Search

検索したいワードを入力してください

イルカとクジラの違い・大きくなるとクジラになると言われる理由

更新日:2022年10月21日

イルカやクジラは、とても身近な生き物で、ぱっとイメージすることのできる動物の一つです。そんなイルカとクジラですが、イルカとクジラの違いとはどのようなものなのでしょうか。また、大きくなるとクジラになる、と言われる理由は何なのでしょう。詳しく説明いたします。

イルカとクジラの違い

イルカとクジラというと、すぐに姿形をイメージできるほど、私たちの身近な動物です。海に生息しているイルカとクジラですが、イルカとクジラの違いについて考えたことはありますでしょうか。

イルカとクジラの違いとは一体どのようなものなのでしょうか。また、イルカが大きくなるとクジラになる、という話を耳にしたことがある方は、少なくないでしょう。イルカが大きくなるとクジラになる、とはどういうことなのでしょうか。まずは、イルカとクジラの違いについて詳しく説明いたします。

同じなのか・仲間

イルカとクジラは海に生息している生き物ですが、姿形は全くといっていいほど、似ても似つきません。しかし、イルカとクジラは、実は生物学上での違いはありません。イルカとクジラは、同じ鯨類(げいるい)の動物になります。

クジラは、ヒゲクジラ亜目と、ハクジラ亜目分類することができます。イルカは、そのハクジラ亜目に分類される一種に属していることになります。このことから、イルカは、クジラの仲間である、ということが分かります。

分かりやすく言うと、クジラという動物の中に、イルカという種類のクジラがいる、ということになります。クジラとイルカの違いは、生物学上では、呼び名の違いのみと言えます。

大きさ

イルカとクジラが同じ仲間で、明確な違いは存在しないとなっても、体の違いは一目瞭然です。イルカとクジラの明確な違いはなくても、体の大きさだけは、はっきりと違いがあります。一般的に、体長3m以上のものがクジラ、3m以下のものがイルカというふうに決められています。

しかし、これにも生物学者によって、見解が異なる事実であり、基準となる大きさが曖昧な部分もあります。イルカとクジラの大きさの違いで明確な点は、クジラはヒゲクジラ類すべてと、ハクジラ類の一部が大型種であり、ハクジラ類の小型種がイルカである、ということです。体長で厳密に区分されているものではありません。

尾びれ

ほとんどの海洋生物の尾びれを見てみると、尾びれが縦になっていることが分かります。しかし、イルカやクジラ尾びれの形は、横になっています。このことから、イルカとクジラは仲間だということが分かります。

イルカやクジラの海生哺乳類は、祖先をたどれば、陸上で生活していた動物です。陸上で生活していた、哺乳類と爬虫類では、そもそも足の伸び方に違いがありました。爬虫類の足の伸び方は、胴体から水平に伸びているのに対し、哺乳類は、胴体から地面へ垂直に伸びています。

このことから、イルカやクジラなどの海生哺乳類は、尾びれも上下に振るようになり、尾びれが水平でなければ、水を掻くことができなくなりました。

大きくなるとクジラになると言われる理由

先ほど述べましたように、イルカとクジラの大きさの明確な違いはありません。一般的には、体長3m以上がクジラ、3m以下がイルカとされていますが、その基準は曖昧で、生物学者によって見解が異なっているのが現状です。

イルカとクジラの大きさの明確な違いは、クジラは、ヒゲクジラ類すべてものと、ハクジラ類の一部の大型種であり、イルカはハクジラ類の小型種にあたる、ということです。

単純に体長の大小の違いのみであり、厳密に区分されているものではありません。ですので、イルカが成長すればクジラになるのでは、と考える方もいらっしゃいます。しかし、答えはノーです。イルカは大きくなってもイルカ、クジラになることはありません。同じ仲間であっても、成長してクジラになることはありません。

イルカとクジラの区別

生物学的に、違いのないイルカとクジラですが、。イルカとクジラの区分は、成長した時点での大きさを表しています。成長した時点で、体長が3m以上種類をクジラ、3m未満の種類をイルカと呼んでいます。厳密な分類はされておらず、体の大きさのみで分けられています。研究者によっても見解が異なり、はっきりとした違いがないのが現状です。

イルカとクジラ・シャチ・サメの違い

イルカとクジラと同じくらいポピュラーな海洋生物に、シャチがいます。このシャチも、クジラの仲間の動物です。イルカと同じく、ハクジラ亜目に分類され、シャチにもハクジラ亜目の特徴である、大きな歯が存在しています。体長は、イルカとクジラの中間で、イルカよりひとまわり大きいくらいの大きさです。

次にサメですが、サメはイルカやクジラ、シャチとは大きな違いがあります。イルカやクジラ、シャチは哺乳類なのに対し、サメは魚類です。肺で呼吸する哺乳類とは異なり、エラで呼吸します。そのため、ずっと海の中に潜っていることが可能です。

もう一つの違いは、尾びれの形と動かし方です。イルカやクジラは、上下に動かしながら泳ぐのに対し、サメは横に振るように動かしながら泳ぎます。

イルカとクジラの種類一覧

次のページ:イルカやクジラのウォッチング方法

初回公開日:2018年01月12日

記載されている内容は2018年01月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests