Search

検索したいワードを入力してください

目標管理シートの記入例・書き方|10年目/公務員/技術職/看護師

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

目標管理シートを使っている方は少なくないのではないでしょうか。しかし、上司やコーチなどからいきなり目標管理シートを書くようにいわれて、戸惑っている方もいるでしょう。目標管理シートの目的や書き方について、業種別にご紹介します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

目標管理シートとは

目標管理シートの記入例・書き方|10年目/公務員/技術職/看護師
※画像はイメージです

目標管理シートとは、その名のとおり目標をたててその目標を達成するための筋道をたてておくシートです。そして、その目標に向かって評価修正していけるシートのことをいいます。目標管理シートがあることで、具体的に何を努力すればよいのかを明確にし日々の行動計画がたてられます。

また、それを評価修正することで、自分の現状を把握し時には軌道修正していけるように管理するシートです。

目標管理シートの効果

目標管理シートには、どんな効果があるのでしょうか。何を目的として書くものなのでしょうか。目標管理シートを使うことで得られる効果を紹介します。

現状を把握できる

目標を立てるためには、自分自身の現状を把握する必要があります。簡単にいうと、目標がダイエットであれば今現在の体重を知り、それが理想体重よりどれだけオーバーしているかを知るということになります。しかし、もっと大事なのは、その体重になってしまう、また痩せられない現状を詳しく分析することです。

一日の流れや自分の行動パターンなどをよく思い返して、冷静に客観的に現状を知る必要があります。自分の現状を把握しないと目標管理シートはたてられないので、自分自身をよく振り返るきっかけになるでしょう。

目標が具体的になる

誰でも仕事をしたり、スポーツにしても芸術的な事にしても、また日々のさまざまなことにしても達成したい目標をもったら、その達成のために計画をたてようとするでしょう。しかし、その目標や計画が具体的でなかったりアバウト過ぎると、結局目標への道筋が曖昧になってしまいます。

目標管理シートでは、その目標を達成するために、できるだけ具体的な行動計画と評価の可能な短期目標をたてていきます。その短期目標を達成した結果として、長期目標を達成できるように目標管理シートを作ります。その内容は、業種によって変わってきます。

目標が共有できる

特にチームでの目標を立てる場合に、目標管理シートを使うと目標を共有することができます。目標をたてる作業から一緒に行うことができれば、さらに共通認識が増えるでしょう。個人の目標であっても、自分の目標を他者に理解してもらう、知ってもらうためには有効な手段です。

評価ができる

目標をたてるだけであれば、標語のように貼っておくことも良いでしょう。しかし、それでは、目標がいわゆる「絵に描いた餅」になりかねません。目標達成のために大事なことは、目標達成のための作業が順調にこなせているかどうかを知ることと、もしそれが目標に近づいていない作業であればやり方を修正していく事です。

そのためには、目標のために作業が正しいか評価をすること、また時には目標自体を修正する必要も出てくるでしょう。その評価を繰り返すことが大事なことになってきます。目標管理シートを使うことで、効果的に評価しながら目標への作業を進めることができるでしょう。

目標管理シートの書き方

目標管理シートは、その部署やチーム、またはさまざまな団体ごとにマニュアルや標準的なシートがあることも多くあります。標準的に必要な内容は、「目標項目」「達成基準」「達成方法」「期限・期間」です。

目標項目と達成基準

達成したい自分自身やチームの目標です。これは、できるだけ具体的に達成可能なものを入れる必要がありますが、達成可能を目指しすぎてあまり目標として努力する必要の無いものでは意味がありません。さらに、そのチーム全体や部署全体の目標に沿っている必要があります。

そして、目標を目標管理シートで評価しやすいように達成基準を具体的にわかるようにしておきましょう。例えば、「○○の業務をできるようになるために、○○の資格を取得して業務に活かせるようにする」などです。

達成方法

達成方法は目標管理シートでも悩む部分の一つでしょう。どうすれば、その目標を達成することができるのか、そのためにはその目標に届いていない自分自身をよく振り返りましょう。自分のなかの素因や誘因を見つけ出し、それを補うために自分自身が具体的にできることを記入していきます。

期限・期間

目標管理シートを評価修正していくためには、一定期間の期限や期間が必要です。いつでも、良いのであれば目標として切迫感が無くなってしまいますし、目標としての価値が薄らいでしまいます。

最終的に到達したい目標が大きいときは、長期目標のための短期目標をたてて、短期目標の到達を目指すことを繰り返すことで、長期目標の達成を目指します。そこで、短期目標の到達期限と長期目標の到達期限を設けておきましょう。

業種別目標管理シートの記入例

目標管理シートはさまざまな業種で使われています。テンプレートやシートの内容もいろいろありますし、企業ごとの指定の目標管理シートもありますが、業種別の目標管理シートの事例を、下記の構成でご紹介します。

目標項目として
①組織にどう貢献するか
②個人能力開発目標
を「目標項目→達成基準→達成方法→期限・期間」で記入例として表示します。

技術職

技術職の目標管理シートで大事なことは、企業全体として技術部に何を期待されているかを把握することから始めることです。常に革新的に新しい開発技術を必要としている企業なのか、今の技術を安定的に守るべき企業なのかということでも違ってくるでしょう。

納期の確保のための技術が必要なのか、品質向上のための技術が必要なのか、など企業や技術チームの目的に沿って自分の目標管理シートで貢献できる部分を探していきます。自分自身が技術チームの中で貢献できる人材になることとともに、チーム自体が成長・発展していくために、という視点をもって目標管理シートを記入しましょう。

そして、最終的には顧客や取引先などが満足してくれるというところまで考えられるとさらに良いでしょう。

技術職の目標管理シートの記入例

目標①作業効率を良くし、コスト削減、納期遵守につなげる
→稼働率○%の達成
→作業工程のロスタイムを発見し排除していく
→半年以内

目標②技術レベルの向上
→○○の作業を一人で行えるようになる
→○○の研修への参加
→半年以内

看護職

看護職の目標管理シートは、勤務年数と勤務する施設の特徴を踏まえる必要があります。新卒で1年目であれば、まず基礎看護技術や患者や家族とのコミュニケーションなど、まず看護師としてどの診療科でも必要な基礎を身につけ、チームメンバーとして動けることを目標とします。

そして、2年目になるとチームメンバーからリーダー業務が入ってきます。業務上リーダー業務ができるように求められるでしょう。

そして、3年目になるとおおよそプリセプターをとるようになります。少し慣れかけた時、プリセプターをとることで自分自身の看護を振り返ることが目的です。経験年数に合わせて、さらにリーダーシップや管理職的な目標管理シートが必要になってくるでしょう。

さらに、その施設基準に沿っていることも大事です。循環器科であれば、循環器の基本から応用まで具体的に何ができるようになる必要があるかを考え、目標管理シートを作成していきます。

看護師の目標管理シートの記入例

①循環器チームメンバーとして、予防医療を指導し患者の再入院率を減らす
→退院指導の充実
→退院指導用パンフレットの作成と院内研修の実施
→3か月以内

②予防医療・看護の知識、技術の向上
→退院調整専門看護師の取得
→研修コースへの参加
→1年後

事務職

事務職の目標管理シートは、基本的なパソコン技術や、経理事務的な知識や技術、そして間違いやミスをなくす対策などの一般的な目標があります。またさらにその企業ごとに必要な事務作業の精度向上も必要になってくるでしょう。

パソコンや経理的な事務仕事が多いときは、あらゆるビジネス上の資格取得なども目標達成のために有効です。ただ、資格取得が目標では無く、資格を取得してどんな部分で企業に貢献できるかという視点が目標管理シートには必要です。

事務職の目標を具体的に数値化したり、評価し易くするのは難しい側面もありますが、できるだけ目標に沿う形で評価しやすいようにたてましょう。

事務職の目標管理シートの記入例

①デスク周りの5Sを周知し業務効率化につなげる
→5Sの徹底により業務上のミスを減少
→5Sマニュアルの配布とチェックリストの作成と施行
→3か月以内

②営業事務として売り上げに貢献する
→営業職の仕事内容を知る
→研修参加、文献検索、営業職とのコミュニケーション
→1年以内

営業

営業職の目標管理シートは、できるだけ数値で具体的に表します。立場が新卒であれ、管理職であれ、営業であれば目標とする数値があるでしょう。それを達成するために、どんな方法をとればよいかを目標管理シートにあげていきます。

その際、企業から提出されるノルマもあればその数値も盛り込まなくてはいけません。数値で示されていれば、一見して目標の達成度合いが見えやすくなります。そして、その数値を達成するまでの期限が大事です。いつまでに達成していれば良いのかを、企業目標と結びつけて記入していきましょう。

また、目標が数字になりやすいので評価もしやすい営業職といえますが、具体策を考える時には、自分自身が数値に振り回されないように自分を冷静に振り返って無理しすぎない具体策を考えていきましょう。

営業職の目標管理シートの記入例

①チームメンバー全体で売上高○%アップを目指す
→チームメンバー全員のプレゼンテーション力をあげる
→定期的なシュミレーレンの実施
→半年以内

②○○地区での売上高を○%アップする
→○○地区で売り上げが伸びない理由の精査
→○○地区での新たな営業法を開始
→3か月以内

総務

総務という役割は、会社や企業全体に関わる役職です。どの仕事でも同じではありますが、総務という立場でどう会社に貢献するか、個人としてどう力を伸ばしていくか、そして後進をどう育てていくかなどが目標としてあがってくるでしょう。

組織への貢献では、業務上のことを中心に各備品類や文書類など総務が統括することを効率よく、無駄なくすることなどがあげられます。また、個人の能力としては資格取得などが評価しやすいものですが、その企業によって求められるもの(英語力やパソコン能力、簿記関係など)を選ぶと良いでしょう。

総務の目標管理シートの記入例

①経費削減
→消耗品のコストを○%削減
→消耗品のコストを明示することで意識付け
→1か月以内

②MOSの取得
→MOSを取得して業務に反映させる
→資格試験対策講座の受講
→半年以内

保育士

保育士に求められる目標は、まず子どもの安全管理、子どもの養育として子どもを楽しませながら発育を促す、保護者とのコミュニケーション能力といったものが中心になります。また、それぞれが経験年数や就業施設に沿ったものにリンクしている必要があります。

さらにそういった個々の目標と共に、チームメンバーとしての役割や立場によっては後進の育成も入ってくるでしょう。保育士の目標管理シートは、具体的な評価をする表現が難しいことも考えられます。保育士の仕事は数値などでは評価できないことも多いですが、なるべく評価しやすい目標をたてましょう。

保育士の目標管理シートの記入例

①各行事の充実
→前年度の行事アンケート結果の反映
→無理のあった項目の改善
→1年以内

②園児の個性を活かす保育ができる
→一人一人の長所、短所に応じた対応をする
→自分の見方を保護者や他スタッフと共有し、フィードバックする
→1年以内

10年目の目標管理シートの書き方

目標管理シートの記入例・書き方|10年目/公務員/技術職/看護師
※画像はイメージです

目標管理シートの目標の立て方として、経験年数を主体とした目標も必要です。1年目であれば、自身の社会人としてあるべき姿、めざすべき姿も大事です。しかし、10年目になればやはり組織全体の向上に自分自身が貢献できる姿勢や、後進を育てるなど自分のことだけでは無い目標が必要となってくるでしょう。

企業や会社全体を俯瞰した視点で、どうすれば自分やチームスタッフ、メンバーがこの企業に貢献できる人材になれるか、チームになれるかを考えた目標管理シートを作りましょう。

公務員の目標管理シートの書き方

目標管理シートの記入例・書き方|10年目/公務員/技術職/看護師
※画像はイメージです

公務員は、行政において国や地方自治体への奉仕者としての役割が法律で定められています。つまり、一般的な職業倫理のほかに、国や地方自治体の信用も背負っているという責任ある立場です。仕事上で責務を果たすことはもちろんですが、日常においても不名誉な行為はしてはいけないとされています。

その公務員の目標管理シートは、まず決められた担当か所に対しての目標と、こういった公務員独特の姿勢や職務態度に対する目標も必要になってくるでしょう。そして、その目標の立て方には自分の視点だけでなく、国民や市民などの意見が反映されていることが必要になってきます。

目標管理シートで自分のなりたい姿を具体的にしよう

社会人の目標管理シートは、学生のそれとは違い自分自身と属している団体とを考え併せた物である必要があります。また、それが双方を成長させるものでなくてはなりません。社会人になって、このようなものを書くことに嫌になってしまう方もいることでしょう。

しかし、目標管理シートを書くことは自分のなりたい姿を思い描くことで、その具体策をたてることです。それは、その姿をワクワク想像することで楽しい作業に変えることができます。やらされて仕方なくではなく、本当に自分のなりたい姿を思い描きながら楽しく計画してみましょう。

Latests