Search

検索したいワードを入力してください

「ふれなばおちん」の意味と使い方・由来|nhkドラマ

初回公開日:2017年12月27日

更新日:2020年05月27日

記載されている内容は2017年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「ふれなばおちん」という言葉の意味や使い方をご存知でしょうか。あまり日常では聞き覚えや使ったことがない「ふれなばおちん」の意味や使い方についてご紹介します。また、同名のドラマの内容やそこに隠されたメッセージなどについてもお話しします。

「ふれなばおちん」の意味と使い方

「ふれなばおちん」とはどのような意味かご存知でしょうか。なにやら意味ありげな言葉の響きから、不思議な感覚を覚える方もいらっしゃることでしょう。

2016年6月にNHKのBSプレミアムの「プレミアムよるドラマ」で放送されていたドラマのタイトルも同じく「ふれなばおちん」となっていたことから、「ふれなばおちん」という言葉自体は聞いたことがあるという方もおられますでしょう。しかし、「ふれなばおちん」の言葉の意味までご存知の方は少ないそうです。

「ふれなばおちん」とはどのような意味があり、どのように使用するのが正しいのでしょう。

「ふれなばおちん」の漢字表記から意味を探る

「ふれなばおちん」とすべてを平仮名で表記すると、言葉が持つイメージが曖昧になります。そこで、漢字表記ではどのようになるかを確認して、その意味に近づいてみましょう。「ふれなばおちん」を漢字で表記すると、「触れなば落ちん」となります。漢字にすると少しイメージが沸いてきたのではないでしょうか。キーワードは「触」と「落」の2つの漢字です。

「ふれなばおちん」を「触れなば」と「落ちん」別々に考える

「ふれなばおちん」の意味を確認するに当たり、漢字での表記がわかりましたので「触れなば」と「落ちん」の2つに分けて言葉の意味を確認していきましょう。

「ふれなば」の意味

まずは「ふれなばおちん」の前の部分にあたる「ふれなば」の意味についてみてみましょう。漢字で書くと「触れなば」となります。これは「触れる」ことなのでしょうか、それとも「触れない」ということなのでしょうか。意味を調べてみましょう。

「触れなば」は単体で使うことはほぼありません。本来は「触れる」という単語に属する言葉だからです。つまり「触れなば」とは「触れる」という意味になります。

「触れなば」は「触れる」の「句」に属しています。「句」とは文法上の単語の集まりという意味を持っています。もう少し正確にすると「触れなば落ちん」というひとまとまりで「触れる」の「句」となります。

「おちん」の意味

「ふれなばおちん」の後半部分にあたる「おちん」は、漢字表記すると「落ちん」となりますので意味をイメージしやすくなりました。ただこちらも「ふれなば」と同じく「落ちん」という言葉の響きからでは「落ちる」のか「落ちない」のか、どちらが正しい意味なのかを推し量るのは難しくなっています。

「落ちん」とは、「落ちる」という意味になります。

方言で使われる「おちん」とは異なる

「おちん」だけで調べると方言として使用されることに気づきますが、「ふれなばおちん」という言葉は方言とは関係ありません。ちなみに「おちん」は方言では「お駄賃」の意味を持っています。子どもがお使いや家のお手伝いをしたときにもらえる「お駄賃」を四日市のほうでは「おちん」と呼んでいます。

「ふれなばおちん」とは、さわったらすぐにでも落ちそうな状態

それでは「ふれなばおちん」の意味についてお話ししていきましょう。「ふれなば」は「触れなば」つまり「触れると」ということです。そして「おちん」は「落ちん」で「落ちる」といいう意味です。二つを組み合わせると「触れると落ちる」となります。

これをもう少し美しく整えると、「さわったら落ちてしまいそうな状態」として使用すると良いでしょう。これでかなり意味がわかりやすくなりました。触ったら落ちてしまいそうな果実に対し、「ふれなばおちんから気を付けて」といえば具体的に意味がイメージしやすくなります。

しかし「ふれなばおちん」という言葉は、実際にはこのような使い方はしません。どちらかというと、恋愛面での危うい関係性や状態を表現する「風情」として使用されるのがほとんどです。

「ふれなばおちん」の本当の意味

「ふれなばおちん」という言葉は、ゆらゆらと揺れる安定しない女性の心を表現しており、触れさえしなければ道を踏み外すことはない、しかし触れてしまえばあっという間に落ちていくというのが正しい使い方であり、意味となります。

NHKドラマの「ふれなばおちん」に込められた意味

冒頭でもお話ししたとおり、2016年6月にNHKのBSプレミアム「プレミアムよるドラマ」枠で同名の「ふれなばおちん」というドラマが放送されていました。このドラマについてお話ししながら、ドラマにこめられた意味や「ふれなばおちん」という言葉の意味についてもう少し掘り下げてみましょう。

ドラマ「ふれなばおちん」とは

NHKBSプレミアで放送されていた「ふれなばおちん」は同名漫画の実写化です。原作者は「小田ゆうあ」さんで彼女の作品は過去にも実写化されたことがあります。過去に実写化されたのは観月ありさ主演の「斉藤さん」です。かなり人気ドラマとなりましたので名前ぐらいは聞いたことがある方も多いはずです。

しかし「ふれなばおちん」は「斉藤さん」をご存知の方にはかなりイメージが異なります。「ふれなばおちん」のテーマは「主婦の純愛」です。豪快な女性が悪を成敗する痛快ドラマであった「斉藤さん」とはかなり印象が異なるのがお分かり頂けることでしょう。

Latests