Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

「編集後記」の意味と書き方や文例とネタ|春/夏/秋/冬/新年

雑誌や社内報で編集後記を楽しみにしている人は多いのでは?しかし、実際に自分が書くとなると、肩に力が入り何から書いていいのか戸惑います。そんな、困った悩みを解決できる、編集後記がスラスラ書けるコツをご紹介します。ポイントを押さえれば簡単です。

編集後記とは?

編集後記は社内報や雑誌、メルマガなど、さまざまな所で目にします。記事の内容はお堅いものであっても、編集後記は人柄や生活感があってこれを楽しみにして、必ず読む方も多いのではないでしょうか。

編集者が記すあとがきのようなもので、記事の内容に収まらなかったこぼれ話や、苦労話などが読める事もあります。

本筋を読む前に、編集後記をまず読んで、どのような方が書いたのかをイメージしてから読み始めても楽しめます。しかし、人が書いたものは楽しく読めるのに、いざ自分が書くとなると肩に力が入ってしまい、上手く書けず苦労する時もあります。リラックスして楽しい編集後記が書けるようにコツをご紹介します。

文字数はどれくらい?

編集後記を書く時に、どのくらいの文字数を書くのかを把握します。書く文字数によって文章の組み立て方を考え、短文であればポイントだけを押さえて簡潔にまとめます。長文であれば文章の流れを考え、話の広がりをもたせて書き上げます。そうすると、難しかった編集後記もサクサク書く事ができます。

100文字程度の編集後記

本文を書き終わってから編集後記を書くので、残りの文字数によって内容を変える必要があります。およそ100文字程度の編集後記でしたら、文字数が少なめなので比較的簡単に書けるでしょう。日頃、本文を楽しみにして読んでくれる方への感謝のメッセージや、特集やポイントとなる記事の見どころを1つ探して、ピンポイントにまとめると読みやすくなります。

例えば、寄稿して下さった人や、協力して下さった方への感謝の言葉です。お店の取材などで、写真掲載の承諾を頂いた場合も編集後記で記載する場合があります。このように、100文字程度あれば、問題なく編集後記が書けるでしょう。

長文タイプの編集後記

原稿用紙1枚以上の長文タイプになると、ある程度内容を考えてから書く必要があります。社内報や広報誌などは、特集した内容にふれたり取材に訪れた時に出会った方の人間性やお店の様子などです。その時の天候や苦労した話を加えると、話が広がり書きやすくなります。

まず、文章の書き方は、固すぎず砕けすぎず読んでいて楽しいと感じるような表現で書くと良いです。編集後記は、一般的な文章で書く以外に編集者全員の名前を載せる事があります。これは、取材や記事を書いた努力を認めてもらいたく、全員の許可を取った上で氏名を載せます。そういった使い方ができるのも編集後記の良さです。

堅苦しく書く必要はなく、肩の力を抜いてリラックスして書くような内容が良いとされます。これからご紹介するように、書きだしの形式は決まっているので、それを参考にして自分の言葉を繋げるとうまく書けるようになります。

編集後記の書き方と文例

編集後記の書き方は伝えたいことをまとめて順序良く書く方法があります。取材や編集、発行とまたがって、自分が読者に何を伝えたいのか書きましょう。取材をした場合は、どのような人と関わりその時の天候や見たもの、触れた感触など本文では伝えきれなかった内容を書きます。

まずは、季節の定型文を使い、季節のあいさつや感謝などを書きます。季節の言葉を書く場合は、書いた文章が読まれる時期を想定して選ぶと良いです。書いている時期の内容を記載してまうと、どうしてもズレがあり読んでいる読者はイメージしにくくなります。よって、発行される季節に合わせた言葉を選び記載するのがポイントです。

春を表す単語は、淡雪・薄い・麗らか・霞・名残り雪などがあります。社内報であれば、「もうすぐ新入社員が入社してきます」や「春はもうすぐそこまで来ていますが、名残り雪が降り~」などがあります。

夏を表す単語は、朝焼け、打ち水、炎天下、猛暑、蝉しぐれなどです。「朝の出勤時、店先を通ったら打ち水をして、涼やかな気分になれました」や「日中、得意先回りをしてましたら、公園から蝉しぐれが聞こえてきました」など、特に猛暑や暑さを使った言葉は、共感がえられやすいので使いやすい言葉と言えます。

秋の単語は、秋晴れ、秋の空、いわし雲、処暑、夜長などがあります。「暦の上では処暑が過ぎましたが、まだまだ猛暑が続きます~」や「だんだんと涼しくなり、日が短くなってきました。秋の夜長楽しんでますか?」など、使いやすい単語が多いですね。学校関係ですと、運動会や遠足をキーワードにしても書きやすいでしょう。

冬の単語は、大晦日、空っ風、寒の入り、木枯らし、小春日和、霜柱などです。「いよいよ今年も終わりに近づいてきました」や「大晦日の年越しの予定は決まりましたか?」など、クリスマスやお正月を想像させる書きだしでもいいでしょう。

新年の挨拶

新年の単語は、初詣、お年玉、鏡開き、七草粥、初夢などがあります。「冬休みが終わり、帰省した方はあたたかいお正月を迎えたことでしょう」や「今年の初夢はいい夢を~」など、新年しか使えない言葉を使うと、季節感がより感じられます。

こんな書き方もおすすめ

編集後記に感謝の気持ちを書いてもいいでしょう。作成に関わった方たちへのお礼も込めて、内容を綴ります。担当者が苦労した話や特に目を通してもらいたい記事、こっそりと教えてもらえた裏話など、交えて書いても楽しんでもらえます。また、記事とは関係ありませんが日常でおこったプライベートな事や体験談など、記事にはできない面白い話を書いても楽しく読んでもらえます。

このような、肩に力が入らないラフな内容を記載すると、読者が次の編集後記を楽しみにしていてくれるかもしれません。そして、どんなにラフな内容で編集後記を書いても、締めの言葉は年度初めなら「今年もよろしくお願い致します」とか、「これからも楽しい○○をお届けしたいと思います」など、きちんと言葉締めをすることが大切です。

編集後記のネタ

編集後記をスムーズに書くには、日頃から気になった事を書き止めておくといいでしょう。プラベートな事では、自分の趣味や好みを中心として時には失敗した笑い話をすると面白味があります。

また、頻繁にはない結婚や引っ越し、懸賞に当選した等ラッキーな話も明るくなります。ランチで立ち寄ったお店の話や、会社の近所にある穴場的な場所の紹介などすると、興味のある人は行ってみたくなります。

お子様がいる方は、成長点や気になること、ペットを飼っている人は得意な芸など紹介してみるのも手です。また、社内報でしたら職場のイベントについて書くと、興味の無かった人やいつも欠席の人も興味を持ってくれるかもしれません。

社食の新メニューやアレンジした食べ方など、少し考えるだけでネタは尽きません。これは、使えると考えたら是非メモ書きをして残しておきましょう。編集後記のネタになるかもしれません。

難しくない!編集後記の書き方

編集後記の書き方いかがでしたか。今まで考えていたより簡単に書けそうでした。編集後記の書くとなると、肩に力が入り何から書いて良いのかわからない時があります。

でも、ご紹介した四季の単語を使って書きだしがスムーズにいけば、あとは簡単に書けるでしょう。編集後記は本文を読む前に読む人もいます。そう考えると、本文より楽しみにしているとも考えられます。書いた人の人柄や生活感が感じられるから、注目されるのでしょう。

読んでみてガッカリされないように、売れている雑誌の編集後記を参考にするのもおすすめです。そして、日常に起こったことを伝えるためにも、日頃からメモ書きをしてネタを集めておくのがポイントです。

面白い事や新発見など、見たこと感じたことを沢山盛り込んで、皆さんに喜んでもらえるような編集後記を書いてみて下さい。

Latests