Search

検索したいワードを入力してください

新幹線の乗り越しをしたい!精算のやり方や注意点を解説

更新日:2022年07月21日

新幹線の乗り越し精算のやり方やルールについて知らないという人は多いのではないでしょうか。この記事では、新幹線の乗り越し精算のやり方や注意点、精算のルールなどを紹介しています。仕事や旅行で新幹線を利用する機会がある人は、ぜひ参考にしてください。

「予定が変わって、遠くまで行かなくてはいけなくなった。新幹線の乗り越し精算の方法は?」
「乗り越し精算は、車内でできるの?乗車後に係員に申し出た方が良いの?」
「差額を支払えば、特急券や乗車券の乗り越しができるの?」
仕事や旅行で急な予定変更があり、新幹線の乗り越し精算が必要になることがあります。乗り越し精算が必要になった場合、このようなたくさんの疑問を抱くのではないでしょうか。

この記事では、新幹線の乗り越し精算の方法やルール、注意点などについて紹介しています。この記事を読むことで、新幹線の乗り越し精算の基礎知識が把握でき、いざというときにスムーズに精算手続きができるでしょう。

新幹線の乗り越し精算の方法やルールについて知りたい人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

新幹線の乗り越し精算はどこでするのか?

出張や旅行で新幹線を利用している時に、急な予定変更などで事前に買っていたきっぷの区間よりも目的地が遠くなってしまうことがあります。このような場合、乗り越し精算を行わないと、改札機を通過することができません。

では、どこで新幹線の乗り越し精算をしたら良いのでしょう。

乗る前なら窓口で精算する

新幹線乗車前に乗り越すことが決定した場合、駅の窓口で精算できます。使用開始前の有効期限内のきっぷであれば手数料なしで、不足分を支払う形で変更することが可能です。

ただし、駅窓口での精算は営業時間内に限られます。営業時間内に間に合うように申し出ましょう。

車内で精算する

乗車後であれば、車内検札に訪れた車掌に申し出て、乗り越したい区間までの運賃を支払うか、きっぷに書かれた目的地と乗り越したい区間までの差額を支払うことで乗り越し精算を行うことが可能です。

特にグリーン車や指定席を利用しており、乗り越し区間も同じ席で乗り続けたいという場合には、早めに車内で乗り越し精算しましょう。

乗車後に精算する

乗車後の乗り越し精算方法としては、下車駅の有人の改札機を利用するという方法もあります。変更されていない乗車券では改札機を通れないため、車内で乗り越し精算ができなかった場合には、必ず有人の改札機を利用するようにしてください。

この場合も、目的地変更前のきっぷの運賃と変更後の下車駅までの運賃の差額を支払うか、乗り越し区間の運賃を支払うことで精算が完了します。

新幹線の乗り越し精算ルール

新幹線を乗り越したい場合、きっぷの運賃と乗り越したい区間までの運賃の差額を支払えば良いというわけではありません。

新幹線の乗り越し精算では、片道の距離や目的地によって細かなルールがあり、支払う金額の計算のやり方が変わってきます。

ここからは、新幹線の乗り越し精算ルールについて見ていきましょう。

特急券は差額を支払う

新幹線の自由席特急券や指定席特急券、特定特急券といった特急券は、変更前の特急料金と変更後の特急料金を比較して、差額を支払うという精算ルールになっています。

例えば、変更前の特急料金が500円で、変更後の特急料金が1,000円だった場合、差額の500円を支払えば良いのです。

乗車券は片道100km以内なら差額を支払う

次のページ:乗り越し精算の注意点

初回公開日:2022年07月21日

記載されている内容は2022年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests