Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

鉄板で使える自己紹介のネタ|笑いをとれるネタ・ネタがない対処法

色々な状況で自己紹介って求められますよね。自己紹介で何を話せばいいのか分からない、自己紹介でくだらないことを言って滑らないか不安ではないでしょうか?今回は自己紹介で使える鉄板のネタや自己紹介で使える笑いを取るネタ、自己紹介でねたがないときの探し方を紹介します。

自己紹介とは

鉄板で使える自己紹介のネタ|笑いをとれるネタ・ネタがない対処法

自己紹介とは自分のキャラクターを紹介すること

学校や職場、趣味の集まりや合コン。他にも色々な状況が考えられますが、おおよそ、人が集まる場所に行ったときはじめにすることになるのが自己紹介という行為です。

職場であれば、正社員だけにとどまらずアルバイトやパート社員でも、面接時や、入社したときの研修や歓迎会。ほかにも転勤や出張や移動など、初めての人と会う場合は大体行うでしょう。また、学校であっても入学時やクラス替え、また部活動や同好会などに入るときなど、こちらも初めての人と顔を合わせる様々な場面で自己紹介を行う機会はあると思います。

プライベートであっても仕事であっても行うことの多い自己紹介ですが、今回は自己紹介の方法や、自己紹介に使えるネタ、自己紹介のネタがない場合のヒントなどを解説していきます。

自己紹介と自己PRの違い

面接などで耳にする機会の多い言葉で自己PRというものがあります。自己紹介とかぶってしまう部分も多く、自己紹介との違いの分からない人も多いと思います。

簡単に言ってしまえば、自己紹介は挨拶で自己PRはお話ともいえます。

自己紹介で話したネタをより深く発展して紹介する行為が自己PRで、挨拶の自己紹介で軽く触れたネタについてより深く相手に知ってもらうために長々と話すようなものです。

また自己PRでは自分をよりよく見せる、相手により良く見てもらうために、話す内容について壮大に、そして克明に話すことでしょうが、自己紹介でそれは求められません。

自己紹介は、簡潔に自分を知ってもらう挨拶です。

自己紹介の目的は自分を知ってもらうこと

自己紹介は相手に自分を知ってもらうために行います。様々なネタを用意し面白い話をすることもいいですが、ネタは話を発展させるための手段で、目的は自分自身を知ってもらうことです。

もちろん聞いていて面白いに越したことはありませんが、自分がどういう人なのかを相手に伝えることが大切です。

鉄板で使える自己紹介のネタ

鉄板で使える自己紹介のネタ|笑いをとれるネタ・ネタがない対処法

自己紹介には定番のネタがあります

自己紹介をする状況によって内容は変えていくべきですが、自己紹介をするに当たっては定番のネタがあります。

定番やありきたりのネタでいいの?と考えるかもしれませんが、自分を知ってもらって話のきっかけを作ることができればいいわけなので、逆に定番やありきたりのネタのほうがいい状況もあるかもしれません。

もちろん、紹介したネタをそのまま使っても、オリジナリティある面白い自己紹介はできません。紹介する定番のネタを自分に応じてブラッシュアップしていくことでより良い自己紹介ができるはずです。

名前

名前は自己紹介の定番中の定番のネタです。相手に自分を覚えてもらうわけですから、名前は言うべきでしょう。

由来などを紹介できるのであれば紹介したり、同じ名前の芸能人がいるのであればそういう名前の芸能人がいるなどの紹介で、話を膨らませることも考えられます。特徴的な名前であれば、困ったことなどのエピソードなども興味深いものです。

ただし、由来がないのであっても、わざわざ由来はないであったり、ありきたりな名前ですなどと、ネガティブな紹介はする必要はありません。それでは話を膨らませることができません。

わざわざやる人はいないと思いますが、悪評や犯罪で有名になった人の名前と同じともいう必要はないでしょう。

あだ名

名前に紹介することがあってもなくても、あだ名をつけられているのであれば、そのあだ名やつけられた経緯などを自己紹介のネタにすることも可能です。

相手は初対面の人間ばかりなので、お話を作って膨らませる自信があるのであれば自分であだ名と由来を作ってしまいましょう。

ただし、変なあだ名であるとかでネガティブで話を膨らませづらかったり聞いたものがどうコメントしていいか分からないあだ名などは紹介するべきではないでしょう。

年齢

自己紹介なので年齢も定番のネタです。

年齢で何を話せばいいのかと思う方もいるでしょうが、厄年など年齢ごとにイベントはあるものですし、有名人と同じ年齢なども使えるかもしれません。

ただし、自己紹介なので有名人の紹介しすぎには注意するべきでしょう。

鉄板で使える自己紹介のネタ|笑いをとれるネタ・ネタがない対処法

自己紹介では出身地も定番のネタです。

その地域の特産品や有名な場所、面白い施設やおすすめのお店、町の歴史や出身の有名人などを紹介して話を膨らませましょう。有名でなくても自分の知っているおすすめの場所などを紹介することもいいでしょう。

ただしこれも、犯罪が多いだの街が汚いだのは紹介するべきではありません。

住所

どこどこ町の何アパートの何号室に住んでいるなどの詳細な住所のことではありません。

自己紹介では、今住んでいる町も定番のネタとして使えます。これも出身地と同じように、有名なものや、出身の有名人などを紹介することができます。

また、交通手段などや移動中に見える風景なども自己紹介のネタに使えます。同じ電車を使っていたとか、同じ場所を通るとかで話が膨らむこともあります。

出身校

出身校も状況次第では自己紹介でのネタに使えます。専門分野など何を学んでいたかも当然ながら自己紹介のネタに使えます。

聞く人からすれば、同じ学校の同期や先輩後輩関係などであればそれだけで話は膨らみます。

同じ学校出身の有名人がいれば、その紹介などもできますし、学校の由来も話せますが、学校紹介ではないのでさらっと流すのが無難でしょう。

特に名門校や難関校の場合、自己紹介ではなく自慢と取られてしまいかねません。

職業

合コンや趣味などの場での自己紹介では職業を、転職して職場での挨拶では前職です。

こちらも自己紹介では定番のネタですし、話を膨らませやすいですが注意点があります。自己PRではないので実績などを紹介するときは簡潔に、という部分です。

自己PRでは、実績のアピールは重要ですしその実績のために何をしたのかというプロセスを克明に語ることも大切ですが、自己紹介の場でそれをやると長ったらしいですし、自慢と受け取られてしまいかねません。

趣味

鉄板で使える自己紹介のネタ|笑いをとれるネタ・ネタがない対処法

趣味も自己紹介では定番で使えるネタではありますが、状況次第で紹介しないほうがいい趣味もあります。

基本的にギャンブル系の趣味は不誠実な印象を与えかねないのでフォーマルな状況、例えば入社試験の面接などでは避けるべきです。

大人が抵抗なく見ることのできる名作といわれるアニメも増えアニメを見る人が増えたとはいえ、アニメというものもまだまだ子供向けのコンテンツという印象が残っているため、避けたほうが無難な状況も有ります。同様にゲームも避けたほうがいい場合も有るでしょう。

近年ではマナーの悪い鉄道ファンの方が割る目立ちしてしまったために、鉄道が趣味であることを快く思わない方もおられます。

さらに、趣味について長々としゃべりすぎると所謂オタクっぽいと感じられてしまったり、逆に知識もあまりなく趣味について語ると本当に趣味にしている人が話しかけてきたときに対応できなくなってしまい浅い知識がばれて印象が悪くなってしまう可能性も有ります。

しかし、好きでもない事を自分を偽って趣味だと紹介することも、自己紹介の本質と外れてしまうので嘘をつく必要はないでしょう。

締めのあいさつ

自分がそこでどうしたいのか、どうなりたいのかなどをポジティブにまとめて締めの挨拶とします。

締めがないと、話としてはどこで終わったのか分かりませんし、ポジティブな内容で終わらせと話し手の印象もよくなります。

また、どうありたいのか、というのは自分のキャラクタを紹介することにはうってつけです。

高い目標を立てて努力する努力家であったり、クールであったりと、目標を聞くことで相手がどういう人間なのかをうかがい知るというのは皆さんも経験があることだと思います。

笑いをとれる面白い自己紹介のネタ

鉄板で使える自己紹介のネタ|笑いをとれるネタ・ネタがない対処法

芸人ではないので無理に笑いを取る必要もないが

あなたが芸人であるのならば、自己紹介でも笑いが取れる必要があるでしょう。

しかし、基本的には芸人ではない一般人が無理に笑いを取る必要はありません。それでも、面白い話ができれば印象はいいものです。

へんなすべり方さえしなければ、笑いを取りにいくサービス精神のある人であるとか、雰囲気を盛り上げていこうとする人とか前向きな印象を持ってくれる可能性もあることでしょう。ただし、笑いを取らないほうがいい状況もあるので良く考えることが大切です。

どちらにせよ、何もない自己紹介よりは印象に残って自己紹介の自分を知ってもらうという目的は達成しやすいはずです。

この項目では、自己紹介である程度の笑いやウケを狙うネタを紹介していきます。

名前を使った自己紹介のネタ

他人の名前をいじってしまったりすると怒られますが、自分の名前をいじって紹介する事でウケを狙ったり印象を強めることができます。

ありきたりな名前であっても、実績では目立ちますであるとか、逆に珍しい名前で目立つときは、名前にたがわぬ働きで目立つようがんばりますなどです。

有名人と同じ名前である場合は、歌手のだれそれと同じ名前ですがオンチな○○ですなどの紹介で笑いを取るのも定番です。

ありがちな名前であれば、同じ名前の有名人も適当に出てくると思うので自分の性格とのギャップを使ったネタなどを探すことはできると思いますし、名前で笑いを取れれば、名前を早く覚えてもらうことができるのでお勧めのネタです。

自分の欠点などマイナスの部分をネタにする

これは、コンプレックスをいじられても大丈夫ですよというアピールにもなりますが、下手をすると自虐ネタをかます痛い人、自己顕示欲の高い人と見られるなど、滑ったときのダメージが大きいネタです。

使うのであれば、しっかりと考えこのネタを使い慣れた上で使わないと危険ではあります。ただし、成功すれば、場を和ませたりこの人は穏やかな人だという印象を与えることになります。

例えば、上記の名前ネタとの複合で、身長は小さいですが名前に大きいという字が入ってますといった紹介、体は小さいですが器は大きいですなどのネタが考えられます。

出身地や出身校をネタにする

出身地や出身校の特徴もネタになります。ただし、貶めていると感じられると印象は悪くなるので気をつけましょう。

例としては、小学校はどこどこで、中学校はどこどこ、高校はどこどこですが全部統廃合でなくなってしまいましたというものや、緑多い木々に囲まれた地域から上京してきたのであれば、こんなビル街始めて見て緊張でぶるぶる震えています!などが考えられます。

くだらないと感じられるかもしれませんが、お互い知らない人同士で緊張している場ではこれくらいのほうが緊張をほぐすこともあります。

締めの挨拶でボケる

職場などでの有る程度フォーマルな場での自己紹介の締めの挨拶を、ボケなどで締めると不真面目な人だと思われてしまうこともあるかもしれませんが、締めだからこそぼけることで笑いを誘えることはあります。

職場であれば、「窓際の席がいいです。窓際族とは言いますが日光が差し込んで日の当たる仕事ができそうです」などや、合コンなどなら「真面目にパートナーとなれる女の子や男の子を探しに着ました」など、が考えられます。

自己紹介で避けるべき事

鉄板で使える自己紹介のネタ|笑いをとれるネタ・ネタがない対処法

ネガティブな内容はNG

いくら自己紹介が自己PRとちがって自分をよりよく演出する必要がないといっても、さすがにネガティブな内容は良くありません。

基本的には、どういう人なのか知りたいと思っている相手に、自分のキャラクタを伝える挨拶なので、いい印象を持ってもらうに越したことはありません。

にこやかに、ポジティブに、締めも楽しく終わらせるのが無難です。

簡潔にとはいえ「何もない」はつまらない

自己紹介は自己PRと違い話のネタについて、長々と克明に壮大に話すことは求められません。しかし、逆にネタについて何もないと言ってしまっては、聞くほうにしてみれば残念ですしつまらないものです。

山田太郎という人が、「どこにでもある普通の名前です。由来はありません」なんて自己紹介すればものすごくつまらないと感じることでしょう。

さすがに、名前やその由来は変えられませんが、後ほど紹介するあだ名を紹介し、その由来を紹介するという方法もあります。

住んでいる地域であれば、自分にとっては当たり前の情報でも、温泉がわいているとか、昔某という武士が何かしたという町の由来などを付け加えると、聞く人にしてみれば、何もない町といわれるよりは、楽しいものです。

また、何もないよりも話のネタが有れば、その後にお話をするとなったときも話が弾んだりしやすく便利です。

丸暗記して棒読み

自己紹介のために、色々なことを調べ、そしてそれを原稿にした。とすると大変良い自己紹介になる可能性はありますが、それを丸暗記して棒読みしてしまうと台無しです。

話す相手によって知りたいことや興味のあることは違いますし、自己紹介をする状況は色々有るため話す状況も様々です。

その時々に応じて、状況を考え相手の反応を見ながら作った原稿を参考に話す内容を変化させていけばよりよい自己紹介になります。

話が長すぎる

何も紹介せず、短すぎる自己紹介はさびしいですが、長々と自分のよさをアピールされ続けても鬱陶しいですし、要点を絞れない人なのかなと考えられたりもされかねません。

たとえ器用で色々なことができる人であってもアピールしたいことは絞るべきですし、長々と実績を語るべきでもありません。

挨拶のようなものである自己紹介は、おおよそ1分程度を目安に、この人の話をもう少し聞きたい、この人をもう少し知りたいと思わせる程度の情報量で終わらせるのが無難です。

その他気をつけること

・はきはきと姿勢良く
ぼそぼそとしゃべり、姿勢も悪いと印象は悪くなってしまいます。なにしろ目の前にいる人はほとんどがあなたのことを知らないわけです。

見た目は悪いけど、ほんとうは~とは考えてもらえない可能性が高くなってしまいますし、第一印象というのはなかなか変えることはできません。

・相手の顔を見る
目を合わせずあさってのほうを見て話していると誰に話しているんだろうと思われますし、目が泳いでいると挙動不審ですが、目を見て話すと自信があるように見えます。

・緊張しすぎない
これは場数を踏んで慣れていくしかありませんが、緊張しすぎて何を言っているかわからないのもあまりよくありません。

気の聞く人がいればフォローしてくれることもあるでしょうが、初めからフォローに期待するのはあまりいい態度とはいえないでしょう。

・余計な動作は不必要
妙に手を動かしたり、うろうろしたり、きょろきょろしたりしてはいけません。目の前にいる相手はあなたのことを知りません。挙動不審では第一印象を悪くしてしまいます。

・良く知らない言葉を使わない
かっこつけようとしてよく知らない言葉を使って意味を間違えていたり、上手くしゃべれないとかっこ悪いですし、かっこつけようとしているという悪い印象がついてしまいます。

自己紹介でネタがないときの対処法

鉄板で使える自己紹介のネタ|笑いをとれるネタ・ネタがない対処法

ネタは探せば見つかる

上記で紹介したネタをそのまま使うことはできないでしょうが、平凡な名前や平凡な町でも、自分が当たり前だと感じているだけで他の地域の人には新鮮に感じられることは多いです。

例えば、名前であるのなら検索エンジンなどで名前だけで検索して著名人などを探して見たり、町であれば検索エンジンだけでなく、町を歩いて来歴などの記してある碑などを探したり、町の広報などでそういうことを知ることもできます。

自分が普段使っているお店なども、おすすめして見ると案外人気があるかもしれませんし、お店などに詳しい人は重宝されることが多く、話を弾ませやすい場合もあります。

いずれにしても、視点を変えてみたり当たり前だと思っていることが他の人にはそうでないこともあるので、定番の自己紹介のネタをヒントに色々探して見れば自己紹介のネタがないというのはないはずです。

笑いをとりたい場合のセンス

センスは磨くことができます。

他の人の自己紹介などを良く観察したりすることで、状況や相手に応じた自己紹介のセンスを磨いていくことで身につけることができます。

インターネットなどで笑えるネタというものを調べてそのまま発言しても、それで笑いを取れることはあまりないでしょう。

自分の自己紹介パターンを作って自分を知ってもらおう

鉄板で使える自己紹介のネタ|笑いをとれるネタ・ネタがない対処法

定番の自己紹介のネタや、笑いを取るためのヒントなどを紹介しました。

中にはくだらないと感じるものもあったかもしれませんが、お互い初対面の緊張感の中では下らないようなことも若干の笑いを誘い緊張をほぐすことがあります。

これをそのまま使うことはおそらくできなくても、これをヒントに自分だけの自己紹介を作るヒントにはなるはずです。

様々な自己紹介を求められる場で、より良い自己紹介ができてその後の関係が良好で円滑なものになるでしょう。

あなたの年収、本当に適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
実は、頑張って働いているのにこういう状況になってしまう人は、少なくないんです。

そしてその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータがあるんです。

また、転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが転職先の企業と年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

あなたに合った転職エージェントが見つかるはずなので、読んでみてください!

Latests