Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月21日

【男女別】26歳の貯金の中央値・平均額と貯金なしの割合

26歳という年齢は、結婚している人、子供がいる人、仕事をバリバリしている人など様々で、貯金額もバラバラです。平均すると200万円前後の方が多いのですが、貯金額が0という人も勿論います。1人暮らしや、実家暮らしでも貯金額は変わってくるでしょう。

26歳の貯金の中央値

【男女別】26歳の貯金の中央値・平均額と貯金なしの割合

独身の男女で20代の半ばを超えると、結婚や将来のことを考えてどのくらいの貯蓄をしたらよいのでしょう。26歳の貯金についてご紹介します。

貯金の中央値

26歳の一般的な男女はどのくらいの貯蓄があるのでしょうか。周りの人間にも気になるところです。平均貯金に至らなくても、今自己投資しているなら、将来貯金額の巻き返しは十分可能です。

26歳というと、結婚している人も、子供がいる人も、仕事をバリバリしている人もさまざまです。貯金額もバラバラです。お金は使うためにあるのですが、やっぱり最低限のお金は持っていた方がいいです。26歳の平均貯金額は217万円ですが、あくまでも平均額で、それ以上の人も、貯金がなしの人もいます。

26歳で計画的に毎月定期や、会社での積み立てて貯金をしている人もいれば、全くの貯金がない人もいます。1人暮らしなのでなかなか難しいという理由がありますが、食費や外食を節約することで貯金も可能です。

26歳の貯金の男性の平均額

【男女別】26歳の貯金の中央値・平均額と貯金なしの割合

男性26歳の貯金の平均額は未婚の方で212万円で、既婚者の方で307万円です。平均より貯金が少なくても、今自分に投資してお金を使っている場合、後々挽回ができます。今やりたい趣味への投資と将来への貯金のバランスが難しいです。今やりたいことにお金をかけるか、将来のためにお金をかえるか難しいところでしょう。自分に投資するなら後で挽回は可能です。

26歳でさらに一人暮らしだと、家賃や旅行趣味と、貯金が難しいです。定期的な貯金を増やす、お弁当などで節約を考える人は周りの結婚や予定外の出費も多く、なかなか計画どおりにはいかない人も多いです。

26歳の200万から300万の貯金は32.1%とトップです。節約をするならまず、コンビニを使わない、お昼を外食しないことが大切です。お弁当を持っていくようにするといっても男性独身ではお弁当を持っていくのが難しいため、結婚している方ならお弁当持参はありです。

26歳の女性の貯金額の平均額

【男女別】26歳の貯金の中央値・平均額と貯金なしの割合

26歳女性の貯金額は、平均217万円です。女性は化粧品や洋服にお金がかかってきます。人付き合いにもお金がかかります。26歳の女性の平均年収は330万円です。しかし、全ての女性が330万円年収があるとは限りません。実際はそれを下回る女性がほとんどです。月に20万だとすると、240万円が妥当です。

あくまでも26歳の平均貯金額ですので、この貯金額に満たない人がほとんどです。付き合いや、自分投資、洋服や化粧品代、家賃や消耗品を除くとなかなか難しいです。1人暮らしの女性ですとより大変になります。将来のことを考えて貯金もしたいのですが今の生活、付き合いも大切になってきます。

独身26歳の女性ですと、洋服、美容にお金がかかります。付き合いもあります。どこを切り詰めるか家計簿を付けると無駄な支出がわかります。その上で無駄を省き、生活費がどのくらいか把握し、貯金額を決めていきます。

26歳結婚前の貯金

【男女別】26歳の貯金の中央値・平均額と貯金なしの割合

結婚となると、結婚式や新婚旅行、新居や引っ越しや家具にお金がかかります。そうなると、300万から500万の貯金が理想ですが、結婚式や新婚旅行をどの程度にするかで違ってきます。貯金はあればあるだけいいです。貯金がなければそれなりの生活をすればいいです。安い2人だけの結婚式もありますし、最低限の家具からスタートもできます。

婚姻届を出すだけの結婚もありますが、それではさみしい人は身内だけ、二人だけの結婚と安く済む結婚式がいろいろあります。子供ができるまで、共働きで一人の給料は貯金していくということもあります。

26歳独身は、結婚を考えている人は結婚に備えて貯蓄をする人もいます。働き始めてから、計画てきに貯金を始めていくと、結婚後子供ができて働けなくなった時のために、できるだけのお金を貯めておきたいです。

26歳結婚後の貯金額

26歳で女性の共働きの貯金で、男性か女性の収入で生活をして、どちらかの収入を貯金する貯金方法があります。ボーナスも全て貯金に回して、子供ができるまで貯金をして将来に備えるやり方です。結婚して子供ができると、少しの間女性は仕事ができなくなる期間があります。

結婚後、お金が無くても貯金をする方法は、家計簿を付けることです。家計簿を付けることで、どんなことにお金がかかっているのか、使っているのか貯金には大切な確認作用です。家計簿を面倒に思う人は、毎日つけようと思わないで、細かいお金にはこだわらずつけることです。お金の流れを把握していきます。

結婚をすると、子供ができた時のために貯蓄は大切です。子供ができて貯金ができるのは子供が小学生まで、高校、大学となるとお金がかかってきてなかなか難しくなります。出産、育児、マイホーム購入、2人の老後のこと、結婚前から貯蓄をしておくことがお勧めです。

お金の支出をチェック

家計簿を付けていくと、無駄なお金の支出がチェックできます。例えば、毎月の支出を一覧に書き出して、月にどのくらいの貯金ができるか、支出や目的の貯金額を決めれます。そのため、夫婦共働きの場合なら手取り額の20%から25%の貯金額が理想です。どちらか一方が働いている場合は、手取り額の15%から20%を貯金が目安になっています。

もし、26歳で子供がいる場合は、結婚前に手取りの10%を貯金しましょう。生活して余った金額を貯金しても結婚前にある程度の貯金は貯まりません。つまり、貯金額を引いたお金で生活したり、ボーナスは無かったものとして貯金に回すことがお勧めです。

26歳で結婚しているなら、貯め時は20代、30代です。まだ、子供ができる前、子供が小さいうちが貯めやすいです。40代、50代になると、平均貯蓄も下がってきます。ある程度貯金ができて、生活を楽しもうというライフスタイルになります。

26歳の貯金額の割合と分布

26歳の金融資産の有無は、半数以上の人が貯金していました。金融資産には、定期貯金、生命保険、株、債務も含まれますが、ほとんどの人が銀行の貯金です。

26歳の貯金額は実家暮らしか、独り暮らし家でも変わってきます。将来のために、何かあった時のために、貯金をしている人は多いのですが、反面貯金が無い方もいます。貯金がない人の特徴として、ルーズで計画性がない人がいます。将来のこと、万が一のことを考えると貯金はあった方がいいです。

26歳で平均の貯金額は212万円ですが、なんと貯金がない、という方も41%となっています。貯金ができる人と、できない人の差は、一ヶ月の使えるお金と、かかるお金をしっかり把握して、毎月の貯金額を決めることです。何の計画もなく過ごしているとお金は貯まりません。

お金を貯めるために、モチベーションを保つためにも、目的をしっかり持って貯蓄していくとが大切です。

100万円

高校を卒業して、26歳で100万円の貯金は決して少なくはありません。平均値よりは少ない数字にはなっていますが、この年代ですと貯金0という人も少なくありません。1人暮らしをしている人や、実家暮らしをしている人などでその生活に掛かる費用は変わってきます。

無理をせず、コツコツと無駄をなくしていくことで貯金をしていくことができます。コンビニはなるべく寄らない、お弁当を持参するようにする。定期貯金を少し増やして地道に貯金を増やしていくことも大切です。

200万

20代で貯金をしている人は59.3%と半数以上になります。100万~200万の貯金の割合は21.3%で2位になります。26歳の貯金額では平均値になります。収入が増えると貯金も増えますが、残業も増えてプライベートと仕事の両立が難しくなります。

30歳未満の男女の平均貯金額は、働いている単身世帯で、男性の平均貯金は358万円、女性の平均貯金額で261万円です。100万円未満が全体の34%、100万から200万が21%です。半数が200万未満という結果です。

26歳で200万の貯金があるのは、なかなか計画的ですが、26歳という齢はなかなか微妙な齢に差しかかります。結婚や、自分の生き方の方向性、キャリアアップと、独立したいと思う方もいます。貯金額もバラバラです。この齢に貯金がなくても、まだまだ挽回は可能です。

300万

26歳の貯金の目的は、結婚資金を溜めるため、挙式にかかる費用は200万から300万掛かります。そのために貯金をしようとする人がいます。その次に貯金の理由が老後のためです。年金が本当にもらえるのか懐疑的なこの時代、自分の老後のために貯金をする人が増えています。

26歳でいざという時のために貯金をしている人も多く、20代の300万~400万の貯金額は7.4%です。26歳となると、仕事にも会社にも慣れてきて、交際費にかかる費用も増えてきます。将来のための貯金と、趣味、人付き合い、貯金と重点をどこに置くか考える齢になります。

500万

26歳で400万~500万の貯金をしている割合は4.6%です。実家暮らしの人は平均より貯金が多く、1人暮らしでも、生活費以外にお金の使い道がないひと、仕事が忙しく使う時間がない人は貯金が貯まったという人もいます。

結婚をして共働きの場合、どちらかの給料をまるまる貯金にまわし、ボーナスも貯金にまわしてお金をためている人もいます。貯金している人は、外食はしない、お弁当を作って持っていきます。外食は結構お金がかかります。

600万

26歳で600万の貯金があるのは4.6%です。結婚をして家計を一緒にした場合、どちらかの給料で生計を立てて、どちらかの給料は貯金に回すパターンがみられます。女性が一旦産休に入った時のことを考えて多めに貯金している人もいます。

26歳で600万のお金を貯金する日は、貯金したい金額を別口座に引き落としにしておいて、残ったお金で生活していきます。タバコ、お酒、雑誌は見ない。特に食費は努力次第で節約できます。

26歳の貯金なし割合

【男女別】26歳の貯金の中央値・平均額と貯金なしの割合

26歳で貯金がない人もいます。20代で100万未満の貯金額が34%、貯金額がなし独身の人が18.6%います。2人以上の世帯の場合は9.8%となっています。

貯金が無いのは、収入が少ないという原因もありますが、奨学金を返している、車を買ってローンを返しているという理由があります。性格的には危機感がなくルーズでギャンブルが好きが多いとの傾向があります。

26歳までに溜めたい貯金

20代半ばを過ぎると、将来のことが気になる年齢になります。結婚資金や、将来のこと、やりたいことのために貯金をする人が多い。気になる平均の貯金額に及ばなくても、目標の貯金額を決めて月の生活費を算出することで目標に近づくことができます。

今の生活も大切です。楽しみながら溜めるのも難しいことですが、最低限のお金は持っておいた方が何かの時に大切なことです。

26歳の貯金の必要性

貯金はいくらあっても邪魔になることはありません。それでもなかなか貯金はできないです。余ったら貯金ではなく、まず、貯金額を抜いての生活費にしましょう。そして、貯金額を決めることです。

生活費がいくらぐらいかかるか算出してから貯金額を決めます。無理のないように貯金していくのが嫌にならない秘訣です。あまり無理をすると、何のために働いているのか嫌になってしまいます。それでもやはり、いざという時にお金は大事なので貯金はしておいた方が良いです。

貯金の仕方

なかなか貯金ができない人も、自動積立なら給料から振り分けて積立してくれるので溜まっていきます。目標を立てて積み立ててみることもお勧めです。目標に達成したときに継続していく意欲がでてきます。

衝動買いをしないことです。欲しい物があったら、一度家に帰って日にちが経ってもまだ欲しい思ったら購入しましょう。家計簿を付けることもお勧めです。お金の残高をしっかり把握することができます。保険に加入する貯蓄の方法もあります。利息が貯金よりも戻ってくるタイプ多いです。

26歳理想の貯金

なかなか貯金が上手くいかないと悩む人がおおいです。女性ですと、洋服や美容、付き合いなどに、男性も付き合いなど26歳を過ぎても、貯金がなかなか溜まらないと悩む人も多いです。

1人暮らしですと、家賃、光熱費、水道代、食費、雑貨で手元に残るのはせいぜい10万~7万で、交際費を引くと残るのは5万から3万です。貯金額が200万を超えるのは理想的といえます。

女性の平均年収

25歳を超えると、結婚や今後の生活、趣味で自分の年を振り返る人も多く、貯金額も気になってきます。アルバイト、フリーター、正社員と務めている企業によって収入も違ってきます。

気になる女性の26歳の平均年収は330万円が相場です。26歳の男性の平均年収は360万円で
す。誰しも平均年収を稼げているわけではありません。下回っている人も多くいます。月に20万円もらっている女性でも240万円が妥当です。

職業別の26歳の貯金

職業が違うと収入も違ってきます。そこでここでは、職業別の貯金についてご紹介します。

サラリーマンの貯金の割合

サラリーマンの26歳の方は、平均貯金の割合が約18%となっています。月収20万円の人は毎月3,6000円、を貯金しています。26歳といえば転職を考えている人、独立を考えている人、結婚を考えている人、結婚している人、結婚して子供がいる人、さまざまな人生です。

これから結婚を考える26歳は、結婚に備えて貯金をして、独立を考える26歳はその資金を考えて貯金をします。20代のうちにやりたいことをやっておきたいと思うのも26歳です。今後のことについて悩む年頃です。

なかなか上手くいかない貯金

26歳で貯金がゼロに近い人は、1割から2割います。貯金がない理由として収入がない、少ない原因があります。その他に、奨学金を返しているから、車のローンを払っているから、就職の見通しがない、という方もいます。

貯金は目的を持ってしていかないとなかなか難しいです。余ったら貯金をしようとかんがえていると、いつまでたってもお金は貯まりません。生活費がいくらかかるか算出してお給料が出たら貯金別の通帳に引き落としで貯金をします。

貯金のしかた

26歳1人暮らしで家賃を払って、食費、交際費、日用品、衣料費で、毎月の貯金は無理と思う人もいます。しかし、家計簿をつけ、無駄な支出を見つけることで、一ヶ月の生活費を割り出し、貯金をすることができます。食費や電気代など節約していくことがだいじです。

26歳貯金のしかたで、支出を減らすことと、副収入をすることで収入を増やすやり方があります。ネットなどで副業している人もいます。26歳というと結婚を考える人、結婚している人、転職を考えている人とさまざまですが、将来のことを考えてやはり貯金はしておきたいです。

26歳貯金の目的

26歳の貯金事情として、何のために貯金をしているのでしょうか。26歳といえば、独身の人や結婚している人もいます。結婚して子供がいる人もいます。人によって置かれるいる立場もまちまちです。職業によっても収入が違ってきます。

26歳の貯金内訳はは、いざという時の準備金、将来の結婚に備えて、老後の資金として、が挙げられます。26歳ともなると、今後のことをしっかり考えていく年ごろになってきます。しっかりと貯金額の目的を持って計画的にお金をためていきましょう。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests