Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月20日

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

IT系エンジニアの年収はどの程度の金額なのでしょうか。IT系エンジニアとしてシステムエンジニア、ネットワークエンジニア、webエンジニア等種類別年収とその仕組みを整理します。エンジニアの年収とその仕組みをしっかりと理解していて今後の活動に活かしていきましょう。

種類別のエンジニアの年収

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

IT系エンジニアの年収はどの程度の金額なのでしょうか。IT系エンジニアとして、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、Webエンジニア等種類別年収やその仕組みを整理します。また、IT業界では先進的な企業が集まるシリコンバレーにおける年収や、年収が高いエンジニアと低いエンジニアの差異やその理由も整理してみます。エンジニアの年収とその仕組みをしっかりと理解していて今後の活動に活かしていきましょう。

IT系エンジニア(以下エンジニア)は一口にエンジニアといっても、いくつかの種類があります。本稿では以下のエンジニア種別について年収やその仕組みを整理します。

システムエンジニア/ネットワークエンジニア/Webエンジニア/セキュリティエンジニア/カスタムエンジニア/レコーディングエンジニア/ロボットエンジニア/半導体エンジニア

システムエンジニア

情報システムの設計、構築、運用に従事する職を指す場合と、コードを書くエンジニアであるプログラマ(ソフトウェアエンジニア)に対し、ソフトウェアを作成する部分以外のシステム構築全般に従事するエンジニアを指す場合があります。この記事では、主に後者である、ソフトウェアを作成する部分以外の、システム構築全般に従事するエンジニアを取り上げます。システム構築における、プロジェクトを推進するプロジェクトマネージャーもこちらに含みます。

ネットワークエンジニア

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

主に企業情報システムにおいて、サーバーやインターネットとの接続口を結ぶネットワーク部分の設計、構築に関わるエンジニアを指します。

Webエンジニア

インターネットやイントラネットにおいて、Webブラウザで参照する情報処理システムの構築に関わるエンジニアを指します。Webエンジニアは画面デザインに関わる部分から、Web利用ユーザーからのサーバに対する処理要求部分まで広い部分の開発に携わることが多くなります。いわゆる開発言語を用いてソフトウェアを開発していく部分を担当します。

セキュリティエンジニア

情報処理システムはインターネットを中心に世界中とネットワークを介して接続しています。近年、このネットワークを介したサイバー攻撃が増加の一途を辿っています。サイバー攻撃に対し、企業においてその防御や攻撃時の対処を担当するエンジニアがセキュリティエンジニアです。サーバーやネットワークの技術はもちろん、攻撃者の心理を読み解いて攻撃に対処するインテリジェンスの知識も求められるエンジニアです。

カスタムエンジニア

顧客企業のコンピューターシステムやネットワークシステム及びサーバーやプリンターなどICT機器を良好な状態に保つため、顧客先に赴いて機器の保守、点検、修理を行うエンジニアがカスタムエンジニア(カスタマーエンジニア)です。ハードウェアが中心ですが、ソフトウェアを専門に取り扱うカスタムエンジニアも存在します。定期的に顧客先へ往訪するほか、緊急で顧客先へ駆けつける場合もあります。

ソフトウェアエンジニア

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

顧客の情報システムにおいて、実際にソフトウェアを構築するエンジニアがソフトウェアエンジニアです。日本ではプログラマーと呼ばれることが多いですが、ソフトウェアエンジニアはプログラマが担当するソフトウェアのコード部分開発に加え、顧客ニーズをくみ取ってどんなソフトウェアが必要であるか要件を定義し、設計部分も担当するエンジニアとなります。

Webエンジニアと似ている部分もありますが、企業情報システムはWebシステムだけではありません。ホストコンピューターを用いた勘定系のソフトウェア開発や、データを各サーバー間でやりとりするためのソフトウェア等も存在しています。これらの企業情報システムのソフトウェア開発者がソフトウェアエンジニアと呼ばれます。

レコーディングエンジニア

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

レコーディングエンジニアはレコード、CDなどに音楽等を録音する役割を担う職であり、音響の調整や録音を担当するエンジニアのことです。レコーディングエンジニアの重要な職務に、歌や演奏をより的確に、よりよい音で録音することがあります。

録音スタジオには、ミキシングコンソールや各種エフェクターなどの電気、電子音響機器が数多く存在しています。これらを制御することが、レコーディングエンジニアの主な職務です。

ロボットエンジニア

ロボットの設計、製造にかかわるエンジニアです。ロボットは人型だけではなく、工場などで使われる産業用ロボットや工業用ロボットも含みます。ロボットエンジニアはロボットの設計から完成までの全般に携わります。

半導体エンジニア

半導体エンジニアは、半導体集積回路の設計者のことを指します。半導体集積回路の回路設計を中心に、パーツ配置、ロジック設計など半導体に関わる設計全般に関わるエンジニアとなります。また製造ラインにおける工程改善や全体を勘案したパーツ設計の改善、ロジック設計の改善に携わるプロセスエンジニアも存在します。

システムエンジニアの平均年収

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

システムエンジニアの平均年収は、656万円となります。(平均年齢は38歳)

システムエンジニアといっても、所属企業の企業規模により幅があります。また技術要素が大きい職種ですので、経験年次によっても幅があります。システムエンジニアが取り組む企業情報システムは、多岐の業界に渡っており、顧客企業の業種によっても年収差異が発生しています。

年代別/男女別/規模別/業界別にもう一段詳しく見てみることにします。

システムエンジニアの平均年収 年代別

年代別にシステムエンジニアの平均年収を確認してみます。(年代別平均の幅)

20代:373.9万円~465.8万円
30代:511.7万円~583.8万円
40代:656.0万円~734.7万円
50代:780.6万円~787.2万円

年代を重ねるにつれて、順調に上がっていっていることがわかります。これは、管理職になるということに加え、経験を重ねるにつれ、大規模のシステム構築に関わるなど取り扱い規模が大きくなることも関係しています。

システムエンジニアの平均年収 男女別

男女別では、男性の平均年収は761.0万円、女性の平均年収は544.5万円となっています。女性のほうが220万円以上低い金額となっています。

男女別の平均年収の差は、男性が管理職になる比率が高いことから発生しています。

システムエンジニアの平均年収 規模別

所属企業の規模別に、システムエンジニアの平均年収を確認してみます。

小企業システムエンジニア 570.7万円
中企業システムエンジニア 629.8万円
大企業システムエンジニア 761.0万円

所属企業の企業規模により、小企業と大企業では190万円以上の差が発生しています。これは、情報処理システムの構築発注構造が、建築土木産業のゼネコンと同じく、多層階層構造になっているからです。

プライムコンストラクターと呼ばれる1次受け企業は大手SIベンダーや、大企業のSI子会社が大部分を占めており、そこから2次受け企業→3次受企業へと下請けに発注される構造となっています。システム構築の現場では、3次受け、4次受け企業が中心となって開発が進められていますが、それぞれの企業が受注マージンを加えて受注する仕組みとなっています。

また、業界構造として高度な労働集約的なスタイルとなっており、自動化、機械化が難しい業界でもあります。構築するシステム別に技術者を集めてプロジェクト推進する構造のため、1次受けする企業が全ての要員を準備するのではなく、業界全体の多層構造を活用した受注体制となっています。

システムエンジニアの平均年収 業界別

システムエンジニアが取り扱う顧客企業の業界別に、システムエンジニアの年収を比較してみます。

業種平均年収金額(万円)
1.金融・保険業1664.3
2.情報通信業1182.9
3.教育・学習支援業1057.2
4.学術研究・専門・技術サービス業990.4
5.医療・福祉878.2
6.卸売り・小売業770.4
7.建設業758.9
8.製造業661.1
9.生活関連サービス業・娯楽業574.0
10.運輸業・郵便業408.1

通り扱い業界によっても年収の差はかなりあります。金融・保険業は構築するシステムが大規模であることに加え、情報集約産業であり、情報システムが業務の中心に位置しているため、担当するシステムエンジニアも単価の高い優秀なエンジニアが集められていることが理由です。

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収は655万円~800万円です。幅がありますが、システムエンジニアの平均年収である656万円よりもだいぶ大きい金額となっています。

Webエンジニアの平均年収

Webエンジニアの平均年収は450万円です。

セキュリティエンジニアの平均年収

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

セキュリティエンジニアの平均年収は600万円です。

カスタムエンジニアの平均年収

カスタムエンジニアの平均年収は489万円です。ITエンジニア全体の平均年収は502万円とのことで、カスタムエンジニアの平均年収はほぼ同水準と考えられます。

ソフトウェアエンジニアの平均年収

ソフトウェアエンジニアの平均年収は440万円です。

レコーディングエンジニアの平均年収

レコーディングエンジニアの年収を見てみます。大手レコード会社の場合、年収は600万円~800万円となります。レコード会社の所属サラリーマンとしての年収になりますので、所属レコード会社や所属スタジオの規模や経営状態に大きく依存しています。

また、実力がついてくると、フリーランスとして活動するケースがあります。フリーランスの場合は有名ミュージシャンに指名されて高額のレコーディングに参画できると年収の幅はさらに広がります。

ロボットエンジニアの平均年収

ロボット設計者、ロボットエンジニアの年収についても、所属する企業の規模によります。30代で450万程度となり、一般のサラリーマン年収よりも少し高い金額となります。

半導体エンジニアの平均年収

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

半導体エンジニアは、半導体集積回路の設計者のことを指します。半導体集積回路の回路設計を中心に、パーツ配置、ロジック設計など半導体に関わる設計全般に関わるエンジニアとなります。

半導体関連の設計者には、大手企業で設計に携わる場合と、部分の作業を請け負う下請け企業の設計があります。やはり所属する会社の規模により年収には幅あります。平均年収は600万円~670万円となります。
半導体設計者のうち、1,000万円を超えるような求人提示の場合は、プロジェクトのプロジェクトリーダーや管理職クラスの設計者となります。

設計における役割のうち、プロセスエンジニアについては、年収についても若干高めになっています。実験的なレベルで成功した開発においても、実際的な製造ラインに乗せるためには、プロセスエンジニアの力量にかかっている部分が大きいのです。また、既存のプロセスを見直し改善することでコスト削減につながるような設計に携わるのもプロセスエンジニアの役割です。

プロセスエンジニアの年収は40代で730万円となり、その他半導体設計者の年収よりも高額となっています。

エンジニアの年収の仕組み

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

IT系エンジニアを中心にエンジニアの年収をいくつか見てきました。その中で共通している事項は、所属する企業の規模により年収に違いがあるということです。いずれのエンジニアにおいても、企業の規模が大きい会社のほうが、規模の小さい会社よりも年収は高くなっています。

エンジニアの年収の仕組みは何で決まるの?

これはIT業界が、知識集約型にもかかわらず労働集約型の業界であることと関係しています。大規模なプロジェクトを受注するのは、やはり大規模なSI(システムインテグレータ)企業となります。大規模なプロジェクトにはスキルや知識に加え、プロジェクトに参加できるエンジニアをそろえる必要があります。大規模なSI企業は、これまでの取引の歴史もあり、多数のパートナー企業を抱えており、プロジェクト依頼元の要請に応えることができますが、規模の小さい企業はそうはいきません。

そして、大規模プロジェクトを受注した大規模SI企業は、取引先であるパートナー企業に分割した部分の対応を依頼したり、必要なエンジニアの参加を要請するのです。この構造は、土木建設業と全く同じです。1次受会社が大規模プロジェクトとを受注し、2次受け、3次受け会社の組み合わせでプロジェクト推進するわけです。

上記に加え、IT業界は機械でシステムを構築するわけではありませんので、マンパワーの積み上げという労働集約的な業界特性があります。大規模企業を頂点として、2次受け、3次受け会社がマージンを差し引かれながら、受注していきます。これにより、規模の小さな企業の収入は頭打ちになってしまうという構造です。

シリコンバレーのエンジニアの年収

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

ITエンジニアの憧れの地である、アメリカ・シリンコンバレー。最先端の技術やサービスは大部分がこの地から産み出されるといっても過言ではありません。シリコンバレーにはグーグルやアップル、オラクルやシスコシステムなど、多数の超一流IT企業が本社を構えています。

そんなITエンジニアの憧れの地、シリコンバレーにおけるエンジニアの年収を確認します。

シリコンバレーにおけるエンジニアの年収

シリコンバレーにおけるシステムエンジニアの平均年収は1,300万円~1,500万円です。(1ドル=120円)。日本国内におけるシステムエンジニアの平均年収はおよそ600万円ですのでおよそ2.2~2.5倍となります。かなりの差異があります。

種類別にみてみると以下のとおりです。 

・システムエンジニア 1500万円
・ソフトウェアエンジニア  1160万円
・プログラマー  770万円

どの種類をとっても、日本の平均年収よりはだいぶ高額です。

シリコンバレーのエンジニアの年収は高いの?

ところで、やはりシリコンバレーのエンジニアの年収は高いのでしょうか。物価との観点、生涯年収との関係を含めてみてみます。

シリコンバレーがあるサンフランシスコはアメリカ国内のなかでも物価が高い地域です。物価を加味した平均年収で比較するとアメリカの他の地域のほうが年収は高くなるようです。特に家賃が高く、1LDKのアパートでも月3,000ドル(36万円)するケースもあります。家族持ちでもう少し広い家に住む場合はもっとかかります。

また、原則年俸制であるアメリカ企業では、年功序列や終身雇用制といった概念はありません。目まぐるしく技術か変わっていくIT業界において、技術力だけで勝負する年齢は限られてしまう場合があります。また失業のリスクも日本よりは高いです。高額な年収を維持するには相応の努力と工夫が必要となります。

上記をあわせて検討すると、シリコンバレーの年収が特別高いかというとそうではないといえます。

年収が高いエンジニアと低いエンジニアの違い

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

ここまでIT業界におけるエンジニアの年収について、いろいろな切り口で整理してきました。種別による違いだけではなく、所属企業の規模の違いにより、年収に差があることもわかりました。

それでは、年収が高いエンジニアと低いエンジニアにはどのような違いがあるのでしょうか。いくつかの切り口で年収差異を整理してみます。

所属企業による平均年収差異は何故発生する?

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

所属企業により発生する年収の差異について整理します。所属企業の差異のうち、企業の規模による差異は、これまで整理してきたとおり、規模の大きい企業の平均年収のほうが、規模の小さい企業の平均年収よりも高額となっています。

所属企業の業態によっても差異が発生してきます。ITシステムを構築する顧客企業から受注するSI企業(いわゆる1次受け会社)と契約する2次受け企業は、複数の2次受け企業候補から選択してもらう必要があります。複数企業からの相見積もりが発生すると、受注金額は低くおさえられてしまう可能性があります。

職種による平均年収差異は何故発生する?

職種別の平均年収は先に整理しています。総合的なシステム構築に携わるシステムエンジニアを頂点に、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニアなど専門性の高い職種のほうが、Webエンジニアやソフトウェアエンジニアよりも平均年収が高い傾向があります。

これは、ネットワークやセキュリティなど専門系の職種のエンジニア数が少ないことが要因です。Webエンジニアやソフトウェアエンジニアは、やはりエンジニア数が多いために平均年収としては抑え気味となっています。

システムエンジニアは、ネットワークエンジニアやセキュリティエンジニア、Webエンジニア、ソフトウェアエンジニアを束ねて、システム設計から構築、実装、テスト、リリース、その後の保守まで手掛けます。専門エンジニアには適いませんが、十分に役割を認識して束ねていく必要があり、高いスキルが求められるのです。

独自ソフトウェアを取り扱う企業の年収差異はある?

一方で、業界で独自のソフトウェアを開発している、あるいは特別なスキルを持ったエンジニアを抱えている企業もあります。1次受けの企業が取り組みたい製品を保有している企業については、製品保有会社のコストにマージンを上乗せして顧客企業に提示します。顧客企業もその製品を使わざるを得ませんので、費用についても了承せざるをえません。

このようなオリジナルとなる製品や特別なプロジェクト管理手法などを保有している企業に所属する社員の平均受注単価は、高額となる場合があります。そこに所属する社員の平均年収も高額になるのです。

外資系企業のエンジニアの年収は高いの?

所属企業が外資系である場合も年収に差異が発生します。

外資系企業年収は国内企業年収よりも高額になっています。
・外資系企業に所属するエンジニアの平均年収:680万円
・国内企業に所属するエンジニアの平均年収:600万円

外資系企業に所属するエンジニアの年収が高い理由はなんでしょうか。一つは、本国のほかに、外資系企業にとって外国拠点である日本にビジネスを展開できるほどの企業規模をもつ企業であるということです。本国国内で成功しているからこそ、外国である日本でビジネスを展開できるのです。ビジネスが好調であるだけに社員に支払う給与も高くなります。

もう一つの違いとして、福利厚生の違いが挙げられます。国内企業の場合は給与のほかに福利厚生によるメリットを受けられる場合がありますが、外資系企業の場合は全てが給与に含まれており、福利厚生として別に提供されるケースはほとんどありません。

福利厚生は日本国内でも給与と別に準備されている企業と、準備されていない企業があります。また、福利厚生は金額としては見えにくい打分もあり単純な比較とするには難しい面もあります。しかし、転職などで企業を選択するような場合には、年収の一項目としてしっかりと確認しておく項目です。

フリーランスエンジニアの年収はどうなっている?

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

これまでは、企業に所属するエンジニアの年収を確認してきました。フリーランスエンジニアの年収はどのようになっているのでしょうか。

平均年収の算出はなされていませんが、フリーランスとして活躍しているエンジニアの方にお伺いすると、たいていは年収はアップしています。フリーランスエンジニアは企業と契約して業務を担うわけですが、その他契約単価は、たいていの場合パートナー企業と契約する場合の単価で支払われることになります。

企業の場合は、エンジニアが稼ぐ受注額を積み上げて会社の売り上げとし、社員に支払う給与の他に社員を雇うためあるいは企業を拡大していく費用として活用していきます。そのため会社が受注している単価からは乖離した金額が給与や賞与になるわけです。一方、フリーランスの場合は、物件費その他経費は企業に比べると微々たるものであり、単価がほとんど収入となるためです。

フリーランスエンジニアの場合、福利厚生はありませんし、保険料や税金なども自身の収入から支払う必要があります。それでも、年代や経験にあまり関係なく自身の月収入として60万円~80万円を受けることができることは、会社員時代であればなかなかないことです。

エンジニアの年収は高いの?

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

これまで各種エンジニアの年収を確認してきました。システムエンジニアの平均年収は656万円ということで、給与所得者全体平均と比べると高めに位置しています。つまりエンジニアの年収は高いといえます。

ただし、所属している業界の平均年収と給与所得者全体平均年収を比較したところで、自分自身の年収があがるわけではありません。さらに年収をあげる必要があるのであれば、所属企業や、職種を選択する、あるいは職種が選択できるよう新たな領域の学習に着手するなど次の行動が見えてきます。

エンジニアの平均年収を把握し、年収を上げるためには何をしたらよいか検討しよう

【種類別】エンジニアの年収とその仕組み|システム/ネットワーク/web

IT系エンジニアの年収がどの程度の金額なのか理解できましたでしょうか。またシステムエンジニア、ネットワークエンジニア、Webエンジニア等種類別年収やその仕組みについても整理しました。エンジニアの年収とその仕組みをしっかりと理解したころで、自分自身の年収を上げていくために何に取り組んでいけばよいのか検討してみてください。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests