Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月11日

職人の種類一覧・年収|女性/ものづくり/建設業/食べ物/

職人は種類が知らないだけで意外とたくさんありました。職人は、他の職種よりも基本的に赤字です。種類は豊富ですが、ほとんどが人手不足になっています。この記事を読んだら、種類別の職人の年収や時代別の職人の種類などがわかります。

女性におすすめの職人の仕事の種類

職人の種類一覧・年収|女性/ものづくり/建設業/食べ物/

職人さんは社会人とは少し違うことがあります。それは、何十年も同じ仕事をしていることです。職人をテレビで紹介している番組があります。テレビで紹介される職人は、建設業などがほとんどです。しかし、世の中には女性の職人さんなどがいます。

職人の種類は知らないだけでたくさんあります。職人の歴史は種類によって古いです。最近は女性の職人さんが増えてきました。なぜなら、昔と違い職人は種類が増えたので、職人を目指す女性が増えたからです。また、種類ごとに職人の年代層が違っています。

女性のすし職人

寿司は昔から日本人が大好きな食べ物です。しかし、女性のすし職人はまだまだ少数しかいません。なぜなら、女性は化粧・髪が長いからです。これは結べば解決しますが、料理に髪が落ちるなど衛生面でよくなく、職人なので簡単に許可が下りません。日本では数人の女性寿司職人がいます。しかし、よくお客さんに珍しがられます。

寿司職人になるには、専門の学校に通う必要があります。専門学校では寿司の握り方・さばき方を覚えます。しかし、職人ですから握る以外のことも覚えなければいけません。魚の種類もたくさんあります。そのため、切り方も気をつけなければいけません。また、手が小さい女性の手が問題視されています。

美容師

美容師も職人の種類です。ひと昔は女性の職人は美容師でした。しかし、30歳前後で結婚して退職し、家庭に入るのが当たり前なのが昭和の時代です。平成になると女性も結婚してからも、自宅で開業するなどして職人になっています。美容師は相手が望んだとうり髪を切る仕事です。美容専門学校に通う必要があります。また、授業料がとにかく高くて授業も大変なのが有名です。

しかし、国家資格なので職人として一生働くことができます。職人はおしゃれが禁止なイメージがあり、職人の仕事と女性は距離がありました。現在とは違い昔は種類がなかったので、職人を目指す女性が美容師でした。美容師はとてもやりがいがある仕事でおすすめです。

ものづくりの職人の種類

ものづくりの職人は昔からある種類の仕事です。手仕事は職人の基本でした。そのため、手が一本ない男性が職人の証と現在でも言われています。今は安心な機械しかありませんが、昔は子供が近くにいないようにしている職人がいました。また、ものづくりは時間がかかります。しかし、完成したときの達成感はかなりの物です。

伝統工芸

愛知県の伝統工芸「七宝焼き」は、職人不足で問題になっています。伝統そのものの種類が少ないのもありますが、完成品はあまりの美しさにびっくりする方が多いです。この種類の仕事は手の細かい作業が多いため、器用な方が向いている種類になります。

しかし、こんなに素晴らしい仕事なのに誰も見向きもしません。なぜなら、専門学校がないからです。求人もしていないため知らない方も多いです。伝統工芸の種類は仕事で学ぶことが多く、先輩の職人から学ぶしか方法がありません。また、仕事依頼の減少も原因になっています。絶やさないためにもテレビにでて、素晴らしい伝統工芸を絶やさないようにしましょう。

建設業の職人の種類

建設業は男性の職人業として人気です。この種類は資格がなくてもできることもあります。また、学生でもアルバイトできる職人希望で一番近いです。建設業は仕事によって高い場所に登ることがあります。最悪の場合に命を落とす危険がある職業です。この仕事は独立率が高い種類で、人脈があれば簡単に設立できます。

内装

内装職人は家を建てるときに一番重要な種類の職種です。内装が完璧でないと住んでくれるかが決まります。また、お客さんの要望にあった内装にしなければいけません。任されたのであれば、自分のアイデア力が必要です。この種類は自分の発想力が重要になります。デザイン系の学校に通っていた方が多いです。

内装は職人の作業で最後になります。そのため、予定日数が少なくなるなどのとばっちりがしょっちゅうです。内装の種類によっては素早い作業が必要になります。プロになると数時間でできる腕前です。マメで気が長い方じゃないと難しい種類になります。完成したときはどっと疲れがでるでしょう。離職率が高い種類の仕事でもあります。

リフォーム

リフォームは古い家を新しくします。とても責任が重い仕事で、建設では珍しく人手不足の仕事です。また、リフォームなので同じ形に復元する技術がいります。スキルが複数必要な職種です。しかし、この職種は認知度がまだない種類で、メディアにもあまり登場していません。なぜなら、リフォームするよりも新築を買う確率が高いからです。

食べ物に関する職人の種類

職人の種類一覧・年収|女性/ものづくり/建設業/食べ物/

食事の職人は食べる方に対して食中毒が心配されています。そのため、職人も食中毒にならないよう神経質です。それが職人の人手不足の一因なのでしょう。食は人間が生きていくのに必要なことです。歴史で食文化が取りだたされるなど、人間の関心は食になります。食グルメで仕事をして、食職人の歴史が一番古いのでしょう。

板前

職人の種類一覧・年収|女性/ものづくり/建設業/食べ物/

板前さんは男性に多い種類の職人です。主に、料亭・割烹がでる旅館で働いています。また、懐石料理などの日本料理を作る料理人と海外では有名です。板前になるには料理の腕が重要ですが、素材選び・盛り付けのセンスが必須になります。日本料理は世界で人気があるので、日本料理の知識が必要です。

この種類の仕事は学校をでただけではなれません。一般の料理関係の仕事につくことによってできます。スキルをあげた料理人が板前です。板前さんは通常のお店にはいません。銀座などの高級なお店にいることがほとんどです。板前は弟子を取ってるかたもいます。板前になりたかったら、弟子を募集している方に声をかけてみましょう。

海女

男性は漁師ですが、女性には「海女さん」があります。この職人は海関係の種類です。海に潜ってサザエなどの貝や、わかめなどを取りに行く仕事になります。酸素ボンベなしど素潜りなので、死亡率が高いです。しかし、とてもやりがいがある職人になります。nhk連続テレビ小説「あまちゃん」で存在が広まりました。

この種類の仕事は、地元の漁業組合に入る必要があります。そのため、地元住人が就くことが多い種類です。どの職人業よりも1年という早めに一人前になります。また、高齢になっても仕事ができますので、女性におすすめの仕事です。しかし、素もぐりの技術と体力も必要なので注意しましょう。

職人の種類一覧

職人の種類一覧・年収|女性/ものづくり/建設業/食べ物/

職人の種類は、暮らして行く中で身近なことやあまり関わらない仕事があります。一番関わる種類は車関係です。車は日常生活で必要不可欠で、部品が故障していると事故になりかねません。車を作る職人は道具が少なく簡単に見えます。しかし、部品が細かいのがたくさんあるため、とても難しい仕事と言ってもいいでしょう。

調香師

調香師は女性に多い種類の仕事です。この仕事は香水を作る技師のことを表しています。また、嗅覚が重要になりますので、鼻が良い方が向いています。調香師という言葉は日本にはあまり聞きません。なぜなら、テレビなどに特集することがないからです。アロマセラピーの仕事は知っている方は多いですが、調香師は日本で数人しかいません。

また、この仕事は国家資格がありません。しかし、香科を扱うので理系大卒を採用する会社が多いです。簡単に見えますが、香りの知識がわからないとこの仕事はできません。博士までとればもっと就職の有利度が上がります。外国にも行くので、英語は必ず覚えておきましょう。

パン職人

ホテルなどででるパンはパン職人が手作りしています。この仕事はパン作りのプロフェッショナルとして、子供たちに人気の職人です。パン屋さんになるにはパンの専門学校に行くか、直接パン屋さんの仕事に就くしかありません。

また、パン屋さんになってもパンの種類で売上げが変わります。メロンパンなどのどこのでもあるパンは必ず作りましょう。都会などのパン屋さんは、自分なりにパンをアレンジしています。しかし、食を扱うものなので「パン製造技能士」、「製菓衛生士」「食品衛生責任者」などを取得しておきましょう。食中毒になったときに資格がないと逮捕されてしまうからです。

種類別職人の年収・給料

職人さんももちろん給料がもらえます。しかし、職種によって貰える金額が違い、中には収入が0円も当たり前です。2代目になると収入が安定しますが、初代は安定している時期があまりありません。赤字覚悟で職人として生きています。日本の職人さんは昔のやり方の作業がほとんどです。

食は場所できまる

食の関係の職人さんは、自分で店を開く・専用のお店で働くで収入が変わります。なぜなら、雇われていると給料は固定されるからです。その場合の給料は、約25万円なので年収は300万円くらいです。

しかし、自分のお店だと全て用意するため、最初のうちはお金が足りなくて赤字になります。そのためお金が必要で苦しいですが、長年勤めると太客ができます。また、太客を捕まえるとほぼ毎日きてくれて裕福になります。

時代別職人の種類

職人さんはどの職種よりも代々受け継がれています。また、江戸時代にも職人さんがいました。しかし、今は道具も江戸時代よりは豊かです。それでも職人さんは必要とされていて、豊かになった現在まで長年滅びていません。それは、職人技がすごいという証です。

中世

中世の職人は、洋風を基本とした職人が多かったです。豆腐売りなどをしている方もです。豆腐売りは昔は安かったので儲かりました。中世は外国の文化が入ってきたこともあり、和と洋が入っている職人が増えてきました。また、中世は張り紙など、現在に近い職人が増えてきた時代でもあります。

江戸時代

江戸時代は職人の全盛期です。女性は1人もいませんでしたが、男性はほとんどが職人と言われていました。この時代は木で作られた家なので、建設業が必要とされていました。そのため、この時代はお金持ちでした。江戸時代は資料がたくさん残っていて、歴史の本を見ていたら背景にほとんど職人さんが写っているほどです。江戸時代は、お偉いさんよりも職人の方が、一般人には頼りがいがありました。

職人さんはあまり目立つことがない

職人さんはあまり目立つことがありません。しかし、子供たちの中には憧れている職です。江戸時代にはほとんどが職人と言われるほど、職人はとってもやりがいがある仕事です。現在は人手不足が多い職種ですが、職人が素晴らしい作品を作ってくれます。皆さんも、職人になりたかったら学校をでたり、弟子入りなどして素晴らしい伝統を引き継ぎましょう。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests