Search

検索したいワードを入力してください

ツインとダブルの値段などの違いを比較|メリット・デメリットも解説

更新日:2022年10月03日

この記事ではツインとダブルの部屋の違いをご存知ですか?予約する際に違いを理解しておくことで、用途やいっしょに行く相手に合わせて最適な部屋を選ぶことができるようになります。ホテルで過ごす相手と快適に過ごしたい方はぜひ参考にしてください。

「ホテルを予約する際に、ツインとダブルがあるけどどういう意味だろう?」
「ツインとダブルではどう違うんだろう?」
「どんな時にツインとダブル、どちらを選べばいいのか?」
このようにツインとダブルの違いが分からず、予約の時に悩む人もいるでしょう。

本記事では、ツインとダブルの特徴や値段など、違いを比較しながら紹介していきます。また、ツインとダブルの値段や広さの比較、一緒に泊まる相手によっての選び方など紹介しています。

この記事を読むことで、ツインとダブルの違いが分かるため、ホテルの予約時に迷わず、用途や好みに合わせて選ぶことが出来るようになるでしょう。

予約する際の用途に合わせて、その時に適した部屋を選びたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダブル・ツインの違いを比較

まずここでは、ダブルとツインの広さや値段などの特徴を比較していきます。

ダブルベッドルームの特徴

ダブルベッドが1つあるタイプの部屋が、ダブルベッドルームになります。

ベッドのサイズはダブルベッドで幅は140cm前後で、大人2人が同時に使用可能な作りになっており、定員は2人になります。

ホテルによってはサイズが異なることがあるため、各ホテルで部屋の詳細を確認してください。

部屋の広さに関しましては、ベッドを1つしか置かないため、部屋全体の広さはコンパクトになる傾向があります。

値段も部屋の広さがコンパクトになるため、比較的安く抑えられます。

ツインベッドルームの特徴

ベッドが2つあるタイプの部屋が、ツインベッドルームになります。
ベッドのサイズはシングルベッドやダブルベッドなど、ホテルによって異なりますが、主にシングルベッドを2つ並べている部屋が一般的です。

シングルベッドの幅は100cm前後の一人用のベッドになっており、その際の部屋の定員は2人です。
ベッドのサイズで定員数が異なる可能性もあるため、各部屋の詳細を確認してください。

部屋の広さとしては、ベッドを2つ置くため部屋が広くなることが多く、そのため値段も高くなる傾向にあります。

ダブルベッドルームのメリット

ダブルベッドルームのメリットにはどういったものがあるでしょうか。
ここではダブルベッドルームを利用する主なメリットについて詳しく説明していきます。

ダブルベッドルームの予約を考えている方は是非ご覧ください。

値段が安い

ツインベッドルームと比較すると、値段が安いことがメリットです。

一般的にベッド数や部屋の広さの違いから、ダブルベッドルームの方がツインベッドルームよりも値段が安く設定されていると言われています。
そのため旅行費用の節約を優先したい方には、ダブルベッドルームがおすすめです。

宿泊費を節約して、その分観光やグルメを思いっきり楽しむために使うのもいいでしょう。
旅行計画を立てる際に、どこにお金をかけるか決めておくとホテル選びもしやすいです。

いっしょに寝られる

ダブルベッドといえば、いっしょに寝られることがメリットでしょう。

カップルやご夫婦などで密着して寝たい方、親子で子どもと近くで寝たい方にはおすすめです。
また仲の良い友人同士や姉妹など、いっしょに寝ても良いという方や、隣に相手がいることで、安心してぐっすり眠れる方にも最適でしょう。

付き合いたてのカップルでも、なかなかダイレクトにいっしょに寝ようと提案するのは恥ずかしい。
そんな時にはダブルベッドルームを予約しておけば、言葉にしなくてもいっしょにいたい気持ちが伝わることもあります。

せっかくの旅行に来たなら、今日1日の思い出を振り返りながらいっしょに寝ることで、さらに素敵な時間を過ごせることでしょう。

部屋を広く使える

ベッドが1つのため、ベッド以外の部屋のスペースを広く使えます。

ツインベッドルームの方が部屋の広さは広いですが、ベッドを2つ置くとベッド以外のスペースは狭くなってしまうこともあります。

ベッド以外のスペースがあることで、旅行や出張などで荷物が多い時には大変便利です。

荷物を置いたらスペースがなくなってしまうと、圧迫感を感じてゆっくりできない可能性もあります。
1泊程度なら気にならないかもしれませんが、連泊になると少しでも広い方がフラストレーションを起こさずに済むでしょう。

そのため、荷物が多い方にはダブルベッドルームの方が広々とゆったり過ごせると言えます。

ダブルベッドルームのデメリット

次のページ:ツインベッドルームのメリット

初回公開日:2022年10月03日

記載されている内容は2022年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests