Search

検索したいワードを入力してください

ゲームクリエイターの仕事内容とは?近い職種や必要なスキルも解説

更新日:2022年10月17日

ゲームクリエイターの仕事内容をご存知でしょうか。本記事ではゲームクリエイターとしての職種や仕事内容についてまとめました。また、必要なスキルや向いている人の特徴、将来性なども解説しています。ゲームクリエイターに興味のある人は、ぜひ本記事を確認してください。

「ゲームクリエイターはどんな仕事をしているの?」
「ゲームクリエイターになる方法を教えてほしい」
「ゲームクリエイターに向いている人の特徴は?」
ゲームクリエイターに興味はあるけれど、仕事の内容や適性、給与や就くための方法などがわからなくて、疑問を感じていませんか。

本記事は、ゲームクリエイターの仕事内容や必要なスキル、年収の目安や向いている人の特徴についてまとめています。併せて、ゲームクリエイターの将来性や目指す方法、養成学校の情報などについても触れています。

本記事を読めば、ゲームクリエイターの仕事内容や必要なスキルが理解できるだけではなく、就くための具体的な方法も知ることが可能です。将来、ゲームクリエイターを希望している人にとって、役立てられるでしょう。

ぜひこの記事を参考に、今後の就職活動に活かしてください。

そもそもゲームクリエイターとは?

ゲームクリエイターとは、ゲームプランナーやゲームプログラマー、ゲームデザイナーやサウンドクリエイターなど、ゲームの企画や制作にかかわる職種の総称を指します。

ゲームクリエイターは、職種の特徴から「企画系」「プログラマー」「クリエイター系」に分けられます。企画系は、予算管理や全体を見るプロデューサー、企画を考えるゲームプランナーが挙げられるでしょう。

プログラマーはゲームプログラマーのことで、クリエイター系は、グラフィックデザイナーやサウンドクリエイターを指します。

ゲームクリエイターの主な仕事内容

現代のゲームは高度で複雑なため、各分野の専門職が集まって制作するスタイルが一般的です。

たとえば、ゲームプロデューサーは主にゲームの対象者や発売時期、予算やスケジュール、制作スタッフの編成などといった、ゲーム制作全体を統括します。

ゲームプログラマーは、ゲームが正しく動くよう仕様書に基づいてプログラミングをおこなう仕事です。

グラフィックデザイナーは、ゲームのキャラクターや背景を制作しています。現代のゲームは臨場感のある映像が求められているため、3DCGが主流です。サウンドクリエイターは、ゲームに欠かせないBGMや効果音を制作しています。

ゲームクリエイターに近い職種とその仕事内容

ゲームクリエイターに近い職種としては、プログラマーやデザイナーが挙げられます。

いずれも、ゲームクリエイターの中に含まれる職種名と共通しています。ただし、仕事の対象がゲームであるかどうかに違いがあります。

デザイナーの職種としては、3DCGや2DCGソフトなどを扱うグラフィックデザイナーが挙げられるでしょう。グラフィックデザイナーの仕事は印刷物や映画、アニメーションの制作などと多岐に渡ります。

また、プログラマーの仕事もゲームクリエイターに近い職種の1つです。プログラマーはプログラミング言語を使ってプログラムを組み、システムやソフトウェアを制作しています。

ゲームクリエイターに必要なスキル

ゲームクリエイターに必要なスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。良質なゲームを生み出すためには、アイデアや発想力、論理的思考力などさまざまなスキルが必要です。

ここからはそれぞれのスキルについて解説していきますので、参考にしてください。

ユーザーや市場のニーズを予測する分析力や企画力

ゲームクリエイターに必要なスキルとして、分析力と企画力が挙げられます。これらは、ゲームプランナーにも必要なスキルです。

分析力は、さまざまな数値を分析した上でユーザーのニーズや市場を把握し、適切な施策を立案するスキルです。主な数値に、ユーザーの課金率や獲得数などが挙げられるでしょう。

企画力は、ユーザーを獲得し飽きさせないゲームを生み出すスキルを指します。無料で始められるゲームアプリやオンラインゲームの場合、ユーザーを飽きさせないゲームが必要です。

課金で収益を得ているため、ユーザーが継続的に楽しめるゲームが求められるでしょう。

プログラミングに関するスキル

ゲームクリエイターに求められるスキルの1つに、プログラミングに関するスキルも挙げられるでしょう。プログラミングは、ゲームプログラマーに必要なスキルです。

プログラミング言語は、メーカーの方針やシステムなどによって異なります。そのためゲームプログラマーは、プロダクトごとにプログラミング言語を身につけ、さまざまなケースに対応できる技術力も身につけましょう。

デザインに関するスキル

ゲームクリエイターになるためには、デザインに関するスキルも必要です。デザインに関するスキルとしては、デッサン力やCGなどが挙げられるでしょう。

デッサン力は作画の基礎となる力です。プロデューサーやディレクターの意向を踏まえた上で、正確で豊富な作画を生み出す力が求められます。また、CGに関する知識や各種ソフトウェアを操作するスキルも必要です。

仕事を円滑に進めていくコミュニケーション力

1つのゲームを完成させるためには、さまざまなスタッフと協力しながら進めなければなりません。ゲーム制作を円滑に進めるためには、コミュニケーション力が必要になるでしょう。

ゲームを制作する過程ではゲームデザイナーやプログラマー、サウンドクリエイターやシナリオライターなど、多くのスタッフとやり取りします。人と話すことが苦にならず、要望や課題を明確に聞き取り、解決策を適切に伝える力が必要でしょう。

ゲームクリエイターのうちどの職種を選ぶか悩んだときの選び方

次のページ:ゲームクリエイターの年収目安

初回公開日:2022年06月17日

記載されている内容は2022年06月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests