Search

検索したいワードを入力してください

異動願いを出す理由・書き方や例文・公務員の場合

更新日:2022年07月09日

仕事をしていくと、別の部署に行きたいと思うことがありますよね。そんな時に出すのが「異動願い」。この異動願いはどのようなことを書けば良いのでしょうか。今回は異動を希望する理由の例と異動願いの書き方をご紹介します。異動を検討している人はぜひ一読ください。

部署異動願いを出す理由

仕事をしていくと、別の部署に行きたいと思うことがあるでしょう。家庭の事情で今の職場にいられないという人や結婚、上司のパワハラなど人によって理由はさまざまです。ネガティブな理由の場合、異動願いが出しにくいと考えている人もいることでしょう。今回は部署異動願いを出す理由と異動願いの書き方をまとめました。異動を検討している人は参考にしてみてください。

会社・職場環境を変えたい場合

キャリアアップやスキルを身に着けるために今の部署から別の部署へ異動したい場合、異動願いの理由はどのように書けば良いのでしょうか。

会社や職場環境を変えるために部署異動願いを書く時は考えていることをありのままに書きましょう。他部署でスキルを磨くことは会社にとっても有益になる可能性があります。キャリアアップやスキルを理由にした異動願いはポジティブに捉えられることが多いです。異動願いの理由の欄にその旨を書き、上司や人事部など異動願いを受理する人に直接話すことで異動が承認される可能性が上がります。

家庭の事情で部署を異動したい場合

育児や介護と両立して仕事をしている人や引っ越しをしなければいけない事情ができた人も、異動願いにはしっかりその旨を書きましょう。他部署へ行き、今よりも仕事の負担を減らしたい人も同じです。具体的な事情を伝えれば異動願いは受理されます。

異動願いの理由を書く欄には、現状では今の部署で仕事を続けられないこと、それでも会社には貢献したいということを書き添え、退職ではなく異動したいという願いを伝えましょう。

結婚する場合

結婚して今いる部署のある職場に通えなくなる場合は結婚するということと、異動を希望する理由を分けて書くようにしましょう。「結婚するので異動させてください」というだけでは受理されない可能性があります。受理されたとしても職場に居づらくなってしまうこともあります。

結婚することは戸籍の移動や住所の変更などによって知れるところですので、結婚するという事実は隠さずに伝えましょう。異動を希望する理由は結婚を直接の理由とせず、家庭の事情や住居の変更など具体的なものにします。結婚というと今でも「寿退社」を連想する人がいます。比較的年齢の高い人の中に多く、異動願いを受け取る上司もそうである可能性があります。「退職」ではなくあくまでも「異動」を希望しているのだということをアピールする文章を書くようにしましょう。

パワハラなどが原因の場合

異動を希望する際に、その理由が上司のパワハラといった人間関係だった場合は、その内容を理由として書くのはやめましょう。会社はネガティブな理由による異動は歓迎しませんし、異動願いを提出しても、会社側から異動以外の方法を選択されてしまう可能性もあります。

さらに、人間関係を理由に願い出た異動願いが受理されたとしても、部署間で気まずくなる可能性もあります。人間関係が原因で異動したいという場合でも、本当の理由ではなくキャリアアップといった前向きな理由で異動を願い出た方が無難といえるでしょう。

異動願いの書き方

ここからは異動願いの具体的な書き方についてご説明します。会社によって用紙や提出するタイミングなどの規定が異なりますので、自分の会社の規則をよく確認してから書くようにしてください。

異動願いに必要な項目

異動願いを書くにあたって、会社に定められた用紙がない場合、自分でフォーマットを作る必要があります。基本的に横書きで記入していきます。

異動願いに必要な項目は「宛先」「提出する日付」「現在所属している部署、氏名」「異動を希望しているということ」「現在所属している部署の名前と所属期間」「異動を希望する部署と期日」「異動を希望する理由」です。順を追って書いていきましょう。

項目ごとの書き方

「宛先」とは異動願いを受け取る相手のことです。人の場合は「○○殿」、特定の部署の場合は「○○部署御中」と用紙の左上に書きます。次に、用紙の右に「提出する日付」を記入します。日付は西暦よりも和暦で書いた方がより改まった書類になりますので特にこだわりがなければ和暦を使うようにしましょう。

日付のすぐ下に現在所属している部署と氏名を記入します。これは誰が書類を提出したのかを示すためです。さらに氏名の脇に印を押すとあなたが提出したということが明確になります。

氏名まで書けたら、異動願いの本文を記入していきます。まず、本文であることを示すために「異動願い」と書面中央に書き、その下に「現在所属している部署の名前と所属期間」「異動を希望する部署と期日」「異動を希望する理由」を順に記入します。異動が可能な期日は会社によって定められていることがありますので、なるべく会社のルールに沿った形で書くようにしましょう。

異動願いを提出する相手は?

次のページ:異動願いはメールで提出してもいい?

初回公開日:2017年09月13日

記載されている内容は2017年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests