Search

検索したいワードを入力してください

SEの業種別の仕事内容とは?活躍する業界・転職に適した職種も解説

更新日:2022年08月25日

SEからの転職を考えるとき、どのような業種に注目するべきかをご存じでしょうか。本記事では、SEから転職するのに向いている業種や具体的な仕事内容などについてご紹介します。SEからの転職について疑問や不安があれば、是非チェックしてみて下さい。

「SEとして働くには、どのような仕事があるんだろう」
「SEから他の業界への転職は可能だろうか」
「前職がSEだと、どんな仕事に向いているのかな」
このように、SEからの転職を考えている方には沢山の疑問や不安があるのではないでしょうか。

本記事では、SEとは何か、どんな仕事を指すかといった基礎知識に加え、SEに含まれるさまざまな仕事の内容や働き方について紹介しています。

この記事を読むことで、SEから転職するのに向いている業界や、今までのスキルを活かせる仕事について把握できます。その知識をもとに自分が向いている職種を選べるため、転職について不安を抱えている方でも、前向きに就職活動に臨むことができるでしょう。

SEからの転職を考えている方は、是非この記事をチェックしてみて下さい。

SEの業種・職種とは

SEとは造語で、「エスイー」と読みます。「システム・エンジニア」の略称で、IT(information technorogy)技術者のうちでも「情報システムの構築に携わる人」を指します。

ここでは、SEがどのような「業種」になるのか、「職種」とはどう違うのかという点について見ていきましょう。

業種と職種の違い

「業種」と「職種」は、その意味する範囲に違いがあります。

「業種」は企業や個人経営、フリーランスの事業内容の種類を、「職種」は、1人ひとりの仕事の内容の種類を指すと覚えておきましょう。

具体的に言うと、「業種」は「製造業」「金融・保険業」「建築業」といった事業の種類を、「職種」は「営業・企画職」「販売・サービス職」「事務・アシスタント職」などの、個人を単位とした業務の内容による分類を指します。

SEとはどういった業種になるのか

SEの業種は「情報通信業」とされています。

「情報通信業」の具体的な事業内容は、通信業、放送業、インターネット付随サービス業、情報サービス業などを含んでいます。

このうち、IT業界と呼ばれるのは、インターネット付随サービス業や情報サービス業などです。SEがシステムやソフトウェアを提供する、サービスをする業種であるという意味から考えると、SEは「サービス業」であると言っても良いでしょう。

SEになるには?

一般的に、SEを目指す人はIT関係の専門学校や大学の情報学部で、基礎的な知識やスキルを学んでいます。

ただし、知識が重視されるというわけではないので、ITとは無関係の文系の大学を卒業してから、SEとして就職する人もいます。

知識があったとしても経験が必要とされる業種なので、最初はアシスタント業務に就いて現場での経験を積み、それからSEになるのが一般的でしょう。

SEが活躍する業界

SEという業種が活躍している業界のうち、代表的なものはIT業界です。

大枠のIT業界だけでなく、さまざまな業界で活躍している技術職の人は、SEという業種に分類されます。

以下で、それぞれの業界を見ていきましょう。

IT業界

IT技術は、現代社会を支えるための重要な技術です。会社の業務や日常生活のなかで、インターネットやスマートフォンといった、IT技術が生み出すものを全く利用しない人はほとんどいないでしょう。

例えば、会社のネットワークシステムや一般的なオンラインショッピングのシステム、スマートフォンや家電などの電化製品は、私たちの暮らしに欠かせないものです。

そうしたIT技術を利用したサービスや日常的に使っている製品を提供しているのがIT業界で、技術者としてSEという業種が活躍しています。

インターネット業界

インターネット業界は、Web業界とひとまとめに分類されることが多い業界です。どちらもインターネット上で一般消費者や企業に対してサービスを提供しており、それによって対価をもらうことが、この業界のビジネスと言えるでしょう。

インターネット業界では、ポータルサイトや通販サイトの運営、SNS(Social Networking Service)の運営や提供、オンラインゲームの運営など、一般的にインターネット上で受けられるサービスが提供されています。

そのなかで、それぞれの業種に応じたスキルを持つSEが活躍しています。

情報処理サービス業界

情報処理サービスは、情報システムに関するサービスを提供しています。情報システムとは、人力で行っている業務の効率化や品質の向上など、業務遂行を支援するためのITの仕組みを指します。

情報処理サービス業界とは、情報システム全体のコンサルティング、システム開発と運用を行う業界です。業界内で、それぞれの業種に応じたスキルを持つSEが活躍しています。

Web業界

次のページ:SEの仕事内容

初回公開日:2022年08月25日

記載されている内容は2022年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests