Search

検索したいワードを入力してください

協定書には印紙が必要なのか・締結の流れ・例文・契約書との違い

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年06月01日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

みなさんは、「協定書」という書面をご存知でしょうか。また、活用したことはあるでしょうか。協定書には印紙は必要なのでしょうか。締結までのながれはどのようなものなのでしょうか。みなさんの協定書がスムースに作れるように、ご紹介します。

協定書とは

みなさんは、「協定書」という書類をご存知でしょうか。協定書は、いったいどのような書類なのでしょうか。

わたしたちの日常にも、関わりのある書類なのでしょうか。今回は、協定書がいったいどのような書類なのかや、協定書に印紙が必要なのかや、締結までの流れや、どのような文書をつくったらいいのかの例文などを、ご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

契約書とおなじ?

協定書は、契約書となにがちがうのでしょうか。みなさんは、協定書と契約書のちがいが、どのようなところにあるのか、ご存知でしょうか。

ぜひ契約書と協定書の違いを、知って行ってください。

契約書と協定書は、意味においては同じです。しかし、実際の運用方法で考えると、協定書は、契約書にするまでもない、細かなことや、些細なことを、記載しておく書類と言う分類になります。

かなり酷似はしていますが、役割が少々ちがうということです。

役割

当事者同士のあいだでの取り決めた事や、決まりごと、約束事を記載しておく書面の事を協定書とよびます。

協定書には印紙が必要なのか

「協定書には印紙が必要なのか」という疑問を、お持ちの方もおおくいらっしゃることでしょう。協定書には印紙が必要なのか、という問題は非常に繊細な問題となっています。

なぜかというと、簡単にいえば、「契約書」と同等のないようだと、見なされれば、内容に応じた収入印紙が必要となりますが、あくまでも協定書レベルの内容だと見なされれば、不要だそうです。

所轄税務署に持参して確認されることを、強くおすすめいたします。

協定書の締結の流れ

協定書の締結の流れは、いったいどのようなものなのでしょうか。

なかなか知られていない、でもいざという時に必要となってくる、協定書の締結までのながれを、ぜひ覚えて行ってください。

協定書は、行政書士に依頼することも、もちろんできますが、自分たちで作成することもできます。その時の注意点や、知っておくと便利な、作成するときのポイントなどをご紹介していきましょう。

タイトル

協定書をつくるうえで、タイトル(見出し)はたいへん重要です。

パッと見ただけで協定書の内容がわかるような、簡潔で分かりやすいタイトルにすることが大切です。

「◯◯◯に関する協定書」のように、ひねりの無いものにしましょう。

条数

条数をいれることも、とても重要なポイントです。

とりきめの、ひとつひとつに、「第◯◯条」のように、条数をいれて記載して行きましょう。そうすることによって、協定書の内容が、どれだけの数あるか、明確にできるので協定書に記載忘れもなく、済ませることができます。

締結日の記載

協定書をつくったら、締結日をかならず記載しましょう。

そうしないと効力を発揮しません。締結した日に、さかのぼって調べたとき、署名と捺印をしていた人物が、協定書の内容を締結する権限をもっている人物だったか、という事実を調べるきっかけになったりします。

また、協定書締結日時点で、未成年ではなかったか、などの事柄を調べる事もできるので、たいへん重要です。書き忘れないようにしましょう。

署名欄

協定書には、署名欄が必要です。

通例署名にプラスして、捺印も行なうのが、日本のならわしなので、ぜひその分のスペースも作っておきましょう。署名捺印がないと、効力を発揮しないので、締結を完了させるには、かならず必要です。

協定書の例文

協定書には印紙が必要なのか・締結の流れ・例文・契約書との違い
※画像はイメージです

協定書の例文を、かんたんにご紹介していきます。参考にしてください。

「協定書の例文」

株式会社◯◯(甲)は住民である◯◯◯(乙)に対し以下の事柄を誠実に履行する。

第1条(甲乙の当事者間で取り決めた協定内容を記載してください。)

第2条(甲乙の当事者間で取り決めた協定内容を記載してください。)

以上の取り決めの合意の証しとして、本書を2通作成し、1通ずつ所持する。

甲 住所と氏名

乙 住所と氏名

協定書の書き方

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか?

じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。

「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」

そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

Latests