Search

検索したいワードを入力してください

音沙汰がないとはどれくらいあいたら使うのか・連絡方法

初回公開日:2018年04月05日

更新日:2020年03月05日

記載されている内容は2018年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「音沙汰」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。このぺージでは、「音沙汰」の意味や使い方、類語や読み方、語源などをご紹介しています。また、「音沙汰なし」はどれくらいの期間から使用することができるのかについても、考察しています。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

覚えておきたい!「音沙汰なし」の意味・使える期間

ある程度の期間、連絡などがないことを、「音沙汰なし」という言葉で表現するケースがあります。「音沙汰なし」という言葉は、ずっと連絡がないことや、連絡などが途絶えることを表現する言葉として、日常生活でも比較的使われることが多い言葉の1つだと言えるでしょう。

しかし、「音沙汰なし」という言葉が、どの程度の期間から使用できるか、基準などについて考えたことがあるという方は、意外と少ないと予想できます。

そこで今回は、「音沙汰」という言葉に注目して、どれくらいの期間から「音沙汰がない」という言葉を使用できるのか、考察していきます。また、「音沙汰」という言葉の使い方や読み方、語源などについても考察・ご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「音沙汰がない」とはどれくらいの期間なのか

早速、今回のテーマの1つである、「音沙汰がない」とはどれくらいの期間から使う言葉なのかについて、考察していきます。

「音沙汰がない」という表現は、しばらく連絡がない時などに使用される言葉です。しかし、具体的にどれくらいの期間があいたら、「音沙汰がない」と表現するのか、明確な基準や期間を理解しているという方は、少ないと考えられます。

この機会にぜひ、「音沙汰がない」という言葉が、どれくらいの期間から使用されるのか、見直してみて下さい。

期間について決まりやルールは存在しない

インターネットで「音沙汰がない」という言葉が、どれくらいの期間から使用できるのかについて調べてみたところ、明確な基準や期間について、解説や説明をしている記事などは見当たりませんでした。

そのため、「音沙汰がない」という言葉が、どれくらいの期間から使用できるかについては、明確な基準やルールが存在しないと考えられそうです。ですから、どれくらいの期間から「音沙汰がない」という言葉を使用するかは、各々の感覚によるものであり、個人差があると言えます。

恋愛においては1カ月くらい

上記では、「音沙汰がない」という表現を、どれくらいの期間から使用できるかについて、明確な基準やルールは存在しない可能性があるとご紹介しました。そこで続いては、一般的にどれくらいの期間から「音沙汰がない」と感じる人が多いのか、考察していきます。

「音沙汰がない」というよりは、恋愛においてどちらからともなく別れる「自然消滅」だと感じる期間に関するアンケートになりますが、以下に引用した「MIROR PRESS」というwebサイトには、どれくらいの期間から「自然消滅」だと感じるか、アンケートを行った結果が掲載されています。

引用の内容から、1カ月くらいで「自然消滅」と感じる方が多いと読み取ることができます。今回、引用したアンケート結果は、あくまでも恋愛におけるものですが、1カ月前後を基準に「音沙汰がない」と感じる方も多くいらっしゃると予想することができそうです。

1ヶ月 45%
3ヶ月 23%
1週間 12%
2週間 10%
半年 7%
1年 3%

出典: https://miror.jp/press/column/2294 |

音沙汰がないときの連絡方法

続いて、メールや電話、文通など、コミュニケーションを取っている相手から音沙汰がない場合、どのようにして連絡を取れば良いのか、連絡方法について考察していきます。

音沙汰がない相手と連絡を取る場合、まずは音沙汰がなくなる前の連絡手段と同じ方法で、連絡を入れてみるのも1つの方法だと言えるでしょう。それまでのやり取りで、メールを中心にやり取りをしていた場合はメールを、電話が多ければ電話で連絡を入れても、問題ないでしょう。

その際は、「お元気ですか?」「いかがお過ごしですか?」など、相手を気遣う挨拶などを加えると良いでしょう。また、音沙汰がなくなったことに、理由や原因がある可能性もあります。ですから、音沙汰がなくなったことを責めたり、緊急の場合以外は連絡を催促したりしないようにした方が良いでしょう。

「音沙汰」の意味

ここまで、「音沙汰なし」や「音沙汰がない」といった表現について、さまざまな角度から考察・ご紹介してきました。しかし、そもそも「音沙汰」とは何を意味する言葉なのか、気になっているという方もいらっしゃると予想できます。そこで続いては、「音沙汰」という言葉の基本的な意味について、考察していきます。

「音沙汰」という言葉の意味について、「goo辞書」では以下の引用のような意味があると解説しています。引用の内容から、「音沙汰」という言葉には、頼りや連絡といった意味があることが読み取れます。また、「音沙汰」には、人の訪れや訪問を意味するニュアンスも含まれているとされています。

便り。連絡。また、訪れ。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/32025/meaning/m0u/ |

「音沙汰なし」の使い方

続いて、「音沙汰なし」や「音沙汰がない」といった表現を、会話や文章で使用する場合、どのように使えば良いのか、基本的な使い方について考察していきます。

「音沙汰なし」の使い方

まずは、会話や文章において、「音沙汰なし」という言い回しを使用する場合、どのように使えば良いのか、考えていきます。

「音沙汰なし」という言い回しは、しばらく連絡が来ない時や、何の知らせもない状況で使用される言葉です。以下に、「音沙汰なし」というフレーズを使用した例文をご紹介していくので、具体的な使い方について考えてみて下さい。

・彼からは音沙汰なしだ。
・何度もメールを送っているが、音沙汰なしのままだ。
・彼から音沙汰なしになって、もうすぐ2カ月が経つ。

「音沙汰がない」の使い方

続いて、「音沙汰がない」という言い回しの、文章や会話における使い方について考察していきます。「音沙汰がない」という言い回しもまた、しばらく連絡がないことや連絡がずっと途絶えている様子を表現している言い回しです。

文章や会話における具体的な使い方としては、以下の例文のような使い方や言い回しができると考えられます。

・彼女からはずっと音沙汰がない。
・音沙汰がないと、どうしても不安になってしまう。
・告白をしたのに音沙汰がないということは、ふられたのだろう。

「音沙汰」の類語

「音沙汰」という言葉を理解したところで、続いては「音沙汰」と同じような意味を持つ、類語や同義語などをご紹介していきます。類語などにどのような言葉があるのか学んでみることで、「音沙汰」や「音沙汰なし」などの言葉の意味を、より深く理解できる可能性があります。

また、類語は「音沙汰」と言い換えて使用することができる可能性があるため、語彙力の向上に繋がる可能性があります。

・消息
・声息
・知らせ
・報道
・情報

「音沙汰」の語源

「音沙汰」という言葉がどのようにして生まれた言葉なのか、由来や語源についても気になるところです。そこで続いては、「音沙汰」という言葉がどのようにして生まれた言葉なのか、由来や語源について考察していきます。

由来や語源を学んでみることで、「音沙汰」という言葉をより理解するヒントが見つかる可能性もあるでしょう。

「沙汰」の意味

「音沙汰」という言葉の語源について考えていくにあたり、そもそも「沙汰」とは何なのか、考えていく必要があると言えます。「沙汰」という言葉を使用した単語などは複数あり、「警察沙汰」「裁判沙汰」といった言葉があることから、「音沙汰」という言葉もまた、「沙汰」という言葉に「音」が付け加えられた形だと考えられるためです。

「沙汰」という言葉の意味について、「由来・語源辞典」では、以下の引用のように解説しています。引用の内容から、「沙汰」とはうわさや評判などを意味する言葉だと読み取れます。

あれこれ言うこと。評判。うわさ。

出典: http://yain.jp/i/%E6%B2%99%E6%B1%B0 |

「沙汰」の語源

続いて、「音沙汰」の原型とも言える言葉だと考えられる、「沙汰」の語源について考察していきます。「沙汰」の語源について、「由来・語源辞典」では、以下の引用のように説明しています。

引用として用いた解説から、「沙汰」は「砂」を意味する「沙」という漢字と、洗うことを意味する「汰」という漢字が組み合わさってできた言葉だと読み取れます。砂を洗い砂金を取り出すように、物事の善悪を区別する意味を持つ言葉として使われていたのが、由来であると言われています。

「沙」は砂、「汰」は洗って選び分けることで、「沙汰」は砂の中から砂金を選り分けるように、善悪を選り分けることを意味した。

出典: http://yain.jp/i/%E6%B2%99%E6%B1%B0 |

「音沙汰」の語源

「音沙汰」の原型であると考えられる「沙汰」という言葉の意味や語源について学んだところで、続いては「音沙汰」の意味について考えていきます。

「由来・語源辞典」によると、「音沙汰」という言葉は、善悪を判断する「沙汰」という言葉の意味のとおり、物事や善悪や良し悪しを判断する意味を含む言葉として、かつては使用されていたとなっています。

しかし、時代の流れとともに、意味やニュアンスが変化していき、現在のような意味や使い方で認識されるようになったと言われています。

事の良し悪しをふまえた評判の意味で、「音沙汰」などと使われ、しだいに日常語にもなり、「警察沙汰」「正気の沙汰ではない」など慣用的に用いられるようになった。

出典: http://yain.jp/i/%E6%B2%99%E6%B1%B0 |

「音沙汰」の読み方

「音沙汰」という言葉は、日常生活で見聞きするものですが、「沙汰」などの言葉や漢字は、あまり身近なものではないと感じている方も、いらっしゃるでしょう。中には、読み方に自信がないという方もいらっしゃると予想できます。そこで今度は、「音沙汰」の読み方をご紹介していきます。

結論から申し上げると、「音沙汰」の正しい読み方は、「おとさた」だとされています。上記で、意味を考察する際に引用として用いた、「goo辞書」においても、「おとさた」という読み方で掲載されています。

「音沙汰」の言い回し

最後に、「音沙汰」という言葉を使用した言い回しをご紹介していきます。「音沙汰」という言葉を使用した言い回しには、さまざまなものが存在します。言い回しのバリエーションが豊富だと、文章や会話における表現の幅が広がる可能性もあります。

・音沙汰なし
・音沙汰がない
・何の音沙汰もない
・音沙汰がなくなる

「音沙汰」は意味・ニュアンスを理解して使おう

いかがでしたでしょうか?今回は、「音沙汰」という言葉をテーマにして、意味や使い方、類語や語源、読み方や言い回しのバリエーション、「音沙汰がない」の一般的な期間や音沙汰がない時の連絡方法などについて、考察・ご紹介しました。

「音沙汰なし」や「音沙汰がない」といった言葉は、人によってそのように感じる期間や感覚に差があると考えられます。ですから、自分の基準や感覚で「音沙汰がない」という言い回しを使用すると、相手に不快感や大袈裟な印象を与える危険性もあります。そのため、「音沙汰がない」という表現を理解する場合は、一般的な感覚を参考に使った方が、無難だと考えられます。

この機会にぜひ、「音沙汰」や「音沙汰なし」などの言葉の意味・使い方やニュアンスを理解して、適切に使用できるようにしておくことをおすすめします。

Latests