Search

検索したいワードを入力してください

様方の正しい書き方と使い方|住所/宛て名/封筒/横書き

初回公開日:2018年03月17日

更新日:2020年05月24日

記載されている内容は2018年03月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「様方」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。「様方」は宛先の中で使用される言葉ですが、どのような書き方や使い方があるのか、気になる点も多いでしょう。この記事では、「様方」の書き方や使い方、ポイントや注意点、「気付」との違いについてご紹介していきます。

「様方」の正しい書き方と使い方は?

様方の正しい書き方と使い方|住所/宛て名/封筒/横書き
※画像はイメージです

「様方」とは、宛先に書かれる言葉の一つです。宛先に含まれる敬称となり、「様方」の書き方や使い方には重要なポイントが多く含まれています。まずは書き方の例や、代表的な使い方について、詳しく見ていきましょう。

「様方」の書き方は?

「様方」は、送付先となる世帯主と受取人の名字が異なる場合に使用する言葉です。例えば、以下のような書き方があります。

〒123-4567
A県B市C町1丁目2番3号
佐藤様方
鈴木〇〇様

この書き方を例に説明します。まず、「様方」は個人宅に送る場合に使用します。上の例では、「佐藤様方」となっているので、佐藤さんという個人宅に宛てて送っていることになります。次に、受取人は「鈴木〇〇様」になります。つまり、個人宅の世帯主となる佐藤さんと、受取人となる鈴木さんという2人の人物が登場しています。

「様方」を使用する場合、送付先となる個人宅の世帯主と受取人で、名字が異なります。送付先として佐藤さんの住所を記載し、世帯主の名字に「様方」をつけて「佐藤様方」とします。次に、受取人となる「鈴木〇〇」さんに「様」をつけ、「鈴木〇〇様」とします。

「様方」の仕組みは?

「様方」の仕組みについて、詳しく考えてみましょう。ポイントは、送付先となる世帯主と、受取人が異なるという点です。

上で示した例でいえば、世帯主が「佐藤様方」、受取人が「鈴木〇〇様」となります。「様方」の部分の名字は世帯主の名字(佐藤)となり、受取人の名字(鈴木)とは異なります。このように別個に記載することで、世帯主を経由して受取人に送りたい、ということを示すことができます。

また、この場合の世帯主は個人宅となります。会社などの団体を経由する場合は、「様方」は使用されません。この点はきちんとおさえておきましょう。上で挙げた例の「佐藤様方」は、佐藤さんという個人宅を意味しています。

このように、受取人とは別に世帯主を示すこと、世帯主は個人宅になることが、「様方」の仕組みの大きなポイントです。

「様方」の使い方は?

「様方」が使われる例について考えてみましょう。例えば、結婚して名字が変わった人が実家に帰り、その人に宛てて手紙を書く場合などで使用されます。

名字が変わった人が実家に帰った場合、異なる名字の家に滞在することになります。そして、その人に宛てて手紙を書く際には、送付先の個人宅の世帯主の名字と、受取人となる個人の名字は異なります。このような場合に、「様方」を使用することができます。つまり、受取人となる個人の名字とは別に、「様方」によって実家の名字も記載することになります。

住所につける「様方」の使い方は?

様方の正しい書き方と使い方|住所/宛て名/封筒/横書き
※画像はイメージです

「様方」の書き方の基本例は以下になります。

〒123-4567
A県B市C町1丁目2番3号
佐藤様方
鈴木〇〇様

書き方の一つに、住所と受取人の間に世帯主を書く方法があります。上記の例も、住所と受取人(鈴木○○様)の間に、世帯主が「佐藤様方」として書かれています。一方で、「様方」を住所につけて書く場合もあります。以下の例を見てみましょう。

〒123-4567
A県B市C町1丁目2番3号佐藤様方
鈴木〇〇様

こちらは、住所の後に「佐藤様方」をつなげています。これは、住所に「様方」を入れる書き方となり、住所の番地を記載した後に世帯主の名前と「様方」を続けて書いています。

宛名につける「様方」の使い方は?

様方の正しい書き方と使い方|住所/宛て名/封筒/横書き
※画像はイメージです

「様方」を宛名と並べて書く場合もあります。最初に挙げた例をもう一度見てみましょう。

〒123-4567
A県B市C町1丁目2番3号
佐藤様方
鈴木〇〇様

こちらは、「鈴木〇〇様」という受取人を宛名としつつ、「佐藤様方」という世帯主も並べて書いています。書き方としては、住所と受取人の間に世帯主の名字を書き、「様方」を加えます。「様方」を含めた世帯主の名字は、受取人の氏名より小さめに書くと良いでしょう。そうすれば、「受取人」の方を目立たせることができます。

先ほど見たように、「様方」を住所に入れて書く場合もあります。住所の後に続けて書くので、住所と同じ大きさの字で世帯主の名字と「様方」を書くことになります。こちらも、受取人が目立つようにする書き方になります。同じように考えると、「様方」を宛名と並べて書く場合でも、なるべく受取人の方が目立つようにすることが重要です。

「様方」を書く正しい位置は?

様方の正しい書き方と使い方|住所/宛て名/封筒/横書き
※画像はイメージです

「様方」は、世帯主の名字の後に書きます。この位置については、きちんと覚えておく必要があります。

〒123-4567
A県B市C町1丁目2番3号
佐藤様方
鈴木〇〇様

この例でも、「様方」は「佐藤様方」という世帯主の部分で書かれています。受取人となる鈴木さんは、「鈴木〇〇様」のように「様」が記載されています。これは「様方」ではないので注意が必要です。

受取人は個人となるので、個人に対する敬称となる「様」が使用されます。一方で、経由する世帯主は「様方」が使われます。「様」と「様方」は似ているので、混乱しないように注意する必要があります。「様方」を書く位置は世帯主の名字の後になることを、きちんとおさえておきましょう。

「様方」の書き方の注意点とは?

ここまで「様方」の書き方や例をご紹介しましたが、他にも細かいポイント・注意点がいくつかあります。「様方」の書き方や使い方をおさえるためには、細かい点まできちんと注意することが重要です。

「様方」の字の大きさは?

「様方」を書くとき、その字の大きさが重要なポイントになります。先ほど挙げた例をもとに考えてみましょう。

〒123-4567
A県B市C町1丁目2番3号
佐藤様方
鈴木〇〇様

一般的な宛先の書き方としては、住所よりも宛名の方が大きく書かれています。上の例でいえば、「A県B市C町1丁目2番3号」という住所より、宛名の「鈴木〇〇様」の部分を大きく書きます。これは、宛名を目立たせる書き方となります。

そして、世帯主の名字と「様方」の部分は、住所より大きく、宛名より小さく書くことが好ましいです。上の例でいえば、「佐藤様方」の大きさは、「A県B市C町1丁目2番3号」より大きく、「鈴木〇〇様」より小さく書くことになります。

「様方」の字の大きさの注意点は?

「様方」の字の大きさにも、いくつか注意点があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

Latests