Search

検索したいワードを入力してください

【食べ物別】大食いのコツと前日・飲み物のコツ|寿司/カレー

更新日:2022年10月24日

たくさんの量の料理を実に美味しそうに、そして豪快に食べる人達を見て、自分もあんな風にお腹いっぱいたくさん食べてみたい、そんな刺激を受けたことはありませんか。今回は「大食い」のために必要なメニューごとのコツや注意点、準備すべきことなどを紹介していきます。

焼肉

焼肉を大食いするためのコツはズバリ、「噛まないで飲み込むこと」です。他のメニューと基本は同じですが、焼肉の肉は、特に脂の量と柔らかさが勝負の分かれ道となります。選ぶことができるなら、あまり噛まずに飲み込むことができるようなスジのない柔らかめの肉で、かつ脂がきつすぎて後半で胃もたれがしないようなものを選んでみてください。

餃子

餃子の大食いもまた、「熱々の温度」と「油っこさ」との闘いであると言えるでしょう。口の中の温度を下げようとして水分を取り過ぎてしまわないように気を付けるのが、コツといえます。

炭酸

大食いに炭酸なんてもってのほか、そう考えている人は多いでしょう。ところが、大食いをする直前には炭酸水を飲んだ方がいい、そういう説もあります。

炭酸に含まれる二酸化炭素が胃に入ると胃の蠕動運動が活発になり、消化活動もよくなるのでたくさん食べることができる、という考え方もあります。

大食いの前日のコツは?

どんなスポーツにも、準備運動が必要です。それは怪我をしないためであり、そのスポーツを十ニ分に楽しむためでもあります。「大食い」もまた、同じことです。大食いを思う存分楽しむためには、しっかりとした「準備」が大切になってきます。

プロのフードファイターたちは、一週間以上も前から体調を整え、特に胃のコンディションを整えてから、大会に挑んでいると言われています。胃は伸縮性のある臓器ですが、いきなり大量の食べ物を詰めこむのは無茶です。本番当日に向けて、少しずつ少しずつ、胃を広げていく地道な準備こそが、大切です。

プロですらそうなのですから、私たちが大食いにチャレンジする際には、念入りな下準備が必要なことが分かります。

大食い中の飲み物のコツは?

私たち素人にとって「大食いチャレンジ中は水分を極力とらない」、というのが原則的コツといえますが、無理をして水分を我慢し過ぎてしまうのは、非常に危険なことです。十分に気を付けて適度な水分量を確保してください。

コツをおさえて大食いを楽しもう!

大食いのコツについてここまで紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

・決して無理をしないこと
・体調管理をしっかりしたうえで挑むこと
・楽しめる範囲内でやること、食べ物と食べ物を用意してくれた全ての人々への感謝の気持ちを忘れないこと
・「いただきます」と「ごちそうさまでした」を忘れないこと
・事故につながるような無茶をしないこと

以上の点ににくれぐれも注意しながら、大食いチャレンジを楽しんでみましょう。

初回公開日:2018年01月30日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests