年収は300~1200万円であると考えられます。また、これは俗にいうキャリアである国家公務員の平均年収です。さらに、外交官特有の手当てがあるため海外赴任の際には平均年収も上がることが予想されます。

ノンキャリアの年収

外務省専門職員採用試験で採用となったノンキャリアの外交官は、主に在外公館で事務のような業務を行います。このノンキャリアの外交官もキャリアの外交官と同様に、公務員ですので国の規定に準じた給料による年収が支払われます。なので、一般的な公務員と同じような年収になると考えられます。よって、平均年収は300~700万円となります。

しかし、ノンキャリアの外交官であっても海外にある在外公館に務める場合は、海外で生活しなければなりません。この時のために、公務員としての給料にプラスした手当が支給されます。この手当によってノンキャリアの外交官も平均年収が上がると考えられます。

女性外交官の年収

何度も記していますが、外交官は公務員です。この公務員の年収は、国の規定に準じた給料に基づく年収となります。また、一般企業では男女間の給料に差があるため積りに積もって年収においても大きな差が出るところもあるそうですが、外交官は公務員です。公務員を雇っている日本は、男女共同参画社会基本法や男女雇用機会均等法などの法律で男女差を無くそうとしている立ち位置ですので、女性の外交官においても男性の外交官においても給与差がないため年収においても差がありません。

外交官の手当てについて

外交官として海外にある在外公館で働くこととなると、その地域で生活する必要が出てきます。赴任先の国によっては物価が高かったり、為替相場の違いがあったりします。このような日本国内との違いによって赴任先の国で生活に支障をきたさないために在勤手当というものが存在します。国家公務員でも都市部に赴任する公務員に支給される地域手当と同じような理屈です。

この外交官の在勤手当は、在外公館のある場所での物価や為替相場はもちろん、主要国の外交官や民間企業の職員の給与水準などを総合的にみた額が法律によって定められており、この法律によって在勤手当の額が決まります。この在勤手当が通常の国家公務員に支給される給料に追加されるため、外交官の給与が上がり年収が高く見える理由となっています。

在勤手当にはいくつか種類があるので主なものを以下で紹介します。

在勤基本手当

在外公館で勤務するにあたって必要となる衣食住などの経費にあてる手当です。

これは、給料が円で支給されることとなっているため、外交官が受け取ることのできる外貨の額は、その時ごとの為替相場やその土地の物価に大きく影響を受けます。このように国外に暮らすという特有の状況により、国内にいた時と比較して大きく生活水準が変わることがあります。日本国のために働いていながら、日本国と同等の生活水準で暮らすことのできないといったことを解消するための手当てなのです。

勤務する在外公館の場所次第ではありますが、ここで支給される在勤基本手当によって外交官としての年収が大きく異なってきます。

住居手当

在外公館で勤務する場合は、公邸や無料の宿舎の貸与をするかその他に住宅を準備するかの二つに分かれるようです。このうち公邸や無料の宿舎を貸与する場合は支払われないため、年収と関わらなくなりますが、別に住居を準備している場合に支払われるのが住居手当で、これは年収に直接的に関わってきます。

外交官は日本と海外との連絡係をする重要な架け橋のような存在です。そんな外交官は大使館事務所や政府諸機関、国際機関の集まる都心部で外交活動をする必要があります。さらに、海外情勢は刻一刻と変動するため外交官の安全を確保できる住居でなければなりません。このような条件をクリアした住居を借りられるように一定の限度額内で家賃の一部が住居手当として支給されるため、年収としては大きく変化します。しかし、手当は一部負担であるので、残りの家賃や共益費、管理費、光熱費等については自己負担となります。

外交官の年収についての考察

外交官の平均年収相場(キャリア/ノンキャリア)・参事官との違い

外交官は国と国を繋ぐ架け橋となっています。この外交官と様々な国や地域との関わりがあるからこそ、一般国民は自由に国外で仕事や観光を行うことができます。また、情報収集やそこで集まった情報の分析を行っているからこそ、邦人保護の必要性や渡航における注意喚起をすることができます。さらに、外交官によってその国々や地域に日本という国の存在を知らせることができます。ここで日本を知った外国人が日本に興味を持ち、さらなる国際交流が深まると考えると外交官の仕事の重要性がますます分かります。

国内で類似した手当として地域手当しかありませんが多忙な業務を海外で行うといった仕事柄、在勤手当が支給されているため年収が高く見られがちです。しかし、国外で生活するにあたって日本の生活水準を保つための年収であることを考えると、年収的に高いとは一概に言い難いことが分かります。また、業務内容からもわかるように危険な地域での活動や国を動かすような重大な交渉事など、仕事と年収が釣り合っているのかという疑問はぬぐいきれません。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests