Search

検索したいワードを入力してください

プログラマーの年収はどれくらい?全体的な平均や言語別などから解説

更新日:2022年10月17日

プログラマーの年収はどのくらいなのでしょうか。本記事ではプログラマーとシステムエンジニアの相違点やプログラマーの年収に関わる要素、プログラマーの平均年収などを紹介します。プログラマーの年収について知りたい就活生の方は、ぜひ参考にしてみてください。

「プログラマーの年収ってどれくらいなの?」
「プログラマーと他エンジニア職ではどのくらい年収に違いがある?」
「プログラマーとして高い年収を獲得するにはどうすればいい?」
このように、就活をしていてプログラマーに興味を持ったとき、その年収について詳しく知りたいという人もいるのではないでしょうか。

本記事では年齢や雇用形態、言語別など、さまざまなパターンでのプログラマーの平均年収について解説しています。本記事を読むことで、プログラマーがどのくらいの年収を得られる職業なのかを把握できるでしょう。

また、プログラマーと他エンジニア職との年収についても比較しながら解説するため、どのエンジニア職を目指そうか迷っている人も参考にできます。

プログラマーの年収について知りたい就活生の方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

プログラマーとシステムエンジニアの相違点

プログラマーとシステムエンジニアについて、違いがよくわからないという人もいるでしょう。プログラマーは、システム開発の下流工程である実装の工程を担当する職業となっていますが、システムエンジニアは主に上流工程を担当する職業であるという違いがあります。

システム開発プロジェクトでは、システムエンジニアがクライアントからニーズのヒアリングを行って仕様書を作成し、その仕様書に沿ってプログラマーがプログラミングを行うという流れになります。

プログラマーが行う仕事内容

プログラマーの仕事は、システムエンジニアが作成した仕様書をもとにプログラミングをすることです。また、プログラミング作業が終わったら、仕様のとおりに動作するかどうかシステムの単体テストを実施します。

このように、プログラマーの仕事はプログラムを実装していくことであるため、プログラミングが好きな人に向いている仕事だと言えるでしょう。

プログラマーの年収に関わる7つの要素

プログラマーは実力主義であるため、プログラマーの年収は個人のスキルや扱うプログラミング言語などによっても変わってきます。また、所属している企業や開発しているサービスの規模などによっても年収には違いが出てくるでしょう。

ここではプログラマーの年収に関わる要素を紹介していきます。

1:プログラミングのスキル

開発するものによって、求められるプログラミング言語の種類は異なります。そのため、さまざまなプログラミング言語のスキルを持ったプログラマーの方が年収も高くなるでしょう。

また、プログラマーはプログラミングを行うことが主な仕事となっているため、可読性の高いコードを素早く記述できるような高度なプログラミングスキルを持ったプログラマーは、重宝されます。

プログラマーの中にはプログラミングを行うことが好きな人も多いため、プログラミングスキルを磨いて、そのままスペシャリストになる人もいるでしょう。

2:雇用形態

プログラマーの雇用形態には、正社員、派遣社員、フリーランスなどの違いがあります。プログラマーに限らず、正社員と正社員以外の派遣社員やパートなどでは、平均年収には大きな差があります。

そのため、プログラマーの年収は雇用形態によっても違いが出るでしょう。ただし、正社員とフリーランスを比較するとフリーランスの方が年収が高いケースもあるため、企業に正社員として雇用されるのが一番良いというわけではありません。

3:自社開発したソフトであるか否か

システム開発などを行う企業の業務形態としては、他の企業から依頼されてシステム開発を行う受託開発と、自社でオリジナルのソフトを開発する自社開発が存在します。

勤めている企業が自社ソフトを開発している企業の場合、開発費以外の売り上げは利益になります。そのため自社ソフトを開発する企業に勤めているプログラマーの方が、年収は高くなる傾向があるでしょう。

また、開発したソフトがヒット商品になれば、開発に貢献したプログラマーの年収もアップするでしょう。

4:受注開発サービスの規模

受託開発を行う企業の場合でも、大企業や官公庁などから大規模なシステム開発を受託していると、大きな収益を上げることが可能です。また、このような受託開発企業は求めているプログラマーのレベルも高いため、優秀な人材が確保できるように良い待遇で求人を出しています。

このような理由から、規模の大きな受託開発を受注している企業に所属するプログラマーは、年収が高い傾向があるでしょう。

5:所属企業の規模や労働制度

プログラマーの年収は、所属している企業の規模によっても差があります。大規模な企業ほど経営にも余裕があるため、小規模な企業に勤めているプログラマーよりも年収は高い傾向にあります。

また、売り上げを社員に還元するような制度がある企業に勤めているプログラマーの場合も、労働制度のない企業に勤めているプログラマーよりも年収は高くなる傾向があるでしょう。

6:習得したプログラミング言語

次のページ:全体的なプログラマーの平均年収

初回公開日:2022年06月13日

記載されている内容は2022年06月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests